目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

144 / 183ページ

チャンプ

1979年アメリカ映画
監督 フランコ・ゼフェレッリ
主演 ジョン・ボイド、フェイ・ダナウエイ、リッキー・シュローダー

私が知る限りにおいて、史上最強の「お涙ちょうだい映画」でございます。
こういう映画を見るときは、ハンカチ(タオルのほうがいいかなあ)ティッシュをスタンバイして、「よっしゃ、めっちゃ泣いたるで~」みたいな気分で見るのが正解かと思います。
「ロミオとジュリエット」の名匠フランコ・ゼフェレッリが情感たっぷりにこれでもかこれでもかと泣かせてくれます。
さあ、泣いていただきましょう~
ボイドさまはボクシングの元世界チャンピオン。
妻ダナウエイさまと別れ、息子シュローダーさまと暮らしております。
それでもかつて手に入れた栄光の座にカムバックしようと、トレーニングに励んでおります。
もちろんボクシングだけでは生活できないわけですから、競馬場で働いたりしているわけですね。
息子はそんな父のことを「チャンプ」と呼んでおります。
チャンピオンだった父をめっちゃ尊敬しているわけですね。
で、少年は父が再び世界チャンピオンになることを信じておるわけでございます。
老ボクサー、愛する息子のために戦います。
って展開の話です。
となると、ここから先はああなってこうなって、結局こうなってこうなるんだろうなあ、って予測がつくと思いますが、そうです。その通りです。
物語の展開が読めるのに泣けてしまうのは何故なんでしょう。めっちゃ謎やわ。
リッキー・シュローダーさまがめっちゃ巧いです。
そら泣くわな。こんな名演技見せられたら。
ジョン・ボイドさまもけっこういい感じです。
実はこの頃のジョン・ボイドさまってあんまり好きじゃなかったんですが。
なんかねえ、感動作とか文芸作とかばっかりに出ていた印象がありまして。
しかし近年、「エネミー・オブ・アメリカ」とか「トゥームレイダー」とか「ミッション・インポッシブル」みたいな娯楽作品にバンバン出るようになって、最近ではけっこう好きな俳優さんになりました。
フェイ・ダナウエイさまはなんかすっごくありがちな感じに描かれておりますです。
大女優なのに。ここらはちょっと減点材料かな。
ただ、「お涙ちょうだい」ものですからしかたないかもしれませんが、泣かせよう演出がちょっと鼻につきますね。
それでも泣いてしまうからどうしようもないんだけど。
私の評価は十点満点で七点でございます。


エクソシスト

1973年アメリカ映画
監督 ウイリアム・フリードキン
主演 リンダ・ブレア、エレン・バースティン、マックス・フォン・シドウ、ジェーソン・ミラー

70年代前半のオカルト映画ブームの火付け役となった作品でございます。
この映画の公開直後に「ヘルハウス」「悪魔のシスター」などの作品が次々に紹介されました。
で、その後続けて公開されたホラー映画(「吸血の群れ」とか「悪魔のいけにえ」あたりが公開された時期じゃないかと記憶しているのですが。記憶違いならごめんなさい~)を含めて「オカルト映画」ブームなんて流れが生まれました。
まあオカルトな要素のない、今でいうスプラッター映画とかショック映画なんかもオカルト映画なんて紹介されたりしておりました。
ともあれこの作品は間違いなく心霊現象を扱う「オカルト」映画でございます。
バースティンさまの娘、ブレアさまがある日突然奇妙な行動をとったり、変な言葉を言ったりします。
医者だとか精神分析医だとかがブレアさまを診察しますが、原因がわからない。
やがて彼女の奇妙な言動の原因は「悪魔憑き」ではないかという話になりまして、彼女のもとに二人の神父が派遣されてまいります。
この二人がシドウさまとミラーさまなわけですな。
かくして二人の神父と悪魔の壮絶な戦いが繰り広げられるわけでございます。
リンダ・ブレアさま、この頃はまだまだかわいいですね。
この直後の「エアポート75」でぽっちゃりとして、さらにこのあとの「エクソシスト2」ではでっかく成長した姿を見せてくれております。
あ、今のところで、普通は「美しく成長した姿」って書くべきところですが、あえて「でっかく成長」という記述をさせていただきました。
だって本当にでっかく成長したんだもん。
ちなみに73年の公開当時にはカットされたシーンが追加・再編集された「エクソシスト・ディレクターズカット版」が2000年に公開されました。
とはいっても、今ではすでにこの作品を軽く越える怖さの作品が量産されておりますので、怖さもほどほどって感じです。


エクソシスト2

1977年アメリカ映画
監督 ジョン・プアマン
主演 リンダ・ブレア、リチャード・バートン、ルイーズ・フレッチャー、マックス・フォン・シドウ

かの「エクソシスト」の続編でございます。
そりゃあね、ヒットした映画の続編を作るってのは映画界の当然の流れだから、止めはしませんが。
うむむ。どうなんやろ。
あの事件から四年。
平和に暮らす少女リーガン=ブレアさま。
事件は完全に終わったものだとみんな思っておりましたが、再びブレアさまに異変が起きます。
このころ、教会の命を受けて前回の悪魔払いを調べていた神父バートンさま。
シドウさまらの行った悪魔払いに間違いがあった可能性があることに気づき、かつてシドウさまが悪魔パズズと戦った儀式を行ったアフリカに飛ぶわけですな。
この神父と少女の人生がやがて錯綜することになるわけでございます。
難解で宗教性の高い作品です。
さすがジョン・プアマン大先生でございますなあ。
コアでディープなファンの中には、「エクソシスト」こそ邪道で、この「エクソシスト2」こそ傑作であるなんておっしゃる人もおられます。
まあねえ、これは映画のみかたですから、人それぞれだとは思いますが。
そもそも第一作のメガホンをとったウイリアム・フリードキンさまって監督さんもかなり個性が強く、好き嫌いが激しい監督さんだったですしね。
ただ、娯楽に徹した前作よりも哲学的な本作を推す人の気持ちもわからないではないって作品。
でも私はこんな世界観はとっても苦手。
だって宗教っぽい作品ってついていけないんだもん。
作品クライマックスは、有名なイナゴの大群が押し寄せてくるシーン。
若干ネタバレで申し訳ありませぬ。
悪魔の力の象徴としてのイナゴに対抗するのは、実は神の力を宿していた少女リーガン=ブレアさま。
でもぽっちゃり。
あかんがな。
気持ちはわかるんだけど。
こういうシーン撮りたかったんだったら、ぽっちゃりブレアさまはミスキャストだったんじゃなかろうかって思います。
個人的に、ですが。
私の採点。
宗教映画が苦手なので点数は低め。さらにクライマックスでリンダ・ブレアさまがぽっちゃりしていたのでさらに減点です。
10点満点で4点。プアマン監督ごめんなさい。


ミッション・インポッシブル

1996年アメリカ映画
監督 ブライアン・デ・パルマ
主演 トム・クルーズ、ジョン・ボイド、エマニュエル・ベアール、ジャン・レノ、ヴァネッサ・レッドグレーブ

うおおおおおお。
見てましたよね、「スパイ大作戦」。
ピーター・グレーブスさまだとかマーティン・ランドーさまだとかレナード・ニモイさまだとかが出ていたテレビドラマです。
めっちゃおもろかった。
私と同世代の人(というか、私はけっこう早熟映画少年だったから、実際には私より少し上の世代なんですが)なら涙ちょちょ切れるテーマ曲。
この曲がまた聴けるとは思ってなかったです。
「おはようフェルプス君」のジム・フェルプスはドラマのピーター・グレーブスさまからジョン・ボイドさまに変わっておりまして、なんでだろうって思ってたら、あとでわかるちゃんとした理由がありました。
この役をピーター・グレーブスさまに振っちゃいけませんやね。
ピーター・グレーブスさまはこの「ミッション・インポッシブル」については批判的だったそうでございます。
そらそやろ。そんなグレーブスさま2010年に他界されておりました。
えっと、スパイ組織IMFのエージェントたちの物語です。
クルーズさま、ボイドさま、ベアールさまらは、西側スパイの機密情報を東側に売ろうとしているスパイを逮捕するというミッションに失敗し、チームはクルーズさまを除いて全滅。
クルーズさま、しかたなく本部と連絡をとります。
しかし何か様子がおかしい。
実は本部の立てたこのミッションてのは罠だったわけでございます。
そもそもこの任務ってのが、クルーズさまのいるチームに潜む裏切り者をあぶりだすための囮指令だったわけでございます。
当然、疑惑の目はチームの唯一の生存者クルーズさまに向けられます。
でもってクルーズさまは逮捕直前に脱走。
自らの手で真の裏切り者を探し出そうと動きはじめます。
まず、最初のミッションで奪還するはずだった「東側に潜入している西側スパイのリスト」を買いたがっている武器商人「マックス」=レッドグレーブさまに話をもちかけ、IMF本部に潜入して本物のスパイのリストをコピーします。
そしてそのデータをレッドグレーブさまに売るって話を進め、生き残っているはずの裏切り者をおびきだすと、こういった作戦ざます。
すげえすげえ。
さすがデ・パルマ監督。
最初から最後までハラハラドキドキ。すっごい集中して見ちゃいました。
めっちゃ面白いですよ~
私の採点。
娯楽映画って大好きだから点数あまいです。
10点満点で9点。さすがデ・パルマ監督。


モダン・タイムス

1936年アメリカ映画
監督 チャールズ・チャップリン
主演 チャールズ・チャップリン、ポーレット・ゴダード、ヘンリー・バーグマン、チェスター・コンクリン

昔話でございます。私が劇団活動をしていたころの話。ある舞台で、サンドイッチマンの役をやることになったわけでございます。
で、演出家のイメージはチャップリンさまなんだと。
この頃はホームビデオが普及しはじめた頃で、今は昔の「VHS対ベータ戦争」なんてやってたころです。
役柄のためですから、チャップリンさまの映画けっこう見ました。
でも長編ってなぜかVHSばっかりだったりして、しかたなく短編集とか見たりして。
「君ね、チャップリンってのはユーモアとペーソスだよ。それを身体で表現したまえ」っていう先輩と、「チャップリンはね、ペーソスとかじゃなくて生きるバイタリティを体現しているんだよ。もっと力強く演じなさい」って別の先輩と。
けっきょくわけわからんまま必死にサンドイッチマン役を演じた若き日の私でしたあ。
チャップリンさまの世界って「ユーモアとペーソス」なのか「生きるバイタリティ」なのか。多分両方なんでしょうね。
私はそれ以上に、反骨心とか批判精神みたいなものを感じましたが。
大工場で働くチャップリンさま。彼はベルトコンベアで運ばれてくる部品のネジを締め続けるうちに手が止まらなくなり、おかしい人と間違えられてそういう系の病院に送られます。
退院したものの、会社は当然クビになっております。あてもなく街をさまよっておりましたら、デモ隊の指導者と間違えられて今度は刑務所送り。
そこからも求職者チャップリンさまの受難は続くわけですな。
やがて彼は波止場で盗みを働く少女ゴダードさまと知り合います。二人はそろって職探しを続けるわけですが… 
これでもかこれでもかと展開していくストーリー。確実に笑いのポイントを押さえながら、それでいながら別のメッセージが伝わってくるのはさすがとしか言いようがありませんなあ。
この作品が製作されたのは、トーキー映画が公開された十年後。
もちろんトーキー全盛の頃ですね。
サイレントにこだわっていたチャップリンがはじめて観客たちに聞かせた肉声が、かの有名な「ティナティナ」の曲。
意味のない歌詞に振りをつけて歌うってのがなんかチャップリンさまらしいですね。
それでも伝わってくる歌詞の意味。とんでもない表現力だと思います。
パパの採点。10点満点で9点。
ありがちな評価ですが、ほとんどマイナス材料が見つかりません。やっぱりチャップリンさまって天才だったんだなあ。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について