目次
奥付
奥付
古跡認定 1級
台湾専売局
台湾総督府博物館  現:国立台湾博物館
台湾総督府
台北州庁舎 
台北市役所
「台湾総督官邸」 
「台北地方法院・高等法院」
新竹駅
新竹州庁
「台南駅」
【台南測候所】
古跡認定 2級
台北公会堂
台中駅
「台南地方法院」
下淡水渓鉄橋
「東和禅寺鐘楼」
紫藤廬    旧・海軍職員宿舎  
「撫台街洋楼」
「台北監獄囲牆遺跡」
「旧制台北高等学校」
「台北帝国大学」 行政大楼・文学院・図書館
「台北帝国大学正門守衛室」
「長老教会北投教堂」
「鉄真寺」 
「北投台湾銀行宿舎」
草山衆楽園
「台北帝国大学医学部付属医院」
「台湾総督府医学専門学校」
「台湾広播電台放送亭」 
「台北州立第一高等女学校」
「台北北警察署」
「臨済護国禅寺」 大雄寶殿
「台北州立台北第一中学校」
「台湾総督府交通局逓信部」 
「台北信用組合」
台湾電力(株)社長宿舎
「台湾銀行 本店」
「帝国生命保険会社」
「台湾総督府電話交換局」
「日本基督教団台北幸町教会」 
「総督府台北商業学校」
「建成小学校」
「吟松閣」
「台北職業紹介所」
「台北工業学校紅楼」
「三井物産 台北支店」
「士林公有市場」
草山御賓館
「日軍衛戍醫北投分院」
「佳山旅館」 
「台北偕行館」
「台北圓山別荘」 
「聖公会大正町教会」
「萬華小学校」 
「内湖庄役場会議室」 
「蔡瑞月舞踏研究所」
「高砂麦酒」 
「北投穀倉」
「台湾銀行頭取宿舎」
「西本願寺 鐘楼・樹心会館」
武徳殿 (高雄) 
「新竹州図書館」 
「新竹信用組合」
「湖心亭」 台中公園
「嘉義駅」
「台南公会堂」
「台南合同庁舎」 
「日本勧業銀行台南支店」 
「林百貨店」
「武徳殿」台南 
「台南州庁」 
「台南警察署」
「嘉南大圳組合事務所」 
「台南愛国婦人会館」
台南高等工業学校校舎・日本軍歩兵第二連隊営舎
「紀州庵」 
「台湾軍司令官官邸」
「台湾軍司令部」
「台北酒工廠」
「植物園臘葉館」
「李國鼎故宅」
高等農林学校作業室
古跡認定 3級
「水道水源地」
「台湾教育会館」 
「日本勧業銀行 台北支店」
「台湾総督府交通局鉄道部」 
「台北郵便局」
「アメリカ駐台北領事館」
「八角堂市場」(旧正式名称は新起街市場)
「台北州立台北第三高等女学校」
「北投温泉公共浴場」 
「桃園神社」
カテゴリー別歴史建築
台北州・新竹州・台中州・台南州 各庁舎
警察署
エリート校群
旧制女学校
「測候所」
「公会堂」
「銀行」
松崎萬長男爵が関わった歴史的建築物
鉄道駅舎
今も残る木造駅舎
山佳駅  西部幹線
新竹駅  西部幹線 
大山駅  西部幹線海線
造橋駅 西部幹線山線
西部幹線 台中駅
製糖鉄道 台中後駅
石榴駅 西部幹線
斗南駅 西部幹線
嘉義駅 西部幹線
南靖駅 西部幹線
後壁駅 西部幹線
西部幹線 台南駅
林鳳営駅
捷運圓山駅前の鉄道管理局職員寮
高雄駅
残されている日本時代
熱帯医学研究所士林支所
朝北醫院
「三井物産倉庫」
「金瓜石」太子賓館ほか
青田街・和平東路の木造住宅
「福州街11号日式宿舎」
「斎東街日式宿舎」
「総督府山林課宿舎」
「骨科医院及び住宅」
「錦町日式宿舎」
「牯嶺街高等官舎群」
「南菜園日式宿舎」
「福州街20,22,26号」
士林・雨農路に残る和風住宅
淡水
「大安区仁愛路2段59」
「金華街」
「愛国東路」
「台北監獄塀遺跡」横の官舎跡
「原辰馬商会本町店舗」
台北酒工廠
「彰化銀行 萬華分行」
台中の歴史建築
日本時代の建築
その他
「大阪市中央公会堂」「大阪府立図書館」「日本銀行大阪支店」
「明石元二郎 第7代台湾総督の墓前の鳥居」
「陸軍第16師団司令部庁舎」

閉じる


<<最初から読む

101 / 144ページ

松崎萬長男爵が関わった歴史的建築物

【台北西門市場】

【建物】1908年(明治41年)竣工。3級古跡。

【設計】(近藤十郎)

【場所】MRT西門駅


 P5170006.jpg


【新竹駅】

【建物】1913年(明治46年)竣工。国定古跡。

【設計】松崎萬長

  IMGP7798_20110221225807.jpg

 

【台湾総督府交通局鉄道部】

【建物】1919年(大正8年)竣工。3級古跡。
【設計】(森山松之助)

【場所】台北駅北。台北市大同区延平北路1段1号。

 台湾総督府交通局鉄道部

【基隆駅】

【建物】1912年(明治45年)竣工。

【設計】松崎萬長

【場所】現存しない

Kiirun_Station.jpg


【台中公会堂】

【建物】1918年(大正7年)竣工。

【設計】松崎萬長
【場所】現存しない

 

「松崎萬長」1858年11/18(安政5年10月13日)~1921年(大正10年)2/3。

辰野金吾、河合浩蔵、妻木頼黄らとともに明治時代に活躍したドイツ風建築を得意とする設計家。

1871年(明治4年)12月、岩倉使節団に加わりドイツ(プロイセン)に行く。

1883年(明治16年)~1884年(明治17年)ベルリン工科大学で建築学を学ぶ。

1884年(明治17年)7月、男爵を賜る。

1884年(明治17年)12月、帰国。

1907年(明治40年)爵位返上後、台湾総督府鉄道局に勤務するため日本を離れる。 


101
最終更新日 : 2013-05-11 16:36:55

鉄道駅舎

台南・嘉義・台中・新竹の現在も現役で活躍している駅舎です。いずれも古跡認定を受けている味わい深い駅舎です。

【台南駅】西部幹線1等駅。
【開業】1900年(明治33年)11/29日。

【建物】1936年(昭和11年)。国定古跡。

【設計】
【場所】台南市北門路2段4号。 台湾最西端の駅

IMGP7394_20110411214742.jpg

 

【嘉義駅】西部幹線1等駅。

【開業】1902年(明治35年)4/20日。
【建物】1896年(明治29年)。市定古跡。

【設計】

【場所】嘉義市中山路528号。

IMGP7276.jpg

 

【台中駅】西部幹線1等駅。

【開業】1905年(明治38年)5/15日。
【建物】1917年(大正6年)竣工。2級古跡。

【設計】

【場所】台中市建国路1段172号。

IMGP6923_20110411214741.jpg

 

【新竹駅】西部幹線1等駅。

【開業】1893年(明治26年)10/30日。
【建物】1913年(大正2年)竣工。国定古跡。

【設計】松崎萬長男爵。

【場所】新竹市北区中正路120号。

IMGP7798_20110411214742.jpg 

台湾には1895年(明治28年)に日本が領台する以前の清国統治時代に既に敷設されていた鉄道路線があった。1891年(光緒17年)基隆~台北間28.6km、更に1893年に新竹まで延長された総延長約100kmの路線だ。日本はこれらを接収したのですが、殆ど用をなさなかったようだ。
日本時代の縦貫鉄道の起点となった基隆駅です。新竹・台中・台南と並び称される美しい駅舎だったのですが、惜しくも1965年取り壊されてしまいました。ドイツスタイルの建築を得意とする松崎萬長男爵の設計です。

Kiirun_Station.jpg


102
最終更新日 : 2013-05-11 19:48:13

山佳駅  西部幹線

【開業】1903年(明治36年)10/07日

【建物】

【設計】

【場所】

台北駅から程近い陶器の町で有名な「鶯歌」駅の隣駅「山佳」の木造駅舎です。

この一帯には国立台北大学、行天宮経営の病院、ニュータウンなどが有り、台北のベッドタウンとしてこれからますます開けていくのでしょう。


103
最終更新日 : 2014-04-08 12:52:09

新竹駅  西部幹線 

「新竹駅」

【新竹駅】西部幹線1等駅

【開業】1893年(明治26年)10/30日

【建物】1913年(大正2年)竣工

【設計】松崎萬長男爵 【場所】

IMGP7798.JPG

【松崎萬長】 1883年(明治16年)から2年間ベルリン工科大学で建築学を学び1884年(明治17年)帰国する。爵位返上後の1907年(明治40年)より台湾総督府鉄道局に勤務し基隆駅や新竹駅などの建築にあたる。


104
最終更新日 : 2013-05-13 09:52:22

大山駅  西部幹線海線

【開業】1922年(大正11年)10/11日

【建物】

【設計】

【場所】

 


105
最終更新日 : 2013-05-13 11:17:53


読者登録

martinさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について