目次
目次
人間関係図 1
人間関係図 2
人間関係図 3
珠と恋
とある少女の思い出話
とある少女の思い出話 1
とある少女の思い出話 2
とある少女の思い出話 3
とある少女の思い出話 4
とある少女の思い出話 5
とある少女の思い出話 6
とある少女の思い出話 7
とある少女の思い出話 8
とある少女の思い出話 9
とある少女の思い出話 10
とある少女の思い出話 11
とある少女の思い出話 12
とある少女の思い出話 13
しすたーずぷらすわん
しすたーずぷらすわん 1
しすたーずぷらすわん 2
しすたーずぷらすわん 3
しすたーずぷらすわん 4
しすたーずぷらすわん 5
しすたーずぷらすわん 6
しすたーずぷらすわん 7
しすたーずぷらすわん 8
しすたーずぷらすわん 9
しすたーずぷらすわん 10
しすたーずぷらすわん 11
しすたーずぷらすわん 12
しすたーずぷらすわん 13
しすたーずぷらすわん 14
しすたーずぷらすわん 15
しすたーずぷらすわん 16
しすたーずぷらすわん 17
しすたーずぷらすわん 18
しすたーずぷらすわん 19
しすたーずぷらすわん 20
しすたーずぷらすわん 21
幕間 とある少女の水揚
幕間 とある少女の水揚 1
幕間 とある少女の水揚 2
幕間 とある少女の水揚 3
幕間 とある少女の水揚 4
幕間 とある少女の水揚 5
幕間 とある少女の水揚 6
鶴崎踊り真話 前編
鶴崎踊り真話 前編 1
鶴崎踊り真話 前編 2
鶴崎踊り真話 前編 3
鶴崎踊り真話 前編 4
鶴崎踊り真話 前編 5
鶴崎踊り真話 前編 6
鶴崎踊り真話 前編 7
鶴崎踊り真話 前編 8
鶴崎踊り真話 前編 9
鶴崎踊り真話 前編 10
鶴崎踊り真話 前編 11
鶴崎踊り真話 前編 12
鶴崎踊り真話 前編 13
鶴崎踊り真話 前編 14
鶴崎踊り真話 前編 15
鶴崎踊り真話 前編 16
鶴崎踊り真話 前編 17
鶴崎踊り真話 前編 18
鶴崎踊り真話 前編 19
鶴崎踊り真話 前編 20
鶴崎踊り真話 後編
鶴崎踊り真話 後編 1
鶴崎踊り真話 後編 2
鶴崎踊り真話 後編 3
鶴崎踊り真話 後編 4
鶴崎踊り真話 後編 5
鶴崎踊り真話 後編 6
鶴崎踊り真話 後編 7
鶴崎踊り真話 後編 8
鶴崎踊り真話 後編 9
鶴崎踊り真話 後編 10
鶴崎踊り真話 後編 11
鶴崎踊り真話 後編 12
鶴崎踊り真話 後編 13
鶴崎踊り真話 後編 14
鶴崎踊り真話 後編 15
鶴崎踊り真話 後編 16
鶴崎踊り真話 後編 17
鶴崎踊り真話 後編 18
鶴崎踊り真話 後編 19
鶴崎踊り真話 後編 20
鶴崎踊り真話 後編 21
鶴崎踊り真話 後編 22
鶴崎踊り真話 後編 23
鶴崎踊り真話 後編 24
鶴崎踊り真話 後編 25
鶴崎踊り真話 後編 26
秋月の忠臣と吉岡老の授業
秋月の忠臣と吉岡老の授業 1
秋月の忠臣と吉岡老の授業 2
秋月の忠臣と吉岡老の授業 3
秋月の忠臣と吉岡老の授業 4
秋月の忠臣と吉岡老の授業 5
秋月の忠臣と吉岡老の授業 6
秋月の忠臣と吉岡老の授業 7
秋月の忠臣と吉岡老の授業 8
秋月の忠臣と吉岡老の授業 9
秋月の忠臣と吉岡老の授業 10
秋月の忠臣に吉岡老の授業 11
秋月の忠臣に吉岡老の授業 12
秋月の忠臣に吉岡老の授業 13
別府大茶会
別府大茶会 1
別府大茶会 2
別府大茶会 3
別府大茶会 4
別府大茶会 5
別府大茶会 6
別府大茶会 7
別府大茶会 8
別府大茶会 9
別府大茶会 10
別府大茶会 11
別府大茶会 12
別府大茶会 13
別府大茶会 14
別府大茶会 15
別府大茶会 16
別府大茶会 17
別府大茶会 18
別府大茶会 19
別府大茶会 20
別府大茶会 21
別府大茶会 22
別府大茶会 23
別府大茶会 24
別府大茶会 25
別府大茶会 26
別府大茶会 27
別府大茶会 28
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

17 / 137ページ

試し読みできます

とある少女の思い出話 12

 それにしても今日は妙に大友家の若武者衆が多いのです。

 殿方への愛想は常に絶やさず、と由良姉さんに言われていましたから、そちらの方にもにこやかに微笑んで手を振って。

 ……私が手を振ったら皆様顔を赤くしてそっぽを向いてしまいました。

 何か気付かぬうちに粗相をしてしまったのでしょうか……。

 そんな事もありましたが、一刻近くを掛けて杉乃井御殿をぐるりと回り、私の新造出しは無事に終了したのでした。

 

 私が新造出しを終えた翌日。

 今日からは今までとは生活が変わります。

 まず、由良姉さんから習う事に房事が加わりました。

 殿方を悦ばせる為の手練手管を本格的に学ぶのです。

 私はまだ突出しをしていませんから、本当に殿方を相手にするわけにはいきません。

 そんな私の為に由良姉さんが取り出したのは「張り形」と呼ばれるものでして。

 これは殿方のその、あれを模したものなのだそうです。

 閨で殿方にどのような事をすれば良いのかをこの張り形を使って教わるのです。

 もうひとつ、私がやらなければならないことが増えました。

 それは私の下腹部に大友家の杏葉紋を彫ること。

 彫師の方も女性ではあるのですが、流石に足を大きく開くというのは抵抗がありました。

 それでもやらなくてはいけない訳でして。

 いえ、14歳になってもまだ、あの。

 生えていないんです、私。

 おかげで彫師の方には「恋ちゃんは仕事がしやすいねぇ、こんな綺麗な肌でさ」などと言われ、思わず赤面する有様で。

 ……結構気にしているんですよ?

 結局、ひと月掛けて全てを彫り終わるまでその事で散々からかわれました……。

 そして肝心の新造としてのお仕事なのですが。

 私が新造出しを終えてから、由良姉さんへつく殿方が少し変わりました。

 今まで由良姉さんをご所望の殿方は、裕福な商人様やある程度御歳を召したお武家様が多かったのですが。

 最近は若武者衆の方が増えてきまして。

 由良姉さんの準備が整うまでの間、私がお相手をする事も多くなりました。

 普段はさっさと身支度を整え、ほとんど殿方を待たせることなく閨に来る由良姉さんなのですが。


試し読みできます

とある少女の思い出話 13

 何故若武者衆の方がお越しの時だけ時間を掛けるのか不思議になって聞いてみたのです。

 ……呆れた顔で言われました。

「恋、突出しと水揚の事は説明しただろう?

 初めての殿方は自分で選べるんだから色々話してごらん。

 そうやって身体を許しても良い相手をみつけるんだよ」

 言われて初めて気付く私も抜けているというかなんというか。

 ただ、その時の私はまだ殿方に対してそういう心を持つことが出来なかったのです。

 あんたの名前は恋(れん)なのに恋(こい)には疎いんだねぇ、とは由良姉さんの弁。

 尤も、遊女である以上本当に恋心を抱いてはいけない訳でして。

 そう、思っていたんです。

 あの方に出会うまでは。

 

 

 それは姫巫女様が伊勢参りを済ませ、久しぶりに杉乃井御殿へ戻られた時の事でした。

 姫様のお出迎えは杉乃井御殿の城代でもある麟様や白貴様、花魁の皆様が総出で行っています。

 これまでは禿であった私はお出迎えの際には部屋で待機する事になっていたので、直接姫様を見る機会はありませんでした。

 今回は私も新造となり、お披露目も終わっていたので由良姉さんのお供として姫様のお出迎えをする事になったのです。

 しかもこの時姫様は殿方をお連れになっているとかで。

 今まで全くそちらに興味を示した事のない姫様が遂に、と杉乃井御殿中で評判になっていました。

 そして姫様御一行が杉乃井御殿に到着したのですが。

 その中に姫様と並んで馬に乗っていた一人の殿方に私の目は釘付けになって。

 ……後から思い返せばまさしく一目惚れ、という事だったのでしょう。

 その時の私は自分の中に湧きあがってきた思いが何なのかさえよく判っていませんでしたから。

 ただただいきなり激しくなった鼓動と湧きあがる感情に翻弄されていて。

 それが私の生涯を本当の意味で決定付けた、珠姫様と四郎様との出会いだったのです―――。


試し読みできます

鶴崎踊り真話 前編 1

鶴崎踊り真話 前編

 

 来ない。

 まぁ、分かっていたけど。

 生理が来ない。

 すっぱいものが食べたくなる。

 妙に眠たいし気だるい。

 胸が何だか張ったような気がする。

 妊娠の初期症状である。

 妊娠が確定した以上、今度はそれをネタにした権力闘争が勃発する訳で。

 南予侵攻の論功行賞が終わった後に来るビックイベント、加判衆の交代と毛利侵攻を闇に葬るという三文芝居にさらに演出が加わる事がこれで確定した訳だ。

 府内城の広間で行われた加判衆の評定のメンバーと序列は以下のとおり。

 

大友義鎮   大友家当主。

 

戸次鑑連  大友義鎮の陣代として大友軍を率いる。

臼杵鑑速  博多奉行として大友の外交を担当。

吉弘鑑理  大友家の武闘派で国東半島の旗頭。

志賀親守  豊後南部北志賀家当主で豊後の内政を担当。

田北鑑重  玖珠郡の旗頭兼筑前方分として臼杵鑑速の補佐。

一万田親実 伊予方分として南予および一条領の管理と宇都宮家の取次。

大友珠   大友義鎮の娘。

        右筆ゆえ発言権はないが、大友義鎮の加判を管理。

        実質的加判衆として発言権が与えられる。

角隈石宗  軍師兼大友義鎮の相談役。

        義鎮が訪ねた時のみ答え、加判衆ではなく発言権もなし。

 

 一万田親実は南予の領地管理があるから、こうして加判衆評定に毎回顔を出すのはちょっと無理がある。

 それゆえに、豊後一万田領を管理する一万田鑑実が印判で代理出席する事で話がついている。

 ついでとばかりに、一万田親実の件を使って命令の迅速化も取り決めていたり。

 大領地かつ遠距離まで広がる大友家ゆえ命令は書類で発行されるので、加判衆全員の加判を待っていたら動きが遅くなる。


試し読みできます

鶴崎踊り真話 前編 2

 で、まず誰も反対が出ない形で、『全員の加判があるもの』と『加判衆の過半数の加判がある物』と『加判衆の二人と大名の加判がある物』で効力が出るように取り決めを。

 大名だけの加判で効力が発揮できないのは、大友家が国人衆の神輿に担がれた守護大名だからで、大名が絶対命令権を持っていない事の裏返しでもある。

 そして、これらの命令書は借発行という形にして、後日必ず大名と加判衆全員の加判もしくは印判をつけるようにする事も決められた。

 今回の評定の議題は、南予侵攻での後始末、収支決算というか銭の話である。

 南蛮船のレンタル料金に、商業船の徴用による経済活動への悪影響、功績に伴う褒賞の授与。

 更に南予統治の費用と殖産の予算策定。

 ……本当に銭、銭、銭。

 本来商用船までの徴集までは考えていなかったのだけど、宇都宮への河野侵攻と長宗我部の一条侵攻でそんな事も言っていられず。

 豊後についてはほぼ総力戦状態に。

 論功行賞も無事に片付きいた後、私は田北鑑重に頼んで銭絡みの一つの提案をしてもらう。

「門司を町衆の自治都市にするだと?」

 声をあげたのは博多奉行兼筑前方分でもある臼杵鑑速。

 その問いかけに田北鑑重は重々しい顔で、私が言ったままに説明を続ける。

「はっ。

 こたびの戦、得たものは大きいのですが、少々銭を使い過ぎました。

 姫様のお告げにより金山が見つかったはいいが、採掘に少し手間と銭がかかるのも事実。

 博多の商人どもに銭を出させる為にも必要かと」

 南予進攻の支払いの為に出した私のへそくりその一である鯛生金山の事だ。

「宇佐八幡のお告げよ」

の一言で、香春の金堀衆に調査させて採掘を開始。

 その金をもって一時的な支出を賄う事に。

 秀吉が天下を統一した時に鉱山を直轄下に置き、秀吉の監視地ができるのと同義語だったのでいやだったのだが、朝鮮出兵で九州各地に蔵入地を作っている事を思い出して予定を変更。

 秀吉が統一するまでに掘りつくしてやるという心意気。

 考えてみると、筑豊の炭田も秀吉直轄下に置かれるんだろうなぁ。

 コークスの技術が広がったら輸出できるしね。あれ。

 で、その採掘費用を捻出する為に、門司を博多と同じ町衆の運営に任せようと。

 既に毛利は彦島に砦を築き、赤間関に市が立つほど栄えている。

 門司は先の戦で焼かれたが、町衆に任せれば赤間関と同じぐらい栄える事ができるだろう。

 これが、私のヘソクリその二『門司中立化構想』。


試し読みできます

鶴崎踊り真話 前編 3

 正確には門司だけでなく、企救半島全てとその中にある城砦まで町衆に任せる、日本最大の自治都市建設構想である。

 既に島井茂勝を通じて商人達には根回しをしており、右筆として私が差し出した企救半島全てを含んだ巨大な町の絵図面に皆度肝を抜かれる。

「この図にある通り、企救半島全てを町衆に任せる事で人口三万を超える博多と同じぐらい栄える港町になるでしょう」

 そのからくりはこうだ。

 門司の価値は瀬戸内海へ繋がるという一点に集約されている。

 博多の富の源泉である南蛮交易や大陸交易で影響力が強いのは、我が大友である。

 ところが、それを一大消費地である畿内に運ぶ為には瀬戸内海に入らねばならない。

 そして、瀬戸内海は毛利水軍の影響力が強く、結果として海運関係はほとんどが毛利側の赤間関に流れているのが現状だったりする。

 で、それを嫌った私が日本海交易に力を入れて、結果、若狭商人と繋がった事を堺商人は快く思っていない。

 その代替策として府内から土佐経由の太平洋航路を作ったが、南伊予侵攻で長宗我部が敵に回り一時頓挫。

 更に、太平洋航路は難破の危険が瀬戸内海より高く、堺商人が瀬戸内海航路を渇望していたのも事実だった。

 私もこの状況に瀬戸内海の無視ができなくなったので、ならばと高く売りつける事にしたのである。

「銭は博多と堺の町衆が出し、博多から門司までは松浦水軍が、門司から堺までの荷の運行は村上水軍が責任を持つとの事。

 運営は町衆の自治に任せ、大友も毛利も門司に兵を出さない事を約定させます」

「姫。

 村上水軍は信用できるのですか?」

 そう私に問いかけたのは志賀親守。

 いや、元案私だけど、提案者田北鑑重なんだからそっちに振れよ。

 ちゃんと答えられる様に、彼に懇々と説明したのだから。

「娘よ。

 こんな愉快な案を、あの生真面目な田北鑑重が出せるわけが無いのは分かっているから、自らの口で説明しろ。

 それぐらいの権限は与えたはずだぞ」

 父上。

 右筆というのは加判衆には入っていないので……ああ、皆の顔色、誰もがそう思っていないよ。


試し読みできます

鶴崎踊り真話 前編 4

 というか、田北鑑重。あんた説明しなくて済んだと安堵の顔を浮かべるんじゃねぇ!!

 あれだけ言ったのに理解できなかったな!!!

 こんちくしょう。

 やればいいんでしょ!やれば!!

 ため息一つ吐いて、私は口を開く。

「この場合、信用できないから、信用できるのです」

「なんですか?

 それは??」

 志賀親守が分からないと声をあげる。

 見ると、私以外全員分かっていないらしい。

「我々は、村上水軍を信用していない。

 それと同じぐらい、毛利も村上水軍を信用していないでしょうね」

「あ!?」

 その一言に皆も私が言わんとした事に気づく。

「戦場では、有能な敵より無能な味方に足を引っ張られる事の方が多いわ。

 さて、大友よりの博多商人の金をたらふく吸い込んだ村上水軍が、絶対の忠誠を誓えると毛利は考えるのかしら?

 とても楽しみだわ」

 いい笑顔で私は言い捨てる。

 この門司中立化構想は、対毛利戦における私の切り札と言っていいほど、十重二十重に仕掛けを施している。

「門司を町衆に任せる事に、軍事的には三つの利点があります。

 毛利が門司を攻めたら博多・堺の商人と村上水軍を怒らせる事が一つ。

 これはさっき話したわね」

 一同の顔を見渡して、今度は白紙の豊前・筑前の地図を取り出す。

 墨で門司の位置を黒く塗った後で、矢印を二つ書いて私は続きを口にする。

「二つ目は門司を攻めなかった場合、彼らの九州侵攻路が一つに限定される事です。

 以前は門司を基点に、博多を攻めるか豊前を南下するかで、我々は振り回されてきました。

 ですが、門司を候補からはずす場合、新たな上陸地を探さねばなりません」

 そのまま、私は地図に博多を書き込む。

「毛利の最終目標は博多の掌握です。

 よって、瀬戸内海側の豊前松山城侵攻はありえません。

 ここを毛利側の拠点とした場合、豊後からの応援が二日で宇佐に入る。



読者登録

北部九州在住さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について