twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)
カテゴリー 趣味・生活・芸術 健康・医療 作者 戸田克広
価格 1,000円(税込)
タグ 医療健康抗不安薬依存精神安定剤
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

215 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 34ページ (Web閲覧)
166ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 日本では抗不安薬があまりにも多く使用されすぎています。それに対する警鐘を鳴らすと共に抗不安薬を長期使用した場合の恐ろしい副作用を解説します。精神安定剤という名称で処方されることもありますが、長期間内服すると精神はかえって不安定になります。日本の医師はあまりにも無頓着に抗不安薬を処方します。
 どのようにして減量、中止するのかの具体的な方法を記載しています。
 試し読みはhttp://p.booklog.jp/book/62140を参照してください。
 本書は引用文献を276つけた医学書ですが、一般の方が理解できるように記載しています。

コメント一覧

私が夜1錠飲んでいるリボトリールの名前がでているので気になります。 リリカ1日300mg服用して視力低下がおこり、減薬を試みましたが、寒さがまし毎日夜は激痛で、元に戻しました。激痛も朝になると少しおさまるので頑張れています。 激痛と闘っている時は、もう長生きしたくないと時々思う事があります。 大病院の数名の医師に騙され、最低限の受診と服薬を心がけています。  この本を読みたいので購入手続きを何度もしていますが、ネット歴約1年の初心者でログインができません。やっぱり本屋さんで買えればよかったなと思います。また明日挑戦してみます。1本の指のCRPSが私の人生を変えてしまいました。早期治療を受けていれば、2割の人は完治、その他の人も予後が良いというのを知り何とも言えない気持ちです。 
819kuuchan : 2012-12-28 21:21:46

facebook コメント一覧