目次
目次
人間関係図 1
人間関係図 2
人間関係図 3
珠と恋
とある少女の思い出話
とある少女の思い出話 1
とある少女の思い出話 2
とある少女の思い出話 3
とある少女の思い出話 4
とある少女の思い出話 5
とある少女の思い出話 6
とある少女の思い出話 7
とある少女の思い出話 8
とある少女の思い出話 9
とある少女の思い出話 10
とある少女の思い出話 11
とある少女の思い出話 12
とある少女の思い出話 13
しすたーずぷらすわん
しすたーずぷらすわん 1
しすたーずぷらすわん 2
しすたーずぷらすわん 3
しすたーずぷらすわん 4
しすたーずぷらすわん 5
しすたーずぷらすわん 6
しすたーずぷらすわん 7
しすたーずぷらすわん 8
しすたーずぷらすわん 9
しすたーずぷらすわん 10
しすたーずぷらすわん 11
しすたーずぷらすわん 12
しすたーずぷらすわん 13
しすたーずぷらすわん 14
しすたーずぷらすわん 15
しすたーずぷらすわん 16
しすたーずぷらすわん 17
しすたーずぷらすわん 18
しすたーずぷらすわん 19
しすたーずぷらすわん 20
しすたーずぷらすわん 21
幕間 とある少女の水揚
幕間 とある少女の水揚 1
幕間 とある少女の水揚 2
幕間 とある少女の水揚 3
幕間 とある少女の水揚 4
幕間 とある少女の水揚 5
幕間 とある少女の水揚 6
鶴崎踊り真話 前編
鶴崎踊り真話 前編 1
鶴崎踊り真話 前編 2
鶴崎踊り真話 前編 3
鶴崎踊り真話 前編 4
鶴崎踊り真話 前編 5
鶴崎踊り真話 前編 6
鶴崎踊り真話 前編 7
鶴崎踊り真話 前編 8
鶴崎踊り真話 前編 9
鶴崎踊り真話 前編 10
鶴崎踊り真話 前編 11
鶴崎踊り真話 前編 12
鶴崎踊り真話 前編 13
鶴崎踊り真話 前編 14
鶴崎踊り真話 前編 15
鶴崎踊り真話 前編 16
鶴崎踊り真話 前編 17
鶴崎踊り真話 前編 18
鶴崎踊り真話 前編 19
鶴崎踊り真話 前編 20
鶴崎踊り真話 後編
鶴崎踊り真話 後編 1
鶴崎踊り真話 後編 2
鶴崎踊り真話 後編 3
鶴崎踊り真話 後編 4
鶴崎踊り真話 後編 5
鶴崎踊り真話 後編 6
鶴崎踊り真話 後編 7
鶴崎踊り真話 後編 8
鶴崎踊り真話 後編 9
鶴崎踊り真話 後編 10
鶴崎踊り真話 後編 11
鶴崎踊り真話 後編 12
鶴崎踊り真話 後編 13
鶴崎踊り真話 後編 14
鶴崎踊り真話 後編 15
鶴崎踊り真話 後編 16
鶴崎踊り真話 後編 17
鶴崎踊り真話 後編 18
鶴崎踊り真話 後編 19
鶴崎踊り真話 後編 20
鶴崎踊り真話 後編 21
鶴崎踊り真話 後編 22
鶴崎踊り真話 後編 23
鶴崎踊り真話 後編 24
鶴崎踊り真話 後編 25
鶴崎踊り真話 後編 26
秋月の忠臣と吉岡老の授業
秋月の忠臣と吉岡老の授業 1
秋月の忠臣と吉岡老の授業 2
秋月の忠臣と吉岡老の授業 3
秋月の忠臣と吉岡老の授業 4
秋月の忠臣と吉岡老の授業 5
秋月の忠臣と吉岡老の授業 6
秋月の忠臣と吉岡老の授業 7
秋月の忠臣と吉岡老の授業 8
秋月の忠臣と吉岡老の授業 9
秋月の忠臣と吉岡老の授業 10
秋月の忠臣に吉岡老の授業 11
秋月の忠臣に吉岡老の授業 12
秋月の忠臣に吉岡老の授業 13
別府大茶会
別府大茶会 1
別府大茶会 2
別府大茶会 3
別府大茶会 4
別府大茶会 5
別府大茶会 6
別府大茶会 7
別府大茶会 8
別府大茶会 9
別府大茶会 10
別府大茶会 11
別府大茶会 12
別府大茶会 13
別府大茶会 14
別府大茶会 15
別府大茶会 16
別府大茶会 17
別府大茶会 18
別府大茶会 19
別府大茶会 20
別府大茶会 21
別府大茶会 22
別府大茶会 23
別府大茶会 24
別府大茶会 25
別府大茶会 26
別府大茶会 27
別府大茶会 28
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

4 / 137ページ

試し読みできます

人間関係図 3

大友家家臣団の色分け

 

 一門  大友一族で宗家のみが使用。

      当主以外の兄弟は分家するか養子によって大友姓から外れて同紋衆となる。

 

 同紋衆 大友一族を祖に持つ譜代衆。

       義鎮の代では最高意思決定機関である加判衆は彼らからしか選ばれなかった。

 

 他紋衆 一門・同紋衆以外全ての国人衆の総称。

       それゆえ、内部が一枚にまとまっていない。

       豊後国には佐伯家を頂点とする大神系国人衆がおり、大友家と対立していた。

       また、豊後国には大神系以外の国人衆も勢力を持っていた。

 

大友三大支族

 

田原家

 国東半島を拠点に勢力を持つ。

 幾度と無く独立を望み、大友宗家より常に警戒される家。

 その分断策に吉弘家など田原分家が優遇された。

 

志賀家

 豊後南部に勢力を持ち、北志賀家と南志賀家(双方とも志賀と名乗っている)に本家が分裂しているがその地盤は強大。

 南部衆と言えば、この志賀家とその一族を指す事が多い。

 

託摩家

 肥後を拠点に菊池家の血と混ざり土着化。肥後の名族菊池家をついに乗っ取る。

 だが、菊池義武の大友からの独立とその戦乱で衰退。

  

大友家以外の国人衆

 

宇佐衆

 宇佐八幡宮の荘園領主を母体とした国人衆の集合体。

 現在の筆頭は佐田隆居で、宇佐衆は勢場ヶ原合戦にて大内家の方につき、現在でも大友家中ではその怨恨を引きずっている所が多い。

 

大神系国人衆

 鎌倉時代前から豊後に土着し、緒方惟栄などを輩出して豊後を支配していた一族。

 それゆえ、豊後の支配をめぐり鎌倉時代に下向した大友家と長い闘争を続けていた。

 小原鑑元の乱によって、一族宗家を束ねる家が滅亡・逃亡・引退に追い込まれた事で、一族としての統一行動を取る事はほぼなくなっている。

 

城井宇都宮家

 元は関東の名家で豊前国に根付いた一族。

 とはいえ、大友・大内にはさまれた結果勢力は衰え、分家の多くが大友・大内(毛利)へと独自の判断にてついている。

 宇佐衆筆頭の佐田家は城井宇都宮家の有力分家の一つ。

 

大蔵党一族

 筑前国に根を張る国人衆の集合体。

 藤原純友の乱鎮圧に功績のあった大蔵春実を祖に代々大宰府府官を務め、子孫は九州の原田氏・秋月氏・波多江氏・三原氏・田尻氏・高橋氏の祖となって繁茂。

 筑前国人衆に大蔵の血が入っていない所はないと言われるが、大内家や少武家などの守護勢力の下で弱体化。

 大蔵党は原田・秋月・高橋の三家の格が高いのだが、高橋家は断絶。一万田家より養子をもらう事で家を存続させた。

 それが高橋鑑種だが、南予進攻によって高橋の名字は吉弘鎮理に移り高橋鎮理と名乗る。

 

 

永禄八年(1565年)二月時点の大友家加判衆

 

大友義鎮  (おおとも よししげ) 大友家当主。

 

戸次鑑連 (べっき あきつら)  大友義鎮の陣代として大友軍を率いる。

臼杵鑑速 (うすき あきはや)  博多奉行として大友の外交を担当。

吉岡長増 (よしおか ながます) 大友家の長老で引退を表明している。

田北鑑生 (たきた あきなり)  玖珠郡の旗頭で長い戦歴を持つ。引退を表明。

吉弘鑑理 (よしひろ あきまさ) 大友家の武闘派で国東半島の旗頭。

志賀親守 (しが ちかもり)   豊後南部北志賀家当主で豊後の内政を担当。

大友珠                大友義鎮の娘。

                    右筆ゆえ発言権はないが、大友義鎮の加判を管理。

                    実質的参加者として発言権が与えられる。


試し読みできます

とある少女の思い出話 1

とある少女の思い出話

 

 突然、お母さんにごめんねって言われた。

 お母さんもお父さんも泣いていて。

 いつも行商に来るおじさんが私の手を握って。

 嫌がる私は家から連れ出された。

「恋、ごめんね……」

 もういちど、お母さんが私に謝って。

 隣でお父さんがお母さんを支えていた。

 私の手を引いて行く男の人の顔は何かを耐えているようで。

 お母さんとお父さんを見たのはそれが最後だった。

 知らない男の人に連れられて歩くこと数日。

 私が連れてこられたのは別府遊郭、という場所だった。

 そこにはお母さんやお父さんと一緒に暮らしていた村とは比べ物にならないくらい人がたくさんいて。

 奇麗なお姉さんがいっぱいいて。

 そして。

「……それじゃこれが代金ね。

 しかしまぁ、最近多いねぇ……」

「それは仕方ないだろう、姫巫女様の祈祷を受けた村はそうでもないんだがな。

 酷い村は本当に酷いもんだよ」

「うちはまあ、助かるけどねぇ……。

 それでもあんな年端もいかない子が近頃増えているからねぇ」

「俺もこんな事はしたくないんだけどな……。

 生きていくにはどうしようもないって事だと判っていても、な」

 ……その時の私は自分がどういう状態なのか判らなかった。

 だけど、おじさんとお姉さんの話を聞いているうちに理解して。

 ああ、自分は口減らしのために売られたんだ……と。

 村で同じように売られた人を何人も見ていたから。 

 だから。

 私をここに連れてきた男の人と話していた奇麗なお姉さんが。

「あんたはこの別府遊郭で働くんだよ」

 と私に告げた時も。

 ああ、今まで見ていたお姉さん達もきっとこういう場所で働いているんだな……と思っただけで。


試し読みできます

とある少女の思い出話 2

 そしてお母さんお父さんと離れ離れになってしまった事よりも。

 今まで見たことのない遊郭――当然どんな事をする場所かも知らなかった――のあまりの大きさと賑やかさに心を奪われていたのでした。

 そんな私を。

 少し哀しげな様子で見ていたお姉さんに連れられて、私はこの別府遊廓に入ったのでした。

 お姉さんに手を引っ張られながら周りの喧噪に驚き。

 奇麗な着物を着たお姉さんが沢山いるのに驚き。

 そして何よりも。

 私がこれから暮らす部屋に通された時が一番の驚きでした。

 今まで住んでいた家とは違う、畳が敷かれた土間のない部屋。

「さあ、ついた。

 いいかい恋、あんたの部屋はここ。

 今日から私があんたの面倒を見る由良だ。

 普段は由良姉さんと呼びなさい。

 明日からは私があんたの勉強を見る。

 そしてあんたには私の身の回りの世話をしてもらうからね」

「……はい」

「それから食事は私と一緒、朝と夕方。

 昼から夕方の店開けまではあんたの勉強の時間。

 良いかい、この別府で働くからにはあんたもある程度の教養を身につけてもらうからね」

「はい」

 ここで暮らすのに気をつけなければいけないことや、これから私が何をしたら良いのかをお姉さんが話していたのですが。

 私の眼は部屋の中に釘付けでした。

 行燈が置かれ、暖かそうな布団が押入れに入っていて。

 そして何よりも。

 ご飯が普通に食べられる。

 それはお母さんお父さんと別れてしまったことすら忘れさせてしまうくらい、今までの生活とは別のものだったのです。

 私は今までの村の暮らしとは全く別の、信じられない世界に迷い込んでしまった気分になっていました。

 そのせいか、由良姉さんが私の顔をじーっと見つめていた事に声をかけられるまで気づきませんでした。


試し読みできます

とある少女の思い出話 3

「……しかし随分汚れてるねぇ。

 寝る前に身体を洗ってやるから風呂に行くよ」

「お風呂……ですか?」

 私にとってのお風呂、というのは村長さんの家にある石造りのもので、一年で数回しか入れないようなものでした。

 それも水汲みや薪集めをしてやっと、というもの。

 だからこう簡単にお風呂に行く、と言われるのは想像の埒外にあったのです。

「ああ、知らない訳じゃないだろう?」

「はい。

 でも川で水浴びばかりでしたから……」

「まあ、そんなもんだろうねぇ。

 ここは温泉地でもあるんだ、身体を洗う風呂には困らないよ。

 それに人前に出るのに身体を奇麗にしておかなきゃいけないしね」

 この時はまだ人前に出る、という意味はよくわかりませんでした。

 ただ、村にいた時は滅多に入れなかったお風呂に入れる、というのが嬉しくて。

 しかも温泉というのは聞いた事はありましたが入るのは初めてです。

 きっと、この時の私はすごくうれしそうな顔をしていたんだと思います。

「よし、それじゃ行くよ」

「はい、由良姉さん」

 部屋の中にあった手拭と禿用の普段着を持ち、私は由良姉さんの後について行きました。

 その普段着も、今の私が来ている麻の着物より数等上のもの。

 木綿生地で出来たそれは肌触りも良くて。

 ごわごわした麻生地の着物とは比べ物になりません。

 これからはこんな着物を着れるんだ、と思うと自然と笑みが零れていました。

 そして。

 由良姉さんに案内されてついたお風呂は。

 あまりの大きさに最初はこれがお風呂だとは信じられないくらいで。

 そこには何人もの奇麗なお姉さん達が入っていて。

 中には私と同じくらいの年の子を連れている人もいました。

 きっと私と同じ、売られて来た子なのでしょう。

 少し鼻につんとくる匂いと、暖かそうな湯気。

 そこは、本当に私にとって天国のような場所でした。

 ぼーっとそのお風呂を見ていたらざぶん、と頭からお湯を掛けられ。

「ほら、ぼさっとしてないで身体を洗うんだよ。


試し読みできます

とある少女の思い出話 4

 これを身体に擦りつけて手拭で擦れば汚れが落ちるからね」

 そう言われて渡されたもの、「せっけん」という物を初めて知りました。

 由良姉さんの見よう見まねで必死で身体を洗っていると、垢がぼろぼろとおちていきます。

 周りにいるお姉さんや私と同じくらいの年の子に比べてあまりにもみすぼらしい気がして。

 先程までの浮ついた心が一気に冷めていくのが判りました。

 そんな私の身体を由良姉さんの手拭がごしごしと擦って。

「いいかい、恋。

 ここに来た子達はみんな今のあんたと同じように身体を奇麗にして部屋に戻るんだ。

 だから気にしちゃいけないよ?」

「……はい」

 それから由良姉さんは私の背中を洗って、髪の毛も奇麗にしてくれました。

 そして全身を洗った後は湯船の中に。

 ……それはまさに「極楽」という言葉がぴったりの気分でした。

 あまりの気持ち良さに長湯してのぼせあがってしまい、由良姉さんに支えられてお風呂から出る羽目になってしまったのですが。

 お風呂の後に用意されていたのは夕餉でした。

 真っ白なお米とお味噌汁。

 それにお漬け物。

 横のお櫃にはおかわりが出来るようにご飯が入っていて。

 やはり村では考えられない食事に私は我を忘れて食べていたのでした。

 夕餉の後、由良姉さんから長旅で疲れているだろうから、今日は早めに寝なさい、と言われ。

 布団の中に潜り込むと。

 つい数日前まで横に感じることが出来たお母さんの温もりがない事を改めて気付かされて。

 お風呂で身体が温まり、ご飯をお腹いっぱい食べて心も暖かくなっていた筈なのに。

 布団の中で一人で横になる私は何故かとても心細くて。

  暖かい筈なのに、とても寒い。

 お母さんとお父さんの温もりが感じられない事がこんなに寂しい事だと実感して。

 もう会えない、と思うと自然と涙が零れ、寂しさと哀しみの中私は眠りについたのでした。

 

 時に永禄3年(1560年)。

 一人の少女はこうして別府遊郭で暮らし始めた。

 その小さな胸に癒しきれない寂しさと哀しさを覚えながら。

 寂しさと哀しさを改めて思い出しながら眠りについて。

 翌日由良姉さんに身体を揺すられ、目が覚めた時は頬に涙の跡が出来ていました。



読者登録

北部九州在住さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について