目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

116 / 183ページ

最後のブルース・リー ドラゴンへの道

1972年香港映画
監督 ブルース・リー
主演 ブルース・リー、チャック・ノリス、ノラ・ミヤオ

えーっと。ブルース・リーさま主演映画第三作。
なんで最後のブルース・リーなのかといいますと、主演第四作の「燃えよドラゴン」が最初に日本で公開されてしまいまして、そこから主演第一作の「ドラゴン危機一発」第二作の「ドラゴン怒りの鉄拳」と公開されて、この主演第三作の「ドラゴンへの道」が最後に公開されたからですが…
実はこの映画のあと、未完成作品にそっくりさん画像を加えて完成させた「死亡遊戯」だとか、さらに未公開画像を加えて編集した「死亡の塔」、さらにはテレビシリーズのダイジェストの「グリーンホーネット」映画版まで公開されることになります。
ってことでこの作品、製作順でも日本公開順でも「最後のブルース・リー」なんかじゃなかったってことになります。
ただ、「完成した主演映画」って意味では確かに最後に公開されたブルース・リーさま作品です。
えっと。舞台はイタリヤ・ローマのチャイニーズレストランです。まあどこの国でもよくあることですが、このレストラン、地元のやくざもんに嫌がらせをうけております。
まあ地上げですわな。困った店主は、故郷の弁護士に相談するんですが、その弁護士はローマには行けないと。
で、代わりのものを行かせるってんでやってきたのがリーさま。
冒頭はなんかポワンとした兄ちゃんとして登場です。
法律家にきてもらうことを期待していた店主のミヤオさま。
なんかすっきりしない気分でリーさまを受け入れます。
ある日、店にやってきたヤクザさんたちを、ポワンとしたリーさまが中国拳法で叩きのめしたことから、店は活気づきます。
がしかし、ヤクザどものいやがらせも次第にエスカレートしていき、ついにはその一味と全面的に戦うことになってしまいます。
クライマックスは敵対組織の外国人用心棒、ヒゲが生えていないころの「地獄のコマンドー」チャック・ノリスさまとのコロシアムでの決闘ございます。
ブルース・リーさまはこの作品では脚本・監督・主演・武術指導の四役をこなしております。
そういう意味ではこの作品はブルース・リーさま本人が一番作りたかった作品だったのかもしれません。
過去二作のブルース・リーさまはけっこうストイックな暗さがあったんですが、この作品のリーさまはちょっと三枚目風。
本当はこんな人だったんでしょうか。
すでに結婚していて子供もいたリーさまの「心の恋人」って噂があったノラ・ミヤオさまもかわいくてきれいです。
ブルース・リーさまの代名詞ともいえるヌンチャクですが、今回はダブルで使います。
それはそれですっごく見応えのあるアクションざます。傑作、と評価しておきましょうぞ。


海猿

2005年フジテレビ・ポニーキャニオン作品
監督 羽住英一郎
主演 伊藤英明、加藤あい、藤 竜也、海東 健、國村 隼、伊藤淳史

作品見たときに出演者とかワワワっとメモとりながら見たんですが、製作年度と監督をメモし忘れたもんでネットで「海猿」検索したら… 
すごい件数でした。11万件とか。驚きやわ。
コミックスから映画、映画からドラマ、そしてまた映画、というメディアを飛び越えたヒット作品です。
基本的には、伊藤英明さま演ずる仙崎という青年の成長物語です。
この映画では彼が潜水士として訓練をうけ、訓練所を卒業するまでを描きます。
ちなみにドラマ版は彼がその後、巡視船「ながれ」に配属されてからその数ヶ月後、船が廃船になるまでを描いておりましたです。
伊藤英明さま、海東 健さま、伊藤淳史さまは海上保安庁の潜水士となるための訓練を受けております。
訓練所の教官は藤 竜也さまざます。
海上保安庁の訓練生ってのは、地元のねーちゃんなんかに「海猿」なんて呼ばれております。
この「海猿」って言葉は、かなりネガティブな使われ方をする言葉みたいですね。
「海猿なんかとかかわりあいになっちゃだめだよ」みたいな。
厳しい訓練の合間、外出許可がおりた日、伊藤(英)さまはベロベロに酔っ払った女、加藤さまと出会います。
介抱する流れでそのままホテルへ。
しかしまあそういうことはなかった一夜を過ごしまして、それ以来、二人は狭い港町でなんとなく意識しあう関係になります。
加藤さまは体調を崩した母の看病のためにこの町にやってきたわけですな。
彼女は東京のファッション誌のライターでございます。
初の記事が雑誌に掲載される予定だったんだけど、その記事はボツになり、仕事を続ける自信をなくしております。
伊藤(英)さまと加藤さまの関係はそんな感じ。
で、物語は潜水士のトレーニング描写を描きながら進みます。
二人の恋愛エピソードはドラマに続く伏線やね。
さてさて、訓練では伊藤(英)さまと海東さまがはりあっております。
伊藤(淳)さまは同期生の間でかなりお荷物になっております。
それでも一名の脱落者もなく、実習が順調に進みます。
そんなある日のこと。休みの日、訓練生たちがファンダイビングを楽しんだ後、伊藤(淳)さまは溺者を発見、一人で救護に向かい、そのまま巻き込まれて帰らぬ人となってしまいます。
伊藤(淳)さまとバディだった伊藤(英)さまはショックを受け、脱落寸前。
脱落寸前の伊藤(英)さまに語りかけるのは食堂のおばちゃん(なんと元バービーボーイズの杏子さまです)。
教官の藤さまが現役潜水士だったとき、バディを死なせてしまった過去を話し、その話で伊藤(英)さま、奮起するわけですな。
やがて最終の海洋実習が行われます。
伊藤(英)さまとバディを組むのは海東さま。
さあさ、ここで大事件が発生するわけでございます。水深40メートルの海中で、現役時代の藤さまとほぼ同じ状況に追い込まれた伊藤(英)さま、果たして彼はバディを死なせずに帰ることができるのでしょうか。
いぐわああああ。
テレビドラマに通ずる伏線があちこちに張られております。
で、テレビドラマでのエピソードが映画版第二弾の伏線になっております。
テレビシリーズもあわせて、時系列に沿ってお楽しみいただきたいと思います。


ザ・グリード

1998年アメリカ映画
監督 スティーブン・ソマーズ
主演 トリート・ウイリアムズ、ファムケ・ヤンセン、アンソニー・ヒールド

どうジャンル紹介したらいいんでしょうか。
海洋モンスターサバイバルアクションでいいのかなあ。
物語の主人公は海の運び屋でございます。彼は謎の荷物と数名の乗客の運搬を請負います。
積荷はなんとミサイル。指示した場所に自分と荷物を運べと、そういうことでございます。
一方、ニセ・ニック・ノルティさまみたいなセレブのおっちゃんが豪華客船を進水させます。
その日はお金持ちの皆様を集めて処女航海でございます。
しかしその豪華客船の航行コンピューターシステムが突如ダウンし、船は航行不能となります。
さあさ、そこで突如登場する謎の生物。
乗客のほとんどがその生物に襲われてしまうわけでございます。
わけわからんままホラーな状況が加速してまいります。
いぐわああ。一方、海の運び屋さん。
ミサイルを運んでいたのは傭兵部隊みたいなならず者軍団だったってことがわかります。
船の行き先はなんと件の豪華客船が航行不能に陥った海域でございます。
で、いろいろなことがわかってまいります。
実は彼らの雇い主は豪華客船のオーナー、ニセ・ニック・ノルティさまだったわけです。
実は彼は豪華すぎる客船を作ってしまったがために破産寸前。
今後、どれだけ集客してもランニングコストだけで大赤字になることが確定してしまっている。
それならば処女航海で沈没かなんかしてしまって、保険金で建造費を補填するのが最も良い方法であると、そういうことでございます。
ミサイルは船の破壊のためだったわけですな。
さあさ、リアルな話はこのあたりで。ここまでの話とは別に… 
海底に肉食性のミミズのような生物がおりまして、その生物が何かの拍子に海面付近にあがってまいりました。
深海では数センチの生物ですが、水圧の低いエリアにあがってきたせいで、巨大生物になって現れました。
豪華客船を襲った謎の生物はこいつだったわけですな。
豪華客船のほとんどの乗客と運び屋船のクルーや傭兵部隊のメンバーも次々と犠牲になっていきます。
さあさどうなるのでしょうか。
この手のモンスターホラーサスペンスが面白くなるかどうかは、物語の設定がうまくできているかどうかってのも大きな要素だと思うんですね。
この作品の場合、豪華客船の設定だとか海の運び屋の設定はきちんとうまく処理できていたんですが、肝心のモンスター登場の設定が少し弱く、リアリティに欠ける出来でございました。
うむむ。惜しい。もうちょっとしっかり設定を詰めておいていただきたかったですね。


シェルタリング・スカイ

1990年イギリス映画
監督 ベルナルド・ベルトリッチ
主演 デブラ・ウインガー、ジョン・マルコビッチ

巨匠ベルナルド・ベルトリッチ監督が、「ラスト・エンペラー」でアカデミー監督賞を受賞後に撮った作品でございます。
作品の雰囲気としては、「ラスト・タンゴ・イン・パリ」の世界をフランスのアパートからアフリカにシフトさせたみたいな感じでしょうか。
不毛な恋愛っていうか、わかりにくい情念的な恋愛世界といいますか。
これはウインガーさま目線ね。
マルコビッチさま目線で物語を考えると、どっちかってえとビスコンティ監督っぽい退廃的なムードだとか滅びの美学を求めるとか、そういった空気を感じてしまいます。
アメリカからアフリカにやってきた一組の夫婦。
これがウインガーさまとマルコビッチさまです。
夫婦の愛情は醒めてしまっておりまして、この旅行は壊れかけた夫婦の絆をなんとかしようって目的だったわけです。
しかし皮肉なことに、この旅行が夫婦の溝を決定的にしてしまったりします。
ウインガーは旅行の世話人の男性とエッチしたりするわけですね。
夫はそのことを知っているけど気づいていない(ってウインガーさまは作中で言ってたんだけど、どう解釈すればいいんだろう)。
マルコビッチさまは妻をサハラ砂漠が見渡せる丘に連れてきたりします。
しかし二人はますますすれ違ってしまいます。
タイトルの「シェルタリング・スカイ」ってのは、このときのマルコビッチさまのセリフ、「空は我々を外の世界の危ないものから守ってくれている」みたいな言葉からつけられているようです。
そんなかわいそうな二人、アフリカ旅行を続けますが、夫のマルコビッチさまが熱病にかかってしまいます。
献身的に看病をするウインガーさま。
こんな事態になってはじめて夫婦の距離が近づきます。
しかし看病の甲斐なくマルコビッチさまは息をひきとってしまいます。
傷心のウインガーさまは一人でアメリカに帰るんだろうなあって思っていましたら、そうはならない。
ウインガーさま、なんと商人のキャラバンに同行し、商人とエッチを重ねるわけでございます。
どないやねん。もうここらへんですでについていけなくなってしまいました。
なんでこうなるのかがイマイチわからなかたので、「はあ?」って感じでございます。
結局うむむって考えている間に映画が終わってしまいました。
どうやらこういった系統の哲学的恋愛映画だとか、文芸的ラブストーリーだとかの作品を理解できる素養は私にはないみたい。
同時に、このへんの作品の素晴らしさを理解できるだけの感性も、どうやら持ち合わせていないようでございます。
悔しいけど、どこが良いのかわからなかった作品でございますです。


ゲロッパ

2003年シネカノン・電通作品
監督 井筒和幸
主演 西田敏行、常盤貴子、山本太郎、岸部一徳

バラエティ番組で辛口コメンテーターとして人気の井筒和幸監督作品です。
実はねえ、あまり面白くないだろうなあって勝手に思って敬遠してた監督さんなんですね、井筒監督って。
やたら評価が高い監督さんっておられますでしょ?
私って、そういう監督さん、苦手な人が多いんです。
森田芳光監督とか、亡くなった相米監督とか。
悪くはないんだけど、イマイチ感性がシンクロしないっていいますか。
ぶっちゃけ、好きじゃないんです。
個性が強い監督さんって意味では、大林監督とか最近評価がうなぎのぼりの中島哲也監督(下妻物語の監督さんざんす)なんかがおられますが、お二人の手法がついていける限界やなあ。
鈴木清順監督とか、実相寺昭雄監督なんかも個性が強すぎてついていけない。
まあ私が映画人生の師と仰ぐのは徹底的にエンターテイメントにこだわった深作監督ですからね。
しゃあないか。
井筒監督も、そういうこだわった映像撮る人だろうってご本人のイメージでそう思っておりました。
で、この「ゲロッパ」見てびっくりしちゃいました。
めちゃ面白かったです。
関西人なんやなあ。ノリというか、エピソードの落としかたがめっちゃ関西風。
こんな面白い映画は久しぶりだあ、っていうくらい感動しちゃいました。
西田さまはヤクザの大親分。
逮捕カウントダウン状態で、組を解散させようと思っています。
そんな大親分のために兄弟分が考えたのは、逮捕されるまでに親分が大好きなジェームズ・ブラウンさまを親分の前で歌わせること。
設定からしてけっこうメチャクチャ。
兄弟分岸部さまの指示で、山本さま初め若い衆がJB誘拐のために動き出すわけですな。
ちょうど来日していたJBですが、山本さまが誘拐したのはそっくりさん。
あかんがな。
しかしそのそっくりさんを内閣調査室のエージェントが追っております。
なんでやねん。
この謎が、物語クライマックスにつながる重要な伏線なわけですな。
さてさて、親分の西田さまは逮捕されるまでのわずかな間に、自由であるうちでないとできないことをやってしまおうとします。
それは生き別れになった娘と会うこと。そしてその娘の子(孫ですわな)と会うことでございます。
実はこの娘ってのがそっくりさんショーを出し物にしているプロダクションのスタッフ常盤さまでございます。
でJBのそっくりさんは彼女のプロダクションと契約をしたタレントだったと、こういうことです。
さあさどうなる。
けっこうシッチャカメッチャカな展開ですが、物語後半で一気におさまるべきところにおさまるという、見ていて気持ち良いオチ。
すげえすげえ。とりあえず、西田さまというとんでもない才能の役者さんと、その才能を活かしきった井筒監督との出会いがこの傑作を生んだわけでしょうね。
脱帽でございます。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について