目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

108 / 183ページ

ハイ・クライムズ

2002年アメリカ映画
監督 カール・フランクリン
主演 アシュレイ・ジャッド、モーガン・フリーマン

けっこう面白かった法廷サスペンスです。
ただし、普通の法廷サスペンスとかではなく、軍事法廷サスペンスでございます。
日本には言うまでもなく軍隊ってのがありませんので、「軍事機密」とか「軍事法廷」ってのが原則ありません。
そもそも海上自衛隊の船と民間の釣り舟が衝突したってえ事故があったときにも、自衛隊がバッシングがなされるという平和な国ですからねえ。
自衛隊って準軍隊的組織の船とお遊びの釣り舟との間で、自衛隊に航路の優先権が与えられないってえ国ですから、「軍事」ってもののヴェールが真実を覆ってしまうって感覚がちょっとわかりにくいです。
アシュレイ・ジャッドさまは民間の法律事務所に勤める女性弁護士。
ある日、彼の夫が突然FBIに逮捕されてしまいます。
「どういうことなんよ」って調子で抗議してもとりあってもらえない。
「軍事機密だから」って感じです。
話を聞いてみると、実は夫はかつて海兵隊の特殊部隊のメンバーで、エルサルバドルで九人の一般市民を射殺し、軍隊を脱走して逃走したってことらしい。
なんじゃそりゃ。ジャッドさまは夫のため、軍事法廷の弁護人として事件にかかわる決意をします。
しかし軍事法廷ってところは一般の法律が通用しない世界だったわけですね。
そこで彼女は軍事法廷で勝訴を勝ち取った経験があるという元軍人の弁護士フリーマンに協力を要請し、「軍事機密」というものと戦うことになるわけでございます。
突然証人に出廷拒否されたり、すごい証拠を証拠採用してもらえなかったり、あげくの果てには盗聴されたり命を狙われたり。
悪質やなあ。ここから先の展開は書かないほうがいいでしょうね。
某大推理作家の傑作推理小説とそっくりの展開が待ち受けております。
私はその傑作推理小説をすでに読んでおりましたので、この展開は想定しておりましたが、もし読んでなかったらそうとう驚いただろうと思います。
おお、モーガン・フリーマンさま、またお会いしましたなあ、って感じでございます。
この人の映画的露出度もやたら高いですよね。
老練な刑事とかやらせたらけっこう上手いですよね。
ただ弁護士ってのはどうかなあ。ちょっとキャラじゃないような気がするんですけど。


ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃

2001年東宝作品
監督 金子修介
主演 新山千春、宇崎竜童、小林正寛、佐野史郎

平成ゴジラの、しかもミレニアム以降のゴジラ作品でございます。
ここでちょっとゴジラシリーズについておさらいです。
そもそもの「ゴジラ」は、1960年代、核の脅威などの社会性の高いメッセージを織り込んで製作され、大成功した傑作ざます。
大ヒットしたもんだからシリーズ化され、どんどんシリーズが肥大していってしまって、「核の恐怖の権化」といった当初のコンセプトが薄れていってしまいます。
キングギドラ登場以降、地球を守る正義の怪獣として安定した人気を保ちます。
でもゴジラそのものが怖くなくなってしまいまして、しばらく映画化が休止。
平成になって、再び「悪の権化」として復活。
平成シリーズは、最初の「ゴジラ」の続編としての位置づけでございました。
だもんで、だんだん性格が丸くなっていって地球を守ったりした二代目ゴジラ世界はなかったことになっております。
その平成ゴジラも「VSデストロイア」でメルトダウンしてしまいまして、劇的な最後を遂げました。
で、ミレニアム以降のゴジラ世界。
これら作品群も、それぞれ前の作品がなかったことにしての続編が多いようでございます。
この「怪獣総攻撃」の作品世界もそう。最初のゴジラが退治され、それからずっとゴジラはいなくて、で、いきなりゴジラが現れたって世界です。
当然昭和の二代目善玉ゴジラも、平成メルトダウンゴジラも、オルガとかメガギラスとかと戦ったミレニアムゴジラもいなかったんだって世界の話。
物語はねえ、ゴジラが現れて、日本を守る神話の中の怪獣と戦って、ゴジラがやっつけられて終わり。
なんやそれ。
だってそうなんだもん。
今回ちょっと新しかったのは、モスラやキングギドラやバラゴンが、神話の世界に登場する日本を護る怪獣だったって設定です。
モスラやバラゴンはまあ置いておくとして、キングギドラを「神話の怪獣」にしてしまったのには驚きました。
キングギドラって明らかに悪役キャラですもんね。
でもヤマタノオロチっぽく見えなくもないから、ほお、すげえ発想の転換やなあと思ってしまいました。
特撮部に対し、物語部の主役は、マスコミ記者の新山千春さまと、その父の宇崎竜童さまの親子の愛憎と信頼関係の回復がドラマの軸になっております。
まあ、良い話なんだけどお。
宇崎さまが父親役ってどないよ。
でも違和感なかった。
もうそんなお年なんですね。
ダウンタウンブギウギバンドの頃、この人がこんなに多才な人だとは思わなかったです。
怪獣ファン・ロックファンのオヤジとしては、けっこう堪能してしまいましたです。


ポセイドン・アドベンチャー2

1979年アメリカ映画
監督 アーウィン・アレン
主演 マイケル・ケイン、サリー・フィールド、テリー・サバラス

伝説の名作「ポセイドン・アドンチャー」の続編です。
「ポセイドン・アドベンチャー」はこの巻の最初らへんでご紹介しましたよね。
真横から津波をうけた豪華客船が天地逆に転覆になるという物理学上かなり難しいと思われるシチュエーションは別として、それでも傑作としての評価を不動のものとしている前作ではありますが、本作は前作とは似て非なるものであるとお思い下さいませ。
前作のラストから数時間後。
転覆した豪華客船「ポセイドン号」に謎の貨物が積み込まれておりまして。
その謎の荷物をめぐってのアクションサスペンス。少しわかりにくい物語が、やはり天地逆の船内で展開します。
マイケル・ケインさまとテリー・サバラスさまの演技合戦が思っていたより面白くはありましたが、しかしそれにしても第一弾と第二弾の内容に差がありすぎます。
明らかに別次元の物語であるような気がします。
そもそもポセイドン号のお話で続編を作ろうってのが無理がある話には違いありませんですね。
生き残りをかけた行き詰まるような物語展開の第一弾のサスペンスとはちょっと質の違う謎解きサスペンス。
論ずるフィールドが違いすぎて、何とも比較できない感じですね。
ちなみにこの「ポセイドン・アドベンチャー2」ですが、「ポセイドン・アドベンチャー」が「ポセイドン」としてリメイクされる際、おそらく「確かポセイドンアドベンチャーには続編があったと思うけど、とりあえずみんな、続編が存在していたことは忘れてリメイクがんばろうぜ」みたいな扱いをうけたでしょうなぁ。
不遇な作品やなあ。まあ、しかたないか。


事件

1978年松竹作品
監督 野村芳太郎
主演 永島敏行、大竹しのぶ、松坂慶子、佐分利 信、芦田伸介、丹波哲郎

野村芳太郎監督の傑作法廷映画です。
野村監督は後に「疑惑」なんて傑作を撮ることになりますが、この作品ですでに法廷ドラマの物語運びの手法だとか、わかりやすく裁判の進行を見せる手法だとかが完成されております。
よく考えたら、この映画って三十年以上前に撮られた作品なんですよね。
びっくりしてしまいます。
永島敏行さまはデビューしてすぐの頃だったと記憶しております。
大竹さまは映画に出始めたのが早かった関係で、当時はすでに有名だったですが、それでも若手女優って感じの時期だったです。
で、この作品の核になっているのはやはり松坂慶子さまでございます。
この時期は松坂さまはとにかくいろいろな映画に出まくっておられた時期でして、キャラクターの境遇が似ている関係で映画版「蒲田行進曲」の小夏の役とだぶってしかたない。
さてストーリーは… 
若い女性の刺殺体が発見されます。
被害者はスナックで働く松坂さま。
警察は事件当日の夕方、犯行現場近くで目撃された青年・永島さまを逮捕します。
永島さまは松坂さまの妹・大竹さまと同棲しており、彼女は妊娠しております。
彼の裁判に携わるのは、裁判長・佐分利さま、検事・芦田さま、弁護士・丹波さま。
うおおおお。重い重い。なんという重厚な布陣でしょうか。
証言台に立つ証人たち。彼らの言葉から、「事件」はやがてその全貌を明らかにするわけでございます。
とにかく佐分利さま・芦田さま・丹波さまの三人がやたらいいです。
めちゃくちゃいい。
あと、キャスト欄には書いておりませんが渡瀬恒彦さまがめちゃくちゃいいです。
しかししかし、それよりも何よりも、大竹さまの演技が素晴らしい。
当時はまだ「女の子」に近い年齢でしたが、天才ぶりを見せつけるような素晴らしい演技です。
えっと、あと言っちゃ悪いかもしれませんが、永島さま、ちょっとまだ演技とか覚束ない。
「うわあ、この人演技下手~」とか思ってしまいました。
申し訳ないですが。
今はもちろん永島さまは名優ですよ。
まあデビューして間もなくのこの時期の演技は片目つぶってあげてくださいませ。
まあそこらあたりの部分を割り引いてもすごく見ごたえのある名画でございました。


望郷(1937)

1937年フランス映画
監督 ジュリアン・デビュビエ
主演 ジャン・ギャバン、ミレーユ・バラン

私が小学生から中学生くらいのころ、「キネマ旬報」とか「スクリーン」とか「ロードショー」とかの雑誌で「是非見ておきたい名画ベストテン」みたいな企画がありましたら、常に上位に入っていた作品でございます。
映画を見始めたころは、もうジャン・ギャバンさまっていったらおじいちゃんでした。
「地下室のメロディ」だとか「シシリアン」だとかで渋いギャングのボス役を見せてくれておりましたです。
「現金に手を出すな」あたりでもすでに初老のギャング役だったですからねえ。
そんなジャン・ギャバンさまの名優としての評価を決定づけた作品ですから、そらもう古い映画ですわな。
作品の舞台はフランス領アルジェリアのカスバって町。
クラッシュの「ロック・ザ・カスバ」の「カスバ」ってこの町のことなんでしょうか。
この町にフランスからお尋ね者の凶悪犯ペペ・ル・モコ=ギャバンさまが逃げてまいります。
この町でモコ=ギャバンさまは、ギャビー=バランさまと出会い、二人は恋におちるわけです。
しかしバランさまの情夫がギャバンさまの情報を警察に密告するわけです。
さあさどうなる。
って言ってもほとんどの人がこの映画のラスト知っているんじゃないかなって思います。
それくらい良いラスト。
久しぶりにこの映画見たくなりました。
ちなみにこの映画の原題はそのものズバリ、「ペペ・ル・モコ」ってタイトルです。
「望郷」って日本題は、いいのか悪いのか。
でも最近は洋画にはこういった系のタイトル、なかなかつかなくなりましたね。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について