閉じる


<<最初から読む

10 / 38ページ

試し読みできます

10



月のあかるいある晩に 大きないびきをかいたひとさらい
おさけを飲んでねむってる ここは見わたすばかりの砂の国
子どもたちがにげるすべはない


試し読みできます

11



兄はねむる妹をおこし 立ち上がらせると
家にかえろうと ちいさなこえで言う
妹はうなずいて 兄の手をとった


試し読みできます

12



どれだけあるいてきただろう にぎりしめた手と手ははなれない
ここは見わたすばかりの砂の国 二人に帰るすべはない
歩く二人の足もとで とおくちかくにこえがする
つきよのひかりにてらされた ふしぎなふくろうのこえがする


試し読みできます

13



ほうほうほう ごろごろ ほうほうほう
こんやはとくべつなつきのよる 

ひときわ光る星のもと
子どもをさがすひとのこえ
ほうごろごろ ほうごろ ほうほうほう


試し読みできます

14



砂のおかをこえてゆく にぎりしめた手と手ははなれない
子どもたちはあるく ひときわ光る星をめじるしにして


読者登録

由井青朗さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について