閉じる


試し読みできます

登場人物5

  登場人物
●伊勢早雲庵
宗瑞。新九郎。今川家の重臣筆頭であり、伊豆の国主。
●多目権兵衛
多目殿。大道寺一党の一人。元公家。早雲の師匠だった。
●在竹兵衛ノ尉
大道寺一党の一人。甲賀の忍び。臆病が長所。
●山中才四郎
大道寺一党の一人。少年のころは早雲の兄貴分だった色男。
●大道寺盛昌
源六。大道寺一党の一人。山城国一揆の生き残り。
●伊勢弥次郎
早雲の義弟。備中伊勢家を継いだ。
 ●早雲の武将
 松田盛秀、遠山直景、笠原信為、高橋将監
 ●早雲の文官
 清水幸政、石巻家貞
●ウメ
土百姓の娘、大道寺カナに似た早雲の側室。菊寿丸の母。
●北川殿
駿河守護今川氏親の母。
●今川氏親
駿河守護。実は伊勢新九郎と北川殿の子。
 ●今川の一族
 新野右兵衛佐、関口刑部大輔、蒲原左衛門尉、堀越氏延
 ●今川の被官
 福島助春、朝比奈泰煕、岡部美濃守、三浦次郎左衛門
●中御門の方
今川氏親の正室。
●松平長親
西三河の国人。今川家に反抗する。
●細川政元
右京大夫。明応の政変後、権力を握り半将軍と呼ばれる。
●細川政元の養子
細川澄之、細川澄元、細川高国
●薬師寺長忠
細川家の内衆(重臣)。摂津守護代。
●司箭院興仙
細川政元に仕えていた修験。早雲の宿敵。
●槙島六郎
宇治槇島城主の国人、奉公衆。山城国一揆を裏切った。
●山内上杉顕定
関東管領。兄は越後上杉房能。養子に顕実、憲房。
●扇谷上杉朝良
相模守護。定正の養子。
●上田蔵人
扇谷上杉の重臣。神奈川湊を差配する。
●三浦義同
三浦半島を本拠とし、相模の大半を支配する。三浦ノ介。
●武左京亮
三浦義同の秘蔵子。智勇兼備の若い武将。
●斎藤安元
亡き太田道灌の片腕。扇谷上杉家を出奔し、駿河を頼る。
●足利義澄
第十一代将軍(公方)。堀越公方足利政知の子。
●足利義材
前将軍。細川政元に追われて、周防の大内義興を頼る。
●大藤金谷斎
南山城の生き残り。槙島六郎に拾われて早雲に使いする。
●宗長
連歌師。早雲の外交顧問。
●風間の小太郎
忍びの者。兵衛ノ尉の後継者。
●伊勢氏綱
早雲の嫡男。小田原を居城とする。北条氏綱。
●伊豆千代丸
氏綱の嫡男、早雲の孫。後の北条氏康。
●菊寿丸
早雲の四男。後の北条幻庵。


試し読みできます

関東図


試し読みできます

東海図


試し読みできます

1

       【都から来た姫】
 駿府の城は、明るい雰囲気につつまれていた。武士たちも、地下人も浮かれている。今日、都から美しい姫がやってくることになっていた。その姫は駿河守護である今川氏親に嫁ぎ、今川の御台所となるのだ。都でも評判の高い姫と聞いて、一目でも姿を見ようと誰もが大騒ぎをしていた。
 花婿である今川氏親は三十二才になる。だが正室はいないし、子もいない。妻を娶ったことはある。しかし、どんな姫を迎えても子を成すことはなかった。男女のことに、あまり熱心ではないらしい。そうは言っても男色に熱をあげている風でもない。要するにタンパクなのだ。
 氏親は幼い頃から、母である北川殿と流浪の暮らしをしていた。駿府城を追い出され、小川城や丸子城などを転々としていたのだ。高貴な身分であれば、母と息子は別々に暮らすのが普通だった。息子は養父に預けられ、乳母が育て、同年輩の近習がつくのだ。しかし氏親にはそんな余裕はなかった。命の危険もあったことから、北川殿はひとときも氏親から離れなかった。頼りにする早雲がいつも居てくれれば、北川殿もこれほど氏親に寄り添っていることはなかっただろう。こうして氏親は世の若君とは、まったく違った育ち方をしてしまった。母から離れられない男に、なってしまったのだった。
 よい姫はいないか。氏親が心をときめかすような姫はいないかと、探し求めていた。そこへ、多目殿が耳寄りな話を聞きつけてきた。公家である中御門家に妙齢の娘がいて、たいそう評判がいいらしい。多目殿を頼って、荒廃した都から下向してきた者たちも、口を揃えて言う。縁談がまとまるのに、時間はかからなかった。
 姫の行列は、華やかな輿を中心にしてやって来た。厳重な警備の中をしずしずと進む。そして駿府の大手門をくぐっていった。見物の野次馬からは、輿の中の姫を見ることはできない。だが輿を見ただけで、皆満足していた。これで、お世継ぎも生まれるに違いない。お世継ぎがいなければ、また内乱が起きるかもしれないのだ。祈るような気持ちで、群衆は姫が消えていった大手門を見つめていた。
 婚儀は滞りなく終わったらしい。これから会所で家臣たちが、お祝いの言葉を述べるしきたりだ。雛壇のように新婚夫婦が並んだ横に、北川殿が控えていた。今川一族に続いて、早雲に挨拶する番がまわってきた。早雲は嫁取りに功があった多目殿と、清水幸政をともなって前に進みでた。
「このたびは、おめでとうございます」
 三人揃って深々と頭を下げる。はじめて花嫁の顔をみた早雲は、ちょっとガッカリした。おせじにも美形とはいえない。顎が張りすぎているし、口も大きい。氏親を見ると、憮然としているのが分かる。不満なのだ。北川殿は心配そうな顔をして、早雲に訴えかけていた。
 祝宴の間も花嫁は、不調法にあたりをきょろきょろと見渡していた。
(これでまた、お世継ぎがうまれる望みはなくなった)
 家臣たちも、喜び半分といった面もちだった。
 その夜、早雲たち三人は飲み直していた。
「紅の差し過ぎでございますよ。それでなくともお口が大きいのに、あんなに紅を差したら、大きいのが目立つだけですわ」
 化粧や、衣裳にうるさい清水幸政が、しきりに批判している。
「どうにか、ならんか。」
 早雲も頭を抱えていた。多目殿だけは、落ち着いていた。
「人はみてくれでは分からんと、殿はいつも言われているではありませんか」
「むむ、それはそうだが、花嫁の場合はなあ・・」
「いずれにしても、少し様子をみましょう。まだ嫁いできたばかりにございますよ」


試し読みできます

2

 ひととおりの式典が終わったある日、駿府城の台所にひとりの女があらわれた。ねずみ色の小袖に襷がけで、庖丁でも振るういでたちだ。
「あっ、御台さま。かようなところへ、来られてはなりませぬ」
 台所頭が、あわてて駆け寄る。調理をしていた者どもは一斉に平伏した。
「あらあら、地べたに手をついたら、手が汚れるじゃありませんか。いいんですよ、わたくしのことは構わないで。『御台所』と呼ばれるわたくしが、台所のことを知らなくては困りますわ。ちょっと見せてもらうだけ。許しておくれ」
 中御門の花嫁は、土間におりてきて調理の様子をうかがった。台所頭が恐縮して言う。
「駿河は田舎でございますゆえ、都のような立派な膳は揃えられませぬ。ご容赦ください」
「あら見たところ、都よりもよほど新鮮な材料ばかりですわ。都など、山奥の辺鄙なところに過ぎません。信濃や甲斐の山奥と、ちっとも変わらなくてよ」
 信濃や甲斐の山奥と同じと聞いて、下働きの者たちがクスクスと笑った。調理場の奥までやってきた花嫁は声をあげた。
「まあ、なんて立派なお魚かしら。これはなんというお魚?」
「これはマグロでございます。これでも若魚でございますよ。成魚はとても、手におえませぬ。」
「このマグロは、オラの兄ちゃんが漁ってきたんだ」
 小女のひとりが言うと、台所頭がたしなめた。
「こら、直答してはいかん。おそれおおくも御台所さまじゃぞ」
「よいのです。それにしても大きな魚。焼くのも大変でしょうに」
 台所頭は得意げになった。
「これはナマで食べるのでございます。刺身と申し、美味でございますよ」
「ええ、ナマで!信じられないわ」
 その場の者たちは、都から来た高貴な姫君が感心しているのを聞いて、得意になった。駿河の国が、たいそう立派な国に思えてきた。庖丁人のところに来た御台所は、次に二寸ほどに切り揃えられたキュウリに眼をつけた。
「香の物かしら。これから切るのね」
 そう言うと、みずから庖丁を握った。
「あっ御台さま、危のうございます。お止めください」
 だが御台所は構わず、キュウリのまん中に庖丁を差し入れて、抜いた。そのあとキュウリを横向きにして斜めに切り込みをいれる。それをもう一度繰り返すと、キュウリはふたつになった。互い違いになった山がふたつ現れる。
「おお、魔術のようじゃ」
 台所頭が、目を見張った。
「これは『切り違い』という切り方です。教えてさしあげましょう」
 御台所は庖丁人のまえで、何度もやってみせた。庖丁人もすっかり見とれている。小女や下男たちも見物しようと集まってきた。
「それから、その『あおなます』には少し甘葛(砂糖が普及する前の甘味料)を加えてみましょう。お屋形さまは甘めのものがお好きなようじゃ」
「しかし、そのような前例はございませんが・・」
 台所頭が困ったように頭をかいた。
「もし、お気に召さなければ、御台所の命でそうしたと言えばよい。ただ、おいしいと言われたならば、わたくしの名は出してはなりませんよ。これだけは守ってください」
 そう言うと、御台所は土間から上がった。
「ご教示ありがとうございます。しかし御台さま、なにゆえこれ程お詳しいのでしょうか」
「ほほ、中御門家はかつて、禁裏のお食事をつかさどる役目を負ったこともあるのです。だから出来る、というのは表向きのこと。大乱からこっち、公家の姫とはいえ遊んでは暮らして行けませんのよ。中御門家も、知識や芸を売って生きているのです。けれど、まことの庖丁(古来の料理人の呼称)といえるのは、あなたたちの方です。これからもよろしく頼みます」
 そう言い残すと、御台所は奥へ去って行った。



読者登録

蒔田 尚之さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について