閉じる


試し読みできます

はじめに

 この本は、Apple社のiOSタブレット端末として発売されているiPad/iPad miniを初めて触る人を対象に、その基本的な使い方や操作方法を教えるための目的で書いています。想定している読者として は、タブレットどころかスマートフォンもほとんど触ったことが無い、という方を考えており、すでにスマートフォンに親しんでいたり、ましてやタブレット も多少なりとも使っているという方には不要の本だと思います。
 Windows95以降、パソコンが急速に家庭に普及して、現在ほとんど1家庭に 1台はパソコンがあるような時代になりました。しかし一方で、実際にそのパソコンが使われているかとなると、使っているのは家族の中で特定の人だけで、ほかの人は何か調べ物があるときなどは、その人にお願いしている、という 状況にある家庭も多いのではないでしょうか。
 こうした状況の一因は、マウスとキーボードという、パソコン以外ではほとんど使われない入力装置を使わなければパソコンは操作できず、これを扱えなかった人にとっては苦痛だったためではないか、 と私は思っています。
 この数年、特にApple社がiPadを発売して以降、急速にタブレット端末が普及し始めました。
 タブレット端末は、OSこそ異なりますが、基本的にはパソコンです。しかし、マウスやキーボードといった専用の入力装置を使わず、完全に自分の手、指先で画 面を触って操作できます。この直感的な操作が、これまでパソコンに慣れる事ができなかった、たとえば高齢の方々にもすんなり使ってもらえる可能性をもたらしたのではないでしょうか。
 そうはいっても、せっかく高いお金を出してパソコンを買ったのに使いこなせなかった苦い思いを一度経験してしまうと、なかなか再挑戦の一歩が踏み出せないのが世の常。タブレットもだいぶ値段が下がってきたとはいえ、まだ数万円程度します。せっかく買ってもただの下敷きにしかならないかも…と考えて、躊躇してしまっている人たちも多いのではないでしょうか。
 この本は、そんな人がタブレットを購入した時に読んでもらえれば、とりあえずインターネットにアクセスする程度の操作は覚えられるようになる、ということを目標にしています。ですので、できるだけ平易な言葉で、多少なりともパソコンに慣れている人からすればうっとおしい、と感じられるかもしれないくらいに、とにかく言葉を尽くしてわかり易く書いたつもりです。
  この本は電子書籍ですから、おそらく、この本を必要とする人は、直接的にこの本にアクセスできる人ではないと思います。この本をパソコンやさまざまな電子 機器上で見つけた方々が、ご自分の周りにいる、タブレットに興味を持っているけれどもパソコンや電子機器の苦手な方に向けて、この本をご紹介していただけ ればうれしいです。
 そして、この本を読んで、「まだここの部分がわかりにくい」とか「もうちょっとこういう風に解説したほうがわかりやすい」というところがあるようでしたら、どんどんご指摘いただければ、よりわかりやすく修正していきたいと思っていますので、終わりに記載しまし たTwitterやFacebookなど、SNSを通じていろいろとご要望やご意見をお寄せいただければ幸いです。
 また、この本はAndroid版も作成しております。iPad/iPad miniではなく、Androidタブレットのご購入を検討中の方はそちらも合わせてご覧ください。

試し読みできます

本書を読むにあたって

 この本はiOSタブレット端末、つまりiPad / iPad miniの操作を、初めて学ぶ人を対象に執筆しています。
 本の中の画像は、初代iPad(WiFi専用)の画面コピーを使用しています。画面の解像度やサイズは異なりますが、Apple社のタブレット製品は基本的には共通の操作画面で構成されていますのでほとんどお手元の端末と同じ画像を表示することができるのではないかと思います。
 しかし、携帯電話回線を使えるセルラー版とWiFi専用版でメニュー項目などに若干の違いがあります。
 本書ではすべてWiFi専用版にのっとって説明をさせていただきますので、WiFi版にはない3G版の項目についてお知りになりたい方は、本書を参考にインターネットにアクセスして頂き、ご自分で情報を探してみてください。
 また、iPad / iPad miniは、単独で使うことももちろん可能なのですが、パソコンと連携させることでその力を遺憾なく発揮することができる端末でもあります。しかし、パソコンと組み合わせをすることで、できることが増えるのと同時に、それを使いこなすためのハードルも大きく上がってしまいます。
 そのため、本書ではパソコンとの連携機能についてはほとんど説明を割愛しています。
 もし、そうした機能を使いたいと言うことであれば、身の回りに詳しい方に教えていただくなり、インターネットで調べるなどして、実力を付けて挑戦してください。









「超初心者向け!はじめてのタブレット入門~iPad/iPad mini編~」は、独立した電子書籍であり、Apple Inc.が認定、後援、その他承認したものではありません。
iPadは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

試し読みできます

目次

  • はじめに

    1. はじめに
    2. 目次
    3. 本書をよむにあたって
  • 第1章 iPad各部の構成と名称

    1. iPadに触れる前に覚えておきたい操作名称
    2. 端末各部の名称
  • 第2章 初めてのiPad

    1. 初めての起動~iPadの電源を入れ、アカウントを登録する
    2. 名前を知ろう~画面各部の名称と役割
    3. iPadを操作しよう~アプリの起動とiPadの基本操作
  • 第3章 アプリを使おう!

    1. 標準アプリ~ブラウザ、メーラー、地図
    2. コンテンツ購入~iTunes、App Store
    3. エンターテイメントアプリ~写真閲覧、音楽再生、動画再生
    4. 管理アプリ~設定
  • 終わりに

    1. あとがき
    2. 【参考・お役立ちリンク集】
  • 奥付


試し読みできます

iPadに触る前に覚えておきたい操作名称

 新しい機械を購入すると、「とにかくまずは、一刻も早く触ってみたい!」という方は、この本の読者ではおそらくほとんどいないでしょう。この本の読者と なる多くの人は、どちらかと言うと、「買ったばかりの機械を壊したらいやだから触らないで置いとこう」というタイプの考え方をする方ではないかと思いま す。パソコンに触れる際にもどうしてもそのように考えがちで、だんだんと触る機会が減っていった結果、まったく触らなくなってしまった、という経験をお持 ちの方も多いはずです。
 でも、この手の機械は習うより慣れろの言葉どおり、とにかくどんどん触って慣れるのが上達の近道です。タブレット端末も、子ども、特に小学校に入る前くらいの子どもの方が、直感的にどんどん触って慣れるからこそ、1日もあればたいていの操作は覚えるくらいに使 いこなせてしまいます。ですから皆さんも、とにかくどんどん触ることを意識してください。
 そうは言ってもこれまでの経験が邪魔してなかなか第一歩が踏み出せないし、そもそも、どうやって触ればいいかがわからない、という方も多いと思いますので、ここではまず、実際の機械に触る前に、その基本的な操作方法と名称を覚えたいと思います。
  ここで言う操作の名称と言うのは、たとえば車で言うと(前進するために)「アクセルを踏む」、(止まるために)「ブレーキを踏む」、(進む方向を変えるた めに)「ハンドルを回す」といったような、基本的なことです。車の運転を人に教えるためには、まず、アクセル・ブレーキ・ハンドル、くらいの、最低限の名 称はわからなければなかなか教えられないのと同じように、やはり「このくらいの名前は覚えないとなかなか話が進まない」という基本的な用語がいくつかあり ますので、それを学ぶところからはじめたいと思います。
  1. もっとも基本的な操作、画面を触る「タップ」
     指で画面を触ることを「タップ」と言います。アイコンや画像、写真ファイルなど、操作する対象を選択したり、ボタンを押す・何かにチェックを入れて選択をする、といった指示をするときに使う動作で、最も基本的な操作と言えます。
     また、同様の操作で、短い間隔で2回続けて画面を触ることを「ダブルタップ」と呼びます。
     タップは、パソコンで言うマウスのクリック・ダブルクリックに当たる動作ですが、タブレットの場合、パソコンの操作をするときほど、2回続けてタップする操作はあまり使いません。ほとんどの場合は、一度タップすれば、タブレットが反応します。
  2. ページめくりなどの動作で多用される「フリック(またはスワイプ)」
     画面をタップした状態から、上下左右、いずれかの方向に向かって指をはじくことを「フリック」または「スワイプ」と言います。
      フリックは、パソコンで相当する動作が無いため、変にパソコンの操作を知っていると逆に使いにくいと感じるかもしれませんが、ようは、雑誌のページをめく る時のように、指を動かして画面の中にある対象をはじいてあげればいいのです。これはタップの次に良く使う操作となりますので、覚えておきましょう。
  3. 画面のアイコンなどを長く押さえる「ロングタップ」
     こちらは名前の通りの動きで、画面を長く押さえることを「ロングタップ」と言います。一般的には、マウスの右クリックをした時に近いような動きをすることが多く、たとえば、ファイル名を変更するときに、対象ファイルを選択してメニューを表示させたりするのに使います。
     また、ロングタップでアイコンなどを指定して、そのまま指で動かす「ドラッグ」も あり、こちらはパソコンで言うドラッグと同じ要領の操作になります。2番のフリックとの違いは、フリックが指をすばやく動かして今見ている画面をページの 外に追い出すイメージで強めに払うのに対して、ドラッグではゆっくりと指を滑らせ、あくまで指定した対象を意図した場所に移動させる、というところが異な ります。
  4. 文字などを拡大・縮小するのに使う「ピンチイン/ピンチアウト」
     2本の指(多くの場合、画像のように親指と人差し指を使いますが、タブレットは何指、というのを把握しているわけではありませんので、2本の指であれば、た とえば左右それぞれの人差し指を使ったりしても構いません)を使いつまむような動きをして画面を滑らせることを「ピンチイン」。逆に、2本の指で対象物の隙間を広げるような動きをすることを「ピンチアウト」と言います。
    このピンチと呼ばれる動作こそが、タブレットの操作のキモ、と言ってもいいかもしれません。この動きをすることで、画面の中の写真や文字を簡単に拡大・縮小させることができるのです。
 以上の4種類がタブレットを使う時の基本的な操作方法です。
 パソコンと比べると、画面の中にある矢印をマウスを使って操作したり、多くのキーの中から自分が入力したいボタンを探しながら入力しなくてはならないキー ボードを使うのに比べて、直接画面を触り、その操作に合わせて画面がすぐに反応してくれるタブレットは、現実世界でモノを動かすのと同じ要領で、より直感的に操作をすることができるはずです。

試し読みできます

端末各部の名称

 皆さんのお手元にあるタブレット端末は、Apple社が発売するiPadまたはiPad miniだと思います。
 Apple社はiPhone発表以来、各種スマートフォン、タブレットを発売してきました。これらの端末ではサイズや性能は一部変更があったものの、物理的なスイッチの数は、初めて発売されたiPhoneから変更されていません。
 端末に搭載されているスイッチは(1)電源ボタン、(2)ボリュームボタン[+/-]、(3)ホームボタンの3つボタンと、オン/オフの状態を切り替えることができるスイッチが1つ、計4種類だけです。
 この章では端末の物理的なスイッチとコネクタについて説明をします。ただし、コネクタについては、最新版のiPhone5 / iPad / iPad mini からこれまでAppleが採用していたものとは違う、まったく新しいコネクタが採用されました。本書ではiPad miniを取り扱う関係から、この最新のコネクタについてだけ触れますが、コネクタの形状こそ違いがあれど、基本的にはまったく同じ機能を持つものですので、古い端末をお持ちの方の場合でも、そのような認識でお読みください。
  1. 電源ボタン

     Apple社のタブレット端末は、画面と同じ面についているボタンが、下にくるようにして画面を持ちます。その状態で電源ボタンは本体上部の右側についています。ボタンには特に何も書かれていませんが、右上が電源と覚えておいてください。
  2. ボリュームスイッチ

      タブレットが鳴らす音の大きさを調整するためのボタンです。画面向かって右側面に2つのボタンがついているはずです。ボリュームをコントロールするものですので+と-の表記がありますが、基本的にはボリュームを上げる+が上、ボリュームを下げる-が下と覚えてもらえれば、覚え易いともいます。
  3. ホームボタン

     画面下についている、四角い絵が描かれたボタンのことです。画面と同じ面にはこのボタン1つしかないのが、Apple社製品の最大の特徴と言えます。このボタンは、起動しているアプリを終了させたり、画面を切り替えたりと、さまざまな操作をする際の基点になるボタンですので、覚えておいてください。
  4. Lightning (ライトニング)コネクタ

     Apple社では、iPod発売以降、30pinのiPod Dock コネクタを使っていました。タブレットなどは持っていなくても、iPodなどを持っていたり、車で使う汎用充電器を買ったら、横幅の広いコネクタが一緒についてきたと言う方もいるのではないでしょうか。そうして長い間親しまれてきたコネクタでしたが、iPhone5 / iPad Retina / iPad mini という最新版の製品では、そのコネクタを一新。Lightningコネクタという、8pinの新しいコネクタを採用しました。ピンの数や形状がまったく違うため、Apple社から変換用のコネクタが発売されていますが、両者に互換性はありません。
     Apple社は、iPod以降、製品につないで、充電したりパソコンと接続するためのコネクタを1端末に付き1種類に制限してきました。それは最新版でも変わらず、Lightningコネクタ以外は一切使いません。
     ユーザーから見た時、このLightningコネクタはどのようなものなのかと言うと、所詮はコネクタです。端末とパソコンなどの製品とをつなぐことができれば用途を十分果たすわけですが、最も違うのは1点、Lightningコネクタは、上下が無く、逆向きに刺しても使うことができるのです。
     一瞬当たり前のように聞こえてくるかもしれませんが、パソコンのUSBはもとより、有線LANのネットワークケーブルやテレビなどをつなぐHDMIケーブルなど、あらゆる電気通信用のコネクタで、これまで、上下逆に刺しても対応するコネクタはありませんでした。その意味では、Lightningコネクタはユーザーの不便を取り除くすばらしいコネクタと言えるかもしれません。
     本体購入時に標準で付属しているのはこのLightningコネクタを接続するためのUSBケーブルであり、このUSBケーブルにアダプタを差し込んで充電も行います。つまり、このケーブルがないとiPadはまったく充電できなくなってしまいますので、十分ご注意ください。

  5. その他の機能
     iPad / iPad mini はすべて WiFi / Bluetoothといった無線通信規格に対応していて、キーボードやマウスなどさまざまな機械とつなぐことができます。またGPSも搭載されており、地図アプリを使えば、自分の現在位置を確認したり、これから進もうとしている方角を見たりすることもできます。(ただし、この機能を使うには WiFiなどでインターネットにつながっている必要があります。このあたり詳しくはまた後ほど)

 各部や機能の名称についてはこのような形になっています。

 Apple社の製品は、そのシンプルな構成から覚えなければいけない言葉も少なくなっていますので、聞きなれない言葉もあるかもしれませんが、ぜひ覚えておいてください。

 それでは、次の章へ移り、実際にタブレットを操作していきましょう。



読者登録

金さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について