目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

180 / 183ページ

13日の金曜日パート3

1982年アメリカ映画
監督 スティーブ・マイナー
主演 ダナ・キンメル、ポール・クラッカー、トレーシー・サヴェージ

ホラー映画特集でおま。
「13日の金曜日」シリーズの第三弾。
そらそうやわな。パート3やねんから。
この映画は3Dムービーとして製作されました。
だもんで、ところどころで意味もなく鋭利な刃物とかがカメラに向いてじいいいいいいっとしたりするカットがあったりします。
だからどないいやねん。
これをちゃんとした映画館で見たりしたら、3D仕様のフィルムで、しかも眼鏡かけて見るだろうから「おおおおお、刃物が飛び出すううう」みたいな感じである意味感動的なのでしょうが、通常の画面に変換されたビデオを見ても、刃物の先がうっとうしいだけですね。
でも最近の3Dムービーってすごいですよね。
USJ行ってびっくりしましたが。久々に映画館で3Dムービー見ようかなあ。
さて物語。
前作で死んだと思われていたジェイソン君、生きていました。
で、またまたキャンプ地に訪れた若者たちを襲います。
あのさあ。冷静に考えてみたら、この設定ってむちゃ無理がありますわな。
数年前に少年が溺れて行方不明になって、そのあと二度にわたって連続大量殺人があったキャンプ地にまとまった人数の若者が行くってことがそもそも無理があります。
普通閉鎖で、その上立ち入り厳禁でしょうに。
今回犠牲になるのは肝試し大会の若者でございます。
この肝試しツールの一つが、例のホッケーマスク。
落ちていたこいつをジェイソン君が拾って、以後このマスクが彼のトレードマークになるわけですな。
パパの採点。10点満点中6点。
昨日のパート2が5点で、今日のパート3が6点ってのは、内容に差があるわけではなく、ホッケーマスクが出てきたか出てきていないかでございまして、内容的にはこの二作は大差ないですよ。


13日の金曜日完結編

1984年アメリカ映画
監督 ジョセフ・ジトー
主演 キンバリー・ベック、コリー・フェルドマン

ホラー映画特集です。
「13日の金曜日」シリーズの第四弾。
一応、この時点での完結編になります。
というのも、ここまでの作品でははっきり死ぬシーンが描写されなかったジェイソン君、本作ではっきりと「死ぬ」場面が映ります。
やれやれ。
でもこの映画製作時点では「完結編」であったにもかかわらず、今ではここから話がずっと続いていくことがわかっているわけでして、複雑な気分で見なきゃならない作品ではありますね。
どこが完結編やねん。ぜんぜん完結してへんやないの。
前作のラストで絶命したジェイソン君、実は絶命してなくて、また復活します。
もうええって。で、またまた湖に戻って殺人を繰り返すわけですな。
今回新しいのはやっぱりトミー少年を演ずるコリー・フェルドマンさまの存在でございます。
若者から少年へ。
ジェイソンに対峙することのできるキャラクター軸がここで若干変わりました。
で、ここから第六弾、第七弾と、トミー君が主人公の物語となります。
で、第八弾でジェイソン君にとって史上最強の敵が登場するに至ると、こういうわけですね。
まあ第八弾の敵役(というか、そもそもジェイソンが敵役のはずなんですが)については後日のご紹介ということで。
後に「スタンド・バイ・ミー」だとか「ロストボーイ」だとかで活躍するコリー・フェルドマンさま、クライマックスでは頭を丸めてまでの大熱演。
大頑張り大会です。彼の頑張りが、完結編を完結編らしく盛り上げてくれました。
とりあえず彼の努力だけは報われたのではないでしょうか。
なかなか見ごたえのある作品でございました。そして物語は私的最高傑作「新13日の金曜日」に続きます。
パパの採点。10点満点中7点。
第一作をご紹介したころは作品の採点してなかったですよね。第一作は7点にしておきます。
ってことはこの作品って第一作レベルなの?って思われるかもしれませんが、クライマックス、フェルドマンさま対ジェイソンの対決シーンは第一作を越えているかもしれません。


新・13日の金曜日

1985年アメリカ映画
監督 ダニー・スタインマン
主演 ジョン・シェパード、シャバー・ロス

ホラー映画特集です。
「13日の金曜日」シリーズの第五弾。今日は原題と邦題の考察。
13日の金曜日の原題ですが、1から3までは「13日の金曜日」にパート3、みたいな数字がつく形でした。
「完結編」は「Friday the 13th PartⅣ:The Finalchapter」。
で、この「新・13日の金曜日」が「Friday the 13th PartⅤ:New Beginnings」です。
原題の上では同じ話として扱われておりますが、作品世界のニュアンスはこの話だけちょっと毛色が違います。
タイトルの先読みになりますが、このあとの第六弾は「13日の金曜日パート6・ジェイソンは生きていた」ですから、この第五作は「ジェイソンが生きていなくても成立する物語」なわけでございます。
「完結編」のラストで死んでしまったジェイソン。
しかしジェイソンを倒した当のトミー君は事件のせいで心の病にかかってしまっております。
で、クリスタルレイクでまたまた起こる連続殺人事件。
果たして犯人は誰やねんって物語。トミー君、ジェイソンを倒したことによって自分にジェイソンの魂が乗り移ったのではないかと心配しております。
トミーのその心の病が物語の重要な鍵になっております。
第二作以降は「犯人は誰やねん」どころではない殺人鬼退治スプラッターだったわけですが、物語はここで重要な転機を迎える… はずだったんだけど。
ここから先はもう言いません。
ここからのシリーズの顛末は次項でご確認くださいませ。
パパの採点。10点満点中8点。
私は「13金」シリーズではこの作品が一番好き。
第一作の「ジェイソンは生きているのか死んでいるのか、そして死んでいるとしたら犯人は誰やねん」的なもやもやした筋運びがけっこう楽しいです。
ラストのサプライズも私好み。ってことで第一作を越えて8点献上です。


第二集 上巻 あとがき

と、いうことで、第二集上巻はこの180作品でご紹介完了です。
下巻は185作品をご紹介って感じでまいりたいと思います。
皆様下巻もお楽しみいただけましたら幸いです。

では皆様、第二集下巻でまたお会いしましょう。

いやぁ、映画って本当に良いものですね。
下巻でもごいっしょに楽しみましょう。
では、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

この本の内容は以上です。


読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について