目次
目次
人間関係図 1
人間関係図 2
人間関係図 3
珠と恋
とある少女の思い出話
とある少女の思い出話 1
とある少女の思い出話 2
とある少女の思い出話 3
とある少女の思い出話 4
とある少女の思い出話 5
とある少女の思い出話 6
とある少女の思い出話 7
とある少女の思い出話 8
とある少女の思い出話 9
とある少女の思い出話 10
とある少女の思い出話 11
とある少女の思い出話 12
とある少女の思い出話 13
しすたーずぷらすわん
しすたーずぷらすわん 1
しすたーずぷらすわん 2
しすたーずぷらすわん 3
しすたーずぷらすわん 4
しすたーずぷらすわん 5
しすたーずぷらすわん 6
しすたーずぷらすわん 7
しすたーずぷらすわん 8
しすたーずぷらすわん 9
しすたーずぷらすわん 10
しすたーずぷらすわん 11
しすたーずぷらすわん 12
しすたーずぷらすわん 13
しすたーずぷらすわん 14
しすたーずぷらすわん 15
しすたーずぷらすわん 16
しすたーずぷらすわん 17
しすたーずぷらすわん 18
しすたーずぷらすわん 19
しすたーずぷらすわん 20
しすたーずぷらすわん 21
幕間 とある少女の水揚
幕間 とある少女の水揚 1
幕間 とある少女の水揚 2
幕間 とある少女の水揚 3
幕間 とある少女の水揚 4
幕間 とある少女の水揚 5
幕間 とある少女の水揚 6
鶴崎踊り真話 前編
鶴崎踊り真話 前編 1
鶴崎踊り真話 前編 2
鶴崎踊り真話 前編 3
鶴崎踊り真話 前編 4
鶴崎踊り真話 前編 5
鶴崎踊り真話 前編 6
鶴崎踊り真話 前編 7
鶴崎踊り真話 前編 8
鶴崎踊り真話 前編 9
鶴崎踊り真話 前編 10
鶴崎踊り真話 前編 11
鶴崎踊り真話 前編 12
鶴崎踊り真話 前編 13
鶴崎踊り真話 前編 14
鶴崎踊り真話 前編 15
鶴崎踊り真話 前編 16
鶴崎踊り真話 前編 17
鶴崎踊り真話 前編 18
鶴崎踊り真話 前編 19
鶴崎踊り真話 前編 20
鶴崎踊り真話 後編
鶴崎踊り真話 後編 1
鶴崎踊り真話 後編 2
鶴崎踊り真話 後編 3
鶴崎踊り真話 後編 4
鶴崎踊り真話 後編 5
鶴崎踊り真話 後編 6
鶴崎踊り真話 後編 7
鶴崎踊り真話 後編 8
鶴崎踊り真話 後編 9
鶴崎踊り真話 後編 10
鶴崎踊り真話 後編 11
鶴崎踊り真話 後編 12
鶴崎踊り真話 後編 13
鶴崎踊り真話 後編 14
鶴崎踊り真話 後編 15
鶴崎踊り真話 後編 16
鶴崎踊り真話 後編 17
鶴崎踊り真話 後編 18
鶴崎踊り真話 後編 19
鶴崎踊り真話 後編 20
鶴崎踊り真話 後編 21
鶴崎踊り真話 後編 22
鶴崎踊り真話 後編 23
鶴崎踊り真話 後編 24
鶴崎踊り真話 後編 25
鶴崎踊り真話 後編 26
秋月の忠臣と吉岡老の授業
秋月の忠臣と吉岡老の授業 1
秋月の忠臣と吉岡老の授業 2
秋月の忠臣と吉岡老の授業 3
秋月の忠臣と吉岡老の授業 4
秋月の忠臣と吉岡老の授業 5
秋月の忠臣と吉岡老の授業 6
秋月の忠臣と吉岡老の授業 7
秋月の忠臣と吉岡老の授業 8
秋月の忠臣と吉岡老の授業 9
秋月の忠臣と吉岡老の授業 10
秋月の忠臣に吉岡老の授業 11
秋月の忠臣に吉岡老の授業 12
秋月の忠臣に吉岡老の授業 13
別府大茶会
別府大茶会 1
別府大茶会 2
別府大茶会 3
別府大茶会 4
別府大茶会 5
別府大茶会 6
別府大茶会 7
別府大茶会 8
別府大茶会 9
別府大茶会 10
別府大茶会 11
別府大茶会 12
別府大茶会 13
別府大茶会 14
別府大茶会 15
別府大茶会 16
別府大茶会 17
別府大茶会 18
別府大茶会 19
別府大茶会 20
別府大茶会 21
別府大茶会 22
別府大茶会 23
別府大茶会 24
別府大茶会 25
別府大茶会 26
別府大茶会 27
別府大茶会 28
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

7 / 137ページ

試し読みできます

とある少女の思い出話 2

 そしてお母さんお父さんと離れ離れになってしまった事よりも。

 今まで見たことのない遊郭――当然どんな事をする場所かも知らなかった――のあまりの大きさと賑やかさに心を奪われていたのでした。

 そんな私を。

 少し哀しげな様子で見ていたお姉さんに連れられて、私はこの別府遊廓に入ったのでした。

 お姉さんに手を引っ張られながら周りの喧噪に驚き。

 奇麗な着物を着たお姉さんが沢山いるのに驚き。

 そして何よりも。

 私がこれから暮らす部屋に通された時が一番の驚きでした。

 今まで住んでいた家とは違う、畳が敷かれた土間のない部屋。

「さあ、ついた。

 いいかい恋、あんたの部屋はここ。

 今日から私があんたの面倒を見る由良だ。

 普段は由良姉さんと呼びなさい。

 明日からは私があんたの勉強を見る。

 そしてあんたには私の身の回りの世話をしてもらうからね」

「……はい」

「それから食事は私と一緒、朝と夕方。

 昼から夕方の店開けまではあんたの勉強の時間。

 良いかい、この別府で働くからにはあんたもある程度の教養を身につけてもらうからね」

「はい」

 ここで暮らすのに気をつけなければいけないことや、これから私が何をしたら良いのかをお姉さんが話していたのですが。

 私の眼は部屋の中に釘付けでした。

 行燈が置かれ、暖かそうな布団が押入れに入っていて。

 そして何よりも。

 ご飯が普通に食べられる。

 それはお母さんお父さんと別れてしまったことすら忘れさせてしまうくらい、今までの生活とは別のものだったのです。

 私は今までの村の暮らしとは全く別の、信じられない世界に迷い込んでしまった気分になっていました。

 そのせいか、由良姉さんが私の顔をじーっと見つめていた事に声をかけられるまで気づきませんでした。


試し読みできます

とある少女の思い出話 3

「……しかし随分汚れてるねぇ。

 寝る前に身体を洗ってやるから風呂に行くよ」

「お風呂……ですか?」

 私にとってのお風呂、というのは村長さんの家にある石造りのもので、一年で数回しか入れないようなものでした。

 それも水汲みや薪集めをしてやっと、というもの。

 だからこう簡単にお風呂に行く、と言われるのは想像の埒外にあったのです。

「ああ、知らない訳じゃないだろう?」

「はい。

 でも川で水浴びばかりでしたから……」

「まあ、そんなもんだろうねぇ。

 ここは温泉地でもあるんだ、身体を洗う風呂には困らないよ。

 それに人前に出るのに身体を奇麗にしておかなきゃいけないしね」

 この時はまだ人前に出る、という意味はよくわかりませんでした。

 ただ、村にいた時は滅多に入れなかったお風呂に入れる、というのが嬉しくて。

 しかも温泉というのは聞いた事はありましたが入るのは初めてです。

 きっと、この時の私はすごくうれしそうな顔をしていたんだと思います。

「よし、それじゃ行くよ」

「はい、由良姉さん」

 部屋の中にあった手拭と禿用の普段着を持ち、私は由良姉さんの後について行きました。

 その普段着も、今の私が来ている麻の着物より数等上のもの。

 木綿生地で出来たそれは肌触りも良くて。

 ごわごわした麻生地の着物とは比べ物になりません。

 これからはこんな着物を着れるんだ、と思うと自然と笑みが零れていました。

 そして。

 由良姉さんに案内されてついたお風呂は。

 あまりの大きさに最初はこれがお風呂だとは信じられないくらいで。

 そこには何人もの奇麗なお姉さん達が入っていて。

 中には私と同じくらいの年の子を連れている人もいました。

 きっと私と同じ、売られて来た子なのでしょう。

 少し鼻につんとくる匂いと、暖かそうな湯気。

 そこは、本当に私にとって天国のような場所でした。

 ぼーっとそのお風呂を見ていたらざぶん、と頭からお湯を掛けられ。

「ほら、ぼさっとしてないで身体を洗うんだよ。


試し読みできます

とある少女の思い出話 4

 これを身体に擦りつけて手拭で擦れば汚れが落ちるからね」

 そう言われて渡されたもの、「せっけん」という物を初めて知りました。

 由良姉さんの見よう見まねで必死で身体を洗っていると、垢がぼろぼろとおちていきます。

 周りにいるお姉さんや私と同じくらいの年の子に比べてあまりにもみすぼらしい気がして。

 先程までの浮ついた心が一気に冷めていくのが判りました。

 そんな私の身体を由良姉さんの手拭がごしごしと擦って。

「いいかい、恋。

 ここに来た子達はみんな今のあんたと同じように身体を奇麗にして部屋に戻るんだ。

 だから気にしちゃいけないよ?」

「……はい」

 それから由良姉さんは私の背中を洗って、髪の毛も奇麗にしてくれました。

 そして全身を洗った後は湯船の中に。

 ……それはまさに「極楽」という言葉がぴったりの気分でした。

 あまりの気持ち良さに長湯してのぼせあがってしまい、由良姉さんに支えられてお風呂から出る羽目になってしまったのですが。

 お風呂の後に用意されていたのは夕餉でした。

 真っ白なお米とお味噌汁。

 それにお漬け物。

 横のお櫃にはおかわりが出来るようにご飯が入っていて。

 やはり村では考えられない食事に私は我を忘れて食べていたのでした。

 夕餉の後、由良姉さんから長旅で疲れているだろうから、今日は早めに寝なさい、と言われ。

 布団の中に潜り込むと。

 つい数日前まで横に感じることが出来たお母さんの温もりがない事を改めて気付かされて。

 お風呂で身体が温まり、ご飯をお腹いっぱい食べて心も暖かくなっていた筈なのに。

 布団の中で一人で横になる私は何故かとても心細くて。

  暖かい筈なのに、とても寒い。

 お母さんとお父さんの温もりが感じられない事がこんなに寂しい事だと実感して。

 もう会えない、と思うと自然と涙が零れ、寂しさと哀しみの中私は眠りについたのでした。

 

 時に永禄3年(1560年)。

 一人の少女はこうして別府遊郭で暮らし始めた。

 その小さな胸に癒しきれない寂しさと哀しさを覚えながら。

 寂しさと哀しさを改めて思い出しながら眠りについて。

 翌日由良姉さんに身体を揺すられ、目が覚めた時は頬に涙の跡が出来ていました。


試し読みできます

とある少女の思い出話 5

 寂しさも哀しさもまだ忘れる事は出来ないのですけれど。

 それでも私はここで生きていかなければいけないのです。

 

「禿(かむろ)」

 ここでの私はそう呼ばれます。

 私と一緒の部屋で暮らす、由良姉さん(由良姉さんは「花魁」というのだそうです)の身の回りの世話をしたり、遊郭に出る時にお供をしたりする役目なのだとか。

 そうして由良姉さんのお供をしながら色んなことを学んでいく、それが私のお仕事。

 ……でも最初に教わることになったのは読み書きでした。

 正直、びっくりしました。

 売られてきた私が読み書きを教わることができる、という事に。

「いいかい、恋。

 私もそうだけどあんたもここで働いて、いつかは出ていくことになる。

 その時に学があるとないとで大違いだからね」

「はい」

 これは別府遊郭の主人である、大友家の姫様の方針なのだそうです。

 見込みがある女の子は読み書きだけでなく、算術や舞も教わるとのことで。

 特に私のような、10歳くらいでここに来た女の子は遊廓に出るまで時間があります。

 実際に私が遊女として店に出るまでに、色々な事を学ぶことになりそうです。

 まず由良姉さんより早く起きて。

 顔や手を洗うための手水の用意をします。

 最初の日は私が由良姉さんに起こされてしまったのですが、これからは私が由良姉さんを起こさなくてはいけません。

 もともと村での生活は日の出と一緒に起きていましたし、朝から冷たい水仕事をしていましたからこれはすぐに慣れる事ができました。

 一通り朝の身支度が終わると朝食を食べ、由良姉さんに読み書きを教わります。

 村にいた頃、ほんの少しだけ和尚さんから教わった事はありました。

 いろはに……といった簡単な文字は教わっていたのです。

 でも、ここで教わる読み書きは難しい字が沢山。

 最初こそちんぷんかんぷんでしたが、だんだん読める事そのものが面白くなり、由良姉さんも驚くほど短期間で私は読み書きを覚えていきました。

 そしてお昼を過ぎたら私の禿としての教育が始まります。 

 由良姉さんが遊郭に出る時に、当然私がついていくのですが。

 その時はきちんと着物を着てお供をしなくてはいけないのです。


試し読みできます

とある少女の思い出話 6

 なので、由良姉さんが見つくろってくれた着物を着て、髪を整えて頂くことになりました。

 こんな綺麗な着物を着るのは生まれて初めてです。 

「……しかし、こうして綺麗に身繕いして髪を整えると姫様に似ているねぇ」

「え?」

「年も同じだし、背格好も似ているし。

 姫様の隣に今の恋を座らせたら見分けがつかないかもしれないよ?」

「は、はあ……」

 正直、由良姉さんにからかわれているのだと思ったのです。

 私はそれこそどこにでもいるような村娘でしかありません。

 そんな私が姫様に似ている、などと言われてもぴんと来るはずもなく。

 ただ、その時の由良姉さんの目が妙に鋭かったのだけは心に残りました。

 時折私をここに連れてきてくれた行商人のおじさんが顔を出してくれることもありました。

 お母さんもお父さんも元気で、私の様子をおじさんに聞いたりしているそうです。

 そして何よりも驚いたのは、私の村に姫巫女様が豊穣の祈祷に来て下さったこと。

 その事を由良姉さんの方を見て人の悪そうな笑みを浮かべながら私に教えてくれたのです。

 不思議に思った私が由良姉さんを見ると、顔を赤くしながら急にそっぽを向いてしまいました。

 ……きっと私の村の事を聞いた由良姉さんがお願いして下さったのでしょう。 

 ありがとうございます、と頭を下げた私に、

「わたしゃ何も知らないよ」

と答えた由良姉さんに行商のおじさんと二人で噴き出してしまったこともありました。

 由良姉さん、それだけ顔を赤くしてたら幾ら子供の私でも判ります……。

 そんな毎日を過ごしつつ。

 読み書きに加えて算術や舞踊も教わるようになったのが、私がここに来てから1年ほど経った頃でした。

 11歳になった私は、読み書きは由良姉さんも太鼓判を押すくらいの腕になっていました。

 毎日の由良姉さんのお世話もそつなくこなして、着物の着付けもきちんと出来るようになりました。

 この1年で由良姉さんの仕事――将来私もする仕事――というのもきちんと理解出来るようになっています。

 それを理解する切っ掛けになったのはここに来て半年程経った日のことでした。

 それまで私は由良姉さんのお供として一緒に遊郭へ行き、姉さんが客を取る前に部屋に戻されていたのですが。

 その日は隣の控え室に残るように言われ、由良姉さんの部屋へ男の人が入って行くのを見送ったのです。


試し読みできます

とある少女の思い出話 7

 ……しばらくすると衣擦れの音と共に、それまで聞いたことのない由良姉さんの艶の混じった声が聞こえて。

 男の人の声と共にますます強くなる由良姉さんの声に、思わず襖を少しだけ開けて中を覗いてしまったのです。

 目の前に男の人の背中があって、由良姉さんの足が男の人の両側に見えていました。

 男の人が動くたびに由良姉さんがはしたない声を上げ、足を揺らして。

 見てはいけないものだ、と思っても。

 私はどうしてもその光景から目を離す事が出来なくて。

 どれくらいそうしていたかは覚えていないのですが、気づいた時には既にお客さんはいませんでした。

 そして、私の事をいつもの優しい目で見ている由良姉さんの視線に思わず涙を流していたのです。

 ごめんなさい、と。

 見てはいけないと思ったのに見てしまいました、と。

 そんな私を由良姉さんは優しく抱きしめてくれて。

「いいかい、恋。

 あんたもね、いつかは私のようにここで男に抱かれる事になるんだ。

 少しずつでいいから、こういう事も覚えていかなくちゃいけないんだよ。

 今日、あんたを部屋に帰さなかったのは少しでも理解して欲しかったからなんだ」

 そう諭してくれたのです。

 あくまでも遊女とはこういうものなんだ、という事を実感して欲しかったのでしょう。

 尤も、まだ私の身体が育っていないと言われて私自身がそういった行為をするという事はありませんでした。

 ……由良姉さんに比べてぺったんこな私の胸がちょっと悔しかったのは心の奥にしまっておきます。

 今まで教わってきたのはあくまでもここで暮らしていく為に必要な事でしたが、これからは遊女として必要な事を学ぶ事になりました。

 必要とあれば京のお公家様の前に出ても恥ずかしくないくらいにしてやるよ、とは由良姉さんの弁。

 そして厳しくも優しい由良姉さんの元、私の遊女修業が本格的に始まったのでした。

 とはいえ。

 まだ身体の発育も不十分な私でしたから、殿方を相手にする為のものではなく舞踊や唄から学ぶ事に。



読者登録

北部九州在住さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について