閉じる


 

バトルボーラーはるか

第三集

氷の美少女

 

第2章

氷の刃

 

 

 

作・Ψ (Eternity Flame)


「これは!?」

 正友の顔色が変わった。正友の好戦的(こうせんてき)な気の力に刺激(しげき)され、唸(うな)り声をあげた猛獣(もうじゅう)。その正体は巨大な数頭の真っ白な体毛に覆(おお)われた虎(とら)であった。

 虎(とら)の威圧感(いあつかん)も大変なものであったが、それにまたがる大男がいて、その大男達の姿の異様(いよう)さにも正友は面喰(めんく)らっているようであった。

「かかれッ!」

 黒服の男達の号令に、一斉(いっせい)に襲(おそ)いかかった猛獣(もうじゅう)と大男達。そのスピードと力の前に、正友は躱(かわ)すのに手こずっているようであった。

「こりゃ…警察の手に負えるような代物(しろもの)じゃねぇな。」

 躱(かわ)しきった筈(はず)が、正友の腕(うで)と頬(ほほ)が風圧によりカスリ傷を負っていた。

「フフフ。どうだ!」

「おい、このバケモノみたいなヤツらは何なんだ?」

「バケモノだとッ!?我らは氷の一族だ!」

「氷の一族!?その大男達の事か?」

「彼らはビッグフッド。太古の昔、氷河時代にこの地上の覇者(はしゃ)として君臨(くんりん)していた種族の末裔(まつえい)だ!」

「その末裔(まつえい)とやらが、オレ達に何の用だ?」

「お前達のかくまっている少女を渡せ!そうすれば命は助けてやる。」

「何故、あの子にこだわる?」

「死にたくなければ、おとなしく渡せ!」

 あせった様子の正友に勢いづいたのか、男たちは正友の問いかけに耳を貸そうとしない。

「大丈夫っスか?正友さん!」

 異変に気づいた広介達が、正友の作りだした障壁(しょうへき)の中へと入ってきた。


「おぉ功一か。ちょっとアイツら手強いから、手伝ってくんないか。」

 「はいっ」と、元気に答えた功一だが―

「ヤバいっすね…。」

 異形の者達を前に、そう言って冷や汗を流していた。

「洋一と功一は黒服の男達をやっつけろ!オレと広介と大ちゃんさんであの大男と猛獣(もうじゅう)を食い止める。」

 正友はそう言うと、大介と広介と共に虎(とら)にまたがるビッグフッド達に飛びかかって行った。ビッグフッドは背中に弓(ゆみ)と斧(おの)を負(お)っていて、それを取り出すと、片手に弓(ゆみ)を持ち、もう片方の手に斧(おの)を持った。猛烈(もうれつ)なスピードで駆(か)けてくる虎(とら)に注意しながらも、両の手に持った武器をどう使うのか正友達には見当がつかない。

 しかし、それが凄(すさ)まじい物であろう事は、背中に走る悪寒(おかん)が逸早く戦慄(せんりつ)となって伝えていた。駐車場が戦場となっていたので、正友達は車を盾(たて)にするようにフットワークを用いて切り返そうとした。

 しかし、1トンはあろうかという虎(とら)は、軽々(かるがる)とそれらを踏み潰し、その衝撃(しょうげき)たるや凄(すさ)まじい物で、迫撃砲(はくげきほう)の中を掻(か)い潜(くぐ)るかのようであった。正友達三人は必死になってその攻撃を躱(かわ)しながら、黒服の男達と功一達からビッグフッド達を引き離す事に成功していた。

 だが、車は全てスクラップとなっていて、正友達が逃げ回る場所は失くなってしまっていった。

「コイツら戦い慣れてるな。」

 背中合わせに固まった正友達。周囲に気を配りながら、正友が広介と大介に話しかけた。

「正友さん。あの大男斧で襲って来るんですか、あの弓はどうやって使うんですかね?」

「さぁね…」

 広介の問いかけに、正友はあっさりとそう答えたのみだった。百戦錬磨(ひゃくせんれんま)の強者といった感じのビッグフッド達の息の合った連携(れんけい)に対し、今のままで大丈夫なのかと広介は不安になったので、気は重かったが、ある決断を正友に伝えた。


「あの…自分、ゲーハモテーヌの能力が残ってて、使ってみたいと思うんですが、今使ってみていいですかね?ちょっと理性が飛ばないか心配なんですけど…。」

「おぅ、使ってみ。」

 正友の許可がおりたので広介は変身すると、ビッグフッド達よりも幾らか体が大きくなった。一方、大介は頭で考えるよりも、今起こっている事態に対応する為に気を集中しているようであった。

 正友は感性で生きるタイプだし、大介は話すのが大の苦手。そんなチグハグな三人だが追い詰められるに至(いた)り、それぞれが必至(ひっし)になる事でどう猛(もう)なビッグフッド達にも劣(おと)らぬ迫力(はくりょく)を醸(かも)し出していた。

 正友達のエンジンがかかるのを待っていたかのように、ビッグフッド達も、ここからが本当の戦いだと言わんばかりに、大きな雄叫(おたけ)びを上げ襲いかかってきた。

 ビッグフッド達は、なんと弓矢を強じんな顎(あご)を使って引いた。先行する矢のすぐ後ろを虎(とら)が駆(か)け抜け、鋭(するど)い牙(きば)と爪(つめ)で死角を襲う。そこまで躱(かわ)したとしても、今度はビッグフッドの斧(おの)が激しい爆風(ばくふう)を巻き起こしながら向かってきて、反撃の糸口を見出す余裕どころか、このままではいつか仕留められてしまうという危機感さえ募(つの)らせ、その危機感は間もなく現実の物となった。

 正友達三人にそれぞれ放たれていた矢が、突如(とつじょ)、広介に向けられた。

「広介ぇーッ!!」

 正友の叫びも虚(むな)しく、広介めがけ放たれた三本の矢の内の一本が、ぶ厚い胸板に突き立った。

 広介の姿に気を取られた正友。その一瞬の隙(すき)をつき、三体のビッグフッドは、今度は正友に向けて矢を放った。とっさの判断で、正友は足元に広がるスクラップとなった自動車を自分の前側に立てかけて盾(たて)の代わりとし、強襲(きょうしゅう)する矢を防いだ。


「畳返(たたみがえ)しならぬ自動車返し…。」

 などと言ってる間に、矢を外したビッグフッドが肉弾戦をしようと迫ってきていた。

「速っ!?…今度はオレが標的(ひょうてき)か。」

 正友の窮地(きゅうち)を察(さっ)し、大介が横から助けを出した。虎は大きな呻(うめ)き声を上げた。大介は得意の貫手(ぬきて)で虎の硬い筋肉にクサビを打ち込んでいたのである。

 バランスを崩した虎の背にいるビッグフッドの一体もよろめいた。正友はその隙(すき)をつきたかったが、重装騎兵(じゅうそうきへい)など及びもしない巨兵が、狂暴(きょうぼう)な牙を持つ軍馬にまたがり二組も駆け寄ってきていて、とても手が出る状態にない。

 二頭の虎は飛びかかろうとしたが、いきなり空中で躓(つまづ)いたようになり、地面に叩きつけられていた。二頭の虎の跳躍(ちょうやく)を阻(はば)んだのは広介であった。広介は虎の尻尾(しっぽ)を摑(つか)み、意表(いひょう)を突かれた虎は事態に対応できず、着地もままならずに地面に倒れこんだのである。

「しめた!!」

 急に虎が倒れたので、ビッグフッドは背中から放り出されてしまう形となった。正友がその好機(こうき)を見逃す訳もなく、二体のビッグフッドに向け、奥義を放った。

「神楽龍球拳超奥義(かぐらりゅうきゅうけんおうぎ) 応龍連撃破(おうりゅうれんげきは)!!」

 ゲーハモテーヌ戦で使った発勁の原理を利用し、正友が掌手(しょうてい)と蹴(けり)りを二体のビッグフッドに浴びせた。抜群(ばつぐん)の機動性(きどうせい)を誇(ほこ)る虎から引き離された上、バランスを崩(くず)した二体のビッグフッドは、なす術もなく、正友の攻撃の餌食(えじき)となっていた。

 百五十キロはゆうに超えるであろうビッグフッド達の巨体は吹き飛ばされてしまった。這(は)いつくばる二頭の虎には、広介の全身の力を溜(た)めた拳(こぶし)が振われ、立ち上がる猶予(ゆうよ)も与えられぬまま大地を削(けず)るようにして転げていった



読者登録

Ψさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について