目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

148 / 183ページ

モダン・タイムス

1936年アメリカ映画
監督 チャールズ・チャップリン
主演 チャールズ・チャップリン、ポーレット・ゴダード、ヘンリー・バーグマン、チェスター・コンクリン

昔話でございます。私が劇団活動をしていたころの話。ある舞台で、サンドイッチマンの役をやることになったわけでございます。
で、演出家のイメージはチャップリンさまなんだと。
この頃はホームビデオが普及しはじめた頃で、今は昔の「VHS対ベータ戦争」なんてやってたころです。
役柄のためですから、チャップリンさまの映画けっこう見ました。
でも長編ってなぜかVHSばっかりだったりして、しかたなく短編集とか見たりして。
「君ね、チャップリンってのはユーモアとペーソスだよ。それを身体で表現したまえ」っていう先輩と、「チャップリンはね、ペーソスとかじゃなくて生きるバイタリティを体現しているんだよ。もっと力強く演じなさい」って別の先輩と。
けっきょくわけわからんまま必死にサンドイッチマン役を演じた若き日の私でしたあ。
チャップリンさまの世界って「ユーモアとペーソス」なのか「生きるバイタリティ」なのか。多分両方なんでしょうね。
私はそれ以上に、反骨心とか批判精神みたいなものを感じましたが。
大工場で働くチャップリンさま。彼はベルトコンベアで運ばれてくる部品のネジを締め続けるうちに手が止まらなくなり、おかしい人と間違えられてそういう系の病院に送られます。
退院したものの、会社は当然クビになっております。あてもなく街をさまよっておりましたら、デモ隊の指導者と間違えられて今度は刑務所送り。
そこからも求職者チャップリンさまの受難は続くわけですな。
やがて彼は波止場で盗みを働く少女ゴダードさまと知り合います。二人はそろって職探しを続けるわけですが… 
これでもかこれでもかと展開していくストーリー。確実に笑いのポイントを押さえながら、それでいながら別のメッセージが伝わってくるのはさすがとしか言いようがありませんなあ。
この作品が製作されたのは、トーキー映画が公開された十年後。
もちろんトーキー全盛の頃ですね。
サイレントにこだわっていたチャップリンがはじめて観客たちに聞かせた肉声が、かの有名な「ティナティナ」の曲。
意味のない歌詞に振りをつけて歌うってのがなんかチャップリンさまらしいですね。
それでも伝わってくる歌詞の意味。とんでもない表現力だと思います。
パパの採点。10点満点で9点。
ありがちな評価ですが、ほとんどマイナス材料が見つかりません。やっぱりチャップリンさまって天才だったんだなあ。


チャップリンの黄金狂時代

1925年アメリカ映画
監督 チャールズ・チャップリン
主演 チャールズ・チャップリン、ジョージア・ヘール、マック・スエイン

数あるチャップリン映画のなかでも最高傑作のひとつに数えられる傑作長編コメディでございます。
原題は「ザ・ゴールド・ラッシュ」。そのままやんけ。
この映画を見たのは小学五年のとき。
隣の駅の近所に名画座とB級映画館の中間みたいな映画館がありまして、小学生の私は自転車に乗って見に行きました。
併映は「シンドバット黄金の航海」だったです。ってことですから、私的にはかなりアーリーな時期に見た映画でございます。
それでも強烈に印象に残っている場面がたくさんありまして、さすがチャップリンさまやなあって感心してしまいます。
ゴールドラッシュのころのアラスカが舞台です。一攫千金を夢見る放浪者チャップリンさまの夢と希望の物語。あーこりゃこりゃ。
この作品が最高傑作といわれる所以は、とにかく優れたシチュエーションの名場面が多いことにつきます。
中でも山小屋のシーンは秀逸。
飢えたチャップリンと相棒が、履いていた靴を調理して食べる場面。
フォークとナイフを巧みに使い、まるで豪華ディナーの魚料理を食べるように「靴」を食べちゃいます。
すげえすげえ。靴紐を食べるところはなんかスパゲティを食べるときみたい。
この場面はチャップリンの全作品の全ての演技の中でもかなり上位にランキングされる名演であると思います。
そこから一転して、風で飛ばされた山小屋が谷底に転落しそうになる場面。これもすごくいい場面です。
強烈なサスペンス描写。でもコメディとして見事に消化されている。すげえすげえ。
とにかく抱腹絶倒のコメディ作品です。
しかし、後の作品に見られるような、強烈な体制批判だとか文明批判、英雄批判などの辛口の切れ味は感じられません。
まああえて言うとそこらがマイナスポイントなんでしょうが、それもチャップリンさまの作品を相互に批判しあったうえではじめてでてくる意見だと思います。
作品単独で考えると、やはりとんでもない傑作でございます。
パパの採点。10点満点で8点。
理由。個人的に高く評価しております「モダンタイムス」が9点だったもんで、どうしてもそれより低くなってしまいます。
しかたないところですなあ。


街の灯

1931年アメリカ映画
監督 チャールズ・チャップリン
主演 チャールズ・チャップリン、バージニア・チェリル、フローレンス・リー


チャップリンさまが初めて肉声を披露した「モダンタイムス」の五年前の作品です。
「モダンタイムス」のころにはハリウッドはすっかりトーキー映画が主流になってしまっていたことは「モダンタイムス」のご紹介のときに書きましたですね。
この「街の灯」が製作されたときはちょうどサイレントからトーキーへと時代が流れていたころです。
チャップリンさまがサイレント映画へのこだわりを見せた執念の作品がこの「街の灯」なんじゃないでしょうか。
物語はねえ、すっごく良い話です。
浮浪者チャップリンさま。
彼は街で、盲目の花売り娘と知り合います。花を買ってあげたいんだけどお金はない。
そういうわけでチャップリンさまはいろいろな仕事をしてお金をためて、花を買おうとするわけですね。
で、チャップリンさまは娘との会話の中で、彼女の目は手術をすれば直るってことを知ります。
ますますお金を用意しなきゃならなくなったチャップリンさまでございます。
ある日、彼は酔っ払いの大富豪と知り合い、意気投合。
大富豪は手術費用になるような大金をポンとくれます。
大喜びで娘にお金を渡すチャップリンさま。
しかしその大富豪、酔いがさめたら自分がやったことを忘れてしまっております。
その結果チャップリンさまは泥棒だってことにされちゃって、警察にやっかいになることになります。
で、数年後。
刑期を終えて出所したチャップリンさま。
手術で目が見えるようになり、幸せな毎日を送っている娘が、町をうろつく浮浪者チャップリンさまに目をとめます。
娘は彼を哀れみ、お金を恵んであげようとしますが…
結末はとにかく有名な「あなただったの…」って字幕。
娘とチャップリンさまの何ともいえない表情。
おお、ペーソスやあ。チャップリン世界を表す言葉に「ユーモアとペーソス」って言葉がありますが、このペーソスって言葉はおそらくこの作品あたりの演技を言うのでしょうね。むっちゃ哀愁ですもんね。
パパの採点。10点満点で8点。
すごく良い作品なんだけど、「モダンタイムス」「独裁者」「黄金狂時代」「ライムライト」あたりの作品と比べると、やや弱いかなあ。
あくまでも、これは好みの問題ですが。
ってことで申し訳ないですが、「モダンタイムス」より1ポイント下の8点でございます。


死霊のはらわた

1983年アメリカ映画
監督 サム・ライミ
主演 ブルース・キャンベル、エレン・サントワイズ

チャップリン作品三連発のあとにいきなりこの映画はないわなあ。
作品のカラー違いすぎ。
映画紹介の日記的ブログでオンエア予定日順に作品を解説していったら、結果的にこういう並びになっちゃうわけですなあ。ほんま、びっくりします。
サム・ライミ監督のデビュー作になります。
「スプラッター・ムービー」という言葉を一般化させた傑作ホラーでございます。
指が潰されるだとか、死霊の体がずぶずぶ崩れていくだとか、もうやめてや、みたいな残酷描写が売り物の作品。
悪魔の墓がある、みたいな伝説のある地にやってきた男二人女二人のグループ。
なんか自主映画製作のチームだったような記憶もあるんですが…記憶違いかなあ。
とにかくそういう危険な場所にある山小屋に入った四人。
彼らは何も知らずに、たまたま手に入れた「悪魔復活の呪文」を唱えてしまいます。
で、お約束の悪魔復活でございます。
かわゆい女の子が、突然えげつない悪魔の顔に変わりまして、「しぎゃあああああ」とか言うわけでございます。
とんでもない極悪特殊メイク。で、「スプラッター」というジャンルを創造したともいえる、強烈シーンがやたらひたすら、延々と続くわけでございます。
どうでもええけど、山小屋の中での残虐シーン長すぎ。
もうお腹いっぱいになってしまいました。まあ残虐シーンがウリだから、たっぷりやりたい気持ちはわかるんですが。
とりあえずホラー映画好きの私が見ても「めっちゃ長いスプラッターシーン」って思うくらいのボリュームでございます。
画面とかなんかざらざらした感じがします。
ちょっと画面とかも遠いように感じます。
今はもっときれいな画像でもっときれいなホラーが撮れるでしょうね。
というより逆に、あのザラザラした感じでもいいんだってスタートラインがあったからこそ低予算でも仕上がったんだろうなあ。
パパの採点。10点満点で6点。
歴史的傑作であるというのはよくわかるんですが、やはりこの映画の世界は肌にあわないです。サム・ライミ監督ごめんなさい。


チャップリンの独裁者

1940年アメリカ映画
監督 チャールズ・チャップリン
主演 チャールズ・チャップリン、ポーレット・ゴダード

前回は「死霊のはらわた」。で、今回は「チャプリンの独裁者」。
ええ感じでとんでもない並びになりつつありますなあ。
なんかいいなあ。無節操な感じがして。と、けっこう自画自賛してます。
チャップリンさまのかなり後期の作品になると思います。
トーキーに抵抗を続けていたチャップリンさまですが、いよいよサイレントから卒業しちゃいました。
同時に、山高帽に燕尾服のスタイルで銀幕に登場するのもこの作品が最後。
ここからあとの「殺人狂時代」「サーカス」「ライムライト」ではかのチャップリンファッションは見ることはできません。
いろいろな意味でターニングポイントにあたる作品になりますでしょうか。
この作品ではチャップリンさまは二役を演じます。
かの「独裁者」と、その独裁者に間違われる街の床屋の二役。
独裁者と入れ代わり、大観衆の前で演説をする床屋。
その深いメッセージに胸が熱くなりますですね。
この作品が製作されたのは、ナチスドイツが次第に勢力を増していった時期です。
1940年ですもんね。
第二次世界大戦の情勢がはっきりしないこの時点でこの作品を撮るってのは、とんでもなくすごいことだったんだろうなあと思います。
資料によると、ごっつい勢いの妨害なんかもあったようですよね。
それでも撮影を続け、これだけの傑作を完成させたチャップリンさまの才能と努力には頭が下がる思いですよね~
しかしながらチャップリンさまはこの「独裁者」と、この後発表する「殺人狂時代」で、思想が偏向していると指摘され、「赤狩り」の対象にされかかってハリウッドを追われることになってしまいます。
それってとんでもない文化的損失なんだけど。
「アカ狩り」やっている人たちにはわからなかったんでしょうね。
ちなみに、「赤狩り」についてはロバート・デ・ニーロさま主演の「真実の瞬間」なんかで詳しく描かれております。
興味のある人はこちらもご覧いただきたいと思いますです。
パパの採点。10点満点で7点。
ちょっとテーマが深すぎて重すぎるきらいがあるようです。
間違いなく傑作なんですが。何度も書きますが、私的には「モダン・タイムス」のほうが好きな作品ですので、「モダン・タイムス」より1ポイント低い7点ってことでお許しくだされ。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について