twitterとfacebookアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格250円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ファンタジー 作者 たくき よしみつ
価格 250円(税込)
タグ たくきよしみつマリアの父親原発フクシマ原発事故新人賞
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

59 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 524ページ (Web閲覧)
524ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
1991年第四回「小説すばる新人賞」受賞作品『マリアの父親』(たくき よしみつ)の改訂新版。
福島原発人災が起きる20年以上前に書かれたこの作品は、原子力エネルギー問題をエントロピー論で考えるという視点をエンターテインメント作品のテーマとして扱うという極めてユニークな試みの作品だった。選考委員の一人・五木寛之氏は「作者の志というか、つよい情熱が伝わってくる フレッシュな新人の作品に、ひさしぶりで出会ったような気がする」という言葉を帯に贈った。
作者のたくき よしみつは、その20年後の2012年3月、福島第一原発から25kmの福島県川内村の自宅にて、『マリアの父親』に込めたテーマを被災者のひとりとして実体験する。その体験を元にして書かれた『裸のフクシマ』(講談社刊)は各メディアで話題になった。
原本である『マリアの父親』(集英社単行本)は絶版で、アマゾンでは2万円を超える価格がつけられていたりする。その20年前の「埋もれた予言書」とでもいうべき幻の小説がついにデジタル版で甦った。
----------------------------------------------------
★iPadミニやスマホなど小さな端末で読む場合は、同じ内容の「横書きePubバージョン」をお勧めします。横書きバージョンはアマゾンKindleのみで販売しています。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧