目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

129 / 183ページ

ゴースト・ニューヨークの幻

1990年アメリカ映画
監督 ジェリー・ザッカー
主演 パトリック・スエッジ、デミ・ムーア、ウーピー・ゴールドバーグ

とりあえずずっと避けて通っていた恋愛ものとか青春ものとかをつらつらとご紹介してまいりましょう。
定番のラブストーリー、「ゴースト~ニューヨークの幻」でござる。
この映画が公開されたころは私はちょうど二十代の後半でございました。
高校大学の友人たちは結婚ラッシュ。
結婚式のBGMでこの映画の主題歌、聴いた聴いた。
「うおおおお、まっはいらぁぶ、まっはいだぁありん」って曲です。
恋愛映画が苦手な私は、この曲聴くだけで「もうええやん」って思ってしまいます。
こんな私ってひねくれ者でしょうか。
主人公のスエッジさまは恋人ムーアさまと結婚カウントダウン状態。
お二人はアツアツでございます。
ムーアさまは陶芸なんぞをやっておりまして、二人でロクロなんぞをまわしながらいちゃいちゃします。
で、流れる主題歌。
「うおおおお、まっはいらぁぶ、まっはいだぁありん」、もうええか。
ある日、スエッジさまとムーアさまが夜の町を歩いておりましたら、突然暴漢が襲撃してきまして、スエッジさま、殺されてしまいます。
で、彼は幽霊となって現世に残るわけですね。そしてムーアさまを守ることになります。
誰から守るねんって話なんですが、実はスエッジさまを殺したのは物盗りとかの暴漢ではなく、黒幕に殺人を依頼されていた男なんですね。
で、その黒幕ってのがスエッジさまの同僚だったわけです。
同僚は不法行為で会社の金を使い込みしておりまして、不明瞭な金の流れに気づきそうになったスエッジさまの口を封じようって理由で殺したわけなんですね。
不正の証拠がスエッジさまの遺品の中にあったもんだから、ムーアの周囲にも悪漢たちの魔手がせまります。
スエッジさまは街でインチキ占いをしている女ゴールドバーグさまに近づきます。
彼女は占いこそインチキだったんですが、実は死者の声を聞くことができるって能力があります。
かくしてムーアさまとゴールドバーグさま(と亡霊スエッジさまですな)は、悪漢たちに立ち向かうことになります。
とはいっても三人が共同で立ち向かうのは物語クライマックスになってからで、スエッジさまが幽霊としてうろうろしているてことを信じないムーアさまは、ゴールドバーグさまをインチキ女だと決めつけていた関係で、物語中盤はスエッジさまとゴールドバーグさまのコンビでワルたちに対抗するわけでございます。
えーっと、死んでしまっちゃラブシーンなんぞできないわけですが、中盤のもりあがりのところで、スエッジさまがゴールドバーグさまの体に乗り移ってムーアさまとキスする、なんてシーンがあります。
冷静に考えると気持ちわるですな。
私だったらたとえ夏目雅子さまの幽霊でも、男に乗り移ってたらキスなんぞしません。
結末はとってもハリウッド的な、勧善懲悪のラストです。
こういうオチしかつけられなかったのかなあ。
もっと他の結末があってもよかったんじゃないかと思いますが。


ひまわり

1970年イタリヤ映画
監督 ヴィットリオ・デ・シーカ
主演 ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ

恋愛ものを集中的にとりあげてまいります。
シリーズで恋愛ものいくとなると、やっぱりこれくらいの作品とりあげとかないといけませんやな。
小学校の同級生にかなりおませさんの女の子がおりまして、その子はソフィア・ローレンさまの大ファンでした。
へえ、そうなんやってその子の話を聞いていた私ですが、そのころすでに「ロードショー」とかのジャクリーン・ビセットさまだとかラクウェル・ウェルチさまなんぞの水着グラビア切り抜いて引き出しの中に隠してたいけない小学生でしたが。
そんなソフィア・ローレンさまの主演作品です。
この人、すげえ乳でかいし、若いころはめっちゃきれいだったっす。
この「ひまわり」のころはけっこうオバサンっぽくなってましたが。
戦争に引き裂かれた男女の悲恋もの。出征して帰らない夫マストロヤンニさまを探す妻ローレンさま。
おお、悲しい物語やあ。
必死で夫を探しまわり、やっと見つけた夫には、妻と二人の息子がおりました。
おお、何という悲恋なのでしょうか。
結局ローレンさまは幼い「夫の子供」のために身をひくことになります。
必死になって夫を探していただけに、その再会は残酷で、その別れは辛いってことでさあね。
夫を探しまわるローレンが途中で通る、一面のひまわり畑。
映画のタイトルにもなっているこのひまわり畑の情景がすばらしいです。
で、流れるのはヘンリー・マッシーニさまの有名なテーマ曲でございます。
このシーンの出来がとにかくよかったから「ひまわり」ってタイトルがついたんだと勝手に思っておりましたが、ある映画関連書籍によりますと、「輝く太陽にむかっていつも顔を向けるひまわり。その太陽とひまわりの関係を男女の間柄に移し変えた作品」であるらしい。
なるほどね。そんな深い意味のあるタイトルだったんだ。
タイトルの意味は別として、とにかくとっても良い作品でございます。
とりあえずソフィア・ローレンさまの演技を見るだけでも値打ちのある作品でございます。


幸福の条件

1993年アメリカ映画
監督 エイドリアン・ライン
主演 ロバート・レッドフォード、デミ・ムーア、ウッディ・ハレルソン

恋愛ものを集中的にとりあげております。
100万ドルで奥さんと一夜を共にしたいと、若夫婦(ムーアさま・ハレルソンさま)に申し出てくる大富豪(レッドフォードさま)。
深く深く愛し合っているがゆえにお互いのことをを信じあっている夫婦。
彼らには金が必要だったため、富豪の申し出を受け入れます。
うむむ。この時点で私的にはうむむです。
ムーアさまみたいにきれいな奥さんのいる、ハレルソンさまみたいに頭薄いにいちゃん。
しかも年とったとはいえ、相手はレッドフォードさまでっせ。
そんなん、いくら信じあってても…あかんやろ。
案の定二人の関係は、この夜以来、少しずつ歯車が狂い始めます。
えっと。
シェイクスピア悲劇なんかを評するときの言葉に、「予想される結末に物語が進むのが喜劇、予想できない結末に物語が進むのが悲劇」ってのがあります。
この物語の場合、富豪の申し出を受け入れれば夫婦関係が壊れてしまうのは、すっげえ予想できたことでございまして、「はらたいらさんに1000点」くらいわかりやすく読める展開でございます。
ってことは、これって喜劇ですわな。
まあ、夫婦がそういう結論を出すに至る話し合いなんかはこれでもかというくらいに描いておりましたが、観客がひたすら先読みのできる「喜劇的状況」ってものは変わりませんです。
それにしてもエドリアン・ライン監督、何を描きたかったんでしょうか。
イマイチよくわからなかったです。
夫婦の愛とか、信頼関係の脆さみたいなものを描きたかったのかなあ。
それにしてもロバート・レッドフォードさま、年とりましたねえ。
なんかめっちゃおじいちゃんになってたのでびっくりしてしまいました。
「スニーカーズ」とか、若手の人と組んだスパイ映画(タイトル忘れてしまいました~)なんかのときは、そんなに年齢感じさせなかったんですが。
そういえばこの人も「華麗なるギャッツビー」だとか「追憶」とかで、ベタベタのラブロマンスばかりに出演していた印象がありまして、ちょっと苦手系の俳優さんでございます。


ロミオとジュリエット

1968年イギリス・イタリア合作
監督 フランコ・ゼフェレッリ
主演 オリビア・ハッセー、レナード・ホワイティング、マイケル・ヨーク、ローレンス・オリヴィエ

恋愛ものを集中的にとりあげております。
めっちゃ有名で古典的な戯曲の映画化ざんす。
「大胆な解釈と斬新な映像」での「ロミオとジュリエット」の映画化だそうな。
へえ、そうなんや。
そもそもロミオとジュリエットに関しては、戦前はレスリー・ハワードさま、戦後はローレンス・ハーベイさまの主演で映画化されております。
で、そのへんの作品と比べて斬新なのでしょうが。
うむむ。
というのも、私が見た「ロミオとジュリエット」ってのはこの作品が最初だったわけで、この作品が基準になってしまいますから、「大胆な解釈」とか「斬新」だとか言われましても、「へえ、そうやったんや」くらいにしか思えませんです。
申し訳ない。
後になってローレンス・ハーベイ版を見ましたが、こっちを「古臭い芝居やなあ」と思ってしまいましたから、やっぱり斬新だったんでしょうね。
ロミオとジュリエットのベッドシーンがある作品なんて、やっぱりそれまでは考えられなかったんでしょうなあ。
物語はいまさら説明するまでもないでしょうが、モンタギュー家のロミオ=ホワイティングさまと、その仇敵キャピレット家のジュリエット=ハッセーさまが恋におちまして、しかしロミオはひょんなことから人を殺してしまいまして、ああだこうだしているうちにジュリエットの縁談がもちあがって、思い余ったジュリエットが神父に相談したところ、仮死状態になる薬を飲んだらええやないの、ってことになって…てえ話がだるだるまったりと続くわけでございますな。
音楽はニーノ・ロータさま。
永遠の映画音楽、みたいなレコード(!)には必ず入っていた名曲でございます。
でもねえ、よく考えてみたら、今では物語を現代に置き換えたディカプリオさま版の「ロミオ・アンド・ジュリエット」だとか、それより先に同じ主題をとりあげた「ウェストサイド物語」なんかも高い評価を得ているわけだし、変化球ものでは「恋におちたシェイクスピア」みたいな作品もあるわけですから、そもそもロミオとジュリエットの悲恋を描いてますってのは初手からビハインドを背負っているような気がしますね。
もちろん公開された当時は斬新な解釈だったんでしょうが、今となっては大時代的な「ロミオとジュリエット」のほうが見直されることになってしまうんでしょうね。


ワーキング・ガール

1988年アメリカ映画
監督 マイク・ニコルズ
主演 メラニー・グリフィス、シガニー・ウイーバー、ハリソン・フォード

恋愛ものです。
「卒業」「キャッチ22」「イルカの日」「心みだれて」「ウルフ」。
うむむ。同じ監督さんの作品とは思えませんですなあ。
まあ、なんせ「卒業」の名匠、マイク・ニコルズ監督の作品でございます。
やる気だけはあるけれど、イマイチ評価されない女性秘書のグリフィスさま。
彼女のボスはウイーバーさま。
ある日、ボスがスキーで骨折してしまいまして、グリフィスさまはこれぞチャンスとばかりに自分が暖めていた企業合併計画を実行にうつしてしまいます。
これに巻き込まれるのが、ちょっとおバカなエグゼクテョブのフォードさま。
なんかねえ、なんでこんなにアホに描くんでしょうか。
女性主人公に翻弄され、次に復職したボスに誘惑され、どがちゃがに事態をややこしくして、それでもエヘラエヘラ笑っているようなキャラ。
こんな映画があるから実力のない女性社員が勘違いするんだよ。
あ、これは私の元上司の女性と、元部下の女性に個人的にあてた言葉ですので、女性全般に向けた言葉ではございませんことよ。
でもそう言いたくなるくらい、男って単細胞なのね、みたいな描かれ方されております。
そういえば「ブリジット・ジョーンズの日記」でもこんな単細胞キャラの男性上司がおりましたなあ。
まあね、いるにはいるんだけど。こういう人。
でもあんまりいないですよ。こんな単細胞。って書くとハリソン・フォードさまに悪いけど。
さてさて。
えっとね、シガニー・ウイーバーさま、めっちゃ良いです。
この人、こんなに面白くて巧かったんだあって新鮮な感動でした。
もっと活躍してほしいですね。最近あまりお見かけしておりませんが。
でもなあ。この人ちょっと顔こわいからなあ。
対するメラニー・グリフィスさま。
キュートでかわいい。
この人、デ・パルマ監督の「ボディ・ダブル」でもめっちゃエロかわいかったです。
こんな子に秘書になって欲しいんだけどなあ。
でもこんな子は上昇志向強いだろうから、やさしい私の手に余るだろうなあ、と妄想がエスカレートしちゃうくらい、いい感じでございます。
それだけに、ラストシーンはめっちゃ気持ち良い。
明るくて爽やかな恋愛サクセスコメディ。
映画を見終わったあと、あまり味わえない爽快な感覚が残りました。おいしい映画には違いありません。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について