目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

94 / 183ページ

恋人はスナイパー・劇場版

2004年「恋人はスナイパー・劇場版」製作委員会作品
監督 六車俊治
主演 内村光良、水野美紀、いかりや長介、中村獅童、田辺誠一、阿部 寛

正編・続編と、二本製作された大好評テレビドラマの劇場版です。
ちょこっと前二作のおさらいね。
そもそも、カンフーの使い手である女刑事水野さまのところに、中国人留学生ホイさん=内村さまがやってくるのが事件の始まり。
このホイさん、中国の暗殺者組織の凄腕スナイパー、ウォン・カイコーだったわけです。
彼はそもそも日本人と中国人の混血で、中国残留孤児だったわけです。
内村さまと水野さまは惹かれあいますが、やっぱり叶うはずのない恋です。
スナイパーは女刑事に自分の素性を明かし、母を捜す情報と引き換えの「最後の仕事」を片付け、いずこかに姿を消します。
これが第一話。
第二話は母を探し続けるスナイパーが、母に会うためにまた仕事を重ねていくって話。
このエピソードで内村さまの弟分・中村さまが登場でございます。
このエピソードの最後で彼は逮捕されます。
で、映画版に続くわけですな。
内村さまは中国で服役中。
日本では狙撃事件が連続して発生します。
犯人曰く、「我々は日本人全員を人質にとった。いつ、どこで、誰を狙撃するかは我々の思いのままである。犯行を中止して欲しければ政府が身代金を払え」と、こういうことでございます。
政府は中国政府の協力で、服役中のカイコー(=内村さま)に捜査協力させるべく日本に呼び寄せます。
政府からは身代金がとれないと判断した犯行グループは、今度は別の方法を考えます。
テレビの生放送番組に電話をかけ、狙撃の標的にされたくなかったら、街のバッジ屋にバッジ代金を振込み、その店が作っているバッジを胸につけろと、こういうことでございますね。
日本中からバッジ屋に振込がありまして、みんな胸にバッジをつけて歩いたりしております。
これでバッジ屋さんの口座からお金を奪う方法さえあれば、完全犯罪ですわな。
すげえすげえ。このへんの展開の部分では内村さま水野さまの影がうすくなっちゃいましたが、これはしかたないかな。
仲間の手引きで警察の手から逃れた内村さま、クライマックスでは刑事水野さまとともに犯人グループと戦うことになります。
しっかりとした原作をシリーズキャラクターに置き換えての映画化です。
ただ、ドラマ部分のウエートが高くなったせいか、アクションが弱くなってしまいましたね。
ドラマ版ではワイヤーアクションが見どころだったんですが、映画ではアクションシーンは控えめ。
ワイヤーなんかをバンバン使ってしまうと、リアリティなくなっちゃいますもんね。
リアリティをとるかアクションをとるかって苦渋の選択だったんでしょうが、私的にはドラマみたいにワイヤーアクション炸裂して欲しかったです。


遥かなる大地へ

1992年アメリカ映画
監督 ロン・ハワード
主演 トム・クルーズ、ニコール・キッドマン

恋愛もののような人間ドラマのような。基本線は恋愛ドラマになると思うんだけどなあ。
1892年の西アイルランドが舞台です。
永年にわたる大地主の搾取に耐えかねた小作人たちが、反旗を翻しはじめます。
って、オープニングで言ってました。
クルーズさまはアイルランドに住む貧しい農家の息子です。
イギリス人の大地主に使われる身分です。
彼の父は自分の土地を持つという夢を息子に託し、事故で息をひきとります。
その葬式の日、年貢を納めなかったって理由でクルーズさまの家は焼き討ちにあってしまいます。
怒れる小作人クルーズさま。
彼は父の形見の銃を持って単身大地主の家へ。
地主が現れるのを待っておりましたら、帰ってきた地主の娘キッドマンさまにみつかってしまいます。
クルーズさま、キッドマンさまに刺されるわ銃の暴発で怪我するわ、みじめで散々な目にあってしまいます。
しかたなく地主の家でやっかいになりますが、その夜、キッドマンさまがクルーズさまの寝室にやってきて、この場所から逃げようともちかけます。
行き先は自由の国アメリカ。
クルーズさまとキッドマンさまはアメリカについたら別行動するという約束で、アメリカに渡りますが、到着早々、キッドマンさまは全財産を盗まれてしまい、クルーズさまとともにアイルランド系のスラムみたいなところに住むことになります。
やがてクルーズさまはアイルランド人の顔役の勧めでストリートファイトみたいなことをはじめ、キッドマンさまはお金を稼ぐためにダンサーみたいなことをはじめたりします。
で、次第に二人の気持ちはひかれあっていくわけですな。あーこりゃこりゃ。
惹かれあう二人は新天地で「自分の土地を手に入れる」ためにあーだこーだするわけなのでした。
当時夫婦だったトム・クルーズさまとニコール・キッドマンさまの競演です。
二人の競演作はほかには「デイズ・オブ・サンダー」「アイズ・ワイド・ショット」など。
この二人の競演、常識的に考えてもうありえなくなってしまいましたよね。いい感じだったんだけどなあ。
あまりにも壮大なスケールの恋愛映画でございますね。
壮大すぎてちょっと消化に悪そうです。
悪くはないんですが、うむむ、どうなんやろって感想が残ってしまいました。
ちょっと評価が難しい作品ではあると思います。


マイノリティ・リポート

2002年アメリカ映画
監督 スティーブン・スピルバーグ
主演 トム・クルーズ、コリン・ファレル、サマンサ・モートン、マックス・フォン・シドー

スティーブン・スピルバーグ監督とトム・クルーズさまががっぷり四つに組んだSF超大作でございます。
舞台は近未来。
三人の予知能力者がおります。ワシントンDCでは彼らの予知能力を使い、殺人を未然に防ぐというシステムを構築し、絶大な効果をあげております。
このシステムを利用し、殺人を未然に防ぐという仕事をしている捜査官がクルーズさまでございます。
プリコグと呼ばれる予知能力者が見る断片的なイメージ。
それを画像に変換してその内容から殺人発生の場所と時間を特定し、殺人を未然に防ぐというシステムでございます。
ある日、プリコグたちがある殺人事件を予知します。
そのイメージにはなななんと、クルーズさま自身が殺人を起こす場面が映っておりました。
捜査官クルーズさまは一転して「近い将来、殺人を犯すもの」として追われる立場になります。
むっちゃ逃げ回るクルーズさま。
未来世界ではあちこちに網膜スキャナーが設置されていて、どこに逃げても無駄。
クルーズさまは闇医師に眼球の交換手術を依頼したりします。
クルーズさまは手に入れた新しい眼球でスキャナーをかいくぐり、医者から受け取った自分自身の目で犯罪予防局は潜入します。
目指すのはプリコグ。
クルーズさまはプリコグの一人を拉致し、逃走します。
彼は、予知の信憑性を疑いはじめたわけですな。
予知といっても三人の予知能力者全員が同じイメージを見るわけではないってことがわかってきます。
予知能力者どうしでイメージが異なるとどうなるのか。
多数(予知能力者は三人だから、二人ですわな)のイメージが採用され、少数(一人の意見=マイノリティ・リポート)は無視されると、こういうことです。
クルーズさまは犯罪予防局の動きに不信感を抱き、そこに陰謀を感じます。
クルーズさまを陥れようとしているのは誰なのか。
そして彼は本当に殺人を犯すのか。
物語は「殺人が起こると予言された時間」にむかってつき進みます。いぐわあああ。
さすがに物語展開も巧みだし、面白い映画です。
でもねえ~ ラストがめっちゃスピルバーグさま的です。
そこらあたりがちょっと不満ですかね。もうちょっとラストがくずれて欲しかったのですが。


風とライオン

1975年アメリカ映画
監督 ジョン・ミリアス
主演 ショーン・コネリー、キャンディス・バーゲン。

かなり強烈なアクション映画でした。ってこういう微妙な表現をするってことは、アクション映画だとは思わずに見始めた映画だったんですね。
見てましてとっても違和感があったのでいろいろ調べてみましたら、1976年の「ロビンとマリアン」と記憶がごっちゃになっておりました。
主演男優はどちらもショーン・コネリーさま。
「ロビンとマリアン」の主演女優はオードリー・ヘップバーンさまで、「風とライオン」はキャンディス・バーゲンさま。
どっちも私が映画を見始めた時期にベテランの域におられた女優さんです。
ってことで、豪快に勘違いしておりました。
さて、「風とライオン」です。
舞台はルーズベルト大統領時代のモロッコです。
大国の陰謀が渦巻くって感じの状況だったころですよね。
コネリーさまはモロッコの部族の長でございます。「一族の誇りのために」彼らはアメリカの資産家邸を襲撃し、母(=バーゲンさま)と子を拉致します。
コネリーさま、ときどき爆発こそするものの、人質母子に対しては極力紳士的にふるまおうとします。
そんなコネリーさまのことが少しずつわかりはじめるバーゲンさま。
やがてコネリーさまとバーゲンさまの間に、奇妙な信頼関係のようなものが芽生え始めます。
そしてクライマックス。
モロッコ軍の罠で囚われの身となったコネリーさまを、バーゲンさまが助け出し、コネリーさまは部族の同朋たちとともにモロッコ軍と戦うのでありました。
いぐわあああ。
この時期のショーン・コネリーさま、007シリーズから引退し、さまざまな役柄にチャレンジしはじめた頃です。
このころのコネリーさまの映画への取り組みを見て、中学時代の映画友達は「ショーン・コネリーさまはカツラをとって一皮むけたね」と、あまり笑えないジョークを飛ばしておりました。
それにしてもモロッコの部族の長の役だけど、コネリーさまはまりすぎです。
全然違和感なかったのは何故なんでしょうか。


リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い

2003年アメリカ映画
監督 スティーブン・ソリントン
主演 ショーン・コネリー、ナサーラディン・シャー、ペータ・ウイルソン

めっちゃ面白い映画です。
小説の世界の有名人たちが一同に集まって、世界大戦を引き起こそうとしている悪人「ファントム」に立ち向かいます。
時代は19世紀末。ショーン・コネリーさまは冒険家。
彼はイギリス政府の要請を受け、ある仕事を請け負うことになります。
世界戦争を起こして武器の取引で大儲けをたくらむ仮面の怪人がいるわけですな。
彼が起こした事件のせいで世界情勢は一触即発。
世界大戦を回避するために行われる世界会議を無事に行うため、コネリーさまは冒険小説のヒーローたちを集めた「超人同盟」みたいなチームのリーダーになります。顔ぶれがごっついすごい。ネモ船長、透明人間、ドラキュラの主人公ジョナサン・ハーカーの妻の女吸血鬼、ドリアン・グレイにジキル博士。アメリカからはなんと成長して諜報員になったトム・ソーヤ。そんな超ヒーローたちがああだこうだいいながら協力しあって、悪を退治します。
仮面の怪人の正体が意外な人物だったり、超人チームのなかに裏切り者がいたりと、けっこうとんでもない展開です。
ここからネタバレやで~ まだ見てない人は注意してや~

最後にはもう、めっちゃすごい展開が待っております。
実は超人同盟なんてのがそもそも創作。
悪人「ファントム」が狙っていたのは世界会議の妨害ではなく、スーパー超人たちを一同に集めることだったわけです。
ネモ船長のノストロモ号の秘密だとか不老不死キャラの秘密や超人キャラを生み出す薬だとかの秘密を盗み出すことが目的だったわけですね。
ファントムと裏切り者はノストロモ号に爆弾を仕掛け、秘密を手にアジトに逃げ帰ります。
さあそこで「超人軍団」と「ファントム軍団」が戦うわけですね。
この格闘シーンってけっこういけておりましたです。
複数の場所で同時進行する戦いを細かいカット割とシーン展開で描きます。
これがとっても良い。緊迫感のある映像でございますよ~
主演のショーン・コネリーさまはこの映画を最後に引退状態に入られました。
ショーン・コネリーさまの新作が見られなくなるって少し寂しいですね。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について