閉じる


はじめに

「その好むところ見て、
以(もっ)てその人を知るべし」

皆さまはじめまして。
私は中村雄介(なかむらゆうすけ)と申します。
上記のフレーズは
中国の明代の儒学者
「王陽明(おうようめい)」の言葉です。
意味は…
「その人がどんなものを好むかを見て
その人となりを判断しなさい」
ということです。

遅ればせながら自己紹介させて頂きます。
私は中村雄介と申します。
かれこれ15年ほど「教育」の仕事に関わらせて頂いております。
2011年の9月に独立し
株式会社マナビートという小さな会社を経営しております。
http://www.manabeat.jp/
社会人向けの人財教育コンテンツの提供とオンラインストアの運営によって
「判断の軸」を育てる方法をアドバイスさせて頂きながら
ともに皆さまと成長できることに
日々喜びを感じながら仕事をさせて頂いております。

これから始める
「マナビート赤面教室」
は「趣味」をキーワードにした
プレゼンテーションを参加者同士で行うことで
自然とビジネススキルの中でも重要な
「プレゼンスキル」
を磨くことを目的とした研修になります。
前回に引き続き第2弾となっており
その講義の一部分を紹介させて頂くものになります。
この度は
その中でも貴重な
情報の「収集力」と「分析力」について紹介させて頂き
皆さまのプレゼンスキル向上のヒントに役立てて頂ければ
これ以上の幸せはありません。

それでは
どうぞ最後まで楽しんで頂けますと幸いです。

もくじ

【収録内容】

1.情報には積極的に接しよう!

2.情報環境の変化

3.情報収集のリスク

4.ダムの法則

5.情報収集は手段

6.情報を捨てること

7.情報の鮮度

8.情報を加工する

9.イイネ!プラス

10.情報は料理?!

11.まとめ



情報には積極的に接しよう!

ヒトは、知らない情報に初めて触れたとき、
ついつい構えてしまい、否定的にとらえがちです。

今まで経験したことがないことだから、
どうすればいいのかわからない。
という不安がそうさせます。

しかしそれでは新たなインプットはできません。
仕事上では新たなアイデアの創造は期待できませんし
また、人生においても、新たに出会う機会や、
楽しみを逃してしまいます。

ですからみなさん、
初めての情報にも臆せず、積極的に触れてください!
知ってしまったから、誰かに狙われる。
なんてことはありませんから(笑)。

情報環境の変化

今の世の中には情報があふれています。
一昔前まで情報は、新聞雑誌、ラジオ、テレビなど
大手メディアから発信されるものがすべてでした。

しかし、2000年代に入ってから
情報の量と質がガラリとかわりました。

情報インフラの整備に伴うインターネットの普及により
ヒトは誰でも簡単に情報を収集、発信することが
できるようになりました。
また、時を同じくして携帯電話も普及し、さらに近年では
スマートフォンやタブレット端末も急速に普及しており
どこにいても情報を取り出し、また発信できる環境となりました。
この情報環境の変化は、みなさんも感じていることかと思います。

情報収集のリスク

みなさんは、情報の収集にどのようなツールをお使いですか?
HPやブログでの情報収集はもはや定番化していますし、
facebookやgoogle+などのSNSで
情報を共有している方も多いですね。
ツイッターで積極的に収集と発信をされている方も多く見かけます。

このように、多くの情報収集ツールが身近にあり、
人は誰でも「お手軽に」情報を扱っています。

しかし、「お手軽」だからこそリスクを含んでいることを決して忘れないでください。

取り出した情報の信憑性に気を付ける。
発信の際はプライバシー問題に配慮する、
など、
情報の収集、発信にはリスクと責任を背負わなければならないのです。


読者登録

中村 雄介さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について