目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

122 / 183ページ

下妻物語

2003年「下妻物語」製作委員会作品
監督 中島哲也
主演 深田恭子、土屋アンナ、宮迫博之、篠原涼子、阿部サダヲ、岡田義徳、小池栄子、矢沢 心

「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督の出世作ざます。
この映画の予告編は映画館かビデオの新作情報か何かで見た記憶があります。
その頃はまだフカキョンさまにはまってなかったので、全くノーマークだった作品です。
この作品をどうして見ようと思ったかっていいますと、衝撃的だったかつてのドラマ、「富豪刑事」の影響だったです。
ロリータファッション命の深田さま。
彼女の父はヤクザになろうとしてなりきれない宮迫さまです。
宮迫さまは兵庫の尼崎でテキヤをやっとりまして、バッタもんのブランド品を扱う男。
「バッタもんでも安けりゃええやん」みたいな関西気質に後押しされ、彼が扱う商品は売れまくります。
でもブランド本社にそれがばれて訴訟騒ぎになりかけます。
ほとぼりが冷めるまで宮迫さまと深田さまは下妻で暮らすことになりますが、深田さまはロリータファッションを買うお金欲しさに、ニセブランド品をネット販売しようとします。
で、その商品を買いにきたのがレディースの暴走族土屋さま。
かくしてロリータファッション娘とレディースヤンキー娘の奇妙な友情物語が始まるわけであります。
と、文字にするとちょっと固いけど、ストーリー展開が軽妙で、いたるところに遊び心がチラチラ。
映画というよりは、バラエティに近い感覚で物語が進んでいきます。
オリバー・ストーン監督の「ナチュラル・ボーン・キラーズ」で、主人公に起こる事件を古い海外ドラマ風に演出していた場面がありましたが、なんか全編そんな感じ。
というか、テロップの入れかたとかCGの使い方が、コマーシャルみたいなところがあって、「おお、これも映画の新しい可能性なんだなあ」って感心してしまいました。
とりあえずフカキョンさまだけ見れたらいいかな、みたいな軽い気持ちで見はじめた映画でしたが、かなりはまってしまいました。
久々に「もう一回見たいなあ」って思えた作品です。
土屋アンナさまがお金が欲しくてパチンコで儲けようとする場面がありまして、そこに唐突に登場する謎のリーゼントあんちゃんを阿部サダヲさまが演じておられます。
この人の芝居も強烈ですよね。


ミッドナイト・エクスプレス

1978年アメリカ映画
監督 アラン・パーカー
主演 ブラッド・デイビス、ランディ・クエイド、ジョン・ハート

後に「エンゼル・ハート」なんて作品を手がけることになるアラン・パーカー監督の初期の作品です。
この人、出演者がみんな子供で世間をあっと言わせた「ダウンタウン物語」(ジョディ・フォスターさまが脚光を浴びた作品です)で監督デビューを果たした人。
能天気で明るいチビッコミュージカルの次の作品がこれって、どうなんやろって思ってしまいます。
内容はかなり重い。実話をもとにした作品です。
主人公のデイビスさまは海外旅行中でございます。
トルコを旅行中に、現地で手に入れたマリファナを国外に持ち出そうとします。
ところが悪いことはできないもので、ちょうどその時期は飛行機を狙ったテロが続発しておりまして、飛行機搭乗直前に念入りなボディチェックを受け、その結果マリファナが見つかってしまい、デイビスさまはつかまってしまいます。
ところがとんだ計算違いが起きます。
トルコでは麻薬不法所持は重罪だったわけでございます。
罰金刑くらいだろうと思っていたデイビスさまですが、裁判の結果、数年の懲役刑が科せられます。
でも弁護士は勝訴だって言う。
不法所持ですんでよかった、密輸だともっと刑期が長かったと、こういうことでございます。
デイビスさま、刑務所に入れられるわけですが、そこの刑務所ではリンチやら拷問・虐待が日常茶飯事。
それでも我慢してお務めしておりましたが、出所間近になっていきなりの再審。
どうやらアメリカとトルコの国家間の関係が悪化したため、トルコは報復とばかりにトルコ国内のアメリカ人受刑者にひどいことをはじめたらしい。
案の定デイビスさまは再び密輸容疑で裁かれ、今度は四十年だとかの刑期をくらってしまいます。
もうやるっきゃない。
我慢の限界。
彼は脱獄(=ミッドナイト・エクスプレス)を計画することになります。
果たして彼に自由になる日はやってくるのでしょうか。
実話の映画化ですから、とにかくどんよりしたタッチで物語が進みます。
でもなあ。そもそもマリファナを国外に持ち出そうとしたわけだから、「自業自得やん」って思ってしまいます。
そういうことしてるのに、思った以上に罪が重かったからって、脱獄とかしちゃあいけませんやな。
まあ麻薬不法所持で四十年(=実質終身刑ですなあ)ってのは極端だけど。
えっと、度々紹介しておりますホラー映画の総集編みたいな映画、「ザッツ・ショック」ってえ映画でも、この映画のことを紹介しておりました。
この「ミッドナイト・エクスプレス」がとりあげられていることだけはクレジット見て知っておりましたが、ホラー映画でもショック映画でもなかったから逆にちょっと驚きましたです。


ノー・マーシイ~非情の愛

1986年アメリカ映画
監督 リチャード・ピアーズ
主演 リチャード・ギア、キム・ベイシンガー、ジェローン・クラブ

何と表現すれば良いのでしょうかね。
ちょっと表現と説明に困ってしまう映画であります。
面白くないわけじゃないです。しかしねえ、ちょっと作品とキャストがかみあっていないような印象をうけましたね。
難しい話なんですが。
主人公のギアさまは刑事です。
まあどっちかというとはみだし系の刑事でございます。
マークしている男がやってくるという情報を知り、カーウオッシュの従業員に化けて洗車場に張り込み、狙った男が来て麻薬取引が始まったとみるや、ハンマー持って突入するみたいな暴走刑事。
そんなギアさまは逮捕したクスリの売人からある情報を仕入れます。
それは殺しの情報。
殺しの鍵を握る「刺青の女」(=ベイシンガーさま)を捜してニューオルリンズまでやってきます。
どうにか彼女を探し当て、狙われている男を確保しますが、ギアさまの目の前で男は殺され、相棒刑事も惨殺されてしまいます。
ここからははみだし刑事、がんばります。
ベイシンガーさまは実は麻薬組織のボスの女だったわけですな。
ギアさまは拉致同然に彼女に手錠をかけて連行しようとします。
たちまちボスの手下との激しい銃撃戦。
ギアさまとベイシンガーさま、手錠につながれたまま、ニューオルリンズの沼地を逃げ回ることになります。
で、お約束でございますが、ギアさまとベイシンガーさまの間に芽生える恋心。
おお、ヘルシンキシンドロームやあ。
まあこのへんまでは許しますが。
「僕の彼女を紹介します」でも手錠につながれた二人が恋におちたわけだし。
さてさて、ニューオルリンズの警察署に逃げ込んだギアさまとベイシンガーさまですが、現地の警察にとってギアさまは厄介なよそ者。
結局彼女は証拠不十分で釈放、逆にギアさまは上司が迎えにくるまでブタ箱で待つはめになります。
さあさここからギアさまの逆襲がはじまるわけでございます。
後半のショットガンを使ったホテルでのアクションシーンは、ペキンパー監督の「ゲッタウェイ」の影響を強く感じます。
それにしてもちょっとパクりすぎかもしれませんね。
最後のワルボスとの殴り合いは「うむむ」って感じでした。
ギアさまこんなんやったらあきませんわ。
こういう血なまぐさいシーンはシュワさまだとかスタローンさまあたりにまかせるべきだったかも。
リチャード・ギアさまとかもう一人おまけにヒュー・グラントさまとかって、私的にはタフガイには最も遠い位置にいる役者さんだと思うんだけど。
そんなギアさまが殴りあいしたらあきませんがな。


T.R.Y.(トライ)

2003年「T.R.Y.」パートナーズ作品
監督 大森一樹
主演 織田裕二、黒木 瞳、渡辺 謙、ピーター・ホー、夏八木 勲

20世紀初頭の上海が舞台の痛快娯楽エンターテインメント。
織田さまは日本人の天才詐欺師。
ある詐欺事件で騙した中国人の金持ちから命を狙われていたりします。
そんな織田さま、中国人の男に助けられるわけですな。
で、殺し屋から命を守ってもらう代わりに、中国革命軍のために武器を調達する依頼をうけます。
詐欺師だから策略をめぐらせるわけでございまして。
彼がはめるターゲットは日本軍。
軍全体の武器調達に大きな影響力をもつ士官、渡辺さまが標的でございます。
渡辺さまを攻める手段が絞りきれない織田さまですが、二枚の写真が彼の作戦を決定づけます。
彼は上海の詐欺師と、北京から陸軍士官学校に研修に来ている清王朝の後継者がめっちゃそっくりだってえことに気づき、詐欺師を清王朝後継者に仕立てて渡辺さまに会わせ、清に次ぐ新しい王朝を創設するための武器を買いたいと申し出るわけでございます。
もちろん渡辺さまも馬鹿じゃない。
織田さまのこと、王朝後継者のこと、いろいろ調べるわけですが、さすがに織田さまは詐欺師でございます。
常に一歩先回りして渡辺さまの疑念を晴らしていく。
ここらの手際が実に見事。
しかし、渡辺さまの放蕩者の弟、今井雅之さまが上海で「後継者の替え玉の詐欺師」とちょこっと揉めていたことから、今井さまが今回のカラクリを見破るわけですな。
そして彼の動きから渡辺さまは自分がはめられようとしていることに気づくわけです。
さあさどうなる日本軍。いったいどうなる革命軍。うひょおおおおお。
文字にするとあまり起伏のない物語やったんやなあ。
かなりかいつまんだけど、ほとんどあらすじ説明できちゃった。
まあこれだけの物語を映画の尺で撮ったわけですから、人物描写とか、渡辺さまと織田さまの駆け引きとか、革命軍と詐欺師チームの駆け引きだとか、織田さまの過去とか、とにかくいろんなエピソードで登場人物の性格を際立たせていきます。
「スティング」だとか、タイトルが言えない騙し映画の傑作だとかの例をあげるまでもなく、クライマックスの「大騙し」が圧巻。
ドンデン返しに次ぐドンデン返し。
誰が騙していて誰が騙されているのかわけわからなくなるような展開。
実に気持ちよろしいです。
ラストの大オチがもうちょっとひねってくれてたらもっと楽しめたんだけどなあ。
しかしこれ以上の騙しを期待するのは欲張りすぎかなあ。けっこう楽しませていただきましたです。


レイクサイド・マーダー・ケース

2005年東宝作品
監督 青山真治
主演 役所広司、薬師丸ひろ子、柄本 明、鶴見辰吾、杉田かおる、黒田福美、豊川悦司

豪華キャストで映画化された本格ミステリ。
原作は直木賞受賞作家の東野圭吾さまの傑作「レイクサイド」です。
三組の夫婦(役所さまと薬師丸さま、柄本さまと黒田さま、鶴見さまと杉田さま)が湖畔のロッジに集まっております。
これってお友達ファミリーの集まりとかではなく、お受験合宿なわけですね。
父兄同伴ってすごいと思いますが、父兄面接の練習も兼ねた合宿らしいです。
この合宿の講師が豊川さま。
合宿地は柄本さま・黒田さま夫妻の別荘。
主人公の役所さまと薬師丸さまの家庭はすっかり壊れてしまっておりまして、二人はすでに別居中。
役所さまには愛人がおります。
で、その愛人がいきなり合宿場所に現れるわけですね。
さざ波、ざわざわって感じです。
愛人は、たまたま子供たちが志望している一流中学の卒業生だったってことがわかり、「受験の先輩からのご意見をいただきましょう」みたいなノリで合宿の夕食に招かれたりします。
愛人は役所さまに逢いびきの時間を告げて近くのホテルへと姿を消します。
チャレンジャー役所さまは仕事だって嘘をついて合宿所を抜け出します。
愛人が泊まっているホテルに行きますが、彼女は現れない。
しかたなく合宿所に戻りますが、そこには愛人の死体と「私が殺したの」という妻の姿。
自分が事情を知るより先に、柄本さま・黒田さま・鶴見さま・杉田さまらが妻を介抱していたりしています。
警察に連絡しようとする役所さまを強引に止める柄本さま。
お受験合宿の場所で、父兄の愛人が殺されたなんていい新聞ネタだし、そんなことが明らかになると受験に影響すると、そういう理屈でございます。
結局三父兄が合同で、死体の身元がわからないように顔と指紋と歯形を壊し、湖に沈めようってことになります。
何となく割り切れない気分の役所さま。
本当に犯人は妻なのだろうか。そこここにある矛盾点を集め、やがて役所はある仮説をたてますが…
二転三転する物語。
やっぱり推理ものはこうでなくっちゃ。
とにかく達者な役者陣の演技合戦が楽しめます。杉田かおるさまなんて「私、ちゃんと芝居したらこんなに巧いのよ」みたいな感じで、役所さま・柄本さまら新劇系俳優さんを向こうにまわしてもひけをとらない名演技です。
豊川さまの何を考えているのかわからない塾教師もええ感じ。
鶴見辰吾さまと杉田かおるさまが夫婦役って設定にはちょいと笑いました。
どうせだったら塾教師は武田鉄矢さまにしたらもっと笑えたんですが。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について