目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

134 / 183ページ

小さな恋のメロディ

1971年アメリカ映画
監督 ワリス・フセイン
主演 マーク・レスター、トレーシー・ハイド、ジャック・ワイルド

恋愛ものです。
後に「エンゼルハート」「ミッドナイト・エクスプレス」などの名作を手がけることになるアラン・パーカー監督が、脚本家として映画界入りしたのがこの作品。
へえ、そうやったんや、と感心してしまいました。
役者から監督(イーストウッドさまとかレッドフォードさまとかが有名ですわな。リチャード・アッテンボローさまもそうやなあ)とか、カメラマンから監督(ピーター・ハイアムズさまなんかがそうですよね)、舞台演出家から監督(実は多いこのパターン。日本では蜷川さまなんかが有名ですが、ブロードウエイの演出家出身の監督さんってけっこういてます)。
いろんなパターンでみんな監督として成功しているんだなあ。
映画監督から作家(ジュラシック・パークのマイクル・クライトンさまなんかは元映画監督です。「ウエストワールド」なんか撮っております)、逆に作家から映画監督(クライブ・バーカーさまなんかは「ヘルレイザー」を撮ってるし、スティーブン・キングさまも自ら「シャイニング」のリメイクを製作しておりますよね)なんて人もおります。
そんな感じで、映画監督がそれまでに監督以外で手がけていた作品なんかを調べてみるとけっこう面白い発見なんかがあったりしますよね。
さて「小さな恋のメロディ」です。
11歳のダニエル君=レスターさまとメロディちゃん=ハイドさまが恋におちます。
二人は純真に愛しあっているわけですな。
ある日二人は学校をさぼって海に遊びに行きます。
それを咎めた先生の前で、二人はいきなり結婚宣言しちゃいます。
あかんやろ。いくらなんでも、それはあかんやろ。
でもなんだか許してしまいそうになるふざけた映画でございます。
でもなあ。冷静に見てたら石なげたくなります。
って思い出があるってことは、「彼女できない症候群」時代に見た映画なんだろうなあ。
アホボケ勝手にさらせ、みたいな印象しか残ってなくて、純真な恋愛映画ファンの皆様ごめんなさいね~
ビージーズが歌う主題歌もとにかくええ感じの青春恋愛映画の傑作でございます。


恋しくて

1987年アメリカ映画
監督 ハワード・ドイッチ
主演 メアリー・スチュワート・マスターソン、エリック・ストルツ

恋愛ものです。
監督のハワード・ドイッチと脚本のジョン・ヒューズは「プリティ・イン・ピンク」で組んだ青春映画の巨匠だそうです。
まあ、巨匠なんやろ。ピンとこないけど。
実はこの映画大好きでございます。
主人公のマスターソンさまがめちゃタイプ。
かわいい。ええ感じ。
彼女がボーイッシュなドラマーガールだって設定もとにかくいいですなあ。
彼女は幼馴染の少年のことが好き。
だけど、彼は別の女の子のことが好き。
彼は彼女の気持ちに気づいていない。
で彼女は彼の恋を応援しようとします。
で、切ない気もちをドラムにぶつけると、こういったお話であります。
ひええええ。かわいそうすぎ。
めっちゃ感情移入してしまうわ。
というのもねえ、この映画を見たころに私が好きだった女の子も、ええ感じでボーイッシュだったし、その子にもやっぱり好きな男の子がいたんだけど、映画みたいにその男の子の恋愛応援してるフリとかしてたし。
ボーイッシュな女の子ってどうしてこう揃いも揃って素直じゃないんだろう。
あほめ。
そんなボーイッシュ系の子の恋愛を応援するフリして話を聞いたり、励ましたりするこっちの身にもなれってんだ。
バカ野郎。
こっちにも恋愛感情あるっちゅうねん。
…屈折してますなあ。私も。
なんか映画見てて胸いっぱいになっちゃって、大好きな映画の割には結末とか全然覚えてないし。
でも映画を見ているシチュエーションはめっちゃ鮮明に覚えていたりします。
その子と一緒に見たいなあって最初から最後まで思いながらみたせいでしょうかね。
なんかその日の夕食のメニューまで思い出しそうな勢いです。
あ、そうそう、この映画見た当時の私は炎の劇団員だったですから、早朝から昼くらいまでバイトして、帰ってビデオで映画見て、時間になったら稽古場に向かう、みたいな毎日だったような記憶があります。
だから夕食のメニュー思い出しそうって書いたわけです。
ま、いいんだけど。
とりあえずマスターソンさま見たさにこの映画もう一回見ちゃおうかなって思っている私です。

 

俺たちに明日はない

1967年アメリカ映画
監督 アーサー・ペン
主演 ウォーレン・ベイティ、フェイ・ダナウェイ、ジーン・ハックマン

青春ものです。
アメリカン・ニューシネマの先駆け的作品で、銀行強盗を重ねながら破滅への道をひた走る男女の青春を描いた作品でございます。
現代は「ボニー・アンド・クライド」。
主人公二人の名前でございます。めっちゃ素直。
同じアメリカン・ニューシネマの「明日に向かって撃て」の原題は「ブッチ・キャシデイとサンダンス・キッド」で、これまた主人公二人の名前です。
この二作は妙に共通点が多くてですね、タイトルに「明日」って言葉が入るとか、どちらも銀行強盗を描いているとか、どちらも作品ラストで主人公二人は悲劇的な死を迎えるだとか。
もちろん「明日に向かって撃て」のほうのラストはストップモーションではっきり殺された場面を映したわけではありませんけど。
さて「俺たちに明日はない」です。
1930年代のダラス。
この町でウェイトレスとして働くボニー=ダナウェイさまと自動車泥棒のクライド=ベイティさま。
彼らは意気投合し、やがて銀行強盗という犯罪に手を染めるようになります。
次第に仲間ができてきますが、仲間が増えるにつれて彼らにかけられる賞金の金額もあがっていくわけですね。
銀行強盗を繰り返すうち、次第にその現場は凄惨なものになっていくわけですね。
やがて仲間は一人やられ、二人やられ。
それがまた二人を追い詰めたりします。
クライマックスちかくで、男性としての能力に問題があったクライドとボニーは結ばれます。
つかの間も恋人気分を味わう二人。
しかしそういう場面さえも、映画史に残る悲惨なラストをより際立たせるツールのように感じられてしまいます。
結局二人は結ばれてすぐに、87発の弾丸を体じゅうに浴びるという末路をたどるわけですな。
余韻も何もなく、とにかくマシンガンで撃たれまくって終わり。
実に衝撃的なラストでございます。
このラスト、あまりにリアルで凄惨で、夢に見るほど衝撃的だった記憶がございますです。
製作者も兼ねたベイティも、ヒロインのダナウェイも、この作品一本で大スターの仲間入りを果たしました。
ちなみにちなみに、ウオーレン・ベイティって、この映画のころはウオーレン・ビューティっていってましたよね。
「天国からきたチャンピオン」のときはまだビューティって表記されてたような気がします。
「レッズ」あたりで表記を変えたのでしょうかね。
「ディック・トレーシー」の時点では、ベイティになってました。
ま、別にどっちでもいいちゃあどっちでもいいんだけど。


火山高

2001年韓国映画
監督 キム・テギュン
主演 チャン・ヒョク、シン・ミナ、キム・スロ

青春ものです。
というよりSFX格闘学園青春ムービーでございます。
この映画を青春映画として紹介していいものかどうか、ちょいと悩みましたが。
「僕の彼女を紹介します」で、すっかり良いポジションにいってしまったチャン・ヒョクさまの主演作品でございます。
あらすじ上手く書けるかなあ。あまりにも破天荒な内容なんだけど。
ある学校に武術の秘伝書がありまして、その秘伝書をめぐって教頭一派と学生の運動部一派が争いを続けております。
秘伝書のありかを知っていた校長は、教頭の陰謀で化石みたいになっております。
そんな学校に気功を操る高校生(チャン・ヒョクさま)が転校してきます。
この時点では教頭一派がやや不利。
でも運動部一派も一枚岩というわけではなく、ウェートリフティング部とラグビー部、さらに戦いを止めさせたがっている女生徒会長を擁する剣道部が、秘伝書をめぐってつば競り合いをしているわけですね。
やってきたのが気功を操る転校生ですから、みんな彼を味方につけようとします。
なんせこの生徒は、先生が投げたチョークを気功の力で空中で止め、それを手を使わずに投げ返すみたいな技が使える男なわけでして。
しかし転校生は戦いを望まないわけですね。
旗色が悪い教頭、彼は強力な助っ人を連れてきます。
「学園鎮圧教師軍団」でございます。
気功を使える教師軍団なわけですね。
んで、この軍団のリーダー教師は気功の力で空を飛んだりするわけですな。
メチャクチャですが、面白い。
私、こんな世界を普通に許してしまうタイプでございます。
なんせコミックスの「炎の転校生」大好きだったんだもん。
というか「こち亀」みたいにちゃんとした組み立てで笑わせる作品より、主人公がいきなりツエッペリンに変身する「マカロニほうれん荘」が好きなタイプだったというか。
とにかくそんな私にはこたえられない傑作でございます。
韓国の俳優さんたちの名前よくわからないんですが、剣道部キャプテンの生徒会長役の女の子、めっちゃかわいい。
チャン・ヒョクさまよりもこの子がブレイクして欲しいでござる~


グレート・ブルー

1988年フランス映画
監督 リュック・ベッソン
主演 ロザンナ・アークエット、ジャン・マルク・バール、ジャン・レノ、ポール・シェナール

青春ものです。
「サブウエイ」でド注目を浴びた映像派監督のリュック・ベッソンの監督第三作。
私はこの映画を見たのはけっこう遅かったです。
同じベッソン監督の「アトランティス」とほぼ同じ時期に見ましたです。
「アトランティス」は1991年の作品で、これはけっこう公開されてすぐに見ましたから、ひょっとしたら見たのは「アトランティス」のほうが先だったかもしれないです。
この「アトランティス」はですねえ、仲良しさんの誕生日にDVDプレゼントとして選んだりするくらい好きな作品でございます。
「アトランティス」についてはまた後日ご紹介するといたしまして、今日のお題は「グレート・ブルー」でございます。
この作品とは別に、フランス語ヴァージョンの「グラン・ブルー~グレート・ブルー完全版」って作品があります。
これは英語ヴァージョン。
ダイビング器材、スキューバーなどを使わずに水深100メートル近くまで潜る「フリーダイビング」。
この潜水世界記録を競い合う二人の男を通して、「海」ってぇやつを描きます。
非常にわかりやすい前半。
でも、中盤から後半にかけて急にわかりにくくなります。
「2001年宇宙の旅」を思い出してしまいました。イメージショットのように描かれる「海」。
何かを象徴するかのように登場するイルカ。
この「海」だとか「イルカ」が何を意味するのか、わかったようなわからなかったような。
このへんを感覚的に見せるあたりがリュック・ベッソン監督の上手さなんでしょうかね。
それにしてもねえ、息苦しい映画じゃ。
なんかねえ、フリーダイビングの場面になったら、息止める必要ないのに息を止めてしまうのは私だけでしょうか。
なんかすっごい苦しい気分で映画見ておりましたです。
コラム書くにあたってリュック・ベッソンの監督のこと調べてみましたが、びっくりするほど作品少ないんですね。
もっと作品を撮っているもんだとばかり思っておりましたが、「TAXI」シリーズだとか「キス・オブ・ザ・ドラゴン」、「WASABI」などは製作・脚本リュック・ベッソンってことでした。
まあ私的にはこの作品、好きは好きなんだけど、このあとの「アトランティス」のほうがはるかに好きな作品でございますので、その分星は少なめの評価になってしまいますね。
ってことで私の採点は、星五つ満点だとしたら星三つでございます。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について