閉じる


<<最初から読む

26 / 46ページ

本編

 
 「廃棄」という観点から、二人のアフタヌーン四季賞作家について短くまとめたい。
 アフタヌーン四季賞と言えば、王欣太(受賞はGONTA名義)、五十嵐大介、篠房六郎、土田世紀などを輩出しており、レベルの高い新人賞として定評を得ている。
 博内和代と遠藤浩輝。
 粒揃いの歴々のなか、特に傑出しているわけではないが、この二人のマンガは読んだものに、何か不快な違和感を刻み付ける。


 「棄てられた世界 遠藤浩輝」

 
 遠藤浩輝は1995年『きっとかわいい女の子だから』で四季大賞を受賞した。
 遠藤浩輝は「生きることの痛み」を表すために「体の痛み」を露骨に顕す。見る人によっては眉をひそめるほど、その描写は痛々しい。しかし痛みとは、生への執着の象徴であろう。故に、痛みから逃げた人間は死ぬ。「痛み」を真正面から、まざまざと。主人公を我々の身近な「なりたいもの」に据えては、えげつなく汚し、耐え難い痛みを残し、無残に棄てるのだ。 「遠藤浩輝短編集1」に収められている、「カラスと少女とヤクザ」に顕著である。
 ヤクザと心を通わせた少女は死ぬ。死んだ少女はカラスに啄ばまれ、カラスの羽ばたく音を聞いて、長らく被っていた、ヤクザという殻を破った男。強い殻を失った少年は、あの日羽ばたけなかった小鳥の代わりに飛ぶ。
 彼の言う愛は盲目的で、博愛と言う他無い。しかし神の、そして楽園の欺瞞も知ってしまっている上で、やや厭世的な描き方をする。
 遠藤浩輝の代表作(と、勝手に言わせてもらう)の「EDEN」は、エデン――楽園を棄てるところから物語は始まる。
 爾来、楽園とは禁断の果実を食べてしまったアダムとイブが、追われるものであった。この「EDEN」では、読者のそんな予備知識を褒め称え嘲笑うかのようなエクソダスが用意される。それは正に必然的な逃避であり、世界の廃棄である。(ヘリが来りて脱出せらるる場面など正に空中携挙そのものである)  しかし、棄てられるのは日常ではない。ある日、踏み入れてしまった非日常を破壊し、日常に立ち返らせる為の、いわば循環の為の廃棄。
 遠藤浩輝の描く廃棄とは、過去への回帰を黙示している。
 

 「棄てられた人々 博内和代」

 
 博内和代は1997年『チャックのある風景』で四季大賞を受賞した。
 博内和代は寡作だが素晴らしい作家だ。しかしその知名度は低く、wikipediaにも記載がない(別名義の世棄犬はヒットするが)。
 読者に与えられる情報は僅か。しかし、物語の骨子である。読者は何も分からない、亡羊の様で放り出される。  捨てられたものが流れ着くのは、どこかの海辺。博多和代名義での最新作(遺作とは呼びたくない)『SEA SIDE SOUVENIR』では、捨てられた人々が描かれている。
 人は捨てられて、一体どこへ行くのか。何を思うのか。
 ガラクタの流れ着く浜辺で、偽装家族を演じ、普段の生活をしてみせる彼らは、「廃棄」てられたものはもともと、何かを自分で動じた結末なのだと、なんとなあく悟り出すのだ。
 我々がこの世に産まれ落ちてからというもの、最も意義深く棄てるものとは「貞操」であるが、その観念まで捨ててしまったものは最早ケダモノ――犬畜生だろう。
 両者とも、容易くセックス描写は描くが、その価値を貶める真似は決してしない。
 遠藤浩輝が描く、楽園の、そして極道のセックス&ドラッグとは、日常に付随したなくてはならないもの――骨太なものだった。
 博内和代の描く海辺のおとぎ話のセックスメンタリティとは、ひどく純粋で脆く、現実的でない。しかしそれはキャベツから生まれる神聖性を説いているのではなく、特筆すべきものでもない、人の性には恐らく付き物であろうという、蓋然性の現れである。
 あって当たり前のものをあえて描く必要はない、そんな、俯瞰した視線の冷たいスーブニール。
 棄てる、という行為は神聖で、欲求に囚われない理性的な動機で蠢動する。
 それが生物におけるセックスである。
 人は廃棄るのだ、日常を。偶像を。理想を。過去を。
 何かを得るために。


 蛇足

 おわりに……推薦しておいて、こんなことを言うのはルール違反だとは思うが、じつは現在、博内和代の漫画を読む術は無い。博内和代は、博内和代名義では単行本を出版していないのだ。短編を4つ、同一雑誌に掲載されていながら、である。
 なので当然、私の本棚には博内和代が印字された本は無い。少し前までアフタヌーンの切り抜きを所持していたのだが、それも引越しのドサクサでどこかへ棄てられてしまったらしい。
 ちょっとこれ本当にアフタヌーンって言うか講談社さんどうなってんですか。十分「博内和代短編集」だせる分量でしょうが、今からでもいいから単行本出して下さい本当に(実はこれが一番言いたかったのだ。)
 記憶からも消えてしまえば、永遠に創作物は廃棄されたまま、なのですから。

 

 


遠藤浩輝作品
連載作品

 •EDEN 〜It's an Endless World!〜(月刊アフタヌーン1997年11月号-2008年8月号、講談社)全18巻

 ◦メルトダウン(アフタヌーンシーズン増刊、講談社)2002年 連載中断

 •第一話「EPIGONEN」(アフタヌーン3月号増刊 Spring Vol.10)

 •第二話「NEUTRAL SEX」(前編)(7月号増刊 仲夏号 Vol.12)

 •第三話「NEUTRAL SEX」(後編)(9月号増刊 初秋号 Vol.13)
 •判定試合上等!(メカビ、講談社)2006年Vol.1 - 連載中

 •オールラウンダー廻(イブニング 2008年No.24 - 連載中、講談社)

短編集

 ◦遠藤浩輝短編集1

 •カラスと少女とヤクザ(1996年、月刊アフタヌーン、講談社)

 •きっとかわいい女の子だから(1996年、月刊アフタヌーン、講談社)

 •神様なんて信じていない僕らのために(1997年、月刊アフタヌーン、講談社)
◦遠藤浩輝短編集2
•プラットホーム(1996年、月刊アフタヌーン、講談社)

 •女子高生2000(1999年、アフタヌーンシーズン増刊、講談社)

 •Hang(2000年、アフタヌーンシーズン増刊、講談社)

読み切り(単行本未収録)

 •catch as catch can(2003年、週刊ヤングマガジン2号、講談社)

 •Hang II(2006年、月刊COMICリュウ、徳間書店) ◦前編(11月号 Vol.1) •〜ズレ違い〜 後編(12月号 vol.2) ■初出『日本ふるさと沈没』(2006年、徳間書店)の「Sink←→Float(すれ違い)」に加筆(2006年、徳間書店)

 

 

博内和代作品
博内和代 名義
「月刊アフタヌーン」(講談社)掲載

 •チャックのある風景(1997年)

 •外環視点(1998年)

 •バナナ チ○コ(2000年)

 •SEA SIDE SOUVENIR(2002年)


世棄犬 名義
単行本(すべてR18)

•DOG MAN(1996年、司書房)

•DOGMAN SCRAP(2005年、コアマガジン)上記の再録本

•世棄犬廃品集Ⅰ(2008年、メディアックス)

•世棄犬廃品集Ⅱ(2008年、メディアックス)

 



読者登録

めさき出版さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について