目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

62 / 183ページ

マルコムX

1993年アメリカ映画
監督 スパイク・リー
主演 デンゼル・ワシントン、アンジェラ・バセット、アル・フリーマンJr

作品テーマごとにいろんな作品をとりあげていくコーナー、昨日は歴史絵巻で今日は伝記。
なんか脈絡あるようでないような、変な順番になりつつありますなあ。
本当は「伝記映画シリーズ」として「アビエイター」だとか「アマデウス」だとか「タッカー」だとか「アラビアのロレンス」「ラストエンペラー」「ガンジー」あたりの作品を続けてとりあげるべきなんでしょうが。
見てない映画の紹介は書けないしい。
ってことで、伝記映画もこの作品一本だけで次に進むことが確定してしまいました~
今日ご紹介するのは「マルコムX」でございます。
予告で見て、すごく見たくて、でもロードショーは結局見ることができず、ビデオ化されてすぐに見た記憶があります。
感想は… うむむ。私が思っていたような作品ではなかったですなあ。
キング牧師と並び、黒人解放運動の指導者で、戦後最も世界に影響を与えた思想家でもあるマルコムXの青春時代と、運動家としてスタートしてから暗殺されるまでを描きます。
作品は三時間前後のすんごい長い映画。ちょっと集中力もたなかったです。
チンピラとして過ごしているマルコム。
彼はちょっとした罪で服役することになりますが、刑務所の中でイスラム教に出会って改宗し、出所してからは運動家になるわけですね。
ここらあたりまではかなりテンポよく物語が進んでいくわけですが、ここからが少し辛かったです。
彼は白人を敵対視する系の運動に没頭していくわけですが、メッカの巡礼を行ったことにより、全ての人種が愛し合わなければならないことを悟り、新しい理念に基づいた運動の展開をはじめて間もなく、凶弾に倒れるわけですね。
実話の映画化ってことで、マルコムXがどんな最後を迎えるのか知った上で映画を見るわけでございまして、ここらがどうもつらいところでございます。
ラストシーンを待ってしまうわけですね。
そんな事情がありまして、中盤から後半にかけてはひたすらラストシーン待ち。
私みたいな性格の人には、こういう長編のどっしりした作品って向いてないのかもしれませんなあ。
この作品、とにかく評価が高いです。もう一度見直して、もう一度マルコムXのメッセージをじっくり聞いてみなきゃいけないかなあって思っております。


告発の行方

1988年アメリカ映画
監督 ジョナサン・カプラン
主演 ジョディ・フォスター、ケリー・マクギリス、バーニー・カールソン、レオ・ロッシ

作品テーマごとにいろんな作品をとりあげております。サスペンス系のシリアスドラマをご紹介です。
今日は法廷サスペンスのシリアスドラマざます。
きれいかわいい系の女優さんだったジョディ・フォスターさまがアカデミー主演女優賞を受賞した渾身の力作。
アメリカで多発しているレイプ事件に鋭くメスを入れた傑作でございます。
場末の酒場でレイプ事件が発生します。被害者の女性はフォスターさま。
この事件を担当する検事がマクギリスさま。
マクギリスさまはフォスターさまの証言を頼りに、三人の男性を強姦罪で告訴します。
しかし被告側はフォスターさまが酒に酔っていたこと、マリファナをやっていたことなどの事実を調べ上げ、事件は強姦ではなく、双方合意の上の和姦行為であったと主張します。
やばいこれでは負けちゃうじゃん、って思ったマクギリスさま、被告側に対して司法取引を申し出るわけですな。
司法取引ってのは日本にはない制度でございまして、裁判を全面的に戦うのではなく、量刑の重いAの件に関しては告訴しないから、量刑の軽いBについて認めなさいって手法です。
マクギリスさまは、強姦については告訴せずに、被告にフォスターとの行為の最中の暴力行為を認めさせ、傷害罪として事件を処理します。
もちろん勝訴。
この話を聞いたフォスターさま、激怒するわけですね。
フォスターさまにしてみれば、あの行為が強姦であったってことをとにかく立証して欲しかったわけで、こんな形の司法取引をしてしまうと、強姦そのものがなかったことになってしまう。
それは納得いかないということをマクギリスさまに話すわけですね。
フォスターさまの真意を読み違えていたマクギリスさま、方法を考えます。
司法取引して結審してしまったので、元被告の三人はもう強姦では告発できない。
マクギリスさま、考えまして、三人の強姦罪では告発せずに強姦の事実を立証するという一発大逆転の賭けにでます。
果たしてその方法とは…
とにかくジョディ・フォスターさまがいいですよね。セクシーで、かわいくて、きれいで、巧い。
私はフォスターさまと同世代ですから、とにかくこの人には思い入れあります。
最近は「パニックルーム」だとか「フライトプラン」だとか、すっかりお母さん役が似合うようになってしまいましたね。
年齢的に当たり前なんだろうけど、ちょっと複雑やなあ。活躍はして欲しいんだけどなあ。


JFK

1991年アメリカ映画
監督 オリバー・ストーン
主演 ケビン・コスナー、ジョー・ペシ、ドナルド・サザーランド、トミー・リー・ジョーンズ、ケビン・ベーコン

サスペンス系のシリアスドラマです。
JFK。
ウイリアムズ・藤川・久保田のその昔の阪神タイガースリリーフトリオの略称ではありません。
わかってるやろけど。関西人としてはとりあえずボケとかないといかんかなあと思いまして。
そういえばパチョレック・亀山・オマリーでPKOなんて言ってた人もいましたが。
いうまでもなく、ジョン・F・ケネディ大統領のことでございますね。
1963年にダラスで暗殺されてしまいました。
ケネディネタでは、暗殺者側から事件を描いた「ダラスの熱い日」とか、元10CCのゴドレー・アンド・クレームが企画した「JFK暗殺の真実」なんてものもありました。
正直、「なんで今更JFKなん?」って思ったりもしましたが、オリバー・ストーン監督的には避けて通れない話だったんでしょうね。
ケネディが暗殺されたことによってベトナム戦争が泥沼化したわけだし、監督はそのベトナムで重い心の傷を負った人ですからね。
地方都市の検事、コスナーさま。
ケネディ暗殺の報道を見て、彼は独自に暗殺事件のことを調べ始めます。
調べれば調べるほど陰謀の匂いがするわけですな。
なかなか証人にたどりつけません。ようやくたどりついた証人も謎の死をとげたりする。
ますます陰謀が感じられます。
そもそも描かれた内容が真実だとしたら、国家規模の陰謀でないとこんなに鮮やかな事実の隠蔽工作なんてできるわけがないですよね。
やがて情報提供者が現れます。
軍で大統領警護の任についていたXと名乗る男。
この謎の男をドナルド・サザーランドさまが快演しております。
いいところぜんぶもっていってる感じですわな。
このミスターXの語る暗殺の真実とは… 
クライマックスはこの作品も法廷シーンであります。
大統領暗殺の黒幕とおぼしき人物を告発し、暗殺の新たな可能性を指摘するコスナーさま。
大統領暗殺の報告書の矛盾点を法廷で検証します。果たして評決はいかに…
物語の主人公、コスナーさまが演じるのは実在の判事、ジム・ギャリソンさまでございます。
映画にはギャリソンさま本人も出演しておりまして、氏が演じるのは、矛盾だらけの報告書を作成した委員会の責任者ウォーレン氏。
まさにストーン監督の超ブラックジョークともいえるキャスティングですね。
ちなみにウォーレン報告書、「事件に関連する無実の人が損害を受けないように」との観点から、いまだに一部は非公開のままです。
この報告書が完全は形で見ることができるのは2039年であるとこのことです。


暗くなるまで待って

1967年アメリカ映画
監督 テレンス・ヤング
主演 オードリー・ヘップバーン、アラン・アーキン、リチャード・クレンナ

ブロードウエイで大ヒットしたフレデリック・ノット先生の舞台劇の映画化です。
フレデリック・ノットさまといえば、ヒッチコック監督の「ダイヤルMを廻せ」の原作戯曲もこの人の手によるものでございます。
密室劇が得意なんですなあ。
オードリー・ヘップバーンさまが盲目の美人妻を演じます。
夫が海外出張の帰りに、謎の女から人形を預かります。
この人形の中には麻薬が縫いこまれていたわけですね。
で、この麻薬を取り戻そうとする悪人たちがヘップバーンの家に置いている人形を狙うわけでございます。
夫が出かけてから、一人になったヘップバーンの家に、入れ替わりたちかわり悪人たちが訪れます。
悪人だから適当なこと言ってあがりこむわけですね。
で、ヘップバーンが盲目なのをいいことに、普通の会話をしながらゴソゴソやるわけでございます。
それでも人形は見つからない。
遂にキレキレのワル登場。
アラン・アーキンさま熱演でございます。
ナイフにジュラルディーンなんて名前をつけるようなアブナイ男。
アーキンさまは強行手段にでるわけですね。
こっそり探して見つからないなら脅してもいいから強引に奪ってしまえ、ってなもんです。
そしてクライマックスでは、暗闇の中でのヘップバーンさまとアーキンさまの追いかけっことなるわけでございますな。
私が劇団をやっているころは、まだけっこうこの作品が舞台で上演されておりました。
「ダイヤルMを廻せ」はほとんど上演されていなかったようですね。
「暗くなるまで待って」って作品は女優さんの演技力が試されるみたいな芝居なので、演技派女優さんがたはけっこうチャレンジしてみたい作品なんでしょうね。
ちなみに私の周囲の男性俳優陣の「やりたい芝居」第一位は、ダントツで「十二人の怒れる男」でございました。

 

氷の微笑

1992年アメリカ映画
監督 ポール・バーホーベン
主演 マイケル・ダグラス、シャロン・ストーン

エロティックサスペンススリラーでございます。
作品どうのこうのとか、サスペンス描写どうのこうのとか、トリックどうのこうの以前に、シャロン・ストーンさまがノーパンミニスカートで足を組み替える場面だけがやたらと有名になってしまった不遇な作品でございます。
私も喜びいさんでビデオ借りた記憶がありますねえ。
例のシーンを静止画で見たりコマ送りしたり。
でもあんまりよくわからなかったです。よくわからなかったって何がやねん。
まったくもってわかりやすい、普通のスケベ親父の目線で見てしまった映画ではありますが、実はなかなか面白いサスペンス映画でございます。
中年男が全裸でベッドに縛りつけられてアイスピックで殺されます。
彼女の恋人で作家のストーンさまが容疑者として浮かぶわけですな。
事件の数ヶ月前に発表された彼女の小説が今回の事件とそっくりだったってのが容疑者とされた理由だったわけですが、果たして犯人は彼女なのだろうかって考えたのが今回の事件担当の刑事ダグラスさま。
調べていくうちに、ダグラスさま、だんだん彼女に惹かれていくわけですな。
ダグラスさまは相棒の刑事とか友人の精神科医なんかの協力で犯人を追います。
そしてあっと驚く結末でございます。
作品の中では、誰が犯人だったかってことが明確に描かれないってのが最大のポイントなのかもしれません。
けっこう映画を見た人どうしで意見が分かれたりして、実際のところ「誰が犯人なんよ」、みたいな終わり方をします。
こんなんありでしょうか。
しかしながら、何度か見たら犯人がわかるような伏線がはられております。
二年に一度くらい放送されている「綾辻行人&有栖川有栖からの挑戦状」なんかを見ておられる人なら見抜くことができる伏線かと思いますが。
そうです。その人が犯人です。
犯人が誰であるかわからないようにしている割に、メモとかとりながらけっこう真剣に見ている人とぼわあんって感じで映画を見ている人とでたどりつく犯人が同じってのはいただけないなあ。
真剣に見ないと犯人がわからないって作品だったらもっと真剣に見て、もっと好きになった作品かもしれませんが。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について