目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

118 / 183ページ

ザ・グリード

1998年アメリカ映画
監督 スティーブン・ソマーズ
主演 トリート・ウイリアムズ、ファムケ・ヤンセン、アンソニー・ヒールド

どうジャンル紹介したらいいんでしょうか。
海洋モンスターサバイバルアクションでいいのかなあ。
物語の主人公は海の運び屋でございます。彼は謎の荷物と数名の乗客の運搬を請負います。
積荷はなんとミサイル。指示した場所に自分と荷物を運べと、そういうことでございます。
一方、ニセ・ニック・ノルティさまみたいなセレブのおっちゃんが豪華客船を進水させます。
その日はお金持ちの皆様を集めて処女航海でございます。
しかしその豪華客船の航行コンピューターシステムが突如ダウンし、船は航行不能となります。
さあさ、そこで突如登場する謎の生物。
乗客のほとんどがその生物に襲われてしまうわけでございます。
わけわからんままホラーな状況が加速してまいります。
いぐわああ。一方、海の運び屋さん。
ミサイルを運んでいたのは傭兵部隊みたいなならず者軍団だったってことがわかります。
船の行き先はなんと件の豪華客船が航行不能に陥った海域でございます。
で、いろいろなことがわかってまいります。
実は彼らの雇い主は豪華客船のオーナー、ニセ・ニック・ノルティさまだったわけです。
実は彼は豪華すぎる客船を作ってしまったがために破産寸前。
今後、どれだけ集客してもランニングコストだけで大赤字になることが確定してしまっている。
それならば処女航海で沈没かなんかしてしまって、保険金で建造費を補填するのが最も良い方法であると、そういうことでございます。
ミサイルは船の破壊のためだったわけですな。
さあさ、リアルな話はこのあたりで。ここまでの話とは別に… 
海底に肉食性のミミズのような生物がおりまして、その生物が何かの拍子に海面付近にあがってまいりました。
深海では数センチの生物ですが、水圧の低いエリアにあがってきたせいで、巨大生物になって現れました。
豪華客船を襲った謎の生物はこいつだったわけですな。
豪華客船のほとんどの乗客と運び屋船のクルーや傭兵部隊のメンバーも次々と犠牲になっていきます。
さあさどうなるのでしょうか。
この手のモンスターホラーサスペンスが面白くなるかどうかは、物語の設定がうまくできているかどうかってのも大きな要素だと思うんですね。
この作品の場合、豪華客船の設定だとか海の運び屋の設定はきちんとうまく処理できていたんですが、肝心のモンスター登場の設定が少し弱く、リアリティに欠ける出来でございました。
うむむ。惜しい。もうちょっとしっかり設定を詰めておいていただきたかったですね。


シェルタリング・スカイ

1990年イギリス映画
監督 ベルナルド・ベルトリッチ
主演 デブラ・ウインガー、ジョン・マルコビッチ

巨匠ベルナルド・ベルトリッチ監督が、「ラスト・エンペラー」でアカデミー監督賞を受賞後に撮った作品でございます。
作品の雰囲気としては、「ラスト・タンゴ・イン・パリ」の世界をフランスのアパートからアフリカにシフトさせたみたいな感じでしょうか。
不毛な恋愛っていうか、わかりにくい情念的な恋愛世界といいますか。
これはウインガーさま目線ね。
マルコビッチさま目線で物語を考えると、どっちかってえとビスコンティ監督っぽい退廃的なムードだとか滅びの美学を求めるとか、そういった空気を感じてしまいます。
アメリカからアフリカにやってきた一組の夫婦。
これがウインガーさまとマルコビッチさまです。
夫婦の愛情は醒めてしまっておりまして、この旅行は壊れかけた夫婦の絆をなんとかしようって目的だったわけです。
しかし皮肉なことに、この旅行が夫婦の溝を決定的にしてしまったりします。
ウインガーは旅行の世話人の男性とエッチしたりするわけですね。
夫はそのことを知っているけど気づいていない(ってウインガーさまは作中で言ってたんだけど、どう解釈すればいいんだろう)。
マルコビッチさまは妻をサハラ砂漠が見渡せる丘に連れてきたりします。
しかし二人はますますすれ違ってしまいます。
タイトルの「シェルタリング・スカイ」ってのは、このときのマルコビッチさまのセリフ、「空は我々を外の世界の危ないものから守ってくれている」みたいな言葉からつけられているようです。
そんなかわいそうな二人、アフリカ旅行を続けますが、夫のマルコビッチさまが熱病にかかってしまいます。
献身的に看病をするウインガーさま。
こんな事態になってはじめて夫婦の距離が近づきます。
しかし看病の甲斐なくマルコビッチさまは息をひきとってしまいます。
傷心のウインガーさまは一人でアメリカに帰るんだろうなあって思っていましたら、そうはならない。
ウインガーさま、なんと商人のキャラバンに同行し、商人とエッチを重ねるわけでございます。
どないやねん。もうここらへんですでについていけなくなってしまいました。
なんでこうなるのかがイマイチわからなかたので、「はあ?」って感じでございます。
結局うむむって考えている間に映画が終わってしまいました。
どうやらこういった系統の哲学的恋愛映画だとか、文芸的ラブストーリーだとかの作品を理解できる素養は私にはないみたい。
同時に、このへんの作品の素晴らしさを理解できるだけの感性も、どうやら持ち合わせていないようでございます。
悔しいけど、どこが良いのかわからなかった作品でございますです。


ゲロッパ

2003年シネカノン・電通作品
監督 井筒和幸
主演 西田敏行、常盤貴子、山本太郎、岸部一徳

バラエティ番組で辛口コメンテーターとして人気の井筒和幸監督作品です。
実はねえ、あまり面白くないだろうなあって勝手に思って敬遠してた監督さんなんですね、井筒監督って。
やたら評価が高い監督さんっておられますでしょ?
私って、そういう監督さん、苦手な人が多いんです。
森田芳光監督とか、亡くなった相米監督とか。
悪くはないんだけど、イマイチ感性がシンクロしないっていいますか。
ぶっちゃけ、好きじゃないんです。
個性が強い監督さんって意味では、大林監督とか最近評価がうなぎのぼりの中島哲也監督(下妻物語の監督さんざんす)なんかがおられますが、お二人の手法がついていける限界やなあ。
鈴木清順監督とか、実相寺昭雄監督なんかも個性が強すぎてついていけない。
まあ私が映画人生の師と仰ぐのは徹底的にエンターテイメントにこだわった深作監督ですからね。
しゃあないか。
井筒監督も、そういうこだわった映像撮る人だろうってご本人のイメージでそう思っておりました。
で、この「ゲロッパ」見てびっくりしちゃいました。
めちゃ面白かったです。
関西人なんやなあ。ノリというか、エピソードの落としかたがめっちゃ関西風。
こんな面白い映画は久しぶりだあ、っていうくらい感動しちゃいました。
西田さまはヤクザの大親分。
逮捕カウントダウン状態で、組を解散させようと思っています。
そんな大親分のために兄弟分が考えたのは、逮捕されるまでに親分が大好きなジェームズ・ブラウンさまを親分の前で歌わせること。
設定からしてけっこうメチャクチャ。
兄弟分岸部さまの指示で、山本さま初め若い衆がJB誘拐のために動き出すわけですな。
ちょうど来日していたJBですが、山本さまが誘拐したのはそっくりさん。
あかんがな。
しかしそのそっくりさんを内閣調査室のエージェントが追っております。
なんでやねん。
この謎が、物語クライマックスにつながる重要な伏線なわけですな。
さてさて、親分の西田さまは逮捕されるまでのわずかな間に、自由であるうちでないとできないことをやってしまおうとします。
それは生き別れになった娘と会うこと。そしてその娘の子(孫ですわな)と会うことでございます。
実はこの娘ってのがそっくりさんショーを出し物にしているプロダクションのスタッフ常盤さまでございます。
でJBのそっくりさんは彼女のプロダクションと契約をしたタレントだったと、こういうことです。
さあさどうなる。
けっこうシッチャカメッチャカな展開ですが、物語後半で一気におさまるべきところにおさまるという、見ていて気持ち良いオチ。
すげえすげえ。とりあえず、西田さまというとんでもない才能の役者さんと、その才能を活かしきった井筒監督との出会いがこの傑作を生んだわけでしょうね。
脱帽でございます。


ダンテズ・ピーク

1997年アメリカ映画
監督 ロジャー・ドナルドソン
主演 ピアース・ブロスナン、リンダ・ハミルトン、チャールズ・ハラハン

総制作費130億円をつぎ込んだパニック・スペクタクル大作。
「007」のブロスナンさまと「ターミネーター」のリンダ・ハミルトンさまが共演しています。
プロスナンさまは地質学者。
地震の調査のため、「ダンテズ・ピーク」という町にやってきました。
この町は「全米で二番目に住みやすい小都市」(というより田舎町って感じです)という町でございます。
女性町長ハミルトンさまの案内で山の天然温泉を視察しますが、そこにあたのは若者の死体。
温泉で遊んでいるときに何かあったらしい。
他にも数々の火山活動の微細な前兆が観測されます。
即座に町議会に避難勧告を進言するブロスナンさま。
しかし地震調査所のえらいさんがやってきて、ブロスナンさまの避難勧告を撤回してしまいます。
調査を続けてダンテズ・ピークの火山活動の「客観的根拠」をつかんだブロスナンさま。
しかし避難の説明をするための町民集会を開催しているまさにそのとき、ダンテズ・ピークの休火山が活動を再開してしまいます。
うおおおおお。
大地震。粉塵。火山灰。溶岩に土石流に火砕流。
火山活動描写のオンパレードでございます。
ブロスナンさまとハミルトンさまは、子供たちだけで「山に住んでいるおばあちゃん」を助けにいったハミルトンさまの息子と娘を探しに、山に向かいます。
「私は山で死ねれば本望さあ」みたいなおばあちゃん、結局自分の頑固さのせいでかわいい孫や娘が死にそうな目にあうわけですな。
おばあちゃん後悔。
おばあちゃん救助班のご一行様、溶岩の流れを避けて湖にボートを出したわけですが、対岸に到着するまでに強酸性の火山噴出物でボートは立ち往生。
おばあちゃんが死ぬ覚悟で湖に入り、ボートを押してブロスナンさま・ハミルトンさまと二人の息子は助かります。
おお、なんか「ポセイドン・アドベンチャー」みたいやなあ。
そうかと思うと地震研究所のスタッフでは、ブロスナンさまが発令した避難勧告を撤回した「例のえらいさん」だけが土石流に流されて死んでしまうし。
おお、これはなんか「ジュラシック・パーク」みたい。
ここらあたりはすっごいハリウッド精神ですなあ。
主人公と対立する頑固な年寄りや主人公の意見を聞かない上司はたいがい途中で死んでしまいますよね。
まあ現実ではそういうワルキャラが出世して、ブロスナンさま型のキャラは出世しないか、キレて会社辞めるってのがオチだから、せめて映画の中くらいはそういう輩をひどい目にあわせてくれてるのでしょうか。
とりあえず、相手(火山だもんなあ)のスケールがでかすぎて、一切の小細工が通用しないもんで、中盤のSFXはよかったんだけど後半がイマイチ。
相手が火山だと、危機一髪の状況だと普通に考えたら助からないと思います。
助かった人って、かなり早い段階で避難した人ばっかりだと思うし。
そんな事情で、とっても嘘っぽさばかりが目立つクライマックスになったのはちと残念だったような気がします。


下妻物語

2003年「下妻物語」製作委員会作品
監督 中島哲也
主演 深田恭子、土屋アンナ、宮迫博之、篠原涼子、阿部サダヲ、岡田義徳、小池栄子、矢沢 心

「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督の出世作ざます。
この映画の予告編は映画館かビデオの新作情報か何かで見た記憶があります。
その頃はまだフカキョンさまにはまってなかったので、全くノーマークだった作品です。
この作品をどうして見ようと思ったかっていいますと、衝撃的だったかつてのドラマ、「富豪刑事」の影響だったです。
ロリータファッション命の深田さま。
彼女の父はヤクザになろうとしてなりきれない宮迫さまです。
宮迫さまは兵庫の尼崎でテキヤをやっとりまして、バッタもんのブランド品を扱う男。
「バッタもんでも安けりゃええやん」みたいな関西気質に後押しされ、彼が扱う商品は売れまくります。
でもブランド本社にそれがばれて訴訟騒ぎになりかけます。
ほとぼりが冷めるまで宮迫さまと深田さまは下妻で暮らすことになりますが、深田さまはロリータファッションを買うお金欲しさに、ニセブランド品をネット販売しようとします。
で、その商品を買いにきたのがレディースの暴走族土屋さま。
かくしてロリータファッション娘とレディースヤンキー娘の奇妙な友情物語が始まるわけであります。
と、文字にするとちょっと固いけど、ストーリー展開が軽妙で、いたるところに遊び心がチラチラ。
映画というよりは、バラエティに近い感覚で物語が進んでいきます。
オリバー・ストーン監督の「ナチュラル・ボーン・キラーズ」で、主人公に起こる事件を古い海外ドラマ風に演出していた場面がありましたが、なんか全編そんな感じ。
というか、テロップの入れかたとかCGの使い方が、コマーシャルみたいなところがあって、「おお、これも映画の新しい可能性なんだなあ」って感心してしまいました。
とりあえずフカキョンさまだけ見れたらいいかな、みたいな軽い気持ちで見はじめた映画でしたが、かなりはまってしまいました。
久々に「もう一回見たいなあ」って思えた作品です。
土屋アンナさまがお金が欲しくてパチンコで儲けようとする場面がありまして、そこに唐突に登場する謎のリーゼントあんちゃんを阿部サダヲさまが演じておられます。
この人の芝居も強烈ですよね。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について