目次
奥付
奥付
古跡認定 1級
台湾専売局
台湾総督府博物館  現:国立台湾博物館
台湾総督府
台北州庁舎 
台北市役所
「台湾総督官邸」 
「台北地方法院・高等法院」
新竹駅
新竹州庁
「台南駅」
【台南測候所】
古跡認定 2級
台北公会堂
台中駅
「台南地方法院」
下淡水渓鉄橋
「東和禅寺鐘楼」
紫藤廬    旧・海軍職員宿舎  
「撫台街洋楼」
「台北監獄囲牆遺跡」
「旧制台北高等学校」
「台北帝国大学」 行政大楼・文学院・図書館
「台北帝国大学正門守衛室」
「長老教会北投教堂」
「鉄真寺」 
「北投台湾銀行宿舎」
草山衆楽園
「台北帝国大学医学部付属医院」
「台湾総督府医学専門学校」
「台湾広播電台放送亭」 
「台北州立第一高等女学校」
「台北北警察署」
「臨済護国禅寺」 大雄寶殿
「台北州立台北第一中学校」
「台湾総督府交通局逓信部」 
「台北信用組合」
台湾電力(株)社長宿舎
「台湾銀行 本店」
「帝国生命保険会社」
「台湾総督府電話交換局」
「日本基督教団台北幸町教会」 
「総督府台北商業学校」
「建成小学校」
「吟松閣」
「台北職業紹介所」
「台北工業学校紅楼」
「三井物産 台北支店」
「士林公有市場」
草山御賓館
「日軍衛戍醫北投分院」
「佳山旅館」 
「台北偕行館」
「台北圓山別荘」 
「聖公会大正町教会」
「萬華小学校」 
「内湖庄役場会議室」 
「蔡瑞月舞踏研究所」
「高砂麦酒」 
「北投穀倉」
「台湾銀行頭取宿舎」
「西本願寺 鐘楼・樹心会館」
武徳殿 (高雄) 
「新竹州図書館」 
「新竹信用組合」
「湖心亭」 台中公園
「嘉義駅」
「台南公会堂」
「台南合同庁舎」 
「日本勧業銀行台南支店」 
「林百貨店」
「武徳殿」台南 
「台南州庁」 
「台南警察署」
「嘉南大圳組合事務所」 
「台南愛国婦人会館」
台南高等工業学校校舎・日本軍歩兵第二連隊営舎
「紀州庵」 
「台湾軍司令官官邸」
「台湾軍司令部」
「台北酒工廠」
「植物園臘葉館」
「李國鼎故宅」
高等農林学校作業室
古跡認定 3級
「水道水源地」
「台湾教育会館」 
「日本勧業銀行 台北支店」
「台湾総督府交通局鉄道部」 
「台北郵便局」
「アメリカ駐台北領事館」
「八角堂市場」(旧正式名称は新起街市場)
「台北州立台北第三高等女学校」
「北投温泉公共浴場」 
「桃園神社」
カテゴリー別歴史建築
台北州・新竹州・台中州・台南州 各庁舎
警察署
エリート校群
旧制女学校
「測候所」
「公会堂」
「銀行」
松崎萬長男爵が関わった歴史的建築物
鉄道駅舎
今も残る木造駅舎
山佳駅  西部幹線
新竹駅  西部幹線 
大山駅  西部幹線海線
造橋駅 西部幹線山線
西部幹線 台中駅
製糖鉄道 台中後駅
石榴駅 西部幹線
斗南駅 西部幹線
嘉義駅 西部幹線
南靖駅 西部幹線
後壁駅 西部幹線
西部幹線 台南駅
林鳳営駅
捷運圓山駅前の鉄道管理局職員寮
高雄駅
残されている日本時代
熱帯医学研究所士林支所
朝北醫院
「三井物産倉庫」
「金瓜石」太子賓館ほか
青田街・和平東路の木造住宅
「福州街11号日式宿舎」
「斎東街日式宿舎」
「総督府山林課宿舎」
「骨科医院及び住宅」
「錦町日式宿舎」
「牯嶺街高等官舎群」
「南菜園日式宿舎」
「福州街20,22,26号」
士林・雨農路に残る和風住宅
淡水
「大安区仁愛路2段59」
「金華街」
「愛国東路」
「台北監獄塀遺跡」横の官舎跡
「原辰馬商会本町店舗」
台北酒工廠
「彰化銀行 萬華分行」
台中の歴史建築
日本時代の建築
その他
「大阪市中央公会堂」「大阪府立図書館」「日本銀行大阪支店」
「明石元二郎 第7代台湾総督の墓前の鳥居」
「陸軍第16師団司令部庁舎」

閉じる


<<最初から読む

14 / 144ページ

台中駅

「台中駅」

【台中駅】西部幹線1等駅。

【開業】1905年(明治38年)5/15日。

【建物】1917年(大正6年)竣工。2級古跡。

【設計】 【場所】台中市建国路1段172号。

台中駅開業は1905年(明治38年)。メイン駅舎は1917年3/21完成。

旧台北駅舎が無くなった今は、日本時代の駅舎建築を代表するものです。古跡認定を受けている駅舎建築は他に「新竹駅舎」「嘉義駅舎」「勝興駅舎」「泰安駅舎」が有る。

IMGP6923.JPG

台中公園「湖心亭」
基隆~高雄(打狗)間408.5kが全通し、半年後の1908年(明治41年)10/24縦貫線全線開通式典が台中公園で開催された。貴賓、来賓、1360余名が招かれ盛大な式典が催された。「湖心亭」は式典参列の要人の休息所として設けられたものです。和式とも洋式とも中華風とも、思えぬなんとも不思議な姿の建物だ。
【建物】1908年(明治41年)竣工。台中市市定古跡。
【設計】福田東吾
【場所】台中市公園路37号-1。

「台中後駅」

旧・台湾糖業鉄道の台中駅。昭和を思い出す、いい雰囲気の駅舎だ。

IMGP7059.JPG


14
最終更新日 : 2013-04-12 14:48:03

「台南地方法院」

「台南地方法院」

【建物】1912年(大正元年)竣工。二級古跡(市定古跡)。

【設計】

【場所】台南市府前路1段307号

荒廃防止の屋根が掛けられおり、早く補修工事が開始され美しい姿を一日も早く見たいと思っております。

 

古写真  右側の塔は修復工事に入っていないようです。


15
最終更新日 : 2013-04-12 15:44:26

下淡水渓鉄橋

【下淡水渓鉄橋】

台湾鉄路管理局は電化に対応したセメント製の新高屏渓橋を鉄橋の北側に新設し供用していたが鉄橋は1992年、正式に役目を終えた。歴史的・文化的価値により国家二級古蹟に認定された唯一の鉄道鉄橋である。

鉄橋の建設に用いられた鋼材は全て日本で造られた後、高雄港や基隆港から鉄道によって運ばれ組み立てられた。

この完成により高雄と屏東間で最大の陸上交通路となり、台湾南北の貨物輸送における重要な交通の要路となった。当時、アジアで最も長い橋(1526m)だったことから「東洋一の大鉄橋」と呼ばれていた。

 写真は2009年の物です。この後大水害により鉄橋の一部が崩壊しています。

 

1911年初頭、高雄港での軍事物資と人員の輸送増加、屏東平野の砂糖製品輸送や農産物の開拓のため台湾総督府は鉄橋の建設を開始するも、高屏渓の川幅は広く流れも急であり、建設は難航を極めた。

この難工事を指揮した台湾総督府日本人技師飯田豊二は疲労の蓄積から病に倒れ、鉄橋の完成を目前にした1913年6/10、台南医院でこの世を去った。友人の小山三郎らによって遺墨が作られ、九曲堂駅横に埋められるとともに、資金を集めて記念碑が建立された。

古写真

 

 

 


16
最終更新日 : 2014-04-08 12:52:09

「東和禅寺鐘楼」

「東和禅寺鐘楼」 (曹洞宗大本山別院)

【建物】1930年(昭和5年)竣工。市定古跡。

【設計】入江善太郎

【場所】MRT台大医院駅徒歩10分。台北市中正区(仁愛路と林森南路の交差点)

 

この鐘楼だけが現在はポッツリと残されていますが日本時代は曹洞宗大本山別院でした。1993年 台北市青少年育楽センター建設の為、前門を残し取り壊はされました。

隣接する建物にはおしゃれなオープンカフェや通りを隔てては台大医学院のテニスコートが有り、都心のオアシス的な雰囲気のする場所にある。

 

 

 終戦後に大陸から流れてきた人達に一帯は占拠された。

 


17
最終更新日 : 2013-09-07 18:45:08

紫藤廬    旧・海軍職員宿舎  

「海軍職員宿舎」   現:紫藤廬

台湾にとっては歴史的意義の有る建物です。

【建物】1920年(大正9年)竣工。市定古跡。

【設計】 【場所】MRT公館駅徒歩15分。台北市大安区新生南路3段16巷1号。

日本時代に海軍職員宿舎として建築された建物は激動の時代を経て、今は周渝氏によって市民に憩いを提供する茶芸館として生まれ変わりました。静かなたたずまいの中でのんびりした時間を過ごすには最適の空間です。

戦後1950年代には、この家の使用者「周徳偉」教授を囲み、この家で当時の知識人や学者が集まり西洋の自由主義思想を熱く語りあったのです。そして美麗島事件前後には反政府活動家や前衛芸術家たちも集まるようになっていた。 【美麗島事件】 1979年(昭和54年)12月の世界人権DAYに高雄市で雑誌「美麗島」主催のデモが行われました。戒厳令下の時代にあっては、このデモは容認されるべきものでは無く警察官との衝突になり主催者らが投獄などの弾圧にあった事件です。この事件は台湾の民主化に大きな影響を与え、今日の議会制民主主義や台湾本土化へと繋がっていきます。陳水扁前総統はこの事件の弁護団に参加しております

IMGP4788.JPG


18
最終更新日 : 2013-04-15 19:23:11


読者登録

martinさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について