目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

74 / 183ページ

ピクニック・アット・ハンギングロック

1975年オーストラリア映画
監督 ピーター・ウィアー
主演 レイチェル・ロバーツ、アン・ランバート

サスペンス映画特集でございます。
サスペンス映画とかミステリー映画とかにカテゴリー分けされておりますが、こちらはとにかく微妙な作品でございます。
実際この作品をそういうジャンルに入れていいものかどうなのかよくわからないですが。
たとえて言うなら、韓国映画の「少女たちの遺言」みたいな感じ。
あの映画はけっこうミステリーの部分は解き明かしてくれましたが、この作品に関してはもっと中途半端な状態で投げ出されます。
「氷の微笑」より微妙なところで放り出されます。困ったもんだ。
1900年に『実際に起きた事件』をもとに映画化されたお話。
すっげえ規律が厳しい名門女子学園で、ピクニックにでかけるわけなんですが、行き先の岩山「ハンギングロック」で、三人の女学生と老女性教師が岩場の間に姿を消します。
おしまい。
こんな感じで放り出されるわけですな。
結局、少女たちはどこに消えたのかっていうミステリーだとか、姿を消した少女たちがどうなったのかを描くサスペンスになるわけではなくて、そこまでのプロセスを淡々と描いて、ラストでは「少女たちはどこに消えたのでしょう、心配ですわ~」となって終わるという、よくわからない映画です。
物語の筋道を楽しむ映画ではなく、名門女子学園のヒラヒラフリルの女の子を見て、なんとなくそういう世界を楽しむ映画でございます。
でもなあ。私ってヒラヒラお嬢様よりムチムチねえちゃんのフトモモに心ひかれるタイプでございますので、ちょっときつかったですね。
心ひかれるのはお嬢様より「バイオハザード」のミラ・ジョボビッチのフトモモだし、心配になるのは「悪魔のいけにえ」のホットパンツはいたねえちゃんだし。
ちなみに、ハンギングロックでの少女の失踪事件は、原作者ジョアン・リンゼイさまの創作であるという説もあるようでございます。
だとしたらウムムって感じですなあ。どないやっちゅうねん。


羊たちの沈黙

1990年アメリカ映画
監督 ジョナサン・デミ
主演 ジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス、スコット・グレン

サスペンス映画特集でございます。
五十音順に映画タイトルを並べた資料とか使っていると、こうなってしまいます。
続編の「ハンニバル」を先に紹介しちゃいましたね。申し訳ない。
この映画、サスペンス史上に輝く傑作と申し上げておきましょう。
主人公クラリス=フォスターさまはFBIの研修生です。
彼女にある仕事が任されます。
女性の連続誘拐皮剥ぎ殺人事件が起こっており、FBIとしても犯人の絞り込みができずにおります。
で、ある人物から捜査のアドバイスをとってきてもらいたいと、こういうことでございます。
その人物こそ殺人・人肉食事件で投獄されている天才犯罪者、レクター博士=ホプキンスさまなわけです。
殺人鬼の心理分析を自ら検証してしまったホプキンスさま、捜査資料を見ただけで犯人の居住地や心理などの目星をつけた様子ですが、それを話そうとしない。
交換条件としてフォスターさま自身のことを話せだとか、留置環境を変えろだとかいろいろ言ってくるわけですね。
情報が欲しいフォスターさまはホプキンスさまに要求を受け入れると嘘を言って情報を手に入れようとします。
しかしホプキンスさまは謎めいた言葉でフォスターさまを煙にまいたりします。
しかしここで事件が動くわけですね。連続誘拐皮剥ぎ犯に、議員さんの娘が誘拐されてしまうわけです。
ここでなんとしてでも事件の早期解決を目指す警察上層部の判断によって、劇的に状況が変わり、博士はVIP犯罪者待遇になってしまいます。
で、同時にうまいこと博士を利用しようとしていたフォスターさまの嘘がホプキンスさまにばれてしまうわけです。
博士は移送されます。
しかし移送先で看守たちを惨殺して脱走。
フォスターさまはここから一人で捜査を続けることになります。
ネタバレが怖くて書けなかったですが、クライマックスのハラハラドキドキが実に良いです。
ドラマとしてもめっちゃ面白い。
かなりグロい場面とかもありますが、それを差し引いても面白さを堪能できる作品にしあがっております。
未見の方はぜひご覧くだされ。


ボディ・ダブル

1984年アメリカ映画
監督 ブライアン・デ・パルマ
主演 クレイグ・ワッソン、メラニー・グリフィス、グレッグ・ヘンリー

サスペンス映画特集でございます。
ブライアン・デ・パルマ監督という人は、熱烈なヒッチコックファンとして有名でございます。
「悪魔のシスター」だとか「ファントム・オブ・パラダイス」あたりは別として、ミステリーサスペンスを撮りだして以降は、そこここにヒッチコック監督へのオマージュのような場面が出てきます。
「殺しのドレス」。
犯人の金髪からして「ファミリープロット」を思い出させますし(これは二重の意味でね。両方見られた方はおわかりでしょ?)、「サイコ」を意識した場面もありましたよね。
「ミッドナイト・クロス」は「泥棒成金」、「愛のメモリー」は「めまい」の逆パターンかな?
「スネーク・アイズ」の冒頭は「ロープ」の発展形だし、「ファムファタール」はこれまた「めまい」の複雑化ヴァージョンと過去のご自身の映画(「ミッション・インポッシブル」だとか「アンタッチャブル」だとか)の混成みたいな感じです。
さて今日のテーマは「ボディ・ダブル」。
すっごくわかりやすく「めまい」と「裏窓」をモチーフにしております。
主人公のワッソンさまは売れないホラー男優。
吸血鬼役なんかを引き受けるわけですが、この男、重症の(高所恐怖症ならぬ)閉所恐怖症。
棺桶に入る場面がどうしてもできなくて顰蹙をかっております。
そんな彼は金持ちの友人から留守番を頼まれます。そこは高層マンション。
隣の窓を望遠鏡でのぞくと、あらあら。めっちゃきれいなねえちゃんが着替えをしていたりするわけです。
覗きを続けているうちに、彼は隣家での殺人事件を目撃してしまいます。
ワッソンさまは(「裏窓」の主人公みたいに骨折とかはしていないわけだから)次第に事件に巻き込まれていくわけですが、そこには犯人が目撃者ワッソンさまを陥れるために仕掛けた巧妙な罠が待っているわけです。
デ・パルマさまって監督さんは、撮る作品にすっごくムラがありますよね。
大スターをほとんど使わずに、アイデア勝負みたいな低予算作品を撮っていたかと思うと超大作撮ったり。
職人っぽい監督さんですなあ。
この作品は低予算作品の典型みたいな感じ。
監督の技法はなかなか楽しめますが、肝心のミステリのトリックがあまりいけてないので、残念って感じです。
惜しい作品ですね~
ちなみにタイトルの「ボディ・ダブル」ってのは、代役のことです。
監督は「殺しのドレス」のアンジー・ディッキンスンさまのシャワーシーンの代役女優さんを見てこの作品を考えついたそうです。
ってことは、あの体はディッキンスンさまじゃなかったんだ。そらそうやわな。


ミザリー

1990年アメリカ映画
監督 ロブ・ライナー
主演 ジェームズ・カーン、キャシー・ベイツ

サスペンス映画特集でございます。泣く子も黙るスティーブン・キングさま原作のホラー系サスペンスの映画化。
故・淀川長治先生風に表現すると、「こわい、こわい映画です」って感じでしょうか。
スティーブン・キングさまクラスの作家の作品になると、「原作の力に負うところが大きい」みたいな評論のされかたしたりしますが、この作品に限っていえば、作品の成功は女主人公(なんでしょうね、やっぱり)を演じたキャシー・ベイツさまの力ですよね。
カーンさまが演ずるのは作家でございます。
「ミザリー」というタイトルのシリーズ小説で人気作家になっております。
しかしながら本人は「ミザリー」シリーズを書くのがいやになっておりまして、発売を間近に控えた最新刊で主人公を死なせてシリーズを完結させようとしています。
執筆のために別荘にこもって、その帰る途中、彼は運転を誤って転落事故を起こしてしまいます。
奇跡的に助かった彼が目覚めたのはベイツさま演ずる看護師の家。
彼女がカーンさまの命を助けたわけです。しかし寝たきり状態です。
看護師のベイツさまは小説「ミザリー」の大ファン。自分が助けた男が「ミザリー」の作者だと知って大感激するわけですね。
で、彼女は「ミザリー」の最新刊(というか最終巻ですわな)の原稿を読んでしまうわけですな。
彼女の態度は本を読み終えた瞬間から激変します。
「なんで主人公を殺したの?」みたいなノリです。
さあ、ここからが怖い怖いですよ。ベイツさまはカーンさまを監禁します。
そして小説「ミザリー」の改筆を強制するわけですな。
「主人公は死ない、そしてまだまだミザリーシリーズは続く」って内容に書き直せとカーンさまにせまるわけです。
そこからはとってもホラーな世界に入っていくわけです。
カーンさまはベイツさまの拷問を受けながらミザリーを書き直すことになってしまいます。うひょおおお。
キャシー・ベイツさま、文字通りの怪演。
彼女はこの作品の演技で、アカデミー主演女優賞を受賞しました。ジェームズ・カーンさまはイマイチ精彩に欠けるって感じ。
もうちょっと何とかならんかったんでしょうか。


ゆりかごを揺らす手

1992年アメリカ映画
監督 カーティス・ハンソン
主演 レベッカ・デモーネイ、アナベラ・シオラ、マット・マッコイ

サスペンス映画特集でございます。
普通のサスペンス映画だろうなあって思って、あまり期待しないで見たけど、思いのほか面白かったのでけっこうよく覚えている作品でございます。
レベッカ・デモーネイさまがけっこういいですよね~ 
こういう人と知り合いになりたいもんだ。
デモーネイさま、かわいいんだけどけっこうすごい役でございます。逆ギレ女というか何というか。
デモーネイさまは産婦人科医の妻。
出産間近の幸せな妻でございます。
しかし産婦人科医の夫が少し曲者だったわけですね。
彼は診てもらいにきた患者さんにセクハラをするようなトンデモ医師だったわけです。
怒った患者のシオラさまは医師を告訴。
追い込まれた医師は自殺してしまいます。
妻デモーネイさまは夫の死のショックで流産。
あららかわいそう。
やがてシオラさま夫婦にはかわいい赤ちゃんが生まれます。
夫婦はベビーシッターを雇うことになるわけですが、なんとなんと、やってきたベビーシッターはデモーネイさまだったわけです。
そう、彼女は産婦人科医の妻であった過去を隠し、復讐のために夫妻に近づいてきたわけです。
ぎえええええ。かくして逆恨み女の復讐ドラマが始まるわけでございます。
デモーネイさまの動機部分がかなり同情できるように描かれているので、被害者加害者どちらにも感情移入できる構造になっております。
ある意味哀れな女性としてデモーネイさまを描いたことで、単調になりがちなホラーサスペンスに奥行きがでたように思いました。
いったい何が原因で恨みを買うかわからない、現代社会の危うさみたいなものが巧く描かれてましたです。
なかなか面白い作品です。
とにかくデモーネイさまが色っぽくて、かわいくて、そして怖い。
もっと出てきて欲しい女優さんだったんですが。このあとあまり見ませんね~



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について