目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

160 / 183ページ

キャノンボール2

1983年アメリカ・香港合作
監督 ハル・ニーダム
主演 バート・レイノルズ、ジャッキー・チェン、ディーン・マーティン、フランク・シナトラ

「キャノンボール」紹介してないのに「キャノンボール2」紹介したり、「乱気流・タービュランス」紹介してないのに先に「乱気流・タービュランス2」紹介したり。
テレビオンエアのご案内ブログとしてアップしていった記事だもんで、こうなっちゃいます。テレビオンエアの順番の悪さを私のせいにしないでくださいまし。
「キャノンボール2」は、もちろん「キャノンボール」の続編でございます。
テレビオンエアでも、シリーズものなんだから二週続けてオンエアとかしたらいいのに。
さて物語…の前にぃ。
そもそもキャノンボールってのは、東海岸コネチカットから西海岸ロサンゼルスまで、アメリカ大陸横断の公道カーレースをする話。
公道でレースするわけだから、スピード違反でおまわりさんとかがガンガン追いかけてきたりします。
その追求の手を逃れながらレースするわけざんすね。
で、ここからは「2」の物語。前作の少し後のお話です。
前作のレースにもエントリーした「中東方面の石油王」の息子。不甲斐ない結果に父石油王はご立腹。
今度は自分がレースを主催するから、お前必ず勝てよ、ってな具合で、第二回キャノンボールが開催されます。
前回参加メンバーを中心にレース参加者が集まり、大陸横断レースが再び行われることになるわけでございます。
リチャード・キールさまとジャッキー・チェンさまがチームを組んでいたり、サミー・デイビス・JRさまとディーン・マーティンさまが同じ車に乗っていたり。
それはそれで楽しいシーンが展開します。
極めつけ、物語の途中でからんできたフランク・シナトラさまが飛び入り参戦したりとか、けっこうハチャメチャ。
レースの話とは別に、ギャングA(テリー・サバラスさま)から金を借りてる貧乏ギャングが、金を工面するために主催者の石油王を誘拐しようとする話とかが入ってきて、かなりドガチャガな内容になります。
石油王を誘拐しようとしたギャングの下っぱを演じていた役者さんって、「ゴッドファーザー」で大幹部テッシオを演じていた役者さんじゃないでしょうか。
あと「ゴッドファーザーパート2」で組織を裏切る大幹部役の人もいたような気がします。
なんか細部まで豪華なキャスティングの映画でございます。
しかしながら私の採点は10点満点中6点。間口を広げすぎて収拾がつかなくなったっぽい作品ですね。


乱気流・タービュランス

1997年アメリカ映画
監督 ロバート・バトラー
主演 ローレン・ホリー、レイ・リオッタ、ベン・クロス

2を先にご紹介して1があとまわしになってしまいました。何故かブログ書いていた当時のオンエアの順番が2が先で1があとでした。
作品はやっぱり1のほうがはるかに面白かった。
キャスト的には、ジェニファー・ビールスさまだとかトム・ベレンジャーさまなんかが出ている2のほうが豪華なんですが、やはり「乱気流・タービュランス」のほうが圧倒的によかったですね。
とりあえずシチュエーションが自然だったように感じました。
性犯罪者でサイコキラーのリオッタさまが逮捕されます。
ただ、本人は冤罪を訴えて再審請求をしております。リオッタさまはもう一人の強盗殺人犯といっしょに飛行機で護送されることになります。
護送に使われるのは一般旅客機でございまして、ってことはもちろん一般乗客も搭乗しております。
この旅客機の客室乗務員がホリーさまでございます。
気流はとっても不安定。
前方にはごっついハリケーンがあるわけですな、やっぱり。
なんせ「乱気流・タービュランス」でございますから。
で、やっぱり事件が起きます。
強盗殺人犯がトイレに行くとみせかけて護衛のFBI捜査官に重傷を負わせ、彼の銃を奪うわけですね。
で、機内で乱闘アンド銃撃戦。
護衛の捜査員はみんな撃たれてしまいます。
客室で騒ぎが起こったわけで、様子を見にきた機長も撃たれてしまいます。
さらに銃撃戦の流れ弾が窓を突き破ってしまいまして、客室の気圧が急低下。
自動操縦に切り替えてどうしようかおたおたしていた副操縦士は、気圧急低下のときに機が揺れたはずみで倒れて頭をうち、昏倒してしまいます。
さあ困った。
強盗殺人犯は結局捜査員に撃たれて死んでしまいますが、ある意味強盗殺人犯よりもはるかにアブナイ、サイコキラーのリオッタさまが野放しになってしまうことになります。
客室にはアブナイ男。
操縦士はいない。
前方にはハリケーン。
絶体絶命。
ホリーさまは操縦席に座り、管制官からの通信だけをたよりに着陸を試みます。
いぐわあああ。
「タービュランス2」で感じた物語展開上の違和感なんかもほとんどなしにけっこう楽しめました。
パパの採点。10点満点で7点。
レイ・リオッタさまが犯人を好演しております。かなり楽しませていただきましたです~


案山子・KAKASHI

2004年伊藤潤二、EMG、朝日ソノラマ、プラネット作品
監督 鶴田法男
主演 野波麻帆、柴咲コウ、りりぃ、河原崎建三

ジャパンホラーの監督さんが好んでとりあげる、ホラー漫画の大家、伊藤潤二様の原作。
この人の漫画のドラマ化は、「富江」だとか「押切」だとか「顔泥棒」だとかを見ましたが、どうなんやろ。
私的にはあまり好きじゃないんです。
「富江」はすごい傑作だと思いますが、それ以外の作品はクライマックスの処理がイマイチなものが多く、この作品もやはりラストに難ありでございました。
ある日突然行方不明になった兄の消息を追って、野波さまは兄の彼女が住んでいる田舎町を訪れます。
あからさまに怪しい村の人々。
野波さまはいろいろなことを調べるうち、村の人々が言う「大事な日」をその村で迎えることになってしまいます。
村の広場に案山子を集める人々。
なぜか彼女をつけ狙う不気味な影。
きゃああああああ。
と予告編っぽく盛り上げてみましたが、映画はそんなに盛り上がらなかったです。
残念ながら。そもそも物語の最初にテロップが流れ、「人の形のものには魂が宿る」だとか「昔の人は霊を払おうとして案山子を作った」だとか「人形(ひとがた)にやどる魂は善良なものばかりではない」なんて説明するもんだから、ネタバレバレです。
テロップに頼らないで、もう少し状況でそれを描くとかしてもらいたかったんですが。
柴咲コウさま、出演シーンは少ないけど熱演でございます。
でも本人はきっとこの映画に出演したことを忘れてしまいたいんじゃないでしょうか。それくらい微妙な作品です。
私が演劇していたころ、「第三エロチカ」って劇団の中心俳優だった有薗芳記さまがチョイ役で出演されてました。
あら懐かしい。
主役の野波さまって、けっこうかわいかったりします。でもラストがなあ…
パパの採点。10点満点で6点。もうちょっと頑張って欲しかったですね。


カジノ

1995年アメリカ映画
監督 マーティン・スコセッシ
主演 ロバート・デ・ニーロ、シャロン・ストーン、ジョー・ペッシ、ジェームズ・ウッズ

むっちゃ力の入ったマフィア系人間ドラマでございます。
私がこの作品を見たときのテレビオンエアは2006年3月31日でした。
何でオンエアの日付を書いたかということはあとで詳しく書きますが、この作品のオンエアがもし2006年7月とかだったら、テレビ局の人ってめっちゃ良識派の人が揃っておられますので、ソッコーオンエアが中止になって、他の作品と差し替えになっていただろうと思います。
1970年代のラスベガス。
デ・ニーロさまは伝説のカジノディーラー。
彼はその腕を買われ、今ではギャングに複数の店を任される立場です。
彼は独自の才覚でカジノの売上を伸ばし続け、経営に参加できるレベルになります。
そんな彼が恋した相手は、詐欺師のストーンさま。
そして彼の親友がギャングのペッシさま。
この三人が中心になって物語が進んでいきます。
どっしりとした視点で、見るに耐えない残酷なシーンも、煌びやかなカジノの世界も、コミカルにさえ感じられる彼らの日常をも、飽きのこない映像で見せてくれます。
ストーンさまに恋したデ・ニーロさまの目の前に現れるのは、ストーンさまの元恋人というか元ヒモのジェームス・ウッズさま。
嫉妬心にとらわれたデ・ニーロさまは、ストーンさまの行動にことごとく干渉するようになり、その不満から彼女はアルコールと薬におぼれていきます。
怖い怖い。
さまざまな理由から抗争が起こったり、当局の捜査の手が伸びそうになって口封じのために「トカゲのしっぽ切り」の論理で消される者がいたり。
主人公デ・ニーロが栄華を極める様子から落ちぶれていく末路までを丁寧に、それでいてスピーディに描きます。
で、冒頭にちょっと触れた話ですが。私はこの映画見ておりまして、めっちゃどんよりしてしまいました。
マフィアのギャングが、邪魔になった組織のメンバーを「消す」場面。
ひと気のない場所に二人の邪魔者を呼び出し、バットでボコボコにして、生きたまま土に埋める。
二人を同時にボコボコにするわけではなく、一人の目の前でもう一人が撲殺されるわけです。
生きているほうも腕だとか足だとかをバットで折られて動けない。
「まだ生きている、お願いだからやめてやってくれ」みたいな懇願を無視して、さらにボコボコにされる。
もう一人はそれを見つづけるしかない。
実は2006年の6月だか7月だかに、こんな事件、本当にあったんですよね。
「あの事件もこんな感じだったんだろか」なんて考えてたら、めっちゃどんよりしてしまいました。
もちろん事件よりこの映画のほうが先に作られたわけですが。
パパの採点。10点満点中7点。
さっき書いた場面までは8点から9点の評価だったんですが、ちょっとあの場面はいただけなかったです。
事実をもとにした映画なんで、そのようなことはあったんだろうと思いますが、ちょっと描写に工夫してほしかったですね。 

悪魔の植物人間

1973年イギリス映画
監督 ジャック・カーディフ
主演 ドナルド・プレゼンス、トム・ベイカー

今日から「絶対にテレビでは放送されないであろう映画」シリーズでございます。
こういうシリーズになるとやっぱりホラー映画が並びそうですね。
その内容の異常さゆえに、カルト的傑作と呼ばれている作品。ビデオは絶版になっているはずです。
DVDは発売していない模様。
先日、一部の常連さんを対象に「個人的に」海賊版DVDを売っている店で、この作品を見つけました。
でも私は常連さんじゃなかったから、「非売品です」とか言われましたが。
主演はドナルド・プレゼンスさま。器用な役者さんですよね。
「大脱走」「ハロウィン」シリーズみたいに善玉やってたかと思うと、「007は二度死ぬ」とか「ミクロの決死圏」とかでは悪玉やったり。
この映画では超悪玉。めっちゃ悪い男を好演しております。
マッドサイエンティストのプレゼンスさま。
彼は人間と植物を合成させ、植物人間を創造しようとしております。
植物ってすごいですよね。自分の体内でエネルギー合成できるわけだし。
だからこの博士の気持ちもわかるんだけど。
博士は町で人を誘拐しまして、植物人間合成の実験を繰り返しております。
実験に失敗した個体は、旅回りの見世物一座に払い下げられます。
で、そうこうしているうちに植物人間は次第に弱っていきまして、その一座で最後を迎えると、そういうことでございますね。
普通の描くと、ほお、そういう映画なんやって思ってそれで終わりなんですが、この映画の強烈なところは、見世物一座の座員役に本物の「フリークス」を起用しているところです。
彼らはまるで見世物小屋に自分たちの姿を見にきた観客に自分の症状を説明するかのようなトーンで、自分のどこが他人と違うかを説明していきます。
「フリークス」って言葉が訳しにくいんですが。まあ「畸形」と訳すべきなんでしょうか。
五分ほどのこのシーンがとにかくこの作品を微妙なものにしています。
考え方によってはとっても非人道的な作品。
フリークスを見世物として扱っているわけです。
しかし彼らは自分自身の特異な部分をさらすことを生きる術として選んだ人なわけで、その気持ちを全否定するのもどうかとは思いますし。
まあ、ここらあたりが放送されないであろうと考えられる理由であります。
さて物語のほうですが、結局、人間改造手術を行っていた博士は、植物人間によって殺され、見世物一座でフリークスたちを苦しめていた男はフリークスたちの手で罰をうけます。
トッド・プラウニング監督の1932年の作品、「怪物団」の、ある意味リメイク。
ただ、フリークスを現実に登場させた人間ドラマである「怪物団」と、ホラーというフィールドでしか物語を展開できなかった「悪魔の植物人間」。
作品的評価は明らかかと思われます。
パパの採点。10点満点中4点。
映画の中に現実のフリークスを登場させる神経ってのは私にはやはり理解できませんです。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について