閉じる


<<最初から読む

2 / 13ページ

試し読みできます

Down the Rabbit-Hole (ウサギ穴を下って)

 

CHAPTER I
Down the Rabbit-Hole

ウサギ穴を下って


Alice was beginning to get very tired of sitting by her sister on the bank, and of having nothing to do: once or twice she had peeped into the book her sister was reading, but it had no pictures or conversations in it, `and what is the use of a book,' thought Alice `without pictures or conversation?'

アリスは土手で姉のそばに座っていま したが、何もすることがなかったので、次第に疲れだしました。一、二度、彼女は姉が読んでいる本をのぞいて見たけれども、その本には絵も会話もありませんでした。「じゃ、この本には何(にゃん)の使い道があるのかにゃ?」とアリスは思いました。「絵も会話もにゃんて?」

So she was considering in her own mind (as well as she could, for the hot day made her feel very sleepy and stupid), whether the pleasure of making a daisy-chain would be worth the trouble of getting up and picking the daisies, when suddenly a White Rabbit with pink eyes ran close by her.

そして彼女は心の中であれこれ考え始めました(できる限り精神を集中して。というのはこの日は暑くて、彼女はとても眠く、頭が朦朧としていましたから)。デイジーの花輪を作るのは楽しいけど、立ち上がってデイジーを摘みにいくのは面倒だし。すると、その時突然、ピンクの眼をした白兎が彼女の近くに走ってきま した。

There was nothing so very remarkable in that; nor did Alice think it so very much out of the way to hear the Rabbit say to itself, `Oh dear! Oh dear! I shall be late!' (when she thought it over afterwards, it occurred to her that she ought to have wondered at this, but at the time it all seemed quite natural); but when the Rabbit actually took a watch out of its waistcoat-pocket, and looked at it, and then hurried on, Alice started to her feet, for it flashed across her mind that she had never before seen a rabbit with either a waistcoat-pocket, or a watch to take out of it, and burning with curiosity, she ran across the field after it, and fortunately was just in time to see it pop down a large rabbit-hole under the hedge.

そのことは大して驚くべきことではありませんでした。そしてアリスは兎がこう独り言を言うのを聞いても、おかしいとは思いませんでした。「やれやれ!遅れてしまうぞ!」。(後で考えてみると、このことは変に思わなければならなかったのに、この時は全てが全く自然なことのように思えたのです)。兎が実際に チョッキのポケットから時計を出して、それを見つめ、そしてまた急ぎ始めると、アリスも走り始めました。というのは彼女はチョッキを着た兎や、そのチョッキから出てきた時計を今まで見たことがない、という思いが心の中にさっと浮かんできたからです。好奇心に駆られて、彼女は兎のあとをついて野原を横切り、 幸運なことに、兎が垣根の下の大きな兎穴に飛び込んだのを見るのに、ちょうど間に合いました。

訳 注:"There was nothing so very remarkable in that; nor did Alice think it so very much out of the way to hear..." は、"there is nothing so remarkable in A, nor B is so much out of the way" の構文で、直訳は「Aにはそんなに驚くべきことはないし、Bもそんなに異常ではない。」




In another moment down went Alice after it, never once considering how in the world she was to get out again.

次の瞬間、アリスは兎のあとを追って飛び込みました。その穴からどうやって出ようか、とは一度も考えずに。

The rabbit-hole went straight on like a tunnel for some way, and then dipped suddenly down, so suddenly that Alice had not a moment to think about stopping herself before she found herself falling down a very deep well.

兎穴はしばらくはトンネルのようにまっすぐ続いていましたが、突然がくっ、と落ち込みました。あまりに突然だったので、アリスは止まろうとする間もなく、とても深い井戸の中に落ちていきました。

Either the well was very deep, or she fell very slowly, for she had plenty of time as she went down to look about her and to wonder what was going to happen next. First, she tried to look down and make out what she was coming to, but it was too dark to see anything; then she looked at the sides of the well, and noticed that they were filled with cupboards and book-shelves; here and there she saw maps and pictures hung upon pegs. She took down a jar from one of the shelves as she passed; it was labelled `ORANGE MARMALADE', but to her great disappointment it was empty: she did not like to drop the jar for fear of killing somebody, so managed to put it into one of the cupboards as she fell past it.

その井戸がとても深いせいか、あるいは彼女がとてもゆっくりと落ちたせいか、彼女は落ちていく間に自分のまわりを見回し、次に何が起こるのかを考えるゆとり がありました。最初に、彼女は下を見て、何が自分を待ち受けているかを知ろうとしました。しかし暗すぎて何も見えませんでした。次に彼女は井戸の壁を見ま した。するとそこには戸棚や本棚がいっぱいあることが分かりました。またあちこちに、留め釘で止められた地図や絵があるのも見えました。彼女は落ちながらある棚から瓶を取り出しました。そこには「オレンジ マーマレード」とラベルが貼られていました。しかし残念なことに、その瓶は空っぽでした。瓶を下に落 とし、誰かに当たって死なせてしまうのはイヤだったので、落ちていく間に、また別の戸棚の中に何とか押し込みました。

`Well!' thought Alice to herself, `after such a fall as this, I shall think nothing of tumbling down stairs! How brave they'll all think me at home! Why, I wouldn't say anything about it, even if I fell off the top of the house!' (Which was very likely true.)

にゃん!」とアリスは考えました。「こんにゃに落ちたんにゃもの、これからは階段を転げ落ちたって、にゃんとも思わにゃのにゃ。家に帰ったら、みんにゃボクのことをどんに勇敢かって思うのにゃんにゃあ、屋根の上から落ちたって、痛いにゃんて一言も言わにゃにゃ」(←それはおそらく本当でしょう)

訳注:痛さのあまり、口なんてきけなくなっているだろうから。


Down, down, down. Would the fall never come to an end! `I wonder how many miles I've fallen by this time?' she said aloud. `I must be getting somewhere near the centre of the earth. Let me see: that would be four thousand miles down, I think--' (for, you see, Alice had learnt several things of this sort in her lessons in the schoolroom, and though this was not a very good opportunity for showing off her knowledge, as there was no one to listen to her, still it was good practice to say it over) `--yes, that's about the right distance--but then I wonder what Latitude or Longitude I've got to?' (Alice had no idea what Latitude was, or Longitude either, but thought they were nice grand words to say.)

下 へ、下へ、下へ。いつまでも落ちていくようでした。「もう何(にゃん)マイル落ちたかにゃ?」アリスは声に出して言いました。「地球の真んにゃか近くに来ているに違いにゃいにゃにゃーと。それは4000マイル落ちたってことにゃから、そうにゃると・・・」(お分かりのように、アリスは学校の授業でこのようなことを幾つか習いま した。そこには彼女の話を聞く人は誰もいなかったので、これは彼女の知識を披露するあまり良い機会ではなかったのですが、それでも復習には良い練習でし た。)「・・・にゃっ、それが正しい距離だにゃん。でも緯度と経度はどうかにゃ?」(アリスは経度も緯度もどういうものか知ませんでした。しかし、これらは口に出すのにふさわしい重みのある言葉と思えたのです。)

Presently she began again. `I wonder if I shall fall right through the earth! How funny it'll seem to come out among the people that walk with their heads downward! The Antipathies, I think--' (she was rather glad there was no one listening, this time, as it didn't sound at all the right word) `--but I shall have to ask them what the name of the country is, you know. Please, Ma'am, is this New Zealand or Australia?' (and she tried to curtsey as she spoke--fancy curtseying as you're falling through the air! Do you think you could manage it?) `And what an ignorant little girl she'll think me for asking! No, it'll never do to ask: perhaps I shall see it written up somewhere.'

まもなく彼女はまた始めました。「落ち続けて、地球を突き抜けたら面白いのににゃあ!頭を下向きにして歩く人々の間に出てきたら、愉快だにゃ!タイ商人(*)、だったかにゃ・・・(今回は彼女の話を聞く人が誰も居なかったのは、幸いなことでした。それは全く正しい言葉には聞こえませんでしたら)
・・・ でもその国の名前を聞かくちゃにゃにゃあ?すまにゃいけど、こちらはニュージーランドかにゃ、それともオーストラリアにゃ?(彼女は話しながら礼儀正しく振舞おうとしましたが、空中を落ちているのに礼儀正しくなんて、奇妙な話です。あなたはできますか?)・・・すると向こうの人は、にゃんて無知な小娘かにゃ、ってボクのことを思うのにゃん!駄目だにゃ、そんなことを訊いても意味ないのにゃ。国名がどこかに書かれてにゃいか、見てみるにゃん。

(*)訳注:アリスは「対蹠人」、と言いたかったらしい。原文はAntipathies(反感)とAntipodes(対蹠人)のしゃれ。対蹠=地球の反対側。ちなみにイギリスの対蹠点はオーストラリア近辺。こんなにうまい駄洒落を思いつくことはできなかったので、「対蹠人」「タイ商人」としておいた。

Down, down, down. There was nothing else to do, so Alice soon began talking again. `Dinah'll miss me very much to-night, I should think!' (Dinah was the cat.) `I hope they'll remember her saucer of milk at tea-time. Dinah my dear! I wish you were down here with me! There are no mice in the air, I'm afraid, but you might catch a bat, and that's very like a mouse, you know. But do cats eat bats, I wonder?' And here Alice began to get rather sleepy, and went on saying to herself, in a dreamy sort of way, `Do cats eat bats? Do cats eat bats?' and sometimes, `Do bats eat cats?' for, you see, as she couldn't answer either question, it didn't much matter which way she put it. She felt that she was dozing off, and had just begun to dream that she was walking hand in hand with Dinah, and saying to her very earnestly, `Now, Dinah, tell me the truth: did you ever eat a bat?' when suddenly, thump! thump! down she came upon a heap of sticks and dry leaves, and the fall was over.

下 に、下に、下に。他に何もすることが無かったので、アリスはまた喋り始めました。「ダイナは今晩、ボクが居なくてとても淋しがるだろうにゃ!(ダイナはネコです)。お茶の時間にミルク皿を出すことを、みんにゃ忘れにゃいといいけどにゃ。ダイナ!一緒に落ちてくれればいいのににゃあ!空中にはネズミは居にゃいと思うけど、 コウモリを捕まえるといいにゃ。コウモリはネズミとそっくりだからにゃでもネコはコウモリを食べるかにゃあ?」そしてここでアリスはちょっと眠くなり、寝言のように独り言を言い続けながら、「ネコはコウモリを食べるかにゃ?ネコはコウモリを食べるかにゃ?」そして時々「コウモリはネコを食べるかにゃ?」お分かりのように、彼女はどちらの疑問にも答えることができなかったので、どう言おうと問題はないのでした。彼女は眠りに落ちていき、ダイナと手を繋いで歩いている夢を見はじめました。そして熱心に言いました。「あ、ダイナ、本当のことを言うのにゃ。コウモリを食べたことがあるかにゃ?」。その時突然、ドスン!ドスン!と、彼女は枝と枯葉の山に落ちました。落下行は終わりました。

Alice was not a bit hurt, and she jumped up on to her feet in a moment: she looked up, but it was all dark overhead; before her was another long passage, and the White Rabbit was still in sight, hurrying down it. There was not a moment to be lost: away went Alice like the wind, and was just in time to hear it say, as it turned a corner, `Oh my ears and whiskers, how late it's getting!' She was close behind it when she turned the corner, but the Rabbit was no longer to be seen: she found herself in a long, low hall, which was lit up by a row of lamps hanging from the roof.

アリスは怪我一つなく、次の瞬間には 自分の足で跳ね起きました。彼女は上を見ましたが、頭の上は真っ暗でした。彼女の前には別の長い通路があり、あの白兎が急いで行くのがまだ見えていまし た。ぐずぐずしている時間はありません。アリスは風のようにそこを去り、兎に追いつこうとしました。そして兎が角を曲がる時、こう言うのを聞いたのです。 「ああ、耳と口ひげにかけて、こんなに遅れてしまった!」彼女は角を曲がる時には、兎のすぐ後ろにいたのですが、曲がり終わると兎はどこにもいませんでした。そこは長い、天井の低い広間で、屋根から吊るされたランプの列があたりを照らしていました。

There were doors all round the hall, but they were all locked; and when Alice had been all the way down one side and up the other, trying every door, she walked sadly down the middle, wondering how she was ever to get out again.

広間のまわり中に扉が付けられていましたが、みんな鍵が掛かっていました。広間の片方からもう片方へ歩きながら、全ての扉を試してみましたが、駄目でした。彼女は広間の真ん中を悲しげに歩きながら、どうやってここから出ようかと考えました。

Suddenly she came upon a little three-legged table, all made of solid glass; there was nothing on it except a tiny golden key, and Alice's first thought was that it might belong to one of the doors of the hall; but, alas! either the locks were too large, or the key was too small, but at any rate it would not open any of them. However, on the second time round, she came upon a low curtain she had not noticed before, and behind it was a little door about fifteen inches high: she tried the little golden key in the lock, and to her great delight it fitted!

突然、彼女は全体が硬い硝子で出来た、小さな三本脚のテーブルに出くわしました。そこにはちっぽけな金の鍵のほかには、何もありませんでした。最初、アリスはその鍵がこの広間のどれかのドアのものだ、と思いました。けれどもどの鍵穴も大きすぎたり、または鍵が小さすぎたりして、どんなにしても鍵はどの扉も開 けられませんでした。しかしもう一度探してみると、彼女は前には気付かなかった背の低いカーテンを見つけました。その後ろには15インチ
(訳注:約30cm)くらいの小さなドアがありました。彼女はその小さな金の鍵を差し込んで見ました。すると嬉しいことに、それはピッタリだったのです!




Alice opened the door and found that it led into a small passage, not much larger than a rat-hole: she knelt down and looked along the passage into the loveliest garden you ever saw. How she longed to get out of that dark hall, and wander about among those beds of bright flowers and those cool fountains, but she could not even get her head though the doorway; `and even if my head would go through,' thought poor Alice, `it would be of very little use without my shoulders. Oh, how I wish I could shut up like a telescope! I think I could, if I only know how to begin.' For, you see, so many out-of-the-way things had happened lately, that Alice had begun to think that very few things indeed were really impossible.

アリスが扉を開けると、そこは兎穴ほどの大きさの小さな通路でした。彼女は膝まづいて通路を覗き込みました。するとその先には見たこともないほどステキな庭 が見えました。その暗い広間から抜け出して、この明るい花々の蕾や涼しげな噴水の周りを散歩しようと、彼女はどんなに望んだことでしょう。しかし頭さえも扉を通り抜けることができませんでした。「そして頭が通ったとしてもだにゃ、」と可哀想なアリスは思いました。「肩が通らなければ意味にゃいにゃんにゃーん、 望遠鏡のように体が折り畳めるといいんだけどにゃあ!初めだけ、どのように畳めるか知っていれば、後はできると思うんだけどにゃ。」お分かりのように、おかしなことばかりが続いたので、アリスは本当に出来ないことなどほとんどない、と思いはじめていたのです。

There seemed to be no use in waiting by the little door, so she went back to the table, half hoping she might find another key on it, or at any rate a book of rules for shutting people up like telescopes: this time she found a little bottle on it, (`which certainly was not here before,' said Alice,) and round the neck of the bottle was a paper label, with the words `DRINK ME' beautifully printed on it in large letters.

その小さな扉の前で待っていても埒(らち)があかないので、別の鍵や、そうでなければせめて人間を望遠鏡のように折りたたむ法則を書いた本でも見つからないかと半分願いながら、彼女はテーブルのところに戻っていきました。今度は小さな瓶を見つけました。(「そんな瓶、前見た時には確かにかったにゃ、」とアリスは言いました)。瓶の首には紙のラベルが貼ってあり、「私を飲みなさい」という言葉が大文字で美しく印刷されていました。



It was all very well to say `Drink me,' but the wise little Alice was not going to do that in a hurry. `No, I'll look first,' she said, `and see whether it's marked "poison" or not'; for she had read several nice little histories about children who had got burnt, and eaten up by wild beasts and other unpleasant things, all because they would not remember the simple rules their friends had taught them: such as, that a red-hot poker will burn you if you hold it too long; and that if you cut your finger very deeply with a knife, it usually bleeds; and she had never forgotten that, if you drink much from a bottle marked `poison,' it is almost certain to disagree with you, sooner or later.

その言葉通りにするのは悪いことではありませんが、賢いアリスはそれには飛びつきませんでした。「だめだにゃ。最初にきちんと見るのにゃ、」と彼女は言いまし た。「で、その瓶にという文字があるかどうか、見るのにゃ。」というのは彼女は、友達が教えてくれた簡単なルールを忘れたばかりに、火傷したり、 野獣に食べられたり、ほかの恐ろしい事柄に見舞われてしまった子供たちの話を、何冊か読んだことがあったからなのです。そのルールとは、こういうものでした。赤く熱い火掻棒は、長く持ちすぎていると火傷する。ナイフで指をとても深く切ってしまうと、大抵血が出る。そして彼女は、もし「毒」と書かれた瓶を飲みすぎると、遅かれ早かれ、ほとんど間違いなく体に害を与えてしまう、というルールを忘れてはいませんでした。

However, this bottle was not marked `poison,' so Alice ventured to taste it, and finding it very nice, (it had, in fact, a sort of mixed flavour of cherry-tart, custard, pine-apple, roast turkey, toffee, and hot buttered toast,) she very soon finished it off.

しかし、この瓶は「毒」とは印されていませんでした。そこでアリスは思い切ってそれを舐めてみました。とてもよい味でした。(実際、瓶はチェリー・タルト、 カスタード、パイナップル、炙った七面鳥、キャラメル、そして熱いバター・トーストが混ぜ合わさったような味でした)。彼女はすぐにそれを飲み干してしまいました。

訳注:toffee とはバターと砂糖や糖蜜を混ぜて加熱して固めたお菓子。キャラメルに似ているが、それよりも堅く、味わいも強い。日本ではあまり馴染みがないので「キャラメル」と訳しておいた。(画像提供:Stratford490、クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンス)

 


`What a curious feeling!' said Alice; `I must be shutting up like a telescope.'

にゃんてヘンてこな気分なのかにゃ!」とアリスは言いました。「ボクは望遠鏡のように縮んでいってるに違いにゃい。

And so it was indeed: she was now only ten inches high, and her face brightened up at the thought that she was now the right size for going through the little door into that lovely garden. First, however, she waited for a few minutes to see if she was going to shrink any further: she felt a little nervous about this; `for it might end, you know,' said Alice to herself, `in my going out altogether, like a candle. I wonder what I should be like then?' And she tried to fancy what the flame of a candle is like after the candle is blown out, for she could not remember ever having seen such a thing.

実際にそうでした。彼女は今、ほんの10インチ(訳注:約25センチ)しかありませんでした。そして小さなドアを通ってあのステキな庭にいくのに調度よい身長になったことが分かると、彼女の顔は明るくなりました。しかし、初めに彼女は何分か待って、これ以上縮まないかどうかを確かめました。彼女は少し神経質になってました。「だってそうにゃ、」とアリスは独り言を言いました。「蝋燭のように全部消えてしまうかもしれにゃにゃ。そうにゃったら、ボクはどんな風になるのかにゃ?」そして彼女は蝋燭が吹き消されたあと、蝋燭の炎がどうなっているかを想像しようとしました。というのは彼女は今までにそのようなものを見たことがあるかどうか、覚 えていなかったからです。

After a while, finding that nothing more happened, she decided on going into the garden at once; but, alas for poor Alice! when she got to the door, she found she had forgotten the little golden key, and when she went back to the table for it, she found she could not possibly reach it: she could see it quite plainly through the glass, and she tried her best to climb up one of the legs of the table, but it was too slippery; and when she had tired herself out with trying, the poor little thing sat down and cried.

少 しして、これ以上何もおきないと分かると、彼女はすぐに庭に行くことにしました。しかし哀れなことに、扉にたどり着いた時、彼女はあの小さな金の鍵を忘れ たことに気付きました。そしてそれを取りにテーブルに戻ると、鍵には手が届かないことが分かりました。彼女は硝子ごしに鍵をはっきりと見ることができた し、テーブルの脚をなんとかよじ登ろうともしましたが、それは余りにつるつると滑りやすかったのです。そして彼女は登るのに疲れてしまうと、座り込んで泣きました。

`Come, there's no use in crying like that!' said Alice to herself, rather sharply; `I advise you to leave off this minute!' She generally gave herself very good advice, (though she very seldom followed it), and sometimes she scolded herself so severely as to bring tears into her eyes; and once she remembered trying to box her own ears for having cheated herself in a game of croquet she was playing against herself, for this curious child was very fond of pretending to be two people. `But it's no use now,' thought poor Alice, `to pretend to be two people! Why, there's hardly enough of me left to make one respectable person!'

「しっかりするのにゃ、こ んな風に泣(にゃ)いたって何の役にも立たないのにゃ!」アリスは少し厳しく自分自身に言い聞かせました。「今すぐ泣くのをやめるのにゃ!」彼女はいつもはとてもよい忠告を自分自身にあたえ(もっとも滅多にそれには従わないのですが)、時には眼に涙を浮かべるほど厳しく自分自身を叱るのです。一度など彼女は自分で遊んで いたクロケットの試合で、ズルをしたといって、自分自身の耳を殴りつけたことすらあったのです。この奇妙な子供は一人で二役をしたがる癖を持っていまし た。「でも、今は駄目だにゃ、」と可哀想なアリスは思いました。「一人で二役するなんて!もう一人の立派な人間の役をするだけの余裕がないにゃ!」

Soon her eye fell on a little glass box that was lying under the table: she opened it, and found in it a very small cake, on which the words `EAT ME' were beautifully marked in currants. `Well, I'll eat it,' said Alice, `and if it makes me grow larger, I can reach the key; and if it makes me grow smaller, I can creep under the door; so either way I'll get into the garden, and I don't care which happens!'

少しすると、テーブルの下に小さな硝子箱があるのが眼にとまりました。開けてみると、中にはとても小さなケーキが入っていました。その上には「私を食べなさい」という文字が、干し葡萄で書かれていました。「それ、食べることにするにゃ、」とアリスは言い、「もし大きくなったら、鍵に手が届くし、もっと小さくったら、扉の下から這い出ることができるにゃ。どっちにしても、庭には行けるし、どっちが起きても気にしないのにゃん。」

She ate a little bit, and said anxiously to herself, `Which way? Which way?', holding her hand on the top of her head to feel which way it was growing, and she was quite surprised to find that she remained the same size: to be sure, this generally happens when one eats cake, but Alice had got so much into the way of expecting nothing but out-of-the-way things to happen, that it seemed quite dull and stupid for life to go on in the common way.

彼女は少しだけ食べて、心配そうに独り言を言いました。「どっちかにゃ?どっちかにゃ?」手を頭の上に置いて、どっちが起きるかを感じようとました。そして身長が変わらないことに気づいて、彼女はたいへん驚きました。はっきり言えば、これは人間がケーキを食べるときに普通起きることです。しかしアリスは有り得ないことばかりを想像 してましたから、そんな風なありきたりの生活が続くことが酷くつまらなく、馬鹿馬鹿しいことのように思えていたのです。

So she set to work, and very soon finished off the cake.

というので彼女は作業に取りかかり、すぐにケーキを食べ終えてしまいました。



   *    *    *    *    *    *    *


     *    *    *    *    *    *


   *    *    *    *    *    *    *


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)

読者登録

仲 薫(leprechaun)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について