目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

138 / 183ページ

グレート・ブルー

1988年フランス映画
監督 リュック・ベッソン
主演 ロザンナ・アークエット、ジャン・マルク・バール、ジャン・レノ、ポール・シェナール

青春ものです。
「サブウエイ」でド注目を浴びた映像派監督のリュック・ベッソンの監督第三作。
私はこの映画を見たのはけっこう遅かったです。
同じベッソン監督の「アトランティス」とほぼ同じ時期に見ましたです。
「アトランティス」は1991年の作品で、これはけっこう公開されてすぐに見ましたから、ひょっとしたら見たのは「アトランティス」のほうが先だったかもしれないです。
この「アトランティス」はですねえ、仲良しさんの誕生日にDVDプレゼントとして選んだりするくらい好きな作品でございます。
「アトランティス」についてはまた後日ご紹介するといたしまして、今日のお題は「グレート・ブルー」でございます。
この作品とは別に、フランス語ヴァージョンの「グラン・ブルー~グレート・ブルー完全版」って作品があります。
これは英語ヴァージョン。
ダイビング器材、スキューバーなどを使わずに水深100メートル近くまで潜る「フリーダイビング」。
この潜水世界記録を競い合う二人の男を通して、「海」ってぇやつを描きます。
非常にわかりやすい前半。
でも、中盤から後半にかけて急にわかりにくくなります。
「2001年宇宙の旅」を思い出してしまいました。イメージショットのように描かれる「海」。
何かを象徴するかのように登場するイルカ。
この「海」だとか「イルカ」が何を意味するのか、わかったようなわからなかったような。
このへんを感覚的に見せるあたりがリュック・ベッソン監督の上手さなんでしょうかね。
それにしてもねえ、息苦しい映画じゃ。
なんかねえ、フリーダイビングの場面になったら、息止める必要ないのに息を止めてしまうのは私だけでしょうか。
なんかすっごい苦しい気分で映画見ておりましたです。
コラム書くにあたってリュック・ベッソンの監督のこと調べてみましたが、びっくりするほど作品少ないんですね。
もっと作品を撮っているもんだとばかり思っておりましたが、「TAXI」シリーズだとか「キス・オブ・ザ・ドラゴン」、「WASABI」などは製作・脚本リュック・ベッソンってことでした。
まあ私的にはこの作品、好きは好きなんだけど、このあとの「アトランティス」のほうがはるかに好きな作品でございますので、その分星は少なめの評価になってしまいますね。
ってことで私の採点は、星五つ満点だとしたら星三つでございます。


サタデー・ナイト・フィーバー

1977年アメリカ映画。
監督 ジョン・バダム
主演 ジョン・トラヴォルタ、カレン・リン・ゴーニイ、ドナ・ベスコー、バリー・ミラー

青春ものです。
いやあ、懐かしいなあ。
この映画の公開は私が中学生のころでした。
当時中学生だった私は、塾の休憩時間にトラボルタダンスの真似とかしてましたです。
映画のパンフレットにダンスの振り付けがイラストつきで描かれておりまして、塾にそのパンフレットを持ってきた友人とワーワー大騒ぎしながら踊っていた記憶がありますね。
いうまでもなく、ジョン・トラヴォルタさまをスターダムにのし上げた作品です。
普通の店員をしているあんちゃんのトラヴォルタさま。全くもって平日はトホホな男ですが、土曜の夜はディスコの花形になります。
ここでのダンスシーンがかっこええ。
ある日、彼はニューカマーの少女ゴーニイさまに目をつけます。
で、デュエットダンスを踊ってみたらこれがまた巧いわけですわな。
いつしか惹かれあう二人。このデュエットダンスもめっちゃかっこええです。
しかしそんな毎日もずっとは続かないものなわけですよね。
自分が夢中になっているディスコの世界の裏事情を知ったりとか、友達を亡くすとかの事件を乗り越え、トラヴォルタさまは自分自身を見つめはじめるわけでございます。
70年代後半の大ディスコブームに火をつけたのは誰が何といってもこの作品でございます。
そういう意味では伝説的な傑作ということになるでしょうね。
原題は邦題と同じ「サタデー・ナイト・フィーバー」。
フィーバーってのは熱病だとか熱中だとか、そういう意味に訳されると思いますが、本来はあまり良い意味の言葉ではないと思うのですが。
しかし、ディスコで踊ることを「フィーバーする」、熱中することも「フィーバー」(僕の先生はフィーバーなんてドラマ主題歌もありましたなあ)、果てにはパチンコで大当たりすることもフィーバーなんて言われるに至ります。
これらすべてこの映画が大当たりしたから生まれた使い方だと思います。
主題歌はビージーズ。
サウンドトラックからは「ステイン・アライブ」「恋のナイト・フィーバー」「愛はきらめきの中に」の三曲が同時にチャートインなんてえらい状況になりました。
これも懐かしい話ですよね。
この映画ねえ… 好きなんだけど、話題も記憶も印象もダンスシーンに集中しちゃいますよね。
ダンスシーンはとにかく素晴らしい。
しかしドラマ部分が少し弱く感じてしまいます。
ってことで、私の採点は、五点満点の三点でございます。


スタンド・バイ・ミー

1986年アメリカ映画
監督 ロブ・ライナー
主演 ウィル・リートン、リバー・フェニックス、コリー・フェルドマン、リチャード・ドレイファス

青春ものです。
スティーブン・キングの短編「死体」の映画化です。
この映画、めっちゃ好き。
この映画、というよりこの世界が大好きですね。
作品構造が好きというか。実は同じブクログさんでも公開しております拙作「ベストイレブン」って本がこの映画と同じ構造です。
おっさんになった主人公が、少年時代の友人の死をきっかけに、その人との関係を辿りなおすって構造でございます。
過去を思い出すおっさんがドレイファスさま。
ドレイファスさまをそのまま若くしたような少年リートンさまが主人公。
彼はフェニックスさま、フェルドマンさまら友人たちと田舎町で暮らしています。
彼らは秘密の隠れ家で遊んだりしているわけですわな。
彼らはそれぞれに家庭に問題を抱えていたりします。
というか、だからこそ彼らの結びつきがあったのかもしれませんね。
ある日、彼らは数十キロ先の線路沿いの森の中に、列車にはね飛ばされてそのまま発見されていない死体が放置されているという噂を聞きます。
で、彼らは生まれたときから一度も出たことのない町を出て、死体探しの旅に出発するわけでございます。
ベン・E・キングの歌う主題歌がめっちゃ良い感じ。
この曲を聴くだけで甘酸っぱい気分になります。
とにかく「少年時代の淡い思い出」って作品だとやたら評価が甘くなる私でございます。
そういえば「少年時代」も「瀬戸内少年野球団」も私的評価はやたら高かったです。
そういうことで、とりあえずかなり好き度が高い作品です。
ただの少年時代回顧ものではなく、その後の彼らの人生そのものを暗示するってところまで踏み込んで描かれているところに好感がもてます。
ってことで、私の採点は、五点満点の四・五点でございます。
 

トゥームレイダー2

2003年アメリカ映画
監督 ヤン・デ・ボン
主演 アンジェリーナ・ジョリー、ノア・テイラー、クリストファー・バリー、ジェラルド・バトラー

コンピューターゲームとしても人気のトゥームレイダーシリーズの第二弾。
前作の破天荒でオカルティックな、おおらかな世界観が薄れ、スパイ映画のような生々しいストーリーが展開してまいります。
監督は「スピード」のヤン・デ・ボンでございます。
海底地震によってアレキサンダー大王の宮殿が姿を現します。
大王が集めた秘宝の中で、特に重要なものばかりを集めた「月の神殿」。
おなじみのララ・クロフト=アンジェリーナ・ジョリーさま、やっぱりその神殿に一番乗り。
真の秘宝のありかを記した黄金の珠みたいなものがありまして、それを調べているうちに悪漢が侵入。
あわれジョリーさまはその珠を奪われてしまいます。
仲間のギリシャ人ガイドも殺され、ジョリーさまは海面を漂流しているところを助けられて英国へ戻ります。
本国へ戻った彼女の前に現れたのはイギリス諜報部。
珠を奪った連中が、アレキサンダー大王の秘宝「パンドラの箱」を奪おうとしていることが明かされます。
この「パンドラの箱」ってのが、「決して開けてはいけない古代の細菌兵器」だってことがわかり、ジョリーさまは珠の奪還を目指して中国~上海~香港~そしてアフリカへと飛びまわります。
彼女を助けるのは、元恋人の傭兵バトラーさまでございます。
いぐわあああ。
オカルト色がちょっと薄れたといいますか、オカルティックな舞台設定が物語後半に集中したせいでしょうか、前半はジョリーさまの身体をはったアクションが拝見できます。
水上スキーとか軍用機からのパラシュート脱出だとかバイクアクションだとか岸壁ロープ急落下だとか。
ほんま、ようやりはりますなあ。
前作はかなり早い段階からロボットとか動く仏像だとかが出てきていたように記憶しているんですが。
こういうゲームの世界っぽいおいしいツールを、もっと早い段階から出していただきたかったですね。
前半はドラマでひっぱって後半はSFXで盛り上げる、というと「インディジョーンズ」みたいですが、明るく無邪気な冒険活劇としてもっと前半から盛り上げてもらいたかったなあって思いました。
やはり前半から中盤がちょっと生々しかったですね。


戦場のメリークリスマス

1983年日本・イギリス合作
監督 大島渚
主演 坂本龍一、デビッド・ボウイ、ビートたけし、トム・コンティ、内田裕也、ジョニー大倉

「愛のコリーダ」で世界中の注目を集めた大島渚監督、本格的世界進出を果たした作品でございます。
厳密にはこれの前の作品「愛の亡霊」が海外資本で撮った最初の作品になるかと思いますが、海外の大スターを起用して、大規模な海外ロケを行ったのはこの作品が最初…のはずでございます。
原作はサー・ローレンス・ヴァン・テル・ポストの「影の獄にて」。
とにかく海外では評価の高い大島監督ですが、国内ではめっちゃ評価が分かれる監督さんであり、評価の分かれる作品であることは間違いないですね。
同性愛映画が嫌いな方には、この映画にしても「御法度」にしても、耐えられない作品なのではないだろうかと思います。
この記事を書くにあたって、あるサイトの一般参加型のシネレビューを見ましたが、やっぱり評価は真っ二つ。
難しいんだなあ。
舞台はジャワの日本軍捕虜収容所。
ここに美しいイギリス人の捕虜、セリアズ=ボウイさまが送られてきます。
収容所の司令官、ヨノイ=坂本さま、ときめくぅ、みたいな。
ボウイさまの行動・考え方がさざ波のように日本兵の間に広がり、少しずつ収容所の雰囲気がおかしくなってくるわけですな。
おかしくなるのはもっぱら坂本さまなんだけど。
坂本さまは自身の動揺を払拭しようと、収容所全体に「行」(苦行、荒行の『行』です)を強制します。
さらには負傷兵や瀕死の病人を含め、全捕虜に召集をかけたりします。
で、ここで有名なシーン。
ボウイさまが優雅に坂本さまに歩み寄り、抱擁しキスをする。
なんじゃそりゃ。
その罪でボウイさまは顔だけ出して生き埋めにされ、坂本さまは切腹、だそうです。
これがヨノイとセリアズの物語。
それと並行して、下士官ハラ=たけしさまと日本語が話せるイギリス人捕虜ローレンス=コンティさまとの物語があったりするわけです。
ラストシーンは日本敗戦後、戦犯として処刑される前夜のたけしさまとコンティさまの再会。
このシーンが好きですね。
幕切れのたけしさんのセリフと、そこから始まるテーマ曲。
この流れだけは鳥肌もの。この一瞬のために全てのドラマがあったんじゃないかなとさえ思ってしまいます。
ってことは坂本龍一様の映画音楽があったらそれでよかったんだろうか。
って意地悪な考え方してしまいそうになるくらい、このシーンは大好きでございます。
しかしながら作品評価はやや低めの10点満点の5点。ちょっと無条件では推薦できない映画かもしれませんね。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について