閉じる


<<最初から読む

20 / 132ページ

試し読みできます
20130215近況、読書録「眠れないほどおもしろい…」

 ゲーム「ジェネレーション オブ カオス」クリア。
しっかりとまとまった面白いゲームだった。

 ジャンルはシミュレーションRPGで、シミュレーションパートと
RPGパートがはっきりと別れた作り方がされている。シミュレーシ
ョンパートで手に入れた拠点を探索することで、アイテムや新し
い仲間が増え、キャラクターも成長するようになっている。

 シミュレーションパートの方は、城壁を強化したり商業を発展
させて収益を増やしたりとすることが多くて結構忙しい。
 しかし序盤は味方のキャラクターが少なかったり、資金が少な
かったりと色々障害が多くて出来ることが少ないのが難点。
周りがガンガンと戦闘に明け暮れているのを真似して、退屈しの
ぎに戦闘を仕掛けたところ、あっという間にゲームオーバーにな
ってしまった。

 仕方がないので序盤は味方勢力を増やしたり、静かに地力をつ
けて機をうかがうという地味なプレイになってしまった。
こちらが地味にこつこつとしているにもかかわらず、周りは常に
戦闘状態。こういう初期の我慢状態に耐えることが出来ると、そ
の後はとても楽しかった。
 序盤がこういう展開になったのは、主人公の勢力を選んでスタ
ートしたからかもしれない。最初から手勢が多い勢力を選んでい
たら、もっといきなり派手に立ち回れたかもしれない。

 RPGパートでのキャラクターの育成や仲間集めが、このゲームの
ウリの一つのように説明書には書いてあったが、私はRPGパートは
ほとんど活用しなかった。
 仲間集めをするにあたっては、他勢力のキャラクターを勧誘し
まくることで人数を揃えることが出来た。こうして引きぬいたほ
うが、戦力差が埋まりやすいというのもあって、一石二鳥の方法
だった。
 シミュレーションパートばかり遊んでいると、アイテムが全く
手にはいらないけれども、それでも特に苦労すること無くクリア
することが出来たので、好き嫌いでRPGパートは遊ぶかどうかを選
んでもいいのではないかと思う。こう考えると、実に自由度が高
いのかもしれない。

 クリアした後クリア勢力数が表示されたのだが、全部で21ある
との事だった。さすがに全部クリアするのは根気がいるので、次
のゲームに進むことにした。
 これといった不具合もなく、気持よく楽しめた一本でした。

 今日から始めたのは「グランディア エクストリーム」、先だ
ってクリアしたグランディア3と同系列の作品群の一つ。
エクストリームと大層なタイトルが付いているので、こちらの方
が新しいと思っていたが、3の方が後発作品であることに説明書を
見て気づく。ブログで書いた3についての話は、私の勘違いだった
のかもしれないと思い、恥ずかしく思う。もっとちゃんとパッケ
ージなどを見ないといけないですね。

ーーーーー

最近の読書

「眠れないほどおもしろい日本神話の物語」3

著者 鳥遊まき
出版 PHP文庫

p4より引用
“しかし、日本神話の最大の特徴は、なんといっても神さまと人
間の境界があいまいな点にあります。”

 まだなにも無い状態から始まる、日本が作られていく神話を分
かりやすく記した一冊。2006年に他社より出版された、「世界一
おもしろい日本神話の物語」改題加筆修正版。
 混沌とした状態からヤマトタケルの命についてまで、雰囲気の
良いイラストと共に書かれています。

 上記の引用は、はじめにでの一文。
神さまであっても、人と同じように楽しさや苦しさを感じていた
そうです。生きているのが苦しかったりするのも、当然の事なの
かもしれません。
 各項の最後に用語解説があるので、わからない名前や地名があ
っても安心して読むことができます。

ーーーーー


20
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます
20130217近況、読書録「体にいい寄生虫」

 先日頂いた白ワインを飲む。
少し甘口のスッキリとした味わいだった。

 山梨に旅行に行った時のお土産として頂いたもので、普段全く
と言って飲まない私だけれども、せっかくだから夕食の後に頂く
ことにした。食べずに飲めるほど強くないので、しっかりとお腹
に物を入れてから。
 ワインどころかお酒を飲む習慣がないので、ワイングラスなど
という洒落た物ももちろん置いていない。ので、小ぶりのマグカ
ップに入れて頂いたが、雰囲気という点では全く駄目な感じ。
しかしその分、雰囲気に酔ってしまうことがなく、しっかりと味
わうことが出来たと思う。

 使われているぶどうの品種は「甲州」、ワインの名前もそのも
のずばり「甲州」。この地域の名前を冠しているのは、このワイ
ナリーを代表する品物として自信があるからだろう。ワイン通に
は物足りないのかもしれないけれど、初心者の私でも美味しいと
思いながら飲むことが出来た。
 ラベルに表示されている通り、甘口であまりアルコールを感じ
させないあじわい。甘さの段階表示では二番目に甘いレベルとさ
れてあったが、この品で二番目ならば一番甘い段階ならほとんど
ぶどうジュースと言っても構わないくらいかもしれない。
辛口のキリッとしたお酒が好きな人は、飲みづらく思うかもしれ
ないが、甘党の私には大変飲みやすく、家族とその夜のうちに
720mlを全て飲んでしまうことが出来た。

 調子に乗って飲めないのに一本開けてしまったせいで、その後
お風呂に入らなければいけないのに、ふらふらしてしまってしば
らくじっとしていなければいけなかった。
 いくら甘口で飲みやすいといっても、やはり正真正銘のワイン。
アルコール度数は12%としっかりと入っていて、日本酒と変わらな
い。

 そういえば子供の頃、学校の酒好きの先生が言っていた。
「ワインが好きな人はおしゃれなように思われるのに、同じ位の
アルコール度数の日本酒が好きな私のような人はすごく飲んべえ
のように思われて、実に不公平だ。」
などとぼやいていた。
 最近は日本酒の雰囲気も随分変わって、洒落た瓶に入っている
物も沢山あると、ニュースで言っていたように記憶している。
あの先生も今は日本酒のことをよく知っている人として、女性に
人気があるかも知れない。ただ中学教師なので、生徒と一緒に飲
むことは出来ないだろうけれど。

 その日の夜はふらふらしてしまいましたが、次の日の目覚めは
スッキリとしていて、後口も嬉しい一本でした。

ーーーーー


21
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます
20130220近況、読書録「子どもが育つ魔法の言葉」

 昼食にパスタを食べる。
量がしっかりあって美味しい一品だった。

 食べたのはペペロンチーノ、とても単純な味付けのように思う
のだけれど、とても美味しい。にんにくとオリーブオイルと唐辛
子、たったこれだけで美味しく食べることが出来る、パスタが主
食としてとても優れているんだなと思う。
 というよりも、単純な味付けで美味しく食べることが出来るも
のが、主食として定着するのかもしれない。

 今日は外で食べたのだけれども、その他の外食チェーン店に比
べるととても価格設定が低いお店だった。私が注文したペペロン
チーノに関しては、下手をすると相場の3分の1位なのではないだ
ろうか。二人前に出来るのでそうしても600円程度、量がある方が
ありがたい私としては大変嬉しいお店だった。
 これくらい価格が低くて量もシッカリ食べることが出来るお店
だと、心配になるのは味のほう。注文した品が届いてくるまでド
キドキして待っていたが、食べてみて安心。十二分に美味しく頂
ける美味しさだった、難を言えば茹で上がりが少々柔らかかった
ように思うのだけれど、これは今度行った時には固めにしてねと
言えばいいと思う。

 家族で食べに行っていたのだが、その価格のありがたさからお
店に入った時には食べる気がなかったデザートも注文してしまっ
た。こちらも美味しく嬉しい価格、最後までありがたく頂いた。
 食べ終わって帰る段になって気が付いたのだが、デザートを頼
みたくなったのはすっかりお店の戦略に乗ってしまったのかもし
れないなと思う。嬉しい価格でお腹いっぱいになってお金が浮い
たのだから、せっかくだからもう少し食べようと思わせる為の設
定なのかもしれない。

 まあ何にしても値段が安くて味も悪く無いというのは、とても
ありがたいことだなと嬉しく思います。

ーーーーー


22
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます
20130225近況、読書録「毒を出す食ためる食」

 昼食にオムライスを食べる。
デミグラスソースが美味しい一品だった。

 ショッピングセンターのレストラン街に新しく出来たオムライ
ス屋で、今回はいるのは初めてだったのだが、メニューがメニュ
ーだけにそれほどハズレを引くこともないだろうと思いながら入
る。
 お昼時だったので、当然のことながらランチメニューがあった。
オムライスとハンバーグのセットメニューで、写真で見た限りボ
リュームもタップリ有りそうだったので、ランチメニューにする
ことにした。

 嬉しいことにソースを複数の中から選ぶことが出来た、5種類く
らい会ったのだけれど、今日は洋食な気分であったので、デミグ
ラスにする。
 ご飯も二種類から選ぶことが出来るようになっていた、鶏めし
とケチャップライスから選べるが、ソースとの兼ね合いを考えて
鶏めしにしておく。

 この店のウリは、ご飯のベースが雑穀ごはんになっているとこ
ろと、たまごや野菜が自然栽培の物を使っている所。
たまごや野菜の味の違いを感じ取れるほど、私は舌が敏感ではな
いのでわからないけれども、雑穀ごはんはなかなか面白い美味し
さだった。
 白米以外の物のお陰で食感がぱらぱらとしていて、ソースを掛
けて食べるオムライスにはちょうどいい具合なのではないだろう
か。オムライスに限らず、チャーハンに使っても、パラパラに仕
上がりやすそうでいいかもしれない。
 一緒についていたハンバーグはかなりの大きさで、オムライス
のほうが小さいくらいだった。味の方もよく、デミグラスソース
をつけて食べると、オムライスと別に白飯が欲しくなる。

 美味しくていいお店だったのだけれど、肝心のオムライスのボ
リュームが少々物足りなく思う。
あと、平日だからだろうけれども、ウェイトレスが一人しかいな
いようで、注文と配膳が全然間に合っていない様子だった。
忙しく仕事をしているにもかかわらず、客から責められるのはか
なり気の毒に思う。もう少し考えて人員を増やしてあげてほしい。
 呼び出しボタンを押しても注文を取りにこれないほど忙しいよ
うでは、結局儲けのチャンスをロスすることになるんじゃないか
なと思いました。

ーーーーー


23
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18

試し読みできます
20130228近況、読書録「知っておきたい日本の神様」

 ゲームをクリアする。
グランディアエクストリーム、少し前に遊んだグランディア3の一
つ前の作品になるのだと思うが、てっきりこちらの方が後発だと
勘違いしていた。
 しっかりとパッケージなどを見ていれば、エニックスとスクウ
ェアが合併する前の作品であることに気がつけたのだが、見落と
してしまっていた。

 戦闘システムはシリーズで共通していて、時間の流れと敵の行
動に合わせて戦略的に戦うことを強く求められるもの。
RPGをプレイする上で多くの時間を割くことになる戦闘を、面白く
楽しく過ごせるというのはとても大きな長所だと思う。
 キャラクターの成長も楽しめる作りになっている、キャラクタ
ーと言うよりは、付け替え可能なスキルを育てて楽しむ方に重点
がおかれているように思う。キャラクターの特色は伸びやすい能
力と、装備できる物の違い、スキルを装備するために必要なブッ
クと呼ばれるアイテムと魔法を使うために必要なマナエッグと呼
ばれるアイテムの装備できる数、これらによって出されている。
あとは個々の必殺技。

 マナエッグの合成で魔法は強くなっていき、持たせる魔法とス
キルの組み合わせで、同じキャラクターでも全く違った戦い方が
出来るようになるが、マナエッグとスキルブックの装備数が決ま
っているので、どうしても限界が出てくる。
 この辺をどう工夫するかにプレイヤーの個性が出て、楽しみが
広がるところなのではないだろうか。

 その他のシリーズと比べるのはどうかと思うが、先に遊んだ3は
シナリオとムービーをたくさん楽しむ作りになっていたが、今作
は戦闘とダンジョンを楽しむ作りになっているように思う。
 このため3と比べると、ダンジョンに滞在している時間が大変長
く、またセーブポイントもダンジョン内に無いため、一回のプレ
イ時間が長くなりがちになる。途中でダンジョンから抜け出せる
のだが、そこに行くまでの時間が長く、少し疲れることもあった。
 目の疲れや肩のこりが出やすい人は、途中で出られる所ででて、
マメにセーブして休むほうがいいかもしれない。まぁどのような
ゲームをするにしても言えることだろうけれども。

 一応シナリオはクリアしたようだけれど、まだなにかやり残し
た事があるような風になっていて、長く楽しむことが出来るよう
です。
 タップリの時間と根気の強い人にはピッタリの一本だと思いま
す。

ーーーーー


24
最終更新日 : 2016-06-25 17:31:18


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について