閉じる


<<最初から読む

19 / 42ページ

地球滅亡2

地球滅亡2

 

  ある日、NASAは、隕石が軌道を外れて、地球に飛来してくるのを発見した。

  職員「パニックになるから秘密にしておこうね」

     「うんそうしようね」

 地球は滅亡してしまった。


地球滅亡3

地球滅亡3

 

 ある日、NASAは隕石が軌道を外れて、地球に飛来してくるのを発見した。

 職員「大変だ! 隕石が地球に向かっているんだ! ただちに対策チームを結成してくれ!」

 せーじか「は? あいつ何言ってんだ?」

       「ただの馬鹿だろ」

       「映画と現実の区別もつかねーのか」

       「頭狂ってるんだろ」

                 「病院に閉じ込めとけよ」

       「そんなところに税金使ったら国民からの支持が得られん」

       「うちらは経済対策で忙しいっつーの」

       「あとテロとの戦いも終わってねーし」

       「そうそう、今まで隕石で死んだ人よりテロで死んだ人のほうが多いんだからな? 

        こんな簡単な計算すらできんのか、NASAの職員は。国家の恥だね」

       「次の選挙どーしよ」

 

 こうして地球は滅亡してしまった。

 ごめん嘘です。滅亡していません。

 人類は滅亡したけど。

 隕石衝突を生きのびた生物達がその後進化して、長い時間をかけて失われたニッチへ進出し、また地球は豊かで多様な生態系を築いたのでした。

 

 3億年後。

人類の次に誕生した知的生命体

「すごいことがわかった。どうやら3億年ほど前、我々より先に高度な知性と文明を持った生物がいたらしい。背骨と大きな頭蓋骨と直立二足歩行が特徴だ。しかし、隕石が衝突したときに滅んでしまったようだ」

「隕石からこの星を守るほどの科学力も兵器も持っていたようなんだが・・・」

「どうして使わなかったんでしょうね」

 この知的生命体にとって、生物学史上最大の人気を持つ謎は学会で数え切れないほど議論され続けた。

 しかしついぞ正しい学説を打ち出す者はいなかった。

 正解を出す前にこの知的生命体もいろいろあって絶滅してしまった。

 それでも地球は豊かで多様な生態系を持ち、その日も生物たちは今日も自然の中で生きたり死んだりしていた。

 


もう寝たほうがいい

「もう寝たほうがいい」とお父さんに言われてベッドに入った。

 でも、鼓動が早くなる。

 何か起きそうな予感がするのだ。

 夜には不思議な魅力がある。

 夜だ。

 ベッドから起きて窓の外を見た。

 クリスマスでもないけれど、サンタ的な誰かがやってきそうな気持ちがする。

 何か願い事をする。

 ベッドに戻る。

 鼓動が少し静まってきた。

 眼を開けると天上が見える。

 眠気がゆっくりと心を侵食する。

 眠るんだ。

 明日も学校がある。


よくある光景そのたびに

 私は耳鼻科の待合室に座っていた。耳鼻科の隣は小児科だ。つまり私は小児科の待合室のすぐ隣にいた。

 小児科の待合室から子どもの泣き声が聞こえた。それを泣き止ませようとする母親の、もっと大きな声が直後に聞こえた。

 「あんたねっ! ここは病院なんだよっ! 静かにしなくちゃいけないんだよっ! いったい誰のためにいっそがしいなか連れてきてやってると思ってんだいっ! もうつれてこないよっ!」

「うばあああああああああっ くううっ うヴぁあああああぁあ」

「どうしていうこときかないのっ! うるさいよっ! だまれっ!」

母親は自らの子の頭を叩いた。結構強く。ばしっ。そう、大切な子どもの頭を、なんと、叩いたのである・・・。

「ぅうっ ぎぎゃああああああああっっっ あ あ ああああ うわああああああああああんん」

当然、子どもはもっと大きな声で泣く事になった。

「ああうるさい! ああやだおおやだ! もういいかげんにしてよ! このばか!」

 

 私は、心の中で強い怒りを感じていた。泣いている子どもを叩いたらもっと泣くのは当たり前じゃないか。それによってもっと泣いたらもっと叱るなんて。しかも大切な、急成長中の脳が収められている頭を叩くなんて。

 貴様っ それでも母親か!

 そして私は名前を呼ばれたので、耳鼻科へ入っていった。


有罪中学生カップル

眠い。だけど思いついた文章を二時間半ぶっ続けで書いてしまった!

有罪中学生カップル
あるところに、少女漫画のアフターストーリーのようにとても仲の良い中学3年生のカップルがいました。
ピルを使って避妊をしていました。
しかし、医者の指導が手抜きであったために、彼女は妊娠しました。
中学生二人の家族たちは、二人の強い愛情と誠実さを知っていました。だから最初は驚きましたが反対なんかはしませんでした。自分たちで人生を拓きなさい、私たちは全力で応援するから、と言いました。
しかし、18歳未満の相手と性行為としたのが違法ということで、二人は裁判にかけられました。
医者が手抜きであったことは、二人にも医者自身にも自覚されなかったため、誰にも気づかれませんでした。


裁判官「君は、18歳未満で異性に対して恋愛なんていう感情を持ち、性欲を持ち、性行為に及んだということを恥ずかしく情けなくかたじけなく思って死にたいとか思わないくらいおこがましい人間なのかね?」
彼女「そうですね」
彼氏「ええ、全然恥ずかしくありません」
裁判官「生まれてくる子どもが可哀そうじゃないのかね」
彼女「思いません。思いっきり愛情をこめて育てます。もういろいろ名前考えてるくらいです。読めない珍名ではないですよ」
彼氏「もう卒業して働けます。彼女と子どもと、将来を築けると思うととても嬉しいです。きちんと籍を入れられるようになるのが待ち遠しいです」
裁判官「ふん、どうせ下層な暮らししかできんよ」
彼氏「まぁそうかもしれません。このご時世ですから。しかし、もしです、私たちみたいな二人に本当に経済的余裕がなく、さらに家族の応援も受けられなくて、育児能力がないとしても、国がきちんと育ててくれます。そういうセーフティネットがこの国にはあるのです。子どもが飢え死にしたりはしません、とても感謝しています」
裁判官「はっ! 産んでおきながら国に面倒見てもらおうってのか? ムシがよすぎるんじゃねえの? その金は誰が払ってると思ってんだよ、国民が税金として苦しい中納めてるんだぞ、わかってんのかこのゆとり厨房!」
彼女「わかっています。しかし、世の中には生まれた子どもをすぐに殺してしまったり、虐待してしまう例が非常に多くありますよね。中絶に反対しているわけではありません、難しい問題ですし、人それぞれの事情があります。正直私も、何度も何度も悩みました。私の言っているのは産んでからのことです、あの親たちは、なぜ子どもを公的機関に預けなかったのでしょうか? そういう知識や発想がなかったのかもしれません。そういう情報が行き渡っていないことも非常に悪いことです。しかしあるいは、公的機関に預けることが情けないとか恥ずかしいとか思っていたのかもしれません。そういう社会的風潮が、私は嫌いです。自らに育児能力がないと自覚したら、堂々と公的機関に預けてよいのです。それが子どもの人権です。税金を納めている国民も、さすがに全員ではないと思いますが大半の人は、子どもの命のために税金が使われるのならばそれは正しいと思うはずです。」
裁判官「がたがたぴーぴーうっせ。まぁいいや、てめえらはとにかく18歳未満なのにファックしたから有罪なんだよ! そんな法律知らなかったじゃすまねぇぜ。知らなかったで済む社会だったらなんでもまかり通っちまうからな。この、社会という共同体に所属するからには、法律くらい全部知っておかなきゃならないんだよ!日本は法治国家だからな、発展途上国とは違うんだよ!ひらがな覚える前に法学を専攻しとけってんだ!じゃないと、いつどんな法律に触れて犯罪者になってるかわからんからな! 貴様らのガキだが、犯罪者の子どもが親なしで育つんだ、てめえらの思い通りだな!いじめられていじめられて、そのうちいじめる側になるんだ!その子どももきっと犯罪者だぜ!当然だ、その汚えチンコがハメられた汚えマンコから出てくるガキィ!キモくてバカで存在するだけ邪魔なガキになる運命確定だァ!うっげ、想像しただけで吐き気がしてきた。この裁判所に来るかもな、親子二代揃って常連かよ!いじめる側になる前に自殺してくれたほうが楽だな、税金もかからんし」
彼氏「私が来年から働いて養って育てていきたいのです」
裁判官「人の話きいてんのかこのボケクズゴミ野郎!てめえらは有罪だっつってんだよ!どうせさ、愛とか言っても、誰でもいいからやりたかったんだろ? 性の低年齢化ってやつだな! 好奇心とかですぐやりやがって、このレイプ魔とサセ子め!」
彼女「傍聴席のみなさん、聴いてください。この判決は大きく世間と世論を揺るがすでしょう。私たちが有罪になることで、人間やその本質に関わる性というものを法律なんかで完全に制御・支配できると思い込んでいる人、付和雷同主義者達、禁欲原理主義の人達は、諸手を挙げてこの有罪判決を歓迎することでしょう。私はそういう人たちの頭がいいとは思いません。決して思いません。しかし、私がいいなと思うような人間、つまりは人間やその性というものの本質や、生命というものを理解しようとする人や、付和雷同ではなくて自分で考える能力を持つ人たちは、この判決を批判することでしょう。そのことにより、世間の潮流が変わり、無駄に殺されたり虐待される子どもが減るのなら、私たちは有罪の判決を受けても構いません」
裁判官「子ども育てられないからって施設に預けることを称賛するような、そんな無責任な潮流ができてたまるか!自分で責任とって虐待するなり屠殺しとけってんだ!」
彼氏は思い切り机を叩き、自分の喉が痛くなる大声で怒鳴った。
「何てことを言うんだっ!!! お前はそれでも人間かっ!!!」
法廷にいた全員がびくっとした。耳が痛くなるほどであった。彼氏は自分の怒りと大声に驚いた。裁判官も驚き、身をすくめたが、にやりと笑って反論した。
裁判官「おい、今の聞いたかい? ここじゃ静粛にしなきゃなんねぇのによ、感情むき出しでマジになって大声出しちゃって、ほんと身体だけでかくなって中身はガキんちょのまんまだな。すぐキレて誰か殺す若者の典型。しかもしかも、この年上目上の俺に向かってさァ、敬語も使えない!今の子どもは本当にだめだなァーア。まだ給料も稼いでない養われの身なのに!お前とか言っちゃってさ、うふふふ、反抗期に大人を攻撃するのは楽しいもんねェ!? 今の行動はきちんと罪に重ねておくからね。もっと罪を重くしたければもっと大声出していいんだよ、うふふふふ。はいはい閉廷閉廷、これにて閉廷よ、ガキに時間と税金使うの勿体ねーっつの。傍聴席の皆さんは今のガキの精神的未熟さについて外で言いふらしまくるように」
彼女ももちろん怒りに震えていた、「あのですね、貴方は一体、」
裁判官「はいはいはい、閉廷したあとにいくらほざいても意味ねーからサセ子は黙ってろ!ほんとのこと言われてご機嫌ナナメなんでちゅかねーえ?」
そのあと裁判官は、職員トイレの中で壁を叩いた。「糞っ!俺は裁判官だぞ!頭いいんだ、中卒野郎共とは違う!給料も高いんだ!なのになんで俺の女とガキは逃げてんだよ!俺もやりてぇよ、若ぇ女と!ガキをたった一回だけレイプしたからあの糞ビッチ、逃げやがったのか?ふん、法曹の俺を相手に勝てるわけないとわかっているから逃げやがったんだ!若者共め、許さん!まだ若くてまだ人生に時間や未来やチャンスがあるだなんて許さん!この俺が、人生の時間も未来もチャンスも奪いつくしてやる!今まで裁判官が不信任で辞めさせられたことはない!若者どもめ、楽しそうにしやがって、まだ人生これからだと宣伝するように笑いやがって、クソっ、糞っ、拷問してやりてえっ!ナチスがやってみてえにめちゃくちゃにひどい拷問をおお!」裁判官は強く歯を食いしばった。顎を開けたら差し歯が取れた。裁判官は大声でわめきたてながら、「殺してやる!殺してやるーッ!」、その差し歯を踏みつけまくった。
傍聴席にいた一般人たちは、この裁判の不条理をネットで広めた。傍聴席にいたマスコミ陣はこの判決を、裁判官様の言うとおりに報道した。マスコミ業界と、あと彼女が言っていたような有識者(笑)とかは、法律とか条令とか規制を厳しくし、正しい性教育を今よりさらにカットした。
そいつら「とりあえず未成年の軽率な性行為を批判しておけ。そしてもちろん、虐待とかする親も批判しておけ、そうすれば正義に見えるからな。アピールだ、アピール。あーでも具体的に児童相談所とかに予算回さないでいいから、現場の人にはガンバレってっいっとけ。正直な話、施設でさ子ども育てるとかさ、血税が勿体ねーし、そんならガキは死んでくれたほうがいいよ。虐待する親もさ、裁判やるとか豚箱にいれるとなると金かかるんだから。子どもはそのまま行方不明なままのほうがいいね。一番金かかんね。もしさ、ここで今回のあいつらを擁護したりとか、正しい性教育を広めようとか、育児施設の情報広めようとか言ったらさ、世間から批判されるのはウチらなんだから。今ある問題を今後起こらないように対策すると、必ずウチらが批判されるんだから。特に性の問題はな。若者にセックスを奨励するのか、とか言われちゃうよ。今ある問題を起こしている当事者を責めておけばいいの、そうすりゃ間違いないから。問題起こしているやつらが何か主張しても、人のせいにすんなって、世間の人がいじめてくれるから大丈夫。うん、若者の性の問題だけじゃなくてさ、雇用問題とかもさ、無職がいくら正しいこと言っても、人のせいにすんな自分で努力しろって社会が言ってくれるから。絶対大丈夫。ウチらは問題を抱えている当事者を責めておけばいいんだよ。そういう当事者は選挙来なそうだし、そういう当事者が嫌いな人らが、投票してくれるし。あーでも震災とか原発とかだけは、避難しなかった奴らが悪いって言うとなぜかウチらが辞職する羽目になるから、それだけは言うな。一日も早い復興をお祈りしますと言っておけ。てか性の話に戻るけどさ、若者だけが恋愛とかセックスとかしてむかつくよね。ウチらなんて愛冷め夫婦だし、セックスレスだし。若さパワーないし、将来の夢とかないし、疲れやすいし、物忘れ激しいし、頭はハゲるし、好きなアイドルはとっくに引退してるし、仕事忙しいし、稼いでも税金払わなきゃなんないし、年金払わなきゃ未納扱いされるし。若者は滅びろ。やつらの自由も時間も希望も潰せ。あ、まだ思春期迎えてない子どものことは、未来の宝とか言っておけよな。子どもじゃなくて、いわゆる若者のことは、とりあえず責めていじめておけばOK。絶対大丈夫だって、社会ってそういうもんだから。ウチらは社会に生きてるんだから、社会のルールには従わなきゃ、違う? 違わないだろ? 違うとか思うやつがいたら、ウチらをひきずり下してみろってんだ、どうせ無理だから。違うか?」
大げさで極端だが、こういう構図のわかりやすい文章を書くのが、俺は大好きだ。
俺は、児童虐待で死んだ子どもたちの検死写真を見たことがある。
その子どもたちは、皮膚はあざだらけで変色し、身体のあちこちの骨を折られ、時には背骨や頭蓋骨まで砕かれ、内臓は潰され、痩せ細って骨が浮き出て枯れて萎縮して、糞便にまみれて、腐って、死んでいた。
児童相談所の事情も少し聞いた。
虐待は単純に当事者を責めるだけでは全然解決しないと知った。
他の問題も。



読者登録

足コプターさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について