閉じる


ひとつめ

ひとつめ

 アリスはあっきあきしてきた、池のほとり、お姉さまのそばですわってるのも、何もしないでいるのも――ちらちらお姉さまの読んでる本をのぞいてみても、さし絵もかけ合いもないから、本のねうちはどこ、とアリスは思う、さし絵もかけ合いもないなんて、って。だから物思いにふけるばっかり(といってもそれなり、だって日ざしぽかぽかだとぼんやりねむくなってくるし)、デイジーの花輪作りはわざわざ立ち上がって花をつむほど楽しいものなのか――そこへふと赤い目の白ウサギが1羽そばをかけぬける。
 あまり目を引くようなところもないから、アリスにしてもさほどとんでもないとも感じないまま、聞こえてくるウサギのひとりごと。「おおお、ちこくでおじゃる!」(あとになって思い返すと、ここでふしぎがってしかるべきという気もするけど、そのときはみんな自然きわまると思えてね)その次にウサギがチョッキのぽっけから時計を取り出しまじまじしてからかけ足したから、アリスもとびあがる、だってむねがはっとした、これまでそんなウサギ見たことない、チョッキにぽっけがあったり、時計を取り出したり、そこで気になる気になる、野原をかけて後を追っていくと、ちょうど目の前でそいつはかき根の下、大きなウサギ穴にぴょんと入って。たちまち飛びこみアリスは後を追う、またもどってこられるかなんて、ちっとも考えもせずに。
 そのウサギ穴はまっすぐ続いて、まるでどこかトンネルみたい、そのあといきなり下り坂、いきなりすぎてふみとどまろうと思うまもなく、気づいたら深いふきぬけみたいなところに落っこちていて。穴がすごく深いのか、落ちるのがすごくゆるやかなのか、どうにもひまがありすぎて、落ちるあいだにあたりは見られる、次に何が起こるのかなって思いもできる。まず下を見てみると、ゆく先はわかるけれども、暗すぎて何がなんだか。そのあと穴のぐるりを見ると、目にとまるのはぎっしりならんだ戸だなに本だな。あちらこちらに画びょうでとまった地図に絵。通りがかりにたなのひとつからびんを取ってみると、〈オレンジ・マーマレード〉とはられてあるのに、とてもがっかり、中身はから。とはいえ、びんを放るのはしのびない、だって下のだれかが死ぬといけないから、うまく戸だなのひとつへ通りすがりに置いておいた。
「ふふ!」とアリスは考えごと。「こうやって落ちておけば、もう階段《かいだん》転げ落ちるのなんてわけなくてよ! おうちに帰ったら、あたくしみんなの英雄《えいゆう》ね! ええ、お屋敷《やしき》の屋根から落ちたって、何も声をあげたりしないわ!」(そりゃあまあそうだよね。)
 ひゅうん、うん、うん。いつになったら落ちきるのかな。「これまでのところで、どれくらい落ちたのかしら。」と声に出してみる。「地球のまんなかあたりには来てるはずね。ええと、6400キロの深さだったかしら――」(だってほらアリスはお勉強《べんきょう》の時間にこういったことはそれなりにかじっていたからね、今ここでひけらかしたところで、聞く人もいないからどうしようもないけど、そらんじるけいこにはなったかな。)「うん、それで深さは合ってるけど、あと今いるケイドとイドは何ぞ?」(アリスは経度《けいど》も緯度《いど》もさっぱりだけど、今言うと格好《かっこう》がつくかなと思っただけ。)
 やがてまた始めて。「まさかこのまま地球をまっすぐつきぬけて? 面白いわ、行きつく先の方々は頭を下にして歩いてるってわけね! でもちゃんとお国のお名前何ですかっておうかがいしないと、ねえ。どうも、おくさま、ここはニュージーランド、それともオーストラリア?」――と言いながら左足を引いてひざを曲げようとしたんだけど(空中でこんなふうにスカートつまむところ思いえがける? できると思う?)「そうしたら物をたずねたあたくしが、なんて物知らずの小娘って思われてよ! だめ、聞けない。でももしかしたらどこかに書いてあるのが見つかるかも。」
 ぴゅうん、うん、うん。ほかにやることもなくて、またすぐにアリスはしゃべりだす。「ダイナ、あたくしがいなくて、今晩《こんばん》はきっとさみしがっていてよ!」(ダイナはネコのこと。)「みんなお茶の時間にミルク出すのわすれてないといいけれど! ああ、ダイナちゃんここに連れてこればよかった! 空中にネズミはいなさそうだけど、コウモリならとれるかも、だってほら似ててよ、ネズミと。でもネコってコウモリ食べるのかしら。」ここでアリスはちょっとねむたくなってきて、うつらうつらしながらひとりごとを続ける。「ネーコってコーモリ食べる? ネーコ、コーモリ、食べる?」そのうちどっちがどっち食べるのかわからなくなって。まあどちらにしても答えはわからないから、どっちになっても大して変わりないけど。うとうと気分になると、ちょうど始まるゆめのなかではダイナと手をつないでおさんぽの場面、そこでにらんで言うんだ、「いいこと、ダイナちゃん、はっきりお言い。あなたコウモリ食べたことあって?」そのときいきなり、どすん! どっすん! とつっこんだのが枝に木切れの山で、落っこちるのおしまい。
 アリスにけがはちっともなくて、ぴょんとそのまままっすぐ立てる。見上げてみても、頭の上はまっくらやみ。前にはまた長い道があって、白ウサギがまだ見えるところにいて、かけ足で進んでいく。ぐずぐずしてるひまなんてない。走り出すアリスは風のよう、ちょうど向こうが角を曲がるところでこんな声が。「ぴょんぬるかな、もう大ちこくでおじゃる!」続いてこっちも角を回ると、気づけば天井低めの大広間、その天井からずらりとぶらさがったランプで照らされてて。
 まわりにぐるりとドアがならんでいたのに、どれもみんな鍵《かぎ》がかかってて、だからアリスはぐるりと回って、みんな試したあと、とぼとぼとまんなかに歩いていってね、どうやったらまたお外に出られるんだろうって。するとふとそこへ出てきた3本足の小さなテーブル、ぜんぶかたいガラスでできていて、なんとその上にはただひとつ、ちっちゃな金の鍵、そこでアリスがまずひらめいたのが、この広間のドアのどれかに合うんじゃないかってこと、なのに何たること! 穴が大きすぎるか鍵が小さすぎるか、とにかく開くものはひとつもない。ところがもう1度回ってみると、ちんまりカーテンのかかっているところがあって、そのうらには高さ46センチくらいのドアが。で、ちっちゃな鍵をその鍵穴《かぎあな》に試してみると、ぴったり! ドアを開けてアリスが、ネズミ穴と同じくらいの小さな通り口をしゃがんでのぞいてみると、向こうには見たこともないきれいなお庭が。もうその暗い広間から飛び出して、明るいお花畑とひんやり泉《いずみ》のあたりを歩き回りたくてしかたがないのに、そのドアは頭も通らなくって。「頭だけが向こうに出ても、」とかわいそうにアリスは考えごと。「肩《かた》がぬけなきゃどうしようもなくてよ。はあ、望遠鏡《ぼうえんきょう》みたく身体をたためればどんなにいいか! 始め方さえわかれば、たぶんできるのに。」というのも、ほら、ここずっととんでもないことばかり起こってたから、アリスはほんとにできないことなんて、実はほとんどないじゃないかって気になってきてたんだ。
 ほかにやることもなかったから、テーブルのところに引き返して、もうひとつ鍵でも、いやせめて身体のたたみ方の本でも見つからないかなと思ってたんだけど、今度テーブルに出てきたのは小びんでね――「さっきまでぜったいなかったのに」ってアリスは言って――びんの首にくるっとむすんであったのが紙切れで、そこに〈ノンデ〉って文字がカタカナできれいに印刷《いんさつ》してあって。
「ノンデ」っていうのはたいへんけっこう、「でもまずたしかめること。」って言うアリスちゃんはお利口さん。「びんに〈毒〉の印《しるし》があるかないか見てみないと。」だってアリスはそういう小話をそれなりに読んだことがあった、そこでは子どもがやけどしたり、けだものに食べられたり、そのほかひどい目に合うのだけど、どれもお友だちの教えてくれた簡単《かんたん》な決まりをわすれたせいでそうなったわけ。たとえば、火に近づけばやけどするよ、ナイフで指を深く切ったら血が出るよ、とか。で、ちゃんと覚えていたのが、〈毒〉の印のあるびんを飲むと、おそかれ早かれほぼまちがいなく毒に当たるよ、というもの。
 とはいえ、このびんには毒の印はなかったので、アリスが味見してみると、とってもおいしくて(なんと風味はサクランボのタルトにカスタード、パイナップルからローストチキンとキャラメル、あつあつのバタートーストまでがいっしょになったみたいで)あっというまに飲みきっちゃった。
*  *  *  *  *  *
「とってもへんてこな気持ち!」とアリス。「望遠鏡みたく身体がたたまれてるのね。」
 その通り。今や背《せ》たけはたった25センチ、そして顔がぱっとあかるくなったのは、ふと思いついたから。あの小さいドアからすてきなお庭に出るのに、今の大きさならちょうどいいって。とはいえ、まずはしばらくじっとしてたしかめる、もうちぢまないところまでね。ちょっぴりどきどきしていたんだ。「だってほら、おしまいに、」とアリスはひとりごと。「ロウソクみたく、ぜんぶなくなっちゃうのかも、そうしたらあたくしどうなっちゃうのかしら。」そこでロウソクの火がふっと消えたあとどうなるのか思いうかべてみようとしたんだ、見たことなかったからね。まあ、もう何も起こらなかったから、すぐにでもお庭へ出ることにしたんだけど、あああかわいそうにアリス! ドアのところで、ちっちゃな金の鍵をわすれたことに気がついて、鍵をとテーブルに引き返してみると、今度は上にぜんぜんとどかない。ガラスの向こうにはっきりと見えるのに、せいいっぱいテーブルの足からのぼろうとしても、すべるすべる、しまいにはくたびれて、かわいそうにかわい子ちゃんはへたりこんで大泣き。
「しっかり! 泣いたってどうしようもなくてよ!」とアリスは自分に言い聞かせる。「あなた、今すぐにおやめなさい!」(いつもご自分へのおいさめはとてもご立派《りっぱ》、時にはご自分へのおしかりがきびしくてなみだをためることもあるけど、あるときなんか自分対自分のクローケーの試合でずるしたってことでわすれずご自分の耳をおはたきになるくらい。このへんてこな子は1人2役するのが大好きだったんだ。)「でも今、」とかわいそうなアリスの考えでは「1人2役してもしかたなくてよ! もう、あたくし、ちゃんとひとり分にも足りてないんだもの!」
 ふと目を落とすと、テーブルの下に置かれた黒《こく》たんの小箱。開けると中に小ぶりの焼菓子《やきがし》が見つかって、そこについていた紙切れには、〈タベテ〉って文字がカタカナできれいに印刷してあって。「いただくわ。」とアリス。「大きくなれば鍵にもとどくし、小さくなってもドア下をくぐりぬけられる、いずれにしても庭には出られるから、どっちになってもかまわなくてよ!」
 ちょびっとかじって、そわそわとひとりごと。「どちらの方? どちらなの?」と手を頭のてっぺんに当てて、どっちになるかと思ったらびっくりびっくり、気づくと同じ背たけのまま。たしかに焼菓子を食べただけじゃ、こうなるのがふつうなんだけど、アリスはとんでもないことが起こるってそれだけを考えるようになってたから、まともに進むことがすごくつまらなくばかげたことに思えてね。
 だからむきになって、たちまちぺろりと焼菓子をたいらげたんだ。
*  *  *  *  *
「てんへこりん、てんへこりん!」と声をあげるアリス。(びっくりのあまり、ちゃんとした言葉をどわすれしてね、)「今度は身体が広げられてる、世界最大の望遠鏡をのばしてるみたい! ごきげんよう、あんよちゃん!」(だって足元を見下ろすと、どんどん遠ざかって、ほとんど見えなくなりそうで。)「ああ、おいたわしや、あんよちゃん、こうなったらどなたにくつやくつ下をはかせてもらおうかしら、ねえ? ぜったいあたくしには無理! あんまりにもはなれすぎて、こっちからお世話できなくてよ。できるだけご自分で何とかなさることね――でも気づかいはしてあげないと。」とアリスは思って、「でないと行きたい方に歩いてくれないかも! そうね、クリスマスごとに新しいブーツをさし上げてよ。」
 頭のなかであれこれ、どうしようかとめぐらせ続け、「人に運んでもらわないと。」と考えて、「って、もうふきだしそう、自分のあんよにプレゼントだなんて! あて名だっておかしなものになってよ! カーペットにお住まいの
   アリスの右足さまへ
   アリスから愛《あい》をこめて
まったく! あたくしの話もからっぽね!」
 ちょうどそのとき、頭が広間の天井にごつん。なんとただいま背たけは2メートル75をややこえたあたり、たちまちちっちゃな金の鍵を取り上げて、お庭のドアへあわてて向かう。
 ふびんなアリス! がんばってもできるのは、横向きにねそべって片目でお庭をのぞくだけ、向こうへ行く望みなんて、これまで以上にありえない。へたりこんでまた大泣き。
「あなた恥《はじ》をお知りなさい。」とアリス。「あなたみたいな気高い娘が、」(たしかにお高い)「こんな大泣き! ただちにおやめ、いいこと!」けれどもやっぱり泣いたまま、流すなみだはたっぷり大量《たいりょう》、しまいに大きな池になって、深さおよそ10センチ、まわりにぐるり広がって、広間を半分ひたしてしまう。しばらくして聞こえてくる遠くのぱたぱたという足音、なみだをぬぐって近づくものに目をやると、そう、あの白ウサギがまたもどってきたんだ、おめかしして、白ヤギの手ぶくろを片手に、香《かお》る花束をもう片手に持っていてね。まさにアリスはだれか助けてと言いたいところだったから、すがる思いで、通りがかりのウサギにおずおずと弱々しげに声をかける。「あの、よろしくて――」びくっとしたウサギは、声がしたとおぼしき広間の天井をあおぐなり、はたと花束と白手ぶくろを落として、全速力でぴゅーっと暗がりに消え去っちゃった。
 花束と手ぶくろを拾い上げたアリス、その花束がかぐわしいので、ずーっとにおいをかぎながらひとりごとの続き――「もう、もう! 今日はけったいなことばかり! でも昨日はみんないつも通りだったのに。もしや夜のうちにあたくしの身に何か。今朝起きたときのあたくしはちゃんとあたくし? ちょっとちがっていた気がしないでもなくてよ。でも今あたくしがあたくしでないのなら、いったいどなた? んもう、まったくややこしい!」そこで同い年の知り合いの子のことをみんな思いうかべていって、自分がそのうちのだれかになっていないかたしかめたんだ。
「あたくしがガートルードでないことはたしかね。」とつぶやく。「だってあの子の髪《かみ》はあんなに長いまき毛、あたくしはちっともまきがなくてよ――それときっとフローレンスでもないはず、だってあたくしは物知りっていうのに、あの子、ふん! 知らないにもほどがあってよ! それにあの子はあの子、あたくしはあたくし、だから――ああ、もう! なんてややこしいの! どうかしら、ちゃんと覚えてたこと覚えてる? ええと4×5=12、4×6=13、4×7=14――ああ、もう! こんな調子じゃいつまでも20にならなくてよ! でも九九なんて大したことないわ――地理を試すの。ロンドンはフランスの都《みやこ》、ローマはヨークシアの都、それからパリは――ああ、もう! もう! どれもまちがいに決まってる! フローレンスになっちゃったにちがいなくてよ! だったら『がんばるミツバチ』のお歌はどう?」ひざ前に手を重ねて始めたんだけど、声ががらがらでとっぴで、それに歌詞《かし》もいつも通りじゃなくって。

びっくりだ わあにさん
しっぽがね ぴかーん!
ナイルがわ ざあぶざぶ
うろこにね びしゃーん!

キバだして にいんやり
ツメひろげ じゃきーん!
おいでませ さかなちゃん
にこにこ……がぶりっ!

「ぜんぜん歌詞がちがってよ。」とかわいそうにアリスは目になみだをいっぱいにためながら、こう思った。「やっぱりあたくしフローレンスにちがいないわ、だったらあたくしあのせせこましい小屋にうつり住まなきゃいけないことになって、しかも遊ぶおもちゃもないの、うわあん! お勉強も山もりよ! いやあ! あたくし心に決めたわ、あたくしがフローレンスなら、ここでじっとしててやるんだから! どなたかがのぞいて『上がりなさい!』なんて言ってもむだなんだから! あたくし上目で申しあげてよ、『ところであたくし何者? まずそれにお答えになって。それから、それがあたくしのなりたい方なら上がりますけど、ちがうようでしたらほかのどなたかになるまで、ここでじっとしております。』――でも、ああもう!」とアリスはいきなりわっと泣き出して、「そののぞいてくれるどなたかが、いてくださったらどんなにいいか! もううんざりよ、こんなところでひとりぼっちだなんて!」
 こう言いつつ自分の手に目を落としてみるとびっくり、気づけばしゃべっているあいだにウサギさんの手ぶくろをはめていたんだ。「どうしてこんなことができてるの?」と思ってね、「また小さくなってるにちがいないわ。」起きあがってテーブルまで行ってそれで背たけをはかってみると、だいたいしかわからないながらも、今はおよそ60センチで、大いそぎでちぢみつつあってね。わけはすぐにわかった、手に持っていた花束のせいなんだ。あわてて手放すと、まさにそのときからちぢみはすっかりとまって、気がつくとただいまの背たけはたったの7センチ。
「今こそお庭よ!」と声をあげたアリスはあわててあの小さなドアへもどったんだけど、小さなドアにはまた鍵がかかってて、ちっちゃな金の鍵も前と同じでガラスのテーブルの上、だから「今までで最悪!」と女の子は思うしかない。「だってこんなちっちゃくなったの初めてなのよ、初めて! 正直ひどすぎてよ、ひどすぎ!」このしゅんかん、足がすべって、ぼちゃん! しょっぱい水に首までつかって。初めのうちは海に落ちたと思ったんだけど、あとからここが地底だってことを思い出して、そのあとすぐにはっとした、自分が3メートル近いときに泣いて作ったなみだまりなんだって。「あんなに泣くんじゃなかったわ!」と言いながらアリスは水をかいて前に進もうとしてね、「罰《ばち》が当たろうとしてるのよきっと、自分のなみだでおぼれろってね! 待って! そんなのけったいだわ、ぜったい! それにしても今日はけったいなことばっかり。」とつぜん目の前すぐそばで何かがばしゃんと池に。とりあえずセイウチかカバかと思ったものの、自分がとっても小さいことを思い出して、たちまちはっとした、ただのハツカネズミが自分と同じようにすべり落ちただけだって。
「このネズミに声をかけて、」とアリスは考えごと。「何かになって? でもあのウサギはどうもきわめてとんでもないことになっていたし、ここへ落ちてきてからというもの、あたくしだってそうなんだから、あのネズミだって話せないわけなくってよ。とりあえずやってみるつもりで。」
 で、やってみた。「ねえそこのネズミ、ごぞんじ? この池からの出方。このあたりを泳ぎまわってへとへとなの、ねえ、そこのネズミ!」そのネズミはどこか問いたげにその子を見つめて、小さなひとみで目くばせしてくれたみたいなんだけど、一言もなくって。
「こっちの言葉がわからないのかも。」とアリスは考えごと。「たぶん外国ネズミなのね、ウィリアムせいふく王についてわたってきた!」(その子の知ってるかぎりでは、何年前に何が起こったのかはうろ覚えだから、こんなことに。)で、またやってみる。「吾猫兮何在《わがねこいずくにかある》?」これは外国語のドリルにある初めの文。ネズミは池のなかでいきなりとび上がり、びくびくとふるえだしてね。「あら、ごめんあそばせ!」あわてて声を上げるアリス、このあわれな動物の気をそこねたかと気がかりで。「ネコお好きでないことうっかりしててよ!」
「お好きでねえよ!」とネズミのかん高く気持ちのこもった声。「こっちの身になりゃわかんだろ!」
「ええ、おっしゃる通りね。」とアリスの声は相手をなだめるよう。「そうお怒《いか》りにならないで。でもうちのネコのダイナに引き合わせられたらなあ、あの子をひと目見たならきっとネコさんのこともお気にめしてよ。かわいくておとなしいんだから。」とアリスはひとりごと半分で、池をゆったりとお泳ぎに。「だんろのそばにすわって、すてきにのどを鳴らして、お手々をぺろぺろ顔をごしごし、だっこするとほんとふわふわなんだから、それにつかまえるのも上手いのよ、ネズミを――あらごめんあそばせ!」と、やっちゃったアリスはまた大声、だってそのときにはネズミも毛を全身逆立てていたから、ぜったいに怒《おこ》らせちゃったと思ってね、「お気を悪くされた?」
「されたともよ!」と声をはるネズミは、どう見ても怒《いか》りにふるえていてね、「うちは代々ずうっとネコが大きれえなんだ! いじわるで下品な乱暴《らんぼう》もの! 2度とその話はすんな!」
「いたしませんとも!」とアリスはあわてて話を変えようとする。「あなた――あなた――あれはお好き――犬は?」ネズミの返事がないので、アリスはこれはいいと続けてね、「お屋敷のそばのかわいい子犬、この子をお引き合わせしたくてよ! すんだ目のちっちゃなテリアで、ほら、あるのよ! もう長々とした茶色の巻き毛! それに物を投げるとひろってくるの、あとちんちんしてごはんをおねだりしたり、もう色々――半分も思い出せなくてよ――そう、かい主は地主さんで、お話ではみんなやっつけるって、畑のネズミを――ああっ!」アリスはやっちゃったというふうに、「またお気を悪くされたかしら。」だってもう全力で泳いではなれていくネズミ、進むほどに池はばしゃばしゃと波打つ。
 それで後ろからやさしく声をかけたんだ、「ネズミさん! おもどりになって、もう犬ネコのお話はしないから、お好きでないなら!」するとそれを聞いたネズミは、くるっと回ってゆるゆる泳ぎもどってくる。顔は真っ青(怒《おこ》ってるんだなとアリス)、それからか細く声をふるわせながら、「岸辺へ出んぞ、それからおれの昔話でもしてやっから、あんたもこっちがどうして犬ネコがきらいかわかるってもんだ。」
 そろそろいい頃合《ころあ》い、だって池はもう落っこちてきた鳥なりケモノなりでいっぱいこになりかけてたからね。そこにはアヒルもドードーも、インコも子ワシも、そのほか色々かわった生き物がいてね、アリスがいちばん前に出て、みんないっしょに岸辺まで泳いでいったんだ。

最終更新日 : 2013-03-06 20:52:19