目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

87 / 183ページ

ゲッタウェイ(1994)

1994年アメリカ映画
監督 ロジャー・ドナルドソン
主演 アレック・ボールドウイン、キム・ベイシンガー、ジェームス・ウッズ、マイケル・マドセン

サム・ペキンパー監督の名作、「ゲッタウェイ」のリメイク作品。
前作はスティーブ・マックウィーンさまとアリ・マッグロウさまのコンビ。
今回はアレック・ボールドウインさまとキム・ベイシンガーさまのコンビです。
物語は前作の「ゲッタウェイ」をご紹介したときに書いたと思いますが。
でも一冊目の前半でご紹介した作品ですしね。
とりあえずストーリーのおさらい。
銀行から出所したばかりのワル、ボールドウインさま。
彼の妻はベイシンガーさま。出所したばかりにもかかわらず、ボールドウインは組織のボス・ウッズさまの指示で、競馬場(だったかなあ。ドッグレースだったかも)の売上金を強奪します。
その襲撃チームにいたのがマドセンさまです。
大金を手にしたボールドウインさま、仲間のマドセンさまを撃ち、ウッズさまを殺して、ベイシンガーといっしょにメキシコに逃げようとします。
そんなボールドウインさまを追うのが一命をとりとめたマドセンさまでございます。
ってことで、ボールドウインさまとマドセンさまの間で、お約束ではありますが銃撃戦の火蓋が切っておとされるわけですね。
前作のころって、今ほど撮影技術がなかったわけでございまして、そもそもの映画の画質なんかもちょっとザラザラした感じでした。
それがさすがに90年代の映画になりますと、画質なんかすごくクリアで、それが逆にメキシコの国境近くの砂っぽい感じを損ねてしまっているような、いないような。
画質がクリアだからかそうじゃないのかわからないですが、ボールドウインさまもベイシンガーさまもイチャイチャしすぎ。
なんか甘ったるい感じがしてしかたないです。
この作品に限っていえば、前作のほうが面白くて、リメイク版はちょっと苦戦していたようですね。
ちなみにこの映画の主題曲、リチャード・マークスの「ナウ・アンド・フォーエバー」はめっちゃベタベタダルダルのラブソング。
それはそれでええ感じでお気に入りだった私でございまする。


怒れるドラゴン・不死身の四天王

1973年台湾映画
監督 ジミー・ウォング
主演 ジミー・ウォング、チェン・シン、クム・カン、チャン・ユー

ブルース・リー以前の香港カンフーアクション映画をひっぱっていたジミー・ウォングさまの監督作品でございます。
私が把握している限り、ジミー・ウォングさまが日本で最初にカンフースターとして認知されたのは「燃えよドラゴン」公開直後に封切りされた「片腕ドラゴン」あたりでしょうか。
それ以前に座頭市シリーズにゲスト主演したこともあるようなんですが。
そんなジミー・ウォングさまの監督・主演作品です。
暗黒街のボスをやっつけるために集まった四人のカンフーの達人たちの戦いを描いた作品。
物語的にはほんまこんなもんなんですね。
この時期のカンフー映画って、物語的にはどれもほとんど同じようなもんだったりして。
で、ちょっくら思い出話。
私が映画に目覚めたのは「燃えよドラゴン」から始まるカンフー映画ブームのころでした。
この頃ってねえ、ビデオなんかなかったわけですから、カンフー映画を見るのに苦労しました。
日ごろはポルノ映画ばっかり上映しているようなB級映画館に、二本立てで上映されたりしておりました。
上映期間は一週間が基本だったですね。
そのころ私って、小学校の五年くらいだったですから、その週の土曜日曜あたりに映画館に行くことができなかったら見逃すしかないわけでして。
この映画もかなり苦労して見に行った記憶があります。
さてさて、この映画の準主役のチェン・シンさまは、「危うしタイガー」ってカンフー映画で主役はってました。
ドラゴンじゃなくてタイガーってのがすごく気になった作品です。
私が知る限り、タイガーはチャーリー・チャンさま主演の「怒れタイガー」と、このチェン・シンさまの「危うしタイガー」の二本だけだったと思います。
まあ思い出話はこのへんにしといて~。
とりあえず「不死身の四天王」が主人公ですから、映画ポスターとかチラシとか、ムキムキの上半身裸の横分けのおっちゃんが四人並んでおりました。
なんか、すっげえ変に思ったことだけよく覚えております。
とりあえず変ですわな。ビジュアル的に。まあ別にいいんだけど。


ミッション

1986年アメリカ映画
監督 ローランド・ジョフィ
主演 ロバート・デ・ニーロ、ジェレミー・アイアンズ、レイ・マカナリー

「滝の上流で起こったことは、決して誰にも話してはならぬ」だったでしょうか。この映画のコピー。
この映画のレンタルが解禁になった時期、私はロバート・デ・ニーロさまにめっちゃはまっておりまして、それこそ何本もの作品を一気に見ましたです。
「レイジング・ブル」だとか、「ニューヨーク・ニューヨーク」だとか「恋におちて」だとか「ジャックナイフ」、「真実の瞬間」、「レナードの朝」、「未来世紀ブラジル」なんかも見ましたですね。
どんな作品のどんな役であっても、すごい集中力で役柄に取り組むって姿勢はとにかく学ぶべきところがありますね。
さあて、「ミッション」の話。
18世紀中ごろの南米に赴いた伝導師たちの物語。
神父アイアンズさまは、南米の奥地の村で原住民たちに信頼されています。
一方のデ・ニーロさまは奴隷商人。
村へ奴隷入手のために来ていたわけですが、アイアンズさまとの交流から伝導活動に参加します。
しかしこの土地の征服を目論むスペイン・ポルトガルと対立し、両国の軍隊と戦うことになります。
様々なメッセージがてんこもりです。
しかし私本人にキリスト教への理解が乏しいせいもあるのでしょうか、「ちょっと難しい映画やなあ」って印象が残りました。
作品冒頭で、十字架に縛られた男が滝から落ちていくシーンがありまして、この撮影でエキストラが一人亡くなったってえ噂が流れたりしました。
迫真のシーンでございます。
作品全体を象徴するようなシーンではありますが、この場面だけ作品の中で異質な場面のような気がしました。
どうなんだろ。


ジョー・ブラックをよろしく

1998年アメリカ映画
監督 マーチン・ブレスト
主演 ブラッド・ピット、アンソニー・ホプキンス、クレア・フォーラニ

とっても苦手な恋愛系ファンタジー映画でございます。
ホプキンスさまは大金持ちの社長さんでございます。
心臓の持病に苦しんでおります。誕生日を間近に控えた彼のもとに現れたのは死神。
ホプキンスさまを連れにきたわけですな。普通に死神なんかが出てくるのがいかにもファンタジーですね。
しかし死神さん、人間世界を体験したいと思ったわけですな。
となると行動が早い。だって神様だもん。
どっかん。ブラピさま演ずるにいちゃんをいきなり交通事故にあわせ、その体に乗り移って社長の前に現れたわけですね。
そして彼と行動を共にしたいと申し出ます。
ホプキンスさまにしてみたら選択の余地とかないわけですね。
断れば即連れて行かれるわけですから。
とりあえず「連れていくのは自分ひとりで、他の者を巻き込まない」ってえ条件をだして、死神さんを随時同行させることを了解します。
しかし、やっぱりいろいろあるわけですわな。
まずホプキンスさまの会社でどえらいことが起きます。
役員の中のある男が他の重役たちを裏で操り、社長を解任してしまいます。
えらいこっちゃ。
それだけではなく、プラピさま死神はホプキンスさまの娘フォラーニさまに恋をしてしまいます。
実はブラピさま、交通事故で死ぬ直前に女医でもあるフォラーニさまに出会っていたわけでございます。
恋する死神。あーこりゃこりゃ。
ブラピさま・フォラーニさまの恋愛エピソードと、ブラピさま・ホプキンスさまの重役会議に対抗するエピソードが並行して描かれます。
それでいて花婿と花嫁の父っぽい葛藤があったりとか、老人と若者っぽい意見の相違があったり、でもそれは神と人間の会話でもあったりしてですね。
恋愛テーマのわりにはけっこう楽しませていただきました。
ラストシーンはけっこうハートウオーミングな終わり方です。
うむむ。しかし、どうなんだろう。
けっこう安直というか、ご都合主義というか、破綻寸前というか。
とっても微妙な終わり方しました。面白く見ていただけにちょっと残念です。
ま、いいか。ファンタジー恋愛映画だし。


感染

2004年TBS作品
監督 落合正幸
主演 佐藤浩市、高嶋政伸、佐野史郎、南 香保

この映画、予告編見まして、そうなんじゃないかなあって思っていましたが、映画見たらやっぱりそうだったです。
そうだったって何やねんって話ですが。
この作品の元ネタは「世にも奇妙な物語」でございます。
手元の資料によりますと、1991年春の特別編のエピソード。
監督は同じ落合正幸監督で、ドラマ版の主演は近藤真彦さまと佐野史郎さま。
タイトルは「急患」でございました。
かなり経営状態が逼迫している病院が舞台です。
佐藤さま・高嶋さまはそこに勤務する医師。
南さまは看護師です。
給料も遅配。業者への支払いも滞っているため、入院患者へのフォローのための物資にも事欠くありさまです。
ある日、一人の入院患者の容態が急変します。
佐藤ら医師が対応しますが、救命のプロセスの中で佐藤の指示間違いがあり、患者は死亡してしまいます。
医師たちは全員共謀し、誤処置をごまかそうとします。
そのためにバタバタしているところに急患の受け入れ要請があります。
手一杯なので受け入れできないと主張する佐藤さまですが、気がつくと救急隊員たちは患者を放置して立ち去ってしまっています。
この患者を診たのは病院のもう一人の医師、佐野さま。
彼は患者を観察するべきだと言い出します。なんとこの患者、体液が緑色になり、体がずぶずぶと崩れていく奇病だったわけでございます。
常識では生きていることさえ考えられないその患者は、スタッフが目をはなした隙に病院の通風孔に姿を消します。
さあさここからがノンストップホラーざんすよ。
その症状は感染するらしい。つぎつぎと感染していく医師や看護師たち。ぎええええええええ。
お約束でございまして、このコラムを読んでおられる皆様はほとんど予想しておられるでしょうから続けますが、誤処置にかかわった医療スタッフがどんどん犠牲になり、やっぱり佐藤さまが最後に残ります。
「世にも奇妙な物語ヴァージョン」はここで物語がストンと終わりましたが、さすが映画ですよね。
というか、テレビみたいな状況で放り出されたらみんな怒るでしょうが。
ここからのオチが素晴らしい。ほうほう、なるほどそうだったのか、って感じでございます。
まあ出来ましたらテレビ版と併せて見ていただきたいですね~ けっこう面白かったですよ~



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について