閉じる


試し読みできます

剣道と居合道

 
居合道とは、日本の武術である抜刀術(居合)を武道としたものである。…と言われても、武道をやったことのない人はもちろん、剣道や柔道をやってた人でさえも、よくわからない人の方が多いでしょう。

 剣道とどう違うの?という質問は私は何回もされたことがあります。一度に説明するとこんがらがってしまうので、順を追って説明します。

 まずは、剣道と居合道の違いについてです。剣道は面、胴などの防具を着けて、一対一で試合を行い、竹刀で打ち合って勝敗を決めます。

 一方、居合道は防具を着けず、刀あるいは居合刀(合金でできた切れない刀)を使用します。試合ではなく、刀で切る一連の動作を「型」(形)として行います。

勝敗を追求するのが剣道、刀の技を追求するのが居合道です。
剣道と居合道の違いを述べると、このようになります。


試し読みできます

居合の稽古は実は切らない?!

剣道と居合道の違いは前述した通りですが、あまり知られていないため、

誤解されやすいのが居合道です。


 現在の居合道や剣術の道場で、真剣を使って実際に物を切っている道場は、ほとんどないと言ってもよいでしょう。

先生や熟練の剣士なら所有している人はいますが、気軽に購入するにはハードルが高いのが現状です。

 

 銃刀法などをクリアする事はもちろん、安い車なら買えるくらいの値段です。刀の点検などは後述しますが、購入してからの手間もかかります。


実際に切る場合でも、そのための場所や、畳を丸めて台にさした畳表などを準備、かたずけする必要があります。

 

以上の理由で、一般的な人が真剣を持つのは難しい事が分かります。

 

そのため居合道の稽古では、居合専用の模造刀を使用するのが一般的です。

ちなみに、実際に真剣で物を切る場合は、抜刀術や試し切りと呼ばれます。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)

読者登録

山田ノ助さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について