目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

100 / 183ページ

リベラ・メ

2000年韓国映画
監督 ヤン・ユノ
主演 チェ・ミンス、チャ・スンウォン、キム・キュリ、ユ・ジテ

かなり力の入った韓国製パニックスペクタクルアクションサスペンス。
冒頭からいきなりすんごい火災シーン。火災・爆発・崩落の連発でございます。
命がけで消火活動にとりくむ消防士たち。
この映画は「バックドラフト」とかかなり前のドラマ、「ファイヤーボイズ~め組の大悟」みたいに、消防士たちを主人公にした作品でござんす。
おお、韓国映画お得意のパ○リでございますなあ。
オープニングからかなりのテンション。すげえすげえ。
消火活動の成果で、無事火事はおさまります。
ミンスさまたち消防士は鎮火した火災現場を調べます。すると妙なことに気づくわけですね。
炎が空気の流れとは逆の方向に進んでいることがわかるわけです。ガソリンだとかを室内に撒かないとそういう火の流れ方はしないって話になります。
そうなると疑われるのは放火。
消防チームは調査を開始します。消防隊の調査を妨害するかのように、次々と起こる放火事件。
やがて犯人が明らかになります。
犯人は周到な計画をたてて放火を行っています。
建物の構造を研究し尽くして最も効果的なポイントに火を放っているわけですな。
映画では犯人はかなり早い段階で明らかにされます。
で、作品中盤では犯人の描写とそいつを追う消防チームの描写が巧みに描かれ、さらに放火~消火活動がしっかり描かれます。
このへんの物語の組み立ては「ブローン・アウェイ」のジェフ・ブリッジスさまとトミー・リー・ジョーンズさまの描き方を思い出してしまいましたです。
クライマックスはやはり放火・消火、そして消火活動を妨害する犯人と消防士の戦いです。
おまけに女性消防スタッフが拉致されて人質にとられて、彼女を救い出さねばならないなんておまけつき。
犯人と消防士の戦いシーンですが、犯人めっちゃ強い。
あんたジェイソンか、ってつっこみたくなるような強靭な肉体をもった犯人です。
やっつけたと思ったら「ぬわああああああ」って復活するお約束つき。
あんた、ダイハードのテロリストちゃうねんから。
こういうところまでアメリアンムービーを真似せんでよろしい。
ちなみにタイトルの「リベラ・メ」ってのは、ラテン語で「我を救いたまえ」って意味だそうです。
へえ、そうやったんや。


トパーズ

1969年アメリカ映画
監督 アルフレッド・ヒッチコック
主演 フレデリック・スタッフォード、ダニー・ロパン

サスペンスの神様、ヒッチコック監督のかなり後期の作品です。
遺作が53作目の「ファミリー・プロット」(76年)で、その前が「フレンジー」(72年)、この「トパーズ」は51本目の映画です。
物語の舞台は1962年。
ソ連の高官がアメリカに亡命します。
キューバ情勢が緊張し、東西関係が微妙な様相を呈しはじめた時期です。
東西各陣営の背後でスパイが暗躍します。この映画はフランスのスパイ、スタッフォードさまを中心に描いていきます。
スタッフォードさまはアメリカの友人からの依頼をうけ、アメリカ人嫌いのキューバの協力者から情報を入手し、その情報の確認をとるためにキューバに飛びます。
主人公、まさに暗躍でございます。
キューバに潜入して指導者夫人に接近。
夫人と仲良し(!)になってキューバの詳細情報を入手します。
この諜報活動のなかで、数々の協力者が犠牲になってしまいます。
作品ではこういった「スパイ活動の犠牲者」もしっかりと描いておりまして、うわべだけのスパイ映画で終わらせていないあたり、「やっぱりすごい監督だったんだなあ」って改めて思いましたです。
さて物語の続き。
主人公はアメリカに戻りますが、そこでさらに新しいミッション。
フランスの高官から、西側の情報がソ連に流れていることが明らかになります。
ところがアメリカ側はスタッフォードさまが入手した情報をもとに軍事行動を起こす考えのようで。
しかしスタッフォードさまがその情報を本国フランスに報告すれば、スパイ組織経由でソ連にそれが知れ、報復行動が起こると、こういうわけでございますね。
スタッフォードさまは、アメリカがキューバを攻撃開始するまでのわずかな時間の中で自国のスパイ組織「トパーズ」のメンバーを暴かなければならなくなります。
中盤から後半はまさに脳内ハラハラドキドキ。
頭の中いぐわあああって感じです。かなり堪能させていただきましたです。
さてさて、ヒッチコック監督は自作に必ずワンカット、エキストラ出演することでも有名だった監督さんですが、なんかねえ、前半家事とかしながら見てたので、監督の出演シーン見逃してしまったようです。
ちなみにヒッチコック監督、ワンカット出演が有名になりすぎ、映画を見た人が物語そっちのけで監督の出演シーンを探すようになってしまったので、後期の作品では物語の邪魔をしないように、作品の冒頭で登場するようになったとか。
でもわからなかったです。残念だなあ。もう一回見直そうかなあ。


コットン・クラブ

1984年アメリカ映画
監督 フランシス・フォード・コッポラ
主演 リチャード・ギア、ダイアン・レイン、グレゴリー・ハインズ、ロネット・マッキー、ニコラス・ケイジ

フランシス・フォード・コッポラ監督の青春ムービー。
「アウトサイダー」「ランブルフィッシュ」に続いて監督が撮ったサクセスムービーざます。
コットン・クラブってのは、ハーレムにある実在の豪華ナイトクラブのことです。
禁酒法下、1920~1930年代が舞台になっています。
主人公のギアさまは場末のクラブでコルネットを吹くジャズメンです。
彼が暗黒街の顔役に見出され、ジャズメン~ギャングの手下~ギャング映画の主演俳優へと転進していくさまがゆったりとゴージャスに描かれます。
物語を彩るのは達者な役者陣でございます。
ダイアン・レインさま演ずるクラブのダンサー。
彼女もダンサー~マフィアの顔役の女~スターの妻へと転進。
天才ダンサー、グレゴリー・ハインズさまはダンサー希望の失業者~一流クラブのダンサーへと成功の道を歩き、思う人と結ばれます。
ええやないの。
しかしその影でニコラス・ケイジさま(ギアさまの弟役でさあ)みたいに暗黒街に生き、マシンガンでボロ雑巾のようになって殺される人もいる。
そこらへんがかなり丁寧に描かれておりまして、けっこうよかったです。
圧巻はクライマックスですね。やっぱり。
「ゴッドファーザー」のように、平和なシーンと殺戮シーンを音楽で見事にリンクしていきます。
今回はグレゴリー・ハインズさまの超絶タップダンスが虐殺シーンの残酷さを際立たせます。
最後の最後には、私的にはとっても気に入っているエンディング。
って言ってもわかりにくいでしょうか。
結ばれたギアさまとレインさまが汽車に乗って去っていくわけですが、そいつがいかにも作り物っぽい。
舞台だとか映画だとかのセットっぽいって表現したらいいのでしょうか。
で、デッキのところに乗っている二人にあからさまなピンスポットが当たる。
「そうですよ、ここまでの話はすべてつくりものですよ、楽しんでいただけましたか」みたいなラストです。
私はこういう幕切れ大好きなんですね。舞台出身者だから。
あえて言うと、舞台のラストのカーテンコールみたいな感じ。
というよりこのエンディングはほとんど舞台の方法論なんじゃないかなって思うんですが。
皆様はどうお感じになりましたでしょうか。
しかしねえ、さすがコッポラさま。
こういう映画ばっかり撮っていたら破算せずにすんだのに。
本当はこんな映画ドンドン撮ってもらいたかったんですけどね。


黒の試走車

1962年大映作品
監督 増村保造
主演 田宮二郎、叶 順子、船越英二

故・田宮二郎さま主演の社会派サスペンスでございます。
冒頭いきなり、黒い暗幕でボディを隠したテストカーの走行試験の場面です。
その試走車が横転事故を起こしてしまうことから、いろいろとややこしいことが起こります。
とりあえず普通に見ておりまして、台詞のあちこちにとても時代を感じさせるセリフが出てきまして、けっこう本編のあらすじ以外の部分で楽しんでしまいました。
「大衆車」だとか「スポーツカー」だとか「産業スパイ」だとか。
それとは別に「元陸軍中佐で、関東軍の特務機関にいた」ライバル会社の重役だとか、めっちゃ年代を感じさせる台詞がけっこう気に入ってしまいましたですねえ。
ある会社で、新型のスポーツカー開発を行っております。
発売間近になり、価格設定などが行われております。
しかし、ライバル会社も同様の車種の発売を予定しております。
そこで始まるのがスパイ合戦でございますなあ。
入院中のライバル社社長の隣の病室から室内の会話を盗聴するだとか、会議室の様子を隣のビルから盗撮して読唇術の先生に会議の内容を解析してもらうとか。
いやいや、えらい努力でございます。
努力の甲斐あって主人公田宮さまの会社は、ライバル会社よりも安く新車を発売できる運びとなりましたが、しかしライバル会社も起死回生の巻き返しをはかります。
さてその策とは?
そしてそれにどのような対抗をするのか?
前半のとにかくリアルな描写から、中盤はサスペンス色の強い展開。
なかなかやってくれます。けっこう引き込まれてしまいましたです。
最近って産業スパイとか暗躍しているんでしょうか。
なんか産業スパイって存在そのものがすっごく時代遅れ的な印象があるんですがね~
田宮二郎さま、すごくいい感じです。
この人の猟銃自殺は実に衝撃的でした。惜しい俳優さんを亡くしましたね~ 
もっと活躍していただきたかったです。


ナースコール

1992年アポロン・ライトヴィジョン作品
監督 長崎俊一
主演 薬師丸ひろ子、松下由紀、大鶴義丹、江守 徹、渡部篤郎

大病院で働く看護師たちをコメディタッチで、それでいてシリアスに描いた作品です。
薬師丸さまは看護師です。
彼女とほぼ同じキャリアの後輩看護師が松下さま。
そこの医師が大鶴さまで、その上司の大先生が江守さま。
薬師丸さまは入院患者からお見合いを勧めまくられるようなナースでございます。
そんな病院に、事故が原因の骨折で入院してきた大学生が渡部さまです。
彼はめっちゃサッカー選手。けっこう強豪の大学に通っておりまして、入院してきたその日に「来月の試合出れますか」とか医師に聞くような子です。
骨折の術後を診断するレントゲン写真を見た江守が、彼の膝関節に腫瘍を発見します。
化学療法を施し、結果がよければ膝に人口関節を入れる、結果が悪ければ足を切断すると宣告されます。
すっかり自暴自棄になる渡部さま。
食事もとらなくなり、意味もなくナースコールを繰り返す「嫌な患者」になります。
そんな彼を変えたのが、看護師としてではなく、女性として人間として彼に接した薬師丸さまの看護でした。
しかし薬師丸さまのことを快く思っていないのは渡部の担当看護師だった松下さま。
松下さまはあてつけのように病院を退職します。
その一方で薬師丸さまに思いを寄せる大鶴さま。
渡部さまも薬師丸さまへの思いを抑えることができずにいます。さあさどうなるこの恋模様。
薬師丸ひろ子さま若い。松下由紀さまも若い。渡部篤郎さまも若い。大鶴義丹さまも若い。江守 徹さま変わってない。
当たり前か。
女性陣、なんかみんな眉毛細くて濃い~
途中、サッカーの試合のシーンがありますが、サッカーパンツの丈短い。
なんか変なところで時代を感じてしまいました。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について