目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

165 / 183ページ

バスケットケース

1982年アメリカ映画
監督 フランク・ヘネンロッター
主演 ケヴィン・ヴァン・ヘンテンリック、テリー・スーザン・スミス

「絶対にテレビでは放送されないであろう映画」シリーズです。
ゲテだグロだ、いやいや傑作だと、実にさまざまな評価をうけているカルト的ホラー作品でございます。
この作品はどうなんでしょうか。
テレビで放送したことあるのかなあ。私的には「こんな作品がテレビで放送されることなどあってたまるか」って気分でとりあげたわけですが。
シャム双生児として生まれた二つの命。
二人は切断されてしまい、健常者の弟と、肉塊に目鼻口と手足がついた兄に分離されます。
分離されることに反対していた兄弟は、やがて彼らを切断した医師に復讐するという行動にでます。
うむうむ。ありがちな、ホラーな展開。
弟は兄を、バスケットケースの中に入れて持ち歩きます。
なんか「グレムリン」のモグワイみたいな感じです。
そんな一心同体状態の双子兄弟ですが、そんな二人に転機が訪れます。
弟のほうが、知り合った女の子に恋してしまうわけですな。
奇形の兄は弟に激しく嫉妬します。兄はバスケットケースから抜け出し、弟の恋人をレイプして殺してしまいます。
ここからは兄と弟の愛憎劇へと物語がシフト。
結局二人は兄弟心中みたいな形で死んでいって、物語は終わります。
なんとまあ救いのないお話でしょうか。
しかし後半の兄弟の心理的葛藤があったからこそカルト的傑作としてホラー映画の歴史に名を残すことになったのも事実ではありますが。
でもねえ、良識派の私にとってはかなり耐えがたい作品世界ではありますです。
パパの採点。10点満点中3点。
あきまへんなあ。畸形とかシャム双生児だとかを作品の核にもってきてはいけません。
少なくとも私はそんな立場です。当然採点は辛くなります。


悪魔のはらわた

1973年イタリヤ・フランス合作
監督 ポール・モリセイ
製作 アンディ・ウォーホール
主演 ジョー・ダレッサンドロ、モニク・レ・ボーレン、ウド・キア

「絶対にテレビでは放送されないであろう映画」シリーズです。
この映画がテレビオンエアされない理由は簡単。成人指定されていた映画だからです。
公開当時小学生の映画少年だった私は、とっても悲しい思いをしながらこの映画の上映館の前を素通りした記憶があります。
この映画、公開当時は3D作品として公開されました。
3Dの映画って、めっちゃ魅力的でした。ホラー映画も嫌いじゃなかったし。
結局年齢制限にひっかかってこの映画を見逃した私は、1982年の「13日の金曜日パート3-D」も見逃し、1983年になってようやく「ジョーズ3-D」で3Dの洗礼を受けることになりますです。
しかしこの映画。
観客の皆さんはやっぱり、例のマヌケな3Dメガネかけてこの作品を見ていたのでしょうか。
客席見るほうがホラーな状況かもしれません。って冗談はさておき。
性倒錯の傾向大なフランケンシュタイン博士(キアさま)が主人公。
この博士、内臓嗜好の趣味あり。
しかも実の妹と結婚しているって人。
むっちゃアブない。
博士は「完全なる肉体」の創造を目指しています。
あちこちから優秀な人間の肉体のパーツを集め、二体の人造人間をつくります。男と女。
完璧な肉体を持った人造人間を交配させて子供を作ろうと考えたわけですよね。
しかししかし、ここでとんでもないミスが起こってしまいます。
「優秀な男の脳」とゲイの男の脳をとりちがえてしまい、「カンペキな肉体を持っているんだけど、ゲイ」って人造人間になってしまいます。
さあここから物語は次第にアブナク、ディープな展開を見せるわけでございます。
クライマックスはタイトル通り、はらわたを撒き散らしながらフランケンシュタイン博士、ご絶命でございまする。
なんかねえ、中盤から後半にかけてが強烈すぎます。
でもなんかすっごく倒錯してて、いい感じ。思っていた以上に面白かったです。
パパの採点。10点満点中7点。
映画的にはあんまり面白いとは思わなかったです。普通ならいいとこ5点~6点でしょうなあ。
しかし作品監修のアートの神様、アンディ・ウォーホールさまに敬意を表して、プラス1点。


処女の生血

1974年イタリヤ・フランス合作
監督 ポール・モリセイ
監修 アンディ・ウォーホール
主演 ジョー・ダレッサンドロ、ヴィットリオ・デ・シーカ、ウド・キア

「絶対にテレビでは放送されないであろう映画」シリーズです。
この映画も成人指定されていました。
この映画も前項で紹介した「悪魔のはらわた」同様、めっちゃ見たかったんだけど年齢制限にひっかかって見られなかった映画。
何がどう見たかったのかと言いますと、名監督ヴィットリオ・デ・シーカさまとかロマン・ポランスキーさまなんかが役者として出演されていたからでありまして、決してエロティックな場面が見たくて「めっちゃ見たかった」わけではございません。
勘違いされませんように。
かつてこれほどまでに哀れなドラキュラがいましたでしょうか。
あまりにもかわいそうな吸血鬼伯爵が描かれます。
ドラキュラ伯爵=キアさまはすっかり老いさらばえております。
白髪の髪を染めて若く見せようとしてたりするわけです。
気力も体力もない状態。せめて生き血でも吸いたいわけですが、彼の身体は「処女の生血」しか受け付けない体質でございまして、間違えて処女じゃない女性の血を吸ったりしたら、ゲーゲー吐いてしまうというかわいそうなバンパイアでございます。
伯爵は処女を求めてカトリックの本場イタリヤにやってきます。
しかしさすがはイタリヤ。
それっぽい少女を捕まえて血を吸おうとしますが、実はその子は体験済でございまして、哀れドラキュラはまたまたゲーゲーすることになります。
せっかく見つけた処女(というより少女ですなあ)は、伯爵が毒牙にかける前に交通事故とかで死んでしまったり。
路面に残った彼女の血を必死ですする哀れな伯爵が描かれます。
で、苦労の末に別の処女を見つける。
ここで吸血鬼の存在に気づくのがイケメン・ダレッサンドロさまでございまして、彼は彼女の身を守るために、ベストな方法を考えるわけですな。
方法は簡単。しちゃうわけです。
しちゃったら彼女はもう処女じゃないわけで、もう襲われない。
襲われても伯爵ゲーゲーなっちゃう。
おお、神の名のもとに繰り広げられる崇高なエッチ。
しかしどんな背景があろうともエッチシーンはエッチシーンでございます。
「おおお、すげえええええ」なんて思いながら画面にくぎ付けになった若き日の私でございました。
結局最後には伯爵はダレッサンドロさまに滅ぼされます。
かなりえげつないラスト。
しかたないか。いくらかわいそうで弱そうでも、吸血鬼は吸血鬼。
そういう最後を迎えないといけないんですよね~ 
映画を見終わったあとは、ストーリーよりもダレッサンドロさまのエッチシーンしか記憶に残っていないという、私的には実に不遇な作品でございます。
パパの採点。10点満点中8点。
ドラキュラもののパロディとしてはこれほど強烈で辛辣な作品はないかと思います。
非処女の生き血を吸って、ゲーゲー吐きまくるドラキュラなんて哀れすぎですよね。
そのセンスにホラーでは珍しい8点を献上させていただきます。


ブレインデッド

1992年ニュージーランド映画
監督 ピーター・ジャクソン
主演 ティモシー・バルム、ダイアナ・ペニャルバーム、エリザベス・ムーディ

「絶対にテレビでは放送されないであろう映画」シリーズです。
一般常識的なセンスから考えますと、このような映画がテレビでオンエアされることはまずありえないと思います。
そういう意味ではある意味「見る人を選ぶ映画」であることは間違いないです。
この記事を書くにあたって、いろいろなサイトのこの作品の批評を見ましたが、やっぱり評価は両極でございます。
10点満点で批評すると、8点以上か2点以下か。この映画を面白いと評価できる人ははまる。
面白くないと思えば最後まで見つづけることさえできない。そんな映画です。
主人公のバルムさま。かなりマザコンが入った青年。
そんな彼が恋をした相手は、むっちゃラテンノリのアホ女ペニャルバームさま。
二人は楽しげに動物園を散歩。そんな二人のあとを尾行する影がある。バルムさまの母ムーディさまでございます。
大事な一人息子に悪い虫がついたんじゃなかろうかって感じでしょうか。
おかんはその動物園で、密輸されてきた珍獣「ラットモンキー」にかまれてしまいます。
こいつは黒魔術などにも使われる獣で、そいつの毒が体じゅうにまわってしまったおかんは哀れゾンビと化してしまいます。
おかんの世話を一生見つづけると誓っていたバルムさま、ゾンビママを地下室に入れて看護することになります。
しかしやっぱりゾンビは増殖する。まずは母の様子を診にきた看護師、たまたま近くを通りかかったパンクス兄ちゃん、神父さま、だんだんとゾンビが増えていきます。
事情を全く知らないバルムさまの叔父さんが、バルムさまを元気づけようと彼の家でパーティを開きましょうてえことになりまして、そこから先はご想像の通り。
とにかくエグい内容です。
ゾンビ化するのは母・看護師・神父だし、神父ゾンビと看護師ゾンビはエッチしちゃってベビーゾンビとか生まれるし、バルムさまはベビーゾンビ虐待とかするし。
ラストは大量発生したゾンビ相手に芝刈り機で対抗。
スプラッター映画史上おそらく最高の血糊が流れるし。
うわああ、と思うか面白れえって思うかはホラーに対する感覚次第であろうと思います。
ちなみに本作の監督は後に「ロード・オブ・ザ・リング」を撮ることになるピーター・ジャクソン監督でございます。
ほんま、びっくりしてしまいますわ。
パパの採点。10点満点中5点。
血糊の量が圧倒的すぎて、感覚的についていけませんでした。
よくできたスプラッターコメディではあるのですが、ちょっとやりすぎ。
ちょっとおさえたほうがよかったんじゃないでしょうか。
まあ、これだけ流血したら逆に「んなアホな」みたいな感じでコメディっぽい感覚で見てしまうんでしょうが。
それにしてもやりすぎやなぁ。


悪魔のしたたり

1974年アメリカ映画
監督 ジョエル・M・リード
主演 シーマス・オブライエン、ルイ・デ・ジーザス

「絶対にテレビでは放送されないであろう映画」シリーズです。
前項の「ブレインデッド」はどちらかといいますとコメディタッチの仕上げであり、「おぞましいけど笑えるホラー」って作品だったわけですが、この作品は「おぞましくて、笑えなくて、救いがない」映画であります。
もはやホラーとも呼べないのではないかって感じですわな。
残酷映画というか、SM映画というか。ホラー=恐怖はほとんど感じなかったです。
嫌悪感とか不快感が先行する感覚です。もちろんスプラッターではありましたが。
サルドゥ一座って見世物一座がありまして、その一座は、グランギニョルみたいな残酷トリック芝居を出し物にしている一座でございました。
そういえばありましたなあ、東京グランギニョル。
飴谷法水さまだとか嶋田久作さまとか越美晴さまだとかが在籍していた劇団ざます。
まああの劇団よりは低俗な、SMショーが繰り広げられ、最後にはSMが殺人にまで発展する構成になってて、そこで芝居は終わります。
で、そのショーの舞台上で行われていたのは、演技やトリックなどではなく、実際の殺人だったわけですな。
うひょおおおお。
設定としてはそれだけでけっこうえぐい話ですが、ここからますます外道がエスカレート。
一座はさらってきた女たちを劇場の地下で飼育しておりまして、こいつらがもう獣人状態で、舞台で死んだ人の死肉を食べているだとか、舞台を酷評した批評家だとかバレリーナだとかをさらってきて拷問したり見世物に使ったりとか。
センキレの医者を呼んで(ここからすごいこと書きます。読みたくない人は読まないでね)仕事をさせる代わりに奴隷女の頭蓋骨を割ってストローで脳ミソチュウチュウ吸うだとか。
もう見るに耐えない外道悪辣シーンが続きます。
まあ最後にはこの一座の悪党どもは悲惨な最期を遂げて終わります。
ホラー映画が大好きな私ですが、この映画だけは見てしまったことを後悔しました。
めったにないです。こんな映画。
そういう意味では逆にすごい映画なのかもしれないですね。
パパの採点。10点満点中0点。おお、出た。0点。
私は評価しませんが、グロ映画史に残る作品であることだけは確かですね。
そういう意味では記録に残る作品ではなく、記憶に残る映画といっていいんじゃないかと思います。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について