閉じる


<<最初から読む

1 / 65ページ

試し読みできます

登場人物4

  【登場人物】
●伊勢早雲庵
宗瑞。新九郎。幕府の奉公衆となり、伊豆に討ち入る
●大道寺一党
大道寺発専、多目権兵衛(多目殿)、在竹兵衛ノ尉、荒川又次郎、荒木兵庫、山中才四郎、大道寺源六
●清水幸政
幕府の元奉行。優れた行政手腕を持つ。
●遠山直景、笠原信為、高橋将監
早雲の家臣
●小笠原迪子
早雲の正室。伊勢流、小笠原流の武家作法の確立が夢。氏綱の母。
●鵜羽
東駿河の葛山維貞の娘。早雲の側室。
●吉原衛門三郎
富士下方郡の国人。鎌倉以来の御家人。
●北川殿
駿河守護今川氏親の母。
●今川氏親
駿河守護。実は伊勢新九郎と北川殿の子。
 ●今川の一族
 新野右兵衛佐、関口刑部大輔、蒲原左衛門尉、堀越氏延
 ●今川の被官
 福島助春、朝比奈泰煕
●進藤昌家
南山城の稲屋妻荘を支配する公文。山城国一揆の指導者。
●狛山城守
南山城の狛野荘を支配する下司。山城国一揆の旗頭の一人。
●作左衛門
南山城の名主(地侍)。新九郎の幼ななじみ。
●キンヤの又
馬借の頭領。山城国一揆に参加。
●伊勢貞宗
政所執事で山城国守護。幕府の行政を握る。子に貞陸。
●古市澄胤
大和六方衆の筆頭。南山城に野心を持つ
●細川政元
右京大夫。明応の政変後、幕府の実権を握る。
●上原元秀
細川政元の謀臣。細川政権樹立の功労者。
●司箭院興仙
細川政元と聖護院道興に仕える修験者。早雲の宿敵。
●原頼景
東遠江の国人。守護の斯波義寛、守護代の甲斐敏光に仕える。
●槙島六郎
宇治槇島城主の国人、奉公衆。山城国一揆にも参加。
●山内上杉顕定
関東管領。父は越後上杉房定。家宰に長尾忠景
●扇谷上杉定正
相模守護。関東管領を補佐する。養子に朝良。
●斎藤安元
亡き太田道灌の片腕。扇谷上杉定正の軍配者となる。
●聖護院道興
准后。大僧正。全国の修験の支配をめざす。
●足利義澄
第十一代将軍(公方)。堀越公方足利政知の子。
●足利茶々丸
堀越公方足利政知の子。将軍義澄の兄。
●狩野道一
中伊豆の柿木城主。名門狩野ノ介。
●関戸播磨守
南伊豆の下田、深根城主。
●大森藤頼
小田原城主。山内上杉顕定と同盟している。
●松田頼重
西相模の国人。幕府の元奉行。子が頼秀、孫が顕秀(盛秀)。
●ウメ
伊豆の土百姓の娘、大道寺カナに瓜ふたつ。
●石巻家貞
遠江国人である大河内貞綱の家臣。検地の鬼。


試し読みできます

京周辺図


試し読みできます

東海図


試し読みできます

関東図


試し読みできます

伊豆・駿河東部図



読者登録

蒔田 尚之さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について