目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

176 / 183ページ

未来警察

1984年アメリカ映画
監督 なんとマイケル・クライトン
主演 トム・セレック、シンシア・ローズ、ジーン・シモンズ

「ジュラシック・パーク」原作者のマイケル・クライトンさまが映画監督出身だったって話は有名でございますが、これも監督時代の一本です。
未来社会。
ロボットとかが社会を運営しております。
で、ここでワル登場。ロボットとコンピューターを使って悪事をはたらくのがシモンズさま。
で、こいつに対抗するのが警察のロボット犯罪捜査チームのセレックさまでございます。
さあさ、この二人の戦いやいかに。
ロボット犯罪者のジーン・シモンズさまがめっちゃええ感じです。
物陰からロボットリモコンの端末を操作して、ニヤリと笑いながら悪事を働く感じ。
私はこの映画を「ジーン・シモンズさまが出ている」って理由だけで見ましたです。
ご存知の方はご存知でしょうが、このジーン・シモンズさま、かの有名なロックバンド「キッス」のベースアンドヴォーカル。
当時のキッスはまだフルメークアップでギンギンコスチュームでやっていたころじゃないでしょうか。
あるいはメイク落として活動をはじめたばかりの時期か。
「あのキッスのジーン・シモンズさまの素顔が見られる」みたいなノリでめっちゃよろこんで見た記憶があります。
でもさすがマイケル・クライトン監督ですね。
この時点ですでにスパイダーロボットなんてアイデアを完成させておられたわけです。
かの「マイノリティ・リポート」のスパイダー型ロボットの原型がこんなところにあったとは。
めっちゃ忘れておりました。
ただ、ロボットの動きはもちろん「マイノリティ・リポート」のほうがクモっぽい。
「未来警察」のロボットの動きってなんか「前に進むカニ」っぽい。
これって偏見かなあ。
SFXの出来を語るには時代が違いすぎるので、ちょっとフェアじゃないかもしれませんがね~
パパの採点。10点満点中7点。
ほめた割には点数低め。
実はクライマックスで、ジーン・シモンズさまにもうちょっと頑張って欲しかったなあって思いまして、その分1ポイントダウンでございます。
ジェイソンとか「ダイハードの長髪テロリスト」みたいに、あとほんのひと暴れしていただきたかったと思います。


スーパーマン

1978年アメリカ映画
監督 リチャード・ドナー
主演 クリストファー・リーブ、マーロン・ブランド、ジーン・ハックマン

アメリカンコミックスの金字塔とも言える「スーパーマン」の実写映画化。
とってもよくできた映画でございます。
この作品の大ヒットで「スーパーマン」は同じクリストファー・リーブ主演でシリーズ化されました。
第四作くらいまで製作されたと思うのですが。
スーパーマンの母星、クリプトン星から物語が始まります。父スーパーマン・ブランドさまは星のえらいさん。
裁判官だったかな。このへんの記憶は定かではありませんが。冒頭でいきなり流刑にされてしまう罪人はテレンス・スタンプさま。
この人はこの後、別のエピソードで敵役として登場いたします。
さて、クリプトン星はいきなり大爆発。
ブランドさまは生まれたばかりの息子をカプセルに乗せ、宇宙空間に向けて発射します。
カプセルが着いたのが地球。おじいさんおばあさんに拾われた赤ん坊はすくすくと育ち、社会人となって新聞社に就職。
ここまでで一時間くらいの物語があります。
で、成長した赤ん坊=スーパーマン=クラーク・ケント=クリストファー・リーブさまが悪人たちを退治する物語が描かれるわけですな。
今回の悪役はルーサー=ジーン・ハックマンさま。
めっちゃ楽しそうに悪役を演じておられます。
名シーンは数々ありますが、とりあえず恋人との空中散歩シーンはめっちゃいい感じ。
これで彼女ができるなら俺も空飛びたいよお、と真剣に思った若き日の私でございました。
ただ、クライマックスはめっちゃご都合主義。
そらないやろ、みたいな結末でございます。
でもまあいいか。アメコミの映画化だし。
細かいこと考えないで、楽しめばいいのだ。みたいな勢いで納得させられてしまいました。
パパの採点。10点満点中8点。
あのクライマックスさえなければ9点くらいいってたんですがね。ちょっと残念だなあ。


ワイルドバンチ

1969年アメリカ映画
監督 サム・ペキンパー
主演 ウィリアム・ホールデン、アーネスト・ボーグナイン、ウオーレン・オーツ、ベン・ジョンソン

めっちゃ懐かしい、壮絶な西部劇でございます。
監督はバイオレンスの神様サム・ペキンパー監督。
とにかくいろいろな映画に影響を与え、いろいろな模倣作・模倣技法、のみならずいろいろなパロディさえ生んだ傑作であります。
とりあえずワイルドバンチってのは西部を暴れまわる強盗団の名前でございます。
むっちゃワルばっかりでございまして、保安官とか賞金稼ぎとか、いろんな奴が彼らを狙っているわけですな。
その日も駅に金貨が着くってんで、「ワイルドバンチ」の面々は金貨強奪にやってくる。
しかしそれは鉄道会社が仕組んだ罠でございまして、駅は賞金稼ぎの連中に包囲されているわけでございます。
壮絶な銃撃戦の末、グループは逃亡。
で、盗んだ金貨はがらくた。一同、大笑い。
おお、男の世界ですなあ。
この強盗団にメキシコ人の男がおりまして、こいつは強奪した武器を影で生まれた村に横流ししてたりするわけですが、この武器強奪の仕事はそもそも政府軍の将軍の依頼だったわけで。
このことがもとでこのメキシコ人は強盗団から離脱します。
強盗団、政府軍と武器の取引。
そこで強盗団が見たのは、政府軍につかまって拷問を受け、瀕死の状態になったかつての仲間のメキシコ人。
それを見た男たち、政府軍と戦うことを決意します。
リーダーのホールデンさまが言うわけですな。
「レッツゴー」
ワイルドバンチの面々は、勝てるわけのない人数の相手に挑みます。
映画史上に残る、滅びの銃撃戦。
いぐわああああ。スローモーション~ 
とにかくここから先は強烈の一言。
パパの採点。10点満点中9点。
またこの映画見たくなっちゃった。
とにかく男の世界にはまっていただきたい傑作でございます。


13日の金曜日パート2

1981年アメリカ映画
監督 スティーブ・マイナー
主演 ジョン・フューリー、エイミー・スティール

ホラー映画特集でございます。
ええと。申し訳ないですがちょっとだけネタバレ致しますです。
「13日の金曜日」第一作をご覧になっておられなくて、これから見ようと思っておられる方はごめんなさい。
クリスタルレイクのキャンプ場で、キャンプリーダーの兄ちゃんと姉ちゃんが仕事ほったらかしにしている間に湖で溺れて姿を消したジェイソン少年。
そのジェイソン少年が生きていてキャンプリーダーたちに復讐してまわってるんだってお話が御存知「13日の金曜日」第一作でございますわな。
殺人鬼ジェイソンってのは実は存在していなくて、子供を失ったジェイソン君の母ボリーズ夫人が犯人で、彼女が無差別殺人を繰り返していたってのが第一作のラストのオチでございました。
で、第二作の本作。
前作で生き残った少女のその後の描写から始まります。
湖畔での事件で、最後にはボリーズ夫人の首をキャーキャーいいながら斬っちゃった彼女です。
やっぱりそのときの恐怖が拭いきれないようで、ビクビクしながら暮らしておりましたが… 
いきなり彼女の家(どうでもいいけどけっこう都会なんですね、これが)の冷蔵庫にボリーズ夫人の生首。
きゃああああ。次の瞬間、この子が殺されてしまうのはいつものパターンざます。
で、舞台はクリスタルレイクに戻る。
あかんがな。簡単に湖畔のキャンプ場とちょっとした町を物語が行き来したら。
物語が行き来するってことはジェイソン君も行き来するってことなんだから。
野生児ジェイソン君は電車とかバスとか乗れないわけだから、彼の移動って大変なんだよ、きっと。
えーっと、前作の生き残り(というかママの仇ですわな)を毒牙にかけたジェイソン、湖畔に戻ってやっぱりキャンプ指導員のにいちゃんたちを殺していきます。
でもなんでなんやろ。
母の仇はもう討ったしなあ。
単純に、人殺しの衝動で殺していってるんでしょうか。
この作品はねえ、前作みたいにフーダニットの意外な犯人さがし映画にしようか、湖畔の殺人鬼スプラッターにしようかってところを、映画撮りながら悩んだみたいなところがありますね。
で、結局ジェイソン君は生きていて、事件は全てジェイソン君のせいで、ジェイソン君をみんなでやっつけて終わり。
以前少し書きましたが、この作品ではまだジェイソンはトレードマークのホッケーマスクをかぶってはおりません。
ちなみにこの作品でのジェイソン君は、なんか「エレファントマン」みたいな布の袋に目のところだけを開けて登場しておりました。
パパの採点。10点満点中5点。
うむむ。かなりイマイチ度が高い作品。
そもそも「意外な犯人」とかいないし、ホッケーマスクは出てこないし。しかたないところですね。


13日の金曜日パート3

1982年アメリカ映画
監督 スティーブ・マイナー
主演 ダナ・キンメル、ポール・クラッカー、トレーシー・サヴェージ

ホラー映画特集でおま。
「13日の金曜日」シリーズの第三弾。
そらそうやわな。パート3やねんから。
この映画は3Dムービーとして製作されました。
だもんで、ところどころで意味もなく鋭利な刃物とかがカメラに向いてじいいいいいいっとしたりするカットがあったりします。
だからどないいやねん。
これをちゃんとした映画館で見たりしたら、3D仕様のフィルムで、しかも眼鏡かけて見るだろうから「おおおおお、刃物が飛び出すううう」みたいな感じである意味感動的なのでしょうが、通常の画面に変換されたビデオを見ても、刃物の先がうっとうしいだけですね。
でも最近の3Dムービーってすごいですよね。
USJ行ってびっくりしましたが。久々に映画館で3Dムービー見ようかなあ。
さて物語。
前作で死んだと思われていたジェイソン君、生きていました。
で、またまたキャンプ地に訪れた若者たちを襲います。
あのさあ。冷静に考えてみたら、この設定ってむちゃ無理がありますわな。
数年前に少年が溺れて行方不明になって、そのあと二度にわたって連続大量殺人があったキャンプ地にまとまった人数の若者が行くってことがそもそも無理があります。
普通閉鎖で、その上立ち入り厳禁でしょうに。
今回犠牲になるのは肝試し大会の若者でございます。
この肝試しツールの一つが、例のホッケーマスク。
落ちていたこいつをジェイソン君が拾って、以後このマスクが彼のトレードマークになるわけですな。
パパの採点。10点満点中6点。
昨日のパート2が5点で、今日のパート3が6点ってのは、内容に差があるわけではなく、ホッケーマスクが出てきたか出てきていないかでございまして、内容的にはこの二作は大差ないですよ。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について