閉じる


<<最初から読む

19 / 38ページ

試し読みできます

19



南の国のまずしいむすめ あいしあうのは貴族の男
ひとの目からかくれながら おさないころのやくそくをむねに


試し読みできます

20



ある日くにでうわさがたった 貴族の男に手紙がきたと
その日お祝いのまつりになった 手紙のぬしは王女さま


試し読みできます

21



国をでたのはまずしいむすめ ふたりは結婚するという
貴族の男のしあわせをねがい おさないころをおもいながら


試し読みできます

22



貴族の男はおいかける まずしいむすめをさがすため
貴族の男は家をでた まことのこころをつげるため


試し読みできます

23



歩く二人のあたまのうえから とおくちかくにこえがする
つきよのひかりにてらされた ふしぎなふくろうのこえがする



読者登録

由井青朗さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について