目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

172 / 183ページ

あの夏・いちばん静かな海

1991年オフィスキタノ作品
監督 北野 武
主演 真木蔵人、大島弘子、河原さぶ

かなりびっくりした作品。
北野監督といいましたら、「その男、凶暴につき」でバイオレンス派の映像作家として絶賛されましたですよね。
第二作もやっぱりバイオレンス。
で、監督が「監督・主演」ではなく、「監督」として勝負した最初の作品がこの作品でございます。
完成品見たら実に甘酸っぱい青春ラブストーリーだったもんだから、みんな唖然。
みんなびっくり。
しかもごっつい良い映画やないですか。もうねえ、ラスト見て鳥肌たってしまいました。
真木さまは聾唖の青年。清掃車に乗っております。
彼の恋人の大島さまも聾唖者。
ある日、彼は荒ゴミに混じって壊れたサーフボードが捨てられているのを見つけます。
彼はそのボードを持ち帰り、自分で修理してサーフィンのまねごとを始めるわけですな。
恋人はじっとその姿を見ている。
おお、ええなあ。
やがて真木さまは新品のボードを購入、めきめきと腕をあげていきます。
そんなある日、真木さまはサーフショップの店長に大会への参加を勧められます。
大会に参加する真木さまですが、彼は海に入ることさえできずに失格となってしまいます。
呼び出しのアナウンスが聞こえなかったわけですね。
かわいそう。
しかしそんなことにもめげずにますますサーフィンにのめりこむ真木さま。
最初は彼のことを馬鹿にしていた海岸のサーフィン野郎たちも、いつしか彼と仲間になります。
そして翌年のサーフィン大会。見事入賞。そして夏は終わり、そして秋。
何の言葉もなく、映像だけで起こった事件が胸を突き刺すようなすばらしいラスト。
とにかく感心、めっちゃ感動。
ラストシーンももちろんなんですが、そこからクレジットへの流れるような演出も見事。
えっと、この作品は始まってからこのラストまで、タイトルもクレジットも一切ありません。
物語のクライマックスで、海の画像がいきなり暗転して、そこに濃いブルーの文字で「あの夏」「いちばん静かな海」とタイトルクレジット。
そしておもむろにキャストスタッフのロールがはじまる。すげえええええ。やられてしまいました。
パパの採点。10点満点中9点。北野作品の中では「座頭市」に次いで好きな作品です。
でもこの作品ってイマイチ評価低いですよね。どうしてなんだろう。


BROTHER

2000年オフィスキタノ作品
監督 北野 武
主演 ビートたけし、オマー・エプス、真木蔵人、加藤雅也

ここでいうブラザーってのはヤクザのいう「アニキ」のことでございます。
北野監督お得意のバイオレンス作品。
日本を飛び出し、アメリカで大暴れした挙句に現地マフィアともめごとを起こし、マフィアと戦争する日本の暴力団が描かれます。
ヤクザ同士の抗争が起きまして、主人公のヤクザ北野さまは組を追われることになります。
彼はアメリカでヤクの売人をやっている弟をたずねてロサンゼルスへ行くことになります。
ジャパニーズヤクザスピリッツで組織を拡大する北野さま。
しかし彼の無謀とも思えるその行動は、あたかも「死に場所を探している」、「自分を殺してくれる誰かが現れるのを待っている」ように見えます。
やがてマフィアの逆襲が始まるわけですね。
ラストはまるで「俺たちに明日はない」を思わせるような強烈なショットです。
いやいや、本当に才能のある監督さんです。
さすが「世界のキタノ」。
こんなすごい人がいまだにかぶりものかぶったりバカメイクしたりしてテレビに出ているわけですから、素直にすごいなあって思ってしまいます。
トークだとかインタビューだとかを聞いておりますと、頭の回転のめちゃくちゃ速い人だなあ、って思っておりましたが、それはあくまでお笑いの人としての評価。
こんなにとんでもない映画を連発できる感性の持ち主だとは正直思ってなかったです。
その才能、ちょっとだけでも分けてもらいたいもんだ。
ビートたけしさまはもちろん良いですが、加藤雅也さまがめっちゃいいです。
なんか立っているだけで「滅びの美学」が感じられる人。
ひさしぶりにこんな破滅的なパワーをもった役者さんに出会えたって感じでございますね。
パパの採点。10点満点中8点。
お気に入りの「あの夏、いちばん静かな海」よりも1ポイント低い8点。
この映画もめっちゃ良かったんだけど、私的には「あの夏…」を超える作品ではなかったかなってことで。


デモリッションマン

1993年アメリカ映画
監督 マルコ・ブランビア
主演 シルヴェスタ・スタローン、ウエズリー・スナイプス、サンドラ・ブロック

肉体派スター、スタローンさまとスナイプスさま。
この二人がめっちゃ戦います。この時点ではスタローンさまが大スターで、スナイプスさまは明らかに格下っぽいです。
今ではスタローンさまがちょっと大人しくて、スナイプスさまは「ブレイド」シリーズで大暴れって感じですよね。
これも時の流れかなあ。
めっちゃ凶悪犯スナイプスさま。彼は人質をとってめっちゃ悪事を働いたりしております。
そんな彼の目の前に現れた男こそ、不屈の魂をもった刑事スタローンさま。
スナイプスさまはスタローンさまに逮捕されるわけですが、スタローンさまはスナイプスさま逮捕の際、一般市民を巻き添えにしてしまいます。
それが有罪とされ、スタローンさまもスナイプスさまも冷凍催眠の刑に処せられます。
で、時は流れて数十年後。世界はすっかり非暴力の世界となっておりまして、未来の人間同士は皮膚を接触させることさえなくなってしまっております。
握手もキスもアレもなし。
なんやそら。
そんな世界にいきなり目覚めたスナイプスさま。
彼は脱走して暴れまくります。
非暴力の世界の捜査に慣れきってしまった警察は、彼を逮捕することはおろか、行動を静止することさえできません。
で、スタローン刑事の出番。
冷凍催眠から目覚めたスタローンさま、未来世界での「しきたり」に戸惑いながらもスナイプスさまを追うことになります~ 
スタローンさまと未来社会の女性警察官ブロックさまのバーチャルセックスのシーンが面白かったですね。
なんか「バーバレラ」思い出してしまいました。
役者でとにかく光っていたのはやっぱりスナイプスさま。
おいしい役をめいっぱい楽しんでおりましたですね。
これくらいの力がある人ですから、その後の彼の活躍はあたりまえの結果だったのかもしれませんね。
パパの採点。10点満点中6点。
スタローンさま・スナイプスさまはとにかくよかったですが、彼らを盛り上げる脇役チームさんがもう少し頑張ってほしかったです。


金田一耕助の冒険

1979年角川春樹事務所作品
監督 大林宣彦
主演 古谷一行、田中邦衛、吉田日出子

「きんだいっち こうすけええの、ぼぉおけん、ぼぉけん」と、映画を見て二十年以上経っても普通に主題歌を歌えるという、強烈なインパクトのテーマ曲をもつ怪作。
そのあまりにも個性的な内容ゆえに、いつしか「金田一耕助映画」のフィルモグラフィから外されてしまった、とっても不遇な作品です。
まあしかたないですね。
金田一耕助世界そのものをパロディにした作品です。
007シリーズの「カジノロワイヤル」みたいなもんですわ。
作品全体を彩るのは、やっぱり強烈このうえない大林カラーでございます。こういう作品はいろいろ考えずに、素直に楽しめばよろしいかと思います。
一応原作は横溝大先生の短編「瞳の中の女」。
この作品、読んでないんですが、小説の中では未解決だそうな。
ここから物語がめっちゃふくらんでいきます。
でもねえ、パロディ映画としてボリューム持たせようとするあまりに、無意味な登場人物がバンバン出てきて、その登場人物が少しずつ物語の本筋にからむもんだから、物語は蛇行してシッチャカメッチャカになって、わけわかんなくなります。
では説明しにくいあらすじ。
美術品窃盗団がおります。
このリーダーが熊谷美由紀さま。ボスが東千代之介さまで、その妻が吉田日出子さま。
窃盗団は美術評論家仲谷 昇さまの家から彫刻の頭部を盗み出すわけですが、この彫刻が例の「瞳の中の女」事件と関係があるわけですね。
で、古谷さま演ずる金田一探偵と田中さま演ずる等々力警部は、窃盗団熊谷さまから金田一探偵が未解決の「瞳…」事件を解決してみせろと言われてしまいます。
調べるうちに横溝作品恒例の連続殺人。
で、古谷さま田中さまがすったもんだしながら事件を解決するわけですな。
岸田 森さまが吸血鬼役でいきなり出てきたり、志穂美 悦子さまが本人役でいきなり登場したり、そうかと思うと夏八木 勲さまご本人が「白昼の死角」そのまんまのいでたちで金貸し演じてたり。
ちなみにこの金貸しの口癖は「狼は生きろ、ブスは死ね」だそうです。
ラスト近くではなぜか渓谷に麦わら帽子が飛んで、「人間の証明のテーマ」が流れたりします。
なんでもありです。
最後には撮影監督の木村大作さまや角川春樹社長、横溝大先生なんかもご登場。
もうどうにでもしなされ。
パパの採点。10点満点中4点。
大林監督ごめんなさい。パロディはいいんだけど、物語の本筋ちゃんと通して欲しかったです。
「ホットショット」とか「裸の銃を持つ男」みたいに。
ちょっとしっちゃかめっちゃかにしすぎましたです。


未来警察

1984年アメリカ映画
監督 なんとマイケル・クライトン
主演 トム・セレック、シンシア・ローズ、ジーン・シモンズ

「ジュラシック・パーク」原作者のマイケル・クライトンさまが映画監督出身だったって話は有名でございますが、これも監督時代の一本です。
未来社会。
ロボットとかが社会を運営しております。
で、ここでワル登場。ロボットとコンピューターを使って悪事をはたらくのがシモンズさま。
で、こいつに対抗するのが警察のロボット犯罪捜査チームのセレックさまでございます。
さあさ、この二人の戦いやいかに。
ロボット犯罪者のジーン・シモンズさまがめっちゃええ感じです。
物陰からロボットリモコンの端末を操作して、ニヤリと笑いながら悪事を働く感じ。
私はこの映画を「ジーン・シモンズさまが出ている」って理由だけで見ましたです。
ご存知の方はご存知でしょうが、このジーン・シモンズさま、かの有名なロックバンド「キッス」のベースアンドヴォーカル。
当時のキッスはまだフルメークアップでギンギンコスチュームでやっていたころじゃないでしょうか。
あるいはメイク落として活動をはじめたばかりの時期か。
「あのキッスのジーン・シモンズさまの素顔が見られる」みたいなノリでめっちゃよろこんで見た記憶があります。
でもさすがマイケル・クライトン監督ですね。
この時点ですでにスパイダーロボットなんてアイデアを完成させておられたわけです。
かの「マイノリティ・リポート」のスパイダー型ロボットの原型がこんなところにあったとは。
めっちゃ忘れておりました。
ただ、ロボットの動きはもちろん「マイノリティ・リポート」のほうがクモっぽい。
「未来警察」のロボットの動きってなんか「前に進むカニ」っぽい。
これって偏見かなあ。
SFXの出来を語るには時代が違いすぎるので、ちょっとフェアじゃないかもしれませんがね~
パパの採点。10点満点中7点。
ほめた割には点数低め。
実はクライマックスで、ジーン・シモンズさまにもうちょっと頑張って欲しかったなあって思いまして、その分1ポイントダウンでございます。
ジェイソンとか「ダイハードの長髪テロリスト」みたいに、あとほんのひと暴れしていただきたかったと思います。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について