twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 , 文芸 作者 中祭邦乙
価格 100円(税込)
タグ 坂本龍馬坂本竜馬竜馬龍馬薩摩長州会津真木和泉桂小五郎孝明天皇島津久光松平春嶽ニール歴史幕末明治時代
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

40 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 27ページ (Web閲覧)
58ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
竜馬は気付いていた、元凶は武士の心を失った幕府にあると。そして攘夷に命を懸ける長州藩の志を褒め称え、越前福井藩に松平春嶽の唱える改革を急ぐよう要請する。その一方では天皇が長州の行き過ぎた行動を嫌い、会津、薩摩に密勅を下していた。・・・しかしその時、薩摩藩にはイギリス艦隊が押し寄せており、対応を誤れば全面戦争となる危機に陥っていたのである。日本が植民地化されるおそれが高まる中、薩摩はどう動くのか・・・。竜馬は日本のために恩讐を心の内に収める事を決めていた・・・。幕末の風雲を綴った坂本竜馬の外伝シリーズ第38章。現代社会が失った日本の心、その復興と善き発現を求めて、坂本龍馬を中心に青年達が命を賭した明治革命の真実と背後で蠢く西洋の策略と真実に迫る物語。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧