目次
目次
人間関係図 1
人間関係図 2
人間関係図 3
珠と恋
とある少女の思い出話
とある少女の思い出話 1
とある少女の思い出話 2
とある少女の思い出話 3
とある少女の思い出話 4
とある少女の思い出話 5
とある少女の思い出話 6
とある少女の思い出話 7
とある少女の思い出話 8
とある少女の思い出話 9
とある少女の思い出話 10
とある少女の思い出話 11
とある少女の思い出話 12
とある少女の思い出話 13
しすたーずぷらすわん
しすたーずぷらすわん 1
しすたーずぷらすわん 2
しすたーずぷらすわん 3
しすたーずぷらすわん 4
しすたーずぷらすわん 5
しすたーずぷらすわん 6
しすたーずぷらすわん 7
しすたーずぷらすわん 8
しすたーずぷらすわん 9
しすたーずぷらすわん 10
しすたーずぷらすわん 11
しすたーずぷらすわん 12
しすたーずぷらすわん 13
しすたーずぷらすわん 14
しすたーずぷらすわん 15
しすたーずぷらすわん 16
しすたーずぷらすわん 17
しすたーずぷらすわん 18
しすたーずぷらすわん 19
しすたーずぷらすわん 20
しすたーずぷらすわん 21
幕間 とある少女の水揚
幕間 とある少女の水揚 1
幕間 とある少女の水揚 2
幕間 とある少女の水揚 3
幕間 とある少女の水揚 4
幕間 とある少女の水揚 5
幕間 とある少女の水揚 6
鶴崎踊り真話 前編
鶴崎踊り真話 前編 1
鶴崎踊り真話 前編 2
鶴崎踊り真話 前編 3
鶴崎踊り真話 前編 4
鶴崎踊り真話 前編 5
鶴崎踊り真話 前編 6
鶴崎踊り真話 前編 7
鶴崎踊り真話 前編 8
鶴崎踊り真話 前編 9
鶴崎踊り真話 前編 10
鶴崎踊り真話 前編 11
鶴崎踊り真話 前編 12
鶴崎踊り真話 前編 13
鶴崎踊り真話 前編 14
鶴崎踊り真話 前編 15
鶴崎踊り真話 前編 16
鶴崎踊り真話 前編 17
鶴崎踊り真話 前編 18
鶴崎踊り真話 前編 19
鶴崎踊り真話 前編 20
鶴崎踊り真話 後編
鶴崎踊り真話 後編 1
鶴崎踊り真話 後編 2
鶴崎踊り真話 後編 3
鶴崎踊り真話 後編 4
鶴崎踊り真話 後編 5
鶴崎踊り真話 後編 6
鶴崎踊り真話 後編 7
鶴崎踊り真話 後編 8
鶴崎踊り真話 後編 9
鶴崎踊り真話 後編 10
鶴崎踊り真話 後編 11
鶴崎踊り真話 後編 12
鶴崎踊り真話 後編 13
鶴崎踊り真話 後編 14
鶴崎踊り真話 後編 15
鶴崎踊り真話 後編 16
鶴崎踊り真話 後編 17
鶴崎踊り真話 後編 18
鶴崎踊り真話 後編 19
鶴崎踊り真話 後編 20
鶴崎踊り真話 後編 21
鶴崎踊り真話 後編 22
鶴崎踊り真話 後編 23
鶴崎踊り真話 後編 24
鶴崎踊り真話 後編 25
鶴崎踊り真話 後編 26
秋月の忠臣と吉岡老の授業
秋月の忠臣と吉岡老の授業 1
秋月の忠臣と吉岡老の授業 2
秋月の忠臣と吉岡老の授業 3
秋月の忠臣と吉岡老の授業 4
秋月の忠臣と吉岡老の授業 5
秋月の忠臣と吉岡老の授業 6
秋月の忠臣と吉岡老の授業 7
秋月の忠臣と吉岡老の授業 8
秋月の忠臣と吉岡老の授業 9
秋月の忠臣と吉岡老の授業 10
秋月の忠臣に吉岡老の授業 11
秋月の忠臣に吉岡老の授業 12
秋月の忠臣に吉岡老の授業 13
別府大茶会
別府大茶会 1
別府大茶会 2
別府大茶会 3
別府大茶会 4
別府大茶会 5
別府大茶会 6
別府大茶会 7
別府大茶会 8
別府大茶会 9
別府大茶会 10
別府大茶会 11
別府大茶会 12
別府大茶会 13
別府大茶会 14
別府大茶会 15
別府大茶会 16
別府大茶会 17
別府大茶会 18
別府大茶会 19
別府大茶会 20
別府大茶会 21
別府大茶会 22
別府大茶会 23
別府大茶会 24
別府大茶会 25
別府大茶会 26
別府大茶会 27
別府大茶会 28
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

59 / 137ページ

試し読みできます

鶴崎踊り真話 前編 14

別府 杉乃井御殿 本殿 数日後

 

 ある日のこと。

 珍しく若衆の方以外の方が私をご指名されまして。

 きちんと晴れ着を着て部屋に入ったのですが、見たところ好々爺、という言葉が一番しっくりくるようなご老人でした。

「ほほ、主が恋かの?

 確かに若衆が入れ込むのも判るくらい、姫によう似ておるわ」

 部屋に入った私を見るなり、そう言われました。

 もう姫様に似ていると言われる事にも慣れましたし、若衆の方々が私を姫様に見立ててこの身体を求めて来る事も自覚しています。

 しかし、今日のお客様は。

 失礼だとは思いますが、もうそこまで元気があるようにはとても見えなくて。

「ああ、わしの事ならそう気に掛けんでもよいぞ。

 主の身体が目当てで来た訳ではないからのぉ」

「は、はあ……」

「まあ、自己紹介からじゃの。

 わしは吉岡長増、見ての通りの隠居じゃよ。

 今日来たのは最近若衆に人気の遊女を一目見ておきたくての」

 吉岡様はそう言うとからからと笑い。

 突然表情を引き締めると私の顔を正面から見据えられました。

「ふむ。

 中々にいい目をしておるの。

 それが判っただけでも良しとするか。

 して、恋。主は茶は点てられるかな?」

「あ、はい。

 少々お待ち下さいませ。

 すぐに用意を致します」

 由良姉さんから一通り茶道も習っていますし、この部屋には茶器も一式揃っています。

 急いで湯を沸かし、作法通りにお茶を点てて。

「……どうぞ」

「ふむふむ、基本に忠実じゃな。

 筋も悪くない。

 とがった所はないが、その分安心して飲める茶になっておるわい」


試し読みできます

鶴崎踊り真話 前編 15

 ゆっくりと私の点てたお茶を飲み、満足げに笑っておられます。

 なんとかご不興を買わずに済みました。

 これも由良姉さんから徹底的に仕込まれたおかげです。

「さて、恋よ。

 主にひとつ頼みがある」

「あ、はい。

 なんでございましょう?」

「なーに、お主の茶を教えてやって欲しいのじゃよ。

 なんせ武芸は仕込まれておってもこちら方面はとんと苦手な女子がおるでの。

 無論、主の空いている時間で構わぬ」

「……私に出来る事でしたら」

 この時は吉岡様の言っている意味がよく判りませんでした。

 この日、吉岡様はお茶や和歌を楽しみ、満足げに笑いながらお帰りなさいました。

 ……後日吉岡様と一緒に私の部屋へ参られた方々に、私は絶句する事になるのですけれど。

 戸次政千代様、宇都宮家の八重姫様、九重姫様。

 吉岡様に連れられて私の部屋へ参られたのは、私などとは身分も何もかもが違う3人の姫様方。

 このような方に私のような遊女が何かを教えるなど、恐れ多い事でございまして。

 その旨を吉岡様に伝えて辞退しようとしたのですが、私のその態度に3人の姫様方が固まっておられます。

 吉岡様もそのような姫様方を見て、笑いを堪えておられます。

 なぜこのような事になったかというと、先ごろ加判衆を退かれた吉岡様と田北様のお二人が、珠姫様の招きによってここに来る若衆に武芸を教える事になりまして。

 彼らの勉学に励む姿を見て姫様方も負けじと励もうと。

 一通りの学と武芸は修めている姫様方ですが、交渉や商いの場になりつつある茶席での振舞いは知らず、吉岡様にお伺いを立てた結果、珠姫様の了解を得て私に白羽の矢が立ったとの事。

 結局、その日から時折私の部屋で姫様方と共にお茶を点て。

 気づけば点てたお茶を飲みながら、吉岡様から軍略のお話をお聞きするようになり。

 自然と姫様方だけでなく私も軍略を習うようになりました。

 どんな内容であれ、知らぬものを知る、というのは楽しいものです。

 そして共に吉岡様の話を聞く姫様方も、私と立場を超えたお付き合いをして下さいまして。

 由良姉さん以外で初めて出来た、その、このような言い方はとても不敬であるかもしれないのですが。

 私にとって大切な友人となったのです。 


試し読みできます

鶴崎踊り真話 前編 16

 吉岡様と共にやってくる田北鑑生様は武芸が中心で、こちらは杉乃井御殿の中庭が臨時の修練場に。

 この時も私が一緒に行くことになっておりまして、万が一の為に薬箱を用意して吉岡様と一緒に修練を見学する事に。

 私も簡単な手当や包帯の巻き方は由良姉さんから習ってはいるのですが、本当に使うようになるとは思いませんでした。

「やあっ!」

「とりゃあっ!」

 木刀がぶつかる激しい音が響き。

 一人の手から跳ね飛ばされた木刀がカラン、と地面に落ちて。

「勝者、元鎮殿!

 双方、礼ッ!」

 吉岡様、田北様それぞれのお稽古に四郎様が来ておられるからなのです。

 おそらく珠姫様が身ごもった為だと思いますが、この間の府内城より珠姫様と四郎様のまぐわいがなくなったとか。

 それで四郎様に手空きの時間が増えたそうで、その時間をこの杉乃井御殿での修練に当てているのだそうです。

 吉岡様にお聞きしたところ「珠姫様にいつまでも頼って欲しい」と頑張っておられるとの事。

 ほんの僅かでも私もその中に入れれば良いな……と思ってしまうのは我儘だと自覚してはいるのですが。

 いつの間にか姫巫女衆が控えていたと思ったら、四郎様を見る為に珠姫様が参られました。

 突然の珠姫様来訪に若衆の方々も緊張しているようで。

「あー、四郎の稽古姿見にきただけだから、私の事は気にしなくていいわよ」

 ……他の方は眼中にないと言わんばかりの物言いに、若衆方の肩が一斉に落ちました。

 珠姫様はまだ正式に結婚されている訳ではないので、皆様良い所を見せようと思ったのでしょう。

 きっと珠姫様の事ですから、若衆の方々へあえて先手を打ったのだと思います。

 そして田北様と並んで座る私の隣へ腰を下ろし、面白そうに稽古を眺め。

「……それにしてもここにいる連中、みんな恋を抱いてるんじゃないの?」

「!?」

 突然私だけに聞こえるようにそう言われました。

 実際、ここに来られる方は大抵一度は私の元へお客様としてお越し頂いている訳でして。

 事実は事実なのですが、はっきりそう指摘されるとさすがに恥ずかしく。

 きっと今の私は顔が真っ赤になっていると思います……。


試し読みできます

鶴崎踊り真話 前編 17

「ははーん、やっぱりねぇ。

 最近こっちに来る連中が増えたのはそのせいね。

 まあ、理由はどうあれ勉強するのは悪いことじゃないからね」

 私の顔を見ながらうんうんと頷き、何か得心した様子の珠姫様。

「姫様」

 楽しそうに笑っていた珠姫様の顔が、いつの間にか近づいていた姫巫女衆が耳元で何か囁くとみるみる厳しいものに変わってゆきます。

「とりあえず連れてきて」

「かしこまりました」

 その目にはもう若衆だけでなく、四郎様すら映っていないのでしょう。

 これがこの遊郭の主であり、大大名大友家の姫君という一面。

 それをまざまざと見せつけられた私は何も声をかける事もできず、ただ時が過ぎるのを神仏に祈る事しかできませんでした。

 どれぐらいの時が経ったでしょうか。

 そんなに長くはないはずなのに、ものすごく長く感じた時間が終わったのは、私の目にもとある一人の巫女が姫巫女衆に連れられてやってくるのが見えたからでした。

 歳は由良姉さんぐらいでしょうか。

 顔かたちとも姫様によく似て、きっと姫様がお年をめすとこうなるのだろうなと思わせる美貌の持ち主でした。

 そして、珠姫様よりこの巫女の正体が告げられます。

「お待ちしておりました。母上様」

 その瞬間、水面に投げられた石が波紋を広げるように、姫巫女衆に若衆、田北様や吉岡様に驚愕が広がってゆきます。

 そんな私たちの驚きなど気にする事なく、母上様と呼ばれた巫女様が楽しそうな顔で口を開きました。

「娘も元気そうでなにより。

 積もる話は部屋でするとしましょう。

 隣の部屋をお借りしますよ」

「あ、はい」

 娘、という言葉でようやくこの方が珠姫様の母君様である事に気付きました。

 何度か比売御前というお名前はお聞きしていたのですが。

 私の控え室へ入って行く比売御前と珠姫様を見送りながら、ふとそんな疑問が頭を過ったのでした。


試し読みできます

鶴崎踊り真話 前編 18

「娘。

 人払いを掛けなさい」

 

 母上様。

 いきなり部屋に入ってきてそれはどうかと思うのですが。

 母上様が妙に真面目な顔をしているので、さくっと天岩戸結界を張って。

「娘。

 お前はあの子の素性に気がついているのかしら?」

「……素性?」

「あれ、昔産んだ子の子孫だわ。

 もう三百五十年以上前かしら、確か源平合戦の時」

 ……今何と仰いましたか母上様。

 恋が子孫?

 おーけーおちつけくーるになれ私。

「もう一度お願い。

 今なんて?」

「だから、昔、宇佐八幡守るために産んだ子の子孫。

 その時は失敗しちゃって宇佐八幡燃え落ちちゃったけど」

 どうやら聞き間違いじゃないみたい。

 というか、恋が私にそっくりなのはそのせいか。

 うん、納得。

 ……納得するしかないわよね、これ。

 あれ、母上様がまだ真面目な顔のままだし。

「……まだ何かあるの?」

「あの子、身体に神力貯め込んでるわよ。

 本人は気付いてないみたいだし、今のままなら使う事は出来ないけれど」

 さらりと爆弾発言しやがりましたよ、母上様。

 ……って、「今のままなら」?

「今のままならってどういう事よ。

 その言い方だと条件満たせば使えるって言ってるように聞こえるんだけど」

「そう言ってるのよ、娘。

 あの子が神の血を引いてるって自覚持てば使えるわよ、あんたと同じように」

 更なる爆弾が投下されました。

 詳しく聞いてみると。


試し読みできます

鶴崎踊り真話 前編 19

 恋には間違いなく神としての血が流れているけれど、その力は弱くて。

 母上様を百として、私を最大八十とすればせいぜい十程度しか発揮出来ないと。

 それでも神としての力を振るえるようになる、というのは間違いなく。

 ただその力を使えるようにするという事は人ではなくなっていく、という事。

 これは私も同じだけれど。

 さらに本来私が目的としていた「男に嬲られて神力UP」。

 これを遊女として男に抱かれ続けている恋が、私の代わりにそのまま実行している形になっていたと。

 あー、恋が私と同じで神の血を引いているから結果的に貯め込む事が出来ていた訳だ。

「あの子から神力を分けて貰えば目的は達成できるわよ、効率は悪いけど。

 力を分けて貰うだけならあの子には気付かれずに済むわ。

 方法は判るわね?」

 百合ですね判ります。

 つまり私と恋で百合プレイをする事で、恋の身体に貯まっている神力を私が受け取る、と。

 当然貝合わせよねぇ、これって。

 ……四郎も参加させてまた3Pでもしてやろうかしら。

 そんな事を考えているうちに、一つの疑問が。

「で、その時の相手はどんな相手だったの?」

「ん~、適当に相手選んだから。

 あの時は急いでたし、兎に角作ること最優先だったからねぇ、結局間に合わなかったけど」

 想像の斜め上の回答がきやがりましたよ。

 まあ、母上様らしいと言えばらしいのだけど。

 だけど、そう言いながら一瞬だけ哀しそうな表情を浮かべた母上様を私は見逃さなかった。

 源平合戦の時宇佐八幡は平家方だったから、平家の武将に子種を貰ったんだとは思う訳で。

 だけど、今の私がしっかり宇佐八幡を守れているのと違って、その時は失敗している訳だから。

 私の現在の父親はあんなのだけど生きている。

 でも、その時は子種を貰った男も討ち死にしているんだろう。

 あんなおちゃらけた態度をとってはいるけど、胸中は複雑なんだろうな。

「さて、娘。

 あの子も私にとってはあんたと同じだからね。

 あんたもあの子を大事にしてやんなさいよ?」

 その言葉を口にした母上様は妙に優しげで。

 きっと、自分でもかつて産んだ子の血を引く恋に出会えた事が嬉しかったんだろうな、と思う訳で。


試し読みできます

鶴崎踊り真話 前編 20

 天岩戸結界を解除した後、

「さて、今宵は若衆引っ掛けて愛して貰いましょうかねー」

 なんて言いながら出て行ったのはまあ、いつもの事なのだろう、きっと。

 しかし、恋の水揚の時に姉妹丼なんてやったのだけど、ある意味本当の姉妹だった訳よね。恋とは。

 そう思うとなんだか私も少し嬉しくなって。

 母上様が出て行って、私も自分の部屋に戻ったのだけれど少し顔が弛んでいたらしく。

「吉岡老。いる?」

「姫様。

 何か御用で?」

 話は聞こえてなかっただろうけど、こうして声をかければ即座に返す場所に控えているのだから。この隠居じじい油断も隙もありゃしない。

「母上と話したわ。

 二階崩れの後、逃げ出した後に作って、生まれた後にあの村に預けたと」

 本当の事を言える訳もないので、一番納得するだろう理由をでっちあげる。

 これで、真偽はともかく恋が母上の娘である事は確定する。

 私と容姿が胸以外瓜二つなので、それを疑う者も出る事はないだろう。

 問題は、その上で父上がどう動くか。

 同紋衆の圧力に押されて私の排除に動くのが先か、私が先に父上を殺すのが先か。

 迷っている私はその答えをまだ出していない。

「替え玉ができたって事は、いざとなったら私を消してもいいってわけね。

 大友家の諸改革は「珠」が生きている事が大事であって、珠名義で色々できるしね」

 と、しっかり釘をさして黙認するというか八つ当たりをしてしまう。反省。

 吉岡長増も苦笑して、

「さすがお屋形様のお子ですな」

と流してくれたのには本当に感謝。

「できれば、私に代わるぐらいに育ててよ。

 そしたら奥に引っ込んで四郎といちゃいちゃするから」

と、続けて冗談にしてしまったけど、

「やっぱりお屋形様のお子ですな」

とため息をつかれたのはご愛嬌だろう。きっと。


試し読みできます

あとがき 4


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)

読者登録

北部九州在住さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について