twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)
カテゴリー 趣味・生活・芸術 ライフスタイル 作者 たくき よしみつ
価格 300円(税込)
タグ 音感絶対音感相対音感音楽教育移動ド音感教育音楽
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

644 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 51ページ (Web閲覧)
88ページ (PDF)
試し読み:12ページ
評判
  • 0(平均0 / 0人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
日本語しか分からない人とドイツ語しか分からない人が意思疎通するのが大変なように、持っている「音感」が違えば、同じ音楽を聴いても違う感動の仕方をします。これが固有の「音感型」です。
また「絶対音感」というものを多くの人は誤解しています。人間音叉のような聴覚を絶対音感と呼ぶとすれば、それは音楽の感性とはあまり関係がありません。重要なのは「相対音感」なのです。
本書は、音楽の感じ方、感動の仕方について、従来になかった分析を試みた書です。最初の執筆(1998年)から十数年を経て、2016年に全面改稿しました。
第一章は無料ですので、まずはお試し読みをどうぞ。

この本には試し読みが 12 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

日々の中で、人はさまざまな想いをいたします。しかし、想いは想いでそのままにしておけば、初冬の風に吹か...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

もっとみる