目次
言志05目次
【目次】言志05 VISUAL INDEX
【目次】言志05 COLUMN INDEX
巻頭言
巻頭言「目で見るな、胸で見ろ」 水島総
特集:戦後日本体制、この執着はなぜ?
保守の中にさえはびこる「経済的自虐史観」の病理 三橋貴明
いまだ「戦後」ではない 中野剛志
安倍次期首相抹殺を図る「戦後勢力」の謀略に気をつけろ! 倉山満
自らの「道理」に基づいて時代を紡ぎ出し始めた時にこそ「戦後」は終わる 藤井聡
黄金の国ジパングに群がるハゲタカとその尖兵隊 上村シーラ千賀子
時には当たり前の話を 佐藤健志
売国奴たちの系譜――妄想と笑えない沖縄独立運動 大高未貴
マスコミを妄信する「ヒト」の罪深さ 上念司
戦後日本における「国防」意識の衰退 柴山桂太
国民の意識改革なしに「戦後」は変わらない 渡邉哲也
憲法という戦後日本の「大本」を撃て! 葛城奈海
「戦後日本」は国民を決して幸せにしない絶望のシステムである 山村明義
執着の呪いを解く「想い」「言葉」「行い」 坂東忠信
実は誰しもが望んでいた「戦後」――押井守「ビューティフル・ドリーマー」と夢見る戦後人たち 古谷経衡
戦後日本のルサンチマン 東谷暁
「戦後」という呪縛を解く方法 西村幸祐
石原慎太郎の凋落は「戦後体制」脱却への一里塚である クライン孝子
アプレゲール(大戦後派)のニッポンがつくったロスジェネ 西部邁
戦後克服の鍵は伝統的常識への回帰である 日下公人
日本人は本当の敗戦体験をしていない 西尾幹二
パール判決に回帰せよ 小堀桂一郎
安倍救国内閣樹立!国民総決起集会
安倍救国内閣樹立!国民総決起集会01
安倍救国内閣樹立!国民総決起集会02
安倍救国内閣樹立!国民総決起集会03
安倍救国内閣樹立!国民総決起集会04
安倍救国内閣樹立!国民総決起集会05
安倍救国内閣樹立!国民総決起集会06
安倍救国内閣樹立!国民総決起集会07
安倍救国内閣樹立!国民総決起集会08
安倍救国内閣樹立!国民総決起集会09
安倍救国内閣樹立!国民総決起集会10
安倍救国内閣樹立!国民総決起集会11
討論:中国の「日本直接・間接侵略」の実態
中国の「日本直接・間接侵略」の実態01
中国の「日本直接・間接侵略」の実態02
第三極に未来はあるか
「単一テーマ政党」では日本の沈下を止められない 田村秀男
第3極の未来は既存政党の草刈場か 阿比留瑠比
下品な橋下徹に政治家は務まらない 適菜収
「維新の会」は決して保守には位置づけられない 片桐勇治
「日本維新の会」の歴史的役割 上島嘉郎
六ケ所村『核燃料サイクル』の今とこれから
六ケ所村『核燃料サイクル』の今とこれから01
六ケ所村『核燃料サイクル』の今とこれから02
六ケ所村『核燃料サイクル』の今とこれから03
六ケ所村『核燃料サイクル』の今とこれから04
六ケ所村『核燃料サイクル』の今とこれから05
六ケ所村『核燃料サイクル』の今とこれから06
六ヶ所村村長インタビュー:「六ヶ所村の今とこれから、地元の声」
国会議員ビデオレター
日本の防衛、野田内閣・在米韓国人・中国共産党 山谷えり子
選挙の争点化? TPPなんぞロクなもんじゃねぇよ 西田昌司
衆議院解散、最後まで嘘にまみれた首相と民主党 宇都隆史
チャンネル桜キャスターコラム
誇り高きチベット民族 井尻千男
中国の工作機関?! 孔子学院に行ってみた! 大高未貴
石原慎太郎と安倍晋三の連携は有り得ない? 三輪和雄
あるがままに、教育は反日であってはならない 佐波優子
悲惨なチベットの現状と日本 西村幸佑
マイナス・バブルとエネルギー安保 小山和伸
皇太子殿下と育樹際について 高清水有子
尖閣棚上げ論、孫崎享の敗戦利得者イズム 富岡幸一郎
安倍政権構想、経済政策と安全保障 鈴木邦子
セイの法則、クラウディングアウトの杞憂 三橋貴明
3つの仮説、日銀が売国奴な原因は? 上念司
真正保守に必要な議論の場を 倉山満
野田解散宣言の背景と意味 水島総
言志 Book Review
良書紹介
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

【目次】言志05 VISUAL INDEX


試し読みできます

【目次】言志05 COLUMN INDEX


試し読みできます

巻頭言「目で見るな、胸で見ろ」 水島総


 表題の言葉は、白洲正子の著書『梅若実聞書』からの引用で、名人と言われた能楽師である梅若実と梅若六郎の2人の言葉だ。
 白洲正子は、4歳から梅若実、六郎両名人について能の修業を始め、50歳で能の免許皆伝を受けて舞台にもしばしば立っていた。しかし、免許皆伝を受けた直後、女に能楽はできないと悟り、能修行を止めた。白洲の能についての評論は、能の世界を超え、日本文化の本質を突くような、示唆に富んだ多くの言葉が遺されている。

 装束は身体の上から着るのではなく、いつも身にツケルもので、(略)それも自分自身をお能の装束の中に入れる、という感じをもつべきであると思います。

 (能)面は頭へかぶるものではありません。自分の顔を面に吸い付ける気持ちをお持ちなさい。
(白洲正子『お能』より)


 表題やこれらの言葉も、能という芸術の文化的本質をよく示している。文芸評論家で『三島由紀夫研究』編集委員の松本徹氏は、『お能』の著書解説で、次のように指摘している。

 これは、言い換えれば、自分が、自分の演技力なりその他の工夫によって、内に抱いているなにものかを表現しようとして、能を演じるのではなく、能なるものの中に入り込み、そのものに与り、そのものの現われとして演じるということであろう。能が中心であり、主体であって、自分がではないのである。自分は能を能たらしめる働きをするにすぎない。これは近代の芸術観とはまったく反対のものであろう。自分を棄て、自分を抜け出し、彼方に位置する能の世界と同化することが肝要なのである。


石原氏は保守を「演じ」ている

 長々と引用したのは理由がある。
 ひとつは、戦後の保守思想に潜在する近代主義的「いかがわしさ」を示唆していると気づかされたこと、もうひとつは、チャンネル桜の討論番組で、政治評論家の宇田川敬介さんから、中国共産党が石原慎太郎氏をどのように分析しているか聞いたからだ。
 宇田川氏によれば、中国共産党の情報組織「中国社会科学院日本研究所」は、石原氏を「民族主義者を演じている民族主義者」という分析をしているらしい。私はこれを聞いたとき、真偽のほどはともかく、中国共産党の鋭い分析力に驚いた。並みの政治評論家や文芸評論家では、とてもこういう分析はできまいと思った。敵は予想以上に手ごわい。これを痛感しながら、私は三島由紀夫と石原氏の対談を思い出した。

三島 石原さん、今日は「守るべきものの価値」について話をするわけだけど、あなたは何を守ってる?
石原 …ぼくは、やはり自分で守るべきものは、あるひは社会が守らなければならないのは自由だと思ひますね(略)。
三島 そのために死ねるものといふのが、守るべき最終的な価値になるわけだ。
石原 何のために死ねるかといへば、それは結局自分のためです。
三島 最終的に守るものは何だらうといふと、三種の神器しかなくなっちゃうんだ。
石原 三種の神器って何ですか。
三島 絶対、自己放棄に達しない思想といふのは卑しい思想だ。
石原 身を守るということが? ぼくは違ふと思ふ。
三島 だけど君、人間が実際、決死の行動をするには、自分が一番大事にしてゐるものを投げ捨てるということでなきゃ、決死の行動はできないよ。君の行動原理からは決して行動は出てこないよ。
(『月刊ペン』昭和44年11月号「守るべきものの価値」より)


 この対談で、三島氏は石原氏に、「君はずいぶん西洋的なんだな」と述べ、私心を棄てられぬ思想は「卑しい思想」だと、ばっさり斬って捨てている。思想というものが、最終的にどういう姿であるべきか、あるいは私たち日本人にとって、「日本」をどうとらえるべきかが語られ、今もなお、極めて今日的な価値を有している。
 まして、石原氏はいったんは国政に絶望したとして国会議員を辞任しながら、再び、国政を目指そうとしている状況がある。彼の行為を通して、この戦後保守思想のあり方を考えてみる上でも、ちょうどいい時期だと思われるし、思想と行動について、陽明学の本質が、三島氏の言葉に見事に浮き彫りにされているように思われるからだ。
 石原氏は対談で「三種の神器って何ですか」と聞いているが、もちろん彼は三種の神器が「日本精神」の象徴であり、神鏡が「まこと(誠)」、勾玉が「慈愛」、神剣が「勇気」を象徴していることを知っていたはずである。しかし、石原氏にとって、これらの知識は、自分が選択すべき思想やイデオロギーのひとつに過ぎない。
「能」修業の本質が、自分(近代主義的自我)を捨て去り、能そのものになり切ることと同様、三島由紀夫氏が主張し、命を懸けて実行したように、個人主義的自我を捨て去り、日本または日本精神になり切ることが、石原氏にはどうしてもできない。そういう発想がないからだ。彼にできることは、個人(の自由)を残したまま、民族主義を選び、保守主義を選択し、それらを「演ずる」に過ぎないのだ。
 例えて言えば散華した特攻隊員たちは「私」という近代的自我を捨て、「日本」または「日本精神」そのものになり切って出撃した。しかし、石原氏の発想では、漫画家小林よしのり氏が特攻について述べた「特攻は究極のやせ我慢だ」という「卑しい思想」から出られないのである。 
 芝居の「役」のような「付け焼刃」の行動思想だと、時代や状況によって、いくらでも物言いは変わる。彼の皇室天皇論や政治的姿勢が変わるのは、彼が不誠実でいい加減だからではない。西欧近代劇を演ずる役者のごとく、民族主義のさまざまな役や脚本を「演じている」だけだからだ。彼は日本の「能役者」には絶対になれない。せいぜい、西欧近代劇の俳優とならざるをえない。つまり、彼は一流政治家や民族主義政治家を演ずることはできても、政治家として私利私欲を捨てて「日本」そのものになり切ることはできないのである。
 明治維新の立役者だった西郷南洲や大久保利通、伊藤博文などは、大物政治家を「演じた」わけではなかった。それぞれ考えは違ったが、「私」を棄て去り、「日本」そのものになっていたのだ。明治人として、西欧近代と血みどろの文学的格闘を行った夏目漱石は、晩年「則天去私」の心境に達したと言われている。明治の文豪漱石がたどり着いたのは、明治の精神、明治の「日本」になり切ることだった。漱石はそれによって、西欧近代文明の呪縛から解き放されたかもしれないのである。

自我を棄てて「日本」になり切れ

 石原氏と三島氏の差異は、私が本誌上でずっと語ってきた「戦後保守」と「日本を主語とする保守」とのあり方の根本的な差異でもある。約40年前のこの対談は、それを明瞭に示している。両者の差異の本質は、「天皇」を包摂できない西欧近代保守主義者(石原)と「天皇」を中心に据える日本保守(三島)との差異であり、必然的な別離をも示している。同時に、それは民族主義者を演じる西欧保守主義者石原氏と、戦後レジームの脱却=日本を取り戻すと主張する安倍晋三氏との本質的な差異でもある。戦後67年、西欧近代保守主義と日本保守思想の分岐が、いよいよ開始されたのだと、私は考えている。
 もし、石原氏が本当に私心と私利私欲を捨て、国のために身を捧げようと思っているなら、それを証明する行動がある。石原氏は、日本維新の会代表就任時に、結党の大きな目的を「自公の過半数阻止」だと宣言した。ならば、石原氏は息子伸晃、宏高氏の選挙区に自身が立候補すべきである。日本国のために、憂国の鬼と化さねばならないはずである。しかし、彼には絶対にできない。愛国政治家を「演じている」だけだからだ。尖閣諸島の購入問題で、私が気づいたことはこのことだった。
 悲しく残念なことだが、私たちの眼前には、日本そのものになり切れず、日本のために自己放棄できなかった老政治家が、無残な姿で「愛国」「憂国」の「暴走老人」を演じている。これは世代的なことでもあるのか、読売新聞主筆の渡邉恒雄氏や大勲位中曽根康弘氏に、私は同じ老残の姿を見つけるのである。
 彼らがこれまで、そして今も続けているのは、安倍氏のグループを排除した形の「大連立」構想だ。その本質は、「第二の戦後体制」の構築であり、半永久的な米国の保護国化である。思想の違いだけでは済まない、日本の未来を賭けた「超限戦争」が、安倍晋三氏と石原慎太郎、橋下徹氏との間で、開始されているのである。
 陽明学の本質が能楽修行の教えの中にあったと気づいたのは、私にとって新たな発見だった。能の修業について引用した文章の「能」という言葉を「日本」という言葉、あるいは、「日本文化」、あるいは「日本(保守)思想」と置き換えてみていただきたい。

 日本(装束)は身体の上から着るのではなく、いつも身にツケルもので、(略)それも自分自身を日本(能の装束)の中に入れる、という感じをもつべきであると思います。

 日本(能面)は頭へかぶるものではありません。自分(の顔)を日本(能面)に吸い付ける気持ちをお持ちなさい。

 日本を(目で見るな、胸で見ろ)。


 能楽の創始者であり、能を完成させた観阿弥、世阿弥は、禅仏教の影響を強く受けているが、禅の修行も同じだ。禅は禅の教えを自分の頭で受け取り、考え、咀嚼し、実践(演じる)するのではない。むしろ、自分(個人的自我)を放棄し、禅そのものに自分の心身全てを投げ出し、禅そのものになり切ることを本質としている。道元禅師の言葉、「心身脱落」は、それを指している。特攻英霊や三島氏は、自我を棄て「日本」になり切ったのである。
 この私を棄て、「日本」そのものになり切るという現実的存在は、2600年前からあった。125代にわたって続いて来た天皇陛下の御存在である。
 東日本大震災で、私たち日本国民は、天皇皇后両陛下の御姿に、「日本」が今なおあり、そしてこれからも、厳然としてあり続けることを、改めて知った。
 私心(西欧個人主義的自我)を保ち続けながら、この強固な戦後日本体制を転換することはできない。日本そのものになり切らず、愛国政治家を「演ずる」だけの政治は、第二の戦後体制の構築を促進するだけだ。イデオロギーは異なるが、我執妄執で極左政治家を「演じ続けた」菅直人氏と、戦後保守政治家としては「一流」だった石原氏とは、大変失礼な言い方になるが、私には本質的には同じように思える。
 幸いにも、安倍晋三氏には「演ずる」という意識はない。自分自身がいる場所が「日本」であり、自分自身が「日本」であるとの自覚で動いている。悲しいことだが、この「蟻の一穴」のごとき細き道を、私たち自身も「日本」として、歩みを進めながら、大道へと変えていくしかないのである。


試し読みできます

安倍救国内閣樹立!国民総決起集会01


・1/3【完全版】11.24 安倍救国内閣樹立!国民総決起集会[桜H24/12/2] youtube ニコニコ動画
・2/3 youtube ニコニコ動画 ・3/3 youtube ニコニコ動画
・【草莽崛起】11.24 安倍救国内閣樹立へ!銀座日の丸大行進 youtube ニコニコ動画
・【草莽崛起】11.24 安倍救国内閣樹立へ!有楽町街頭演説会 youtube ニコニコ動画

試し読みできます

中国の「日本直接・間接侵略」の実態01



読者登録

genshi-magazineさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について