閉じる


<<最初から読む

10 / 12ページ

アンチョビトマトソースとキャベツのパスタ



材 料(2人分)
 パスタ(乾麺)・・・150g
 キャベツ・・・150g
 作ったアンチョビトマトソース・・・お玉2杯程度
 パスタの茹で汁・・・100cc
 アンチョビソース・・・適量(調整用)
 ブラックペッパー・・・適量(調整用)
<アンチョビトマトソース>
 トマト缶・・・2缶
 水・・・200cc
 ローリエ・・・2枚
 アンチョビソース・・・小さじ2
 塩・・・1つまみ
 ニンニク・・・1片
 オリーブオイル・・・大さじ1

作り方
<トマトソース>
 1.ニンニクの皮をむいてスライスしておきます。
 2.ソースパンにオリーブオイル、1のニンニク、ローリエを入れて中火で加熱します。
 3.ニンニクの香りが立ってきたら、残りの材料を全部入れます。
 4.中弱火で40分ほど煮詰めて出来上がり。
<パスタ>
 1.キャベツを短冊切りにして軽く塩茹でし、水気をギュッとしぼってほぐしておきます。
 2.パスタを茹で始め、茹で上がりに合わせてソースと作っていきます。
 3.フライパンにパスタの茹で汁と1のキャベツ、トマトソースを入れて弱火で温めます。
 4.アンチョビソースとブラックペッパーで味を調整しておきます。
 5.茹で上がったパスタを4に合わせて全体を絡めて出来上がり。


スパゲティ・カルボナーラ ローマ風



材 料(1人分)
 パスタ・・・80g
 ベーコン・・・40g
 玉子・・・1個
 パルミジャーノレジャーノ・・・15g
 塩・・・適量
 コショウ・・・適量
 オリーブオイル・・・大さじ1

作り方
 1.パスタを塩分1%ほどのお湯(1リットルの水に対して塩10g)で茹でます。
  鍋は再度使うので片手鍋が良いです。(別に片手鍋を準備しておいても良いです。)
<以下同時作業>
 2.ベーコンを5mm厚の長さ2cmほどに切ります。玉子は溶いておきます。
 3.パルミジャーノレジャーノをすりおろしておきます。
 4.別のフライパンにオリーブオイルを入れて2のベーコンを中火で炒めます。
 (程よくベーコンから脂が出る程度に)
 5.茹で汁50ccを別に分けて、茹であがったパスタの水気を切りって再度鍋(片手鍋)に戻します。
 6.パスタの入った鍋を強火で加熱しながら5の茹で汁と、4(ベーコンと油を一緒に)を入れて混ぜます。
 7.適度に絡んだら火を止めて、鍋を持って振りながら、玉子を少しずつ(かつ早く)入れて行きます。
 8.さらに3のチーズを入れて振ります。
 9.程よく混ざったら皿に盛り付けて、荒挽きコショウを振ります。
 10.パルミジャーノレジャーノ(分量外)をすりおろしてかけて出来上がり。

7~8の手順はは予熱で行うのでスピードが大事です(7と8で30秒くらい)
鍋を振るときは、こぼれない程度に縦横無尽(縦横立体的に絡ませる感じ)に振ってソースを絡ませます。


カルボナーラは、元々イタリアローマの料理。
炭焼職人(イタリア語でCarbonari)が仕事の合間にパスタを作ると、
手についた炭が落ちてこんな風になるのではないか?
というイメージを元にその雰囲気を黒コショウで演出しています。

また
炭焼小屋でも簡単に出来るシンプルなパスタが本来の形なので、
イタリアのカルボナーラには、生クリームが入らないのです。

しめじとバジルのレモン風味パスタ




材 料(2人分)
 パスタ・・・2人分(180g)
 しめじ・・・60g
 玉ねぎ・・・1/4個(小さめ)
 乾燥バジル・・・大さじ1
 塩・・・小さじ1/2
 オリーブオイル・・・大さじ1
 レモン汁・・・大さじ1


作り方
 1.しめじをほぐし、玉ねぎを薄くスライスしておきます。
 2.パスタを茹でます。
<以下パスタが茹で上がる3分前くらいになったら作業>
 3.フライパンにオリーブオイルを敷き、低温のうちから1の玉ねぎを炒めます。
 4.フライパンが温まって、玉ねぎに油が馴染んできたら1のしめじを入れて炒めます。
 5.しめじに油が馴染んだら中火に落とし、パスタの茹で汁をお玉一杯分入れます。
 6.そこに塩とバジルを入れて味見をして塩加減を調整しておきます。
 7.茹で上がったパスタを6に入れて絡めます。
 8.絡んだら火を止めて、レモン汁をかけて全体を絡めて出来上がり。


この本の内容は以上です。


読者登録

ゆーたさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について