目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

67 / 183ページ

コレクター(1997)

1997年アメリカ映画
監督 ゲイリー・フレダー
主演 モーガン・フリーマン、アシュレイ・ジャッド、ケリー・エルウエス

ジェームズ・パターソンさま原作の「刑事アレックス・クロス」シリーズの第一弾。
それならそうとちゃんと言ってくれよって感じです。
というのも、主演と予告編の雰囲気だけで勝手に勘違いしまして、この作品の続編にあたる「スパイダー」とこの作品がごっちゃになってしまいまして、見てないのに「スパイダー」のテレビオンエア見逃してしまいました。
「コレクター2」とかにしてくれたらちゃんと見たのに。
ちなみに「スパイダー」のビデオ版タイトルは「スパイダー/コレクター2」だったそうです。
さて「コレクター」のご紹介。
女性連続誘拐事件が発生します。アレックス・クロス刑事=フリーマンさまは、姪が事件に巻き込まれた様子であることを知って現地に向かいます。
それまでに十人近い人数が誘拐されていますが、殺されて発見されたのは二人。
この二人が誘拐された順番に殺されていなかったことから、犯人の誘拐の目的は殺人ではないこと、そして姪はまだ監禁されて生きている可能性があると考えます。
そんななか、行方不明になっていた外科医ジャッドさまが犯人のもとから脱出し、生還します。
フリーマンさまはジャッドさまの協力を得ながら、犯人逮捕を逮捕すべく奮闘することになります。
サスペンス映画のわりにはあまり盛り上がらなかったと感じるのは私だけでしょうか。
そもそも誘拐した女性に逃げられるってのが犯人まぬけすぎ。
まさかそんな設定ありえへんってついつい思ってしまったもんで、最初はアシュレイ・ジャッドさまを疑っちゃいました。
結果的にシリーズ作品になってしまったこの「アレックス・クロス」シリーズ。
作品の一枚看板にしたらモーガン・フリーマンさまはちょっと弱いかもしれないですね。
フリーマンさまに華がないって言うつもりではありませんが、もうちょっと別のキャストで見てみたかった素材でございます。


依頼人

1994年アメリカ映画
監督 ジョエル・シューマッカー
主演 スーザン・サランドン、トミー・リー・ジョーンズ、ブラッド・レンフロ

ジョン・グリシャムさまの傑作サスペンスの映画化でございます。
とにかく面白く見ることができた作品です。サスペンスとしても一級品ですし、リーガルサスペンスとしてもとてもよくできています。
トミー・リー・ジョーンズさまがとにかくいいですよね。
記憶によると、この映画の時期あたりから急にいろいろな映画に出演するようになったはずです。
さて物語。ひょんなことからマフィアの秘密を知ってしまった少年。
少年はマフィアに命を狙われることになります。
しかし警察はあてにできない。少年はトレーラーハウスで暮らす貧しい階層で、彼のいう事などまともにとりあってもらえないわけです。
少年はわずか1ドルを持って弁護士事務所をまわります。
ここでももちろんとりあってもらえないわけですが、ただ一人彼の話を聞いてくれた弁護士がおりました。
これがサランドンさまでございます。サランドンさまは少年の依頼をうけ、調査を開始します。
しかし、少年の存在を知った検察側ジョーンズさまは、彼を法廷で証言させようと動くわけでございます。
しかしこれはまだまだ物語の序盤部分でありまして、ここからとんでもなくサスペンスが盛り上がってくるわけですね。
ラストもとってもいい感じです。ハリウッド的であってハリウッド的ではないラスト。
ちょっとわかりにくい説明ではありますが、そんなラストです。
とりあえずサランドンさまとジョーンズさまの演技合戦を見るだけでも値打ちのある一本でございます。


ザ・ファーム 法律事務所

1994年アメリカ映画
監督 シドニー・ポラック
主演 トム・クルーズ、ジーン・ハックマン、ジーン・トリプルホーン

今日も昨日に引き続き、ジョン・グリシャムさまの傑作サスペンスの映画化です。
「ペリカン文書」以降、この人の小説が続けて映画化されておりますが、どれもかなり面白い。
とにかく物語が面白いんですよね。
っていうことは、やっぱり原作がよくできているってことになるでしょうね。
ものすごく面白いジョン・グリシャム作品を、名匠シドニー・ポラック監督が映画化。
それだけじゃなくて、トム・クルーズさまを名優として開花させてしまった作品でもあります。
と、これは私がそう思っているだけなのですが。
大学のめっちゃええ成績で卒業したクルーズさま。彼は金持ち相手の大手法律事務所で働くことになります。
順風満帆の社会人生活のスタートって感じですが、この事務所には謎の死をとげた四人の弁護士がおりまして、彼らの死には何やら秘密がありそうなわけです。
その秘密を探ろうとするクルーズさまとそれを隠そうとする上司のハックマンさま。
この二人の演技合戦がすばらしいです。やがて事務所を影で操る巨大な悪の存在が浮かび上がり、クルーズさまは自分の命を危険にさらしながら隠された証拠を探し、そして最後の賭けにでるわけでございます。
とにかくクルーズさまが良いですね。
びっくりしました。この人、競演者運がすごく良い役者さんやなあって思いますよね。
本作では名優ジーン・ハックマンさまだったし、同じ法律ネタの「ア・フュー・グッドメン」ではこれまた天下の名優ジャック・ニコルソンさまだったし。
こんなレベルの役者さんを相手に弁護士役をやるわけだから、そら演技も上達しますわなあ。
監督運もすごくいいですよね。オリバー・ストーンさまにシドニー・ポラックさまにキューブリックさまにジョン・ウーさまにデ・パルマさまでしょ。
まあウーさまとデ・パルマさまはプロデューサーとして自分が選んだ監督さんですが。
スピルバーグさまとも仕事したし。本当、うらやましい限りですよね~


スニーカーズ

1992年アメリカ映画
監督 フィル・アルデン・ロビンソン
主演 ロバート・レッドフォード、シドニー・ポワチエ、ダン・エイクロイド、リバー・フェニックス

テーマ別につらつらと作品をご紹介していくシリーズ、サスペンス映画編。
今日は豪華キャストで製作されたハイテクサスペンス作品。
なんと主演はロバート・レッドフォードさま。
この人、監督業に進出してからはどうも堅い役ばかりがまわってきてしまって、若いころの代表作「スティング」のような洒落た映画から遠ざかっていたように感じますね。
「明日に向かって撃て」もけっこうしゃれっ気のある役だったですが。
なんか久々に明るく立ち回るレッドフォードさまを見たような気がします。
「スニーカーズ」ってのは、主人公たちのチームの名前です。
依頼をうけた会社に侵入し、その会社のセキュリティの弱点をみつけるという仕事をやっているチームですな。
元ハッカーとか元CIAだとか、政府の情報に精通している男だとかがメンバーでございます。
ある日、彼らのもとに政府から依頼がきます。
ある博士が開発した「ブラック・ボックス」ってえ暗号装置。
どうやら博士はその装置を他国に売るみたいだって話がありまして、政府としてはそいつはまずいと。
だもんで、その装置が他国に渡る前に盗みだして欲しいという依頼でございます。
チーム「スニーカーズ」は見事盗み出しに成功するわけですが、その機械は暗号装置などではなく、逆にあらゆる暗号を解読してしまうというスグレモノのマシンだったわけですな。
政府との取引に赴いた「スニーカーズ」のリーダー、レッドフォードさまですが、「政府の人間」にそのマシンを奪われてしまいます。
さらに驚くべきことに、そいつらは実は政府の人間なんかではなく、その暗号解読装置を使って、世界征服を企てるワルだったってことがわかります。
「スニーカーズ」たちは「ブラックボックス」奪還のために、難攻不落のワルボス(ベン・キングズレーさま)のビルに侵入を試みます…
いかがっすか?
面白そうざんしょ。
けっこう楽しめました。こういう深く考えずに見られる映画って好きなんですよ~
満喫してしまいました。もう一回見たい作品でございます。


ダイヤルMを廻せ

1954年アメリカ映画
監督 アルフレッド・ヒッチコック
主演 レイ・ミランド、グレース・ケリー、ロバート・カミングス

テーマごとにいろいろな作品をつらつらご紹介する特集ざます。
サスペンス映画のご紹介が続いておりますです。
けっこう見てるんだなあ、サスペンス映画って。やっぱり見ている映画って偏ってるなあってちょい反省しております。
ホラーとかアクションとかサスペンスって、実はめっちゃ見てますねえ。
それに比べて、伝記ものとかミュージカルとか名作とか、そんなに見てないんだなあ。
恋愛ものとか青春ものとかもほとんど見てないんじゃないでしょうか。
そろそろ恋愛ものと青春ものいこうと思っておりますが。
さて今回のお題は「ダイヤルMを廻せ」でございます。
今回は若干ネタバレです。
この作品、未見の方はご注意下さい。
フレデリック・ノットさまの傑作舞台劇の映画化。
妻ケリーさまの自分に対する愛情が冷めたと思い込んだ男ミランドさま。
彼は妻の殺害計画を立て、それを実行に移します。
毎週小額の現金を引き出し続けて現金を用意し、ほとんど面識のないならず者を雇います。
彼に妻殺害を依頼するわけですね。犯行の詳細はすべてミランドさまが計画し、男に指示します。
ミランドさま自身はオペラハウスでアリバイを作る。
ミランドさまはオペラハウスからケリーの待つ自宅に電話をかけるわけですが、これが計画のなかにうまく取り込まれておりまして、でもたまたま公衆電話がふさがっていて予定時間に電話できなくて…とか、なかなかのサスペンス。
しかしちょっとしたことから彼の計画に狂いが生じます。
妻殺害は失敗、殺人者は逆に事故死。
しかしそこは頭脳派ミランドさま。みごとに計画を修正し、まんまと妻を殺人犯として陥れることに成功します。
ミランドさまに疑惑の目を向けるのは妻の密会相手と警部さんでございます。
ミランドさまに罠をしかけるわけですな。
ラストは実によくできています。本当に巧いラストです。舞台劇の特性を生かした、ビジュアル的にインパクトたっぷりのラスト。
密室頭脳トリックってのはこういう作品をいうんでしょうね。
何度でも見たい傑作映画であると言っておきましょう。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について