目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

81 / 183ページ

リーサル・ウエポン

1987年アメリカ映画
監督 リチャード・ドナー
主演 メル・ギブソン、ダニー・グローバー、ゲイリー・ビジー、トレーシー・ウルフ

人気シリーズの第一作。
ハードアクションが売り物の刑事ものでございます。
メル・ギブソンさまっていいますと、「マッドマックス」で注目を集めた役者さんです。
「マッドマックス」以降、イマイチはじけることができていませんでしたが、このシリーズで見事にトップ俳優の仲間入りを果たしました。
ムチャするメル・ギブソンさまと、彼をおさえるグローバーさま。
けっこうええ感じで役割分担ができております。
刑事仲間から人間兵器(リーサル・ウエポン)と呼ばれている刑事、ギブソンさま。
妻を失ってむちゃくちゃばっかりしています。
そこで警察のえらいさんは慎重派の老刑事、グローバーさまをギブソンさまのパートナーにするわけですね。
で、二人は麻薬組織を壊滅させようと走り回るわけです。
物語そのものはよくある刑事ドラマって感じです。
凸凹コンビがあーだこーだ言いながら麻薬組織壊滅… あるある。
とりあえずよくある設定ってハンデをはねのけるのは、やっぱりアクションですわ~ 
むっちゃびっくりするようなアクションシーンの連続。
とりあえず冒頭の、ギブソンが自殺志願者といっしょにビルから飛び降りるとんでもないシーンが印象的。
病んじゃってるギブソンさまが、とんでもなくきったねえ部屋で、自殺未遂を繰り返すなんて設定もすごく面白かったです。


めぐり逢えたら

1993年アメリカ映画
監督 ノーラ・エフロン
主演 トム・ハンクス、メグ・ライアン

原題は「スリープレス・イン・シアトル」。
物語のなかでの主人公の呼び名ですね。
ペンネームとかラジオネームとかハンネとか、そんな感じでさぁね。
この作品の場合はラジオの人生相談の中での呼び名だからラジオネームでしょうか。
シアトル在住の建築家がハンクスさまでございます。
彼は妻を亡くしておりまして、そのショックから立ち直れないでいるわけですね。
ある日、彼の息子がラジオの人生相談に父のことを相談します。
たまたまそれを聞いていたボルチモア(だったかなあ)在住のライアンさまが、会ったこともない彼に次第に思いをよせていくことになるってえ話でございます。
なんでも往年の名作「めぐり逢い」をモチーフにした場面なんかがあるらしいのですが、残念ながらその作品は未見でしたので、本作のどの場面がどうだったのかってことにつきましてはコメントできませんです。
ごめんなさいね~
ともあれ、私が見た数少ないラブストーリーの一作でございます。
しかしねえ、何と言いましょうかねえ。
困りますよね。
メグ・ライアンさまだとかトム・ハンクスさまだとか。
恋愛ドラマを中心に活躍する人って、そのまま恋愛映画路線を進んでいってしまう傾向にあるから、その人の作品ほとんど見たことないって状況になってしまうこともしばしば。
さすがにトム・ハンクスさまは何本か見たことあるけど、メグ・ライアンさまなんかはほとんど映画見てないですね。
ヒュー・グラントさまだとかジュリア・ロバーツさまだとかも実はほとんど見てなかったりします。
困ったもんです~


ピンク・パンサー3

1976年イギリス映画
監督 ブレーク・エドワーズ
主演 ピーター・セラーズ、ハーバード・ロム

ブレーク・エドワーズ監督、ピーター・セラーズさま主演の「クルーゾー警部シリーズ」の第四弾。
第一作の「ピンク・パンサー」と第三作「ピンク・パンサー2」の間に「暗闇でドッキリ」って作品が入るため、クルーゾー警部ものとしては第四作目にあたります。
そもそもピンク・パンサーってのは、第一作で大泥棒デビッド・ニーブンさまが狙った宝石の名前です。
続編でもこの宝石が登場しました。
本作はピンク・パンサーをタイトルに冠した第三弾。この作品から「ピンク・パンサー」は物語に登場する宝石の名前から、シリーズ名として独り歩きすることになります。
前作「2」でクルーゾー=セラーズさまの暴走の被害にあい、頭の線がブチ切れて病院入りした元署長のハーバート・ロムさま。
彼はあらゆる手段を使ってクルーゾーを葬ろうとします。
今回はセラーズさまとロムさまの戦いってことになります。
しかししかし、映画の中で一番熱く戦うのはクルーゾー家の召使いケイトーとの戦いだったりして。
しかしなぜ召使いとあんなに熱く戦わなければいけないんでしょうか。よくわからんけど。
やたら有名になったピンク色の豹はオープニングアニメで見ることができます。
このオープニングアニメも評判になりまして、後にアニメ作品として独立することになります。
いろいろな意味で画期的作品だったわけですね~


悪魔の赤ちゃん

1974年アメリカ映画
監督 ラリー・コーエン
主演 ジョン・P・ライアン、シャロン・ファレル、ガイ・ストックウェル

いったいどないやねんな系のB級ホラーでございます。
この映画のお話の前に、ちょいとウンチク。
青年雑誌「ビッグコミック」だったと思いますが、その雑誌に一時期、「夜光虫」って医学マンガが連載されておりました。
私が高校生くらいの時期だったかなあ。
その「夜光虫」ってマンガ、いきなり連載中止に追い込まれました。
なぜかってえと、障害をもった胎児の命にかかわる問題を描いちゃったからです。
確かね、赤ちゃんが生まれてくる前の検査で、胎児に障害があることが判明しまして、産婦人科の医師が赤ちゃんが生まれてくる前に胎児を安楽死させて、死産として処理すると、なんかそういう話だったような記憶があります。
これがいけなかった。
生まれてくる前に障害児であることがわかってしまうってことは残酷な話です。
マンガではその重荷を両親に背負わせるのは酷だから、あえて赤ちゃんを安楽死させるんだって話でしたが、同じ障害をもちながら懸命に生きている人の気持ちを考えなければいけません。
このマンガのはるか以前に、かの「ブラックジャック」でも同じような話がありました。
生まれても生き続けることが難しい「無脳児」を出産させるか否か、みたいな話。
赤ちゃんネタではけっこうデリケートな問題がついてまわるわけです。
そんなヒューマニズムをブチ壊すような問題作がこの映画。
薬物公害ですんごいグロテスクな赤ちゃんが生まれてしまいます。
赤ちゃんは医師や看護師を殺して姿を消します。
それからというもの、町では同様の手口の惨殺死体が発見されるわけですな。
そらあんた、逃げた赤ちゃんがやってることに違いないやおまへんか。
かくして、逃げた「赤ちゃん」捕獲プロジェクトが始まるわけですね。
なんぼなんでもこういう話はないやろ。
とってもブルーな気分にさせられた作品でございます。
ちなみにモンスターベイビーの特殊メイクを担当したのは、名手リック・ベイカーでございます。
こんな仕事せんでもええのに。


オーシャンと11人の仲間

1960年アメリカ映画
監督 ルイス・マイルストン
主演 フランク・シナトラ、サミー・デイビス・ジュニア、ディーン・マーティン、アンジー・ディッキンスン
 
ジョージ・クルーニーさま、ブラッド・ピットさま、マット・デイモンさま、アンディ・ガルシアさま、ジュリア・ロバーツさまらの主演で映画化された「オーシャンズ・イレブン」。
この娯楽大作の元ネタはこの作品だったわけでございます。
調べてみましたら1960年版の原題も「オーシャンズ・イレブン」だったです。
ってことは、オリジナルのシナトラさま版も、リメイクのクルーニーさま版も、原題は同じだったわけです。
しっかし。
それにしてもこの邦題。むっちゃいなたい。
「オーシャンと十一人の仲間」。
『仲間』でっせ。
最近こういうタイトルつけないですから、それだけですんごい古い映画だってことがわかります。
物語の大筋はリメイク版とあまり変わらなかったような気がします。
「気がします」というのは、私がこの映画見たのは小学校六年くらいの頃なんですよね~ 
大晦日の深夜12時に、カジノの大金をいただいちゃおうって犯罪映画。
とりあえず小学校六年のころの私は、大晦日ってえと除夜の鐘を聞きながら過ごすもんだと思い込んでいましたので、映画の中で描かれていたように、カジノでギャンブルしながらカウントダウン、みたいなシチュエーションをすごく変に思ってしまいました。
当時すんげえ有名だった「シナトラ一家」勢ぞろいです。
サミー・デイビス・ジュニアさまだとかディーン・マーティンさまだとか。
そういえばこの映画見たころって、けっこうシナトラ一家の映画、テレビでやってましたね。
ディーン・マーティンさまものが多かったような気がしますが。
本当、人気ありましたよね。すんごく懐かしく思い出してしまいました。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について