目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

53 / 183ページ

殺人の追憶

2003年韓国映画
監督 ボン・ジュノ
主演 ソン・ガンホ、キム・サンギョン

韓国映画でございます。2003年の韓国での興行収入トップを記録したサスペンスドラマ。
韓国で実際に起こった事件が映画化されております。
六年間に十人の犠牲者を出し、迷宮入りしてしまった実在の事件。
ソウル郊外の農村で女性の惨殺死体が発見されます。
ガンホさまは地元の刑事。サンギョンさまは市警から派遣されてきた刑事です。
二人は協力しあって犯人探しに奔走するわけですな。二転三転する犯人像。
やがて二人は決定的に疑わしい一人の人物を絞り込みます。果たして犯人はその男なのか否か。
この作品は、本編を見るより先に、予告編を見てしまったわけなんですが、その予告編に「実際に起こった未解決事件をもとに映画化」なんて書いてありました。
情報としてそれだけのことがわかっていれば、犯人は逃げおおせるはずですよね。
そうでなければ「未解決事件の映画化」なんて書かないはずだし。
だと思っていたら、犯人と容疑者のDNAを鑑定した結果が送られてくる場面以降、事件が解決しそうになったので驚きました。
でも、やっぱりすんげえグレイな描かれかたをして物語は終わります。
未解決事件の映画化ってどうしてもこうなってしまうんでしょうね。
そうじゃなければ、「JFK」みたいに新事実を基にした仮定を描くとか。
実録ものにありがちな消化不良の印象が残りましたね。
この作品、友人がベタホメだったので見ましたけど、うむむ、どうなんやろ、って印象です。
どうしてその友人はすごく面白く感じて、私がどうなんやろって思った理由はねえ、たぶん、緒形拳様主演の「野獣刑事」を見たか見ていないかだろうと思います。
なんかねえ、途中、雨の降る中で犯行が行われる場面があったんですが、そのシーンの組み立てかたが「野獣刑事」そっくりで、「ありゃまあ」とか思いながら見てしまいました。
どちらもレイプ殺人鬼が題材で、雨が降る日に出没するって人を追いかける話なので、どうしても犯行シーンは似てきますがね。
偶然似てしまったのか、「野獣刑事」がこの作品の基になった事件を参考にしたのか、この作品が「野獣刑事」を参考にしたのか… 
まあ題材が題材だけに「似てしまわざるを得なかった」ってところが正解かもしれませんが、私と同年代以上の映画ファンには不利ですわなあ。
「野獣刑事」の雨の中でのレイプ殺人シーンは、それこそ夢に見るくらい強烈な場面だったので、インパクトって面ではちょっとおちます。
申し訳ないですが、その場面からあとは頭の中で「野獣刑事」との比較がはじまってしまって、「もひとつやなあ」って印象が残ってしまいました。
悪くはなかった作品なんですが。残念。


ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女

2006年アメリカ映画
監督 アンドリュー・アダムソン
主演 ジョージー・ヘンリー、スキャンダー・ケインズ、ウイリアム・モーズリー、アナ・ポップルウエル

時代は第二次世界大戦中。
ドイツ軍の空襲から逃れるため、イギリスの田舎に疎開してきた兄姉弟妹。
彼らが身をよせたのは「教授」と呼ばれる老人の家でございます。家についてすぐの雨の日、四人は妹の発案でかくれんぼをすることに。
空き部屋のでっかい洋服箪笥に隠れた妹ですが、その箪笥こそは不思議な国、「ナルニア国」に通ずる扉だったのでございました。
「ナルニア国」で昼から夜までを過ごして元の世界に戻った妹。不思議なことに元の世界ではほとんど時間が過ぎていなかったわけでございます。
「ナルニア」のことを兄姉に話す妹。最初は誰も彼女の言葉を信じなかったわけですが、ひょんなことから四人そろって「ナルニア」に入り込むことになります。
そこは百年以上冬が続いている国でございまして、「白い魔女」が国を支配しております。
国では予言が信じられている。
曰く、四人の「人間の子供たち」が現れたときに冬の魔女の支配が終わると、まあそんな感じなわけですな。
「人間の子供たちが現れると」って予言があるってことは、その世界には人間がおりません。
ビーバーだとかキツネだとか馬だとかがしゃべり、ケンタウロスやミノタウロス、小人なんかが普通にうろうろしています。
「白い魔女」への抵抗勢力は、王であるライオン、アスラン王を中心に戦争の準備をはじめます。
一方の白い魔女は悪知恵を働かし、四兄弟のうちの下の弟をだまそうと企みます。
さあさどうなる。
ディズニー作品らしく、愛と感動にあふれた力作でございます。
あらすじはわわわって紹介しましたが、これ以外にも細かいエピソードがいっぱいあってですねえ、まあとりあえずはご覧くださいって感じですね。
縦横無尽に伏線が張り巡らされております。その伏線がみごとに処理されていくのが憎いですね。
さすが世界的ベストセラー小説の映画化でございます。
私的には苦手なファンタジー作品なのですが、物語展開の巧さには感心してしまいました。
主役の兄姉弟妹揃って芝居も巧い。将来が楽しみでございます。


汚れなき悪戯

1955年スペイン映画
監督 ラディスラオ・バホダ
主演 パブリート・カルボ、ラファエル・リベリュス

「ジャンルごとにわわわって作品を紹介するシリーズ」。
ホラー、アクションときまして、今日からは名画・ミュージカル・人間ドラマなんぞをご紹介してまいりたいと思います。
今日はめっちゃ懐かしい映画でございます。
この作品は私が小学校高学年で映画を見始めたころリバイバル上映されてました。
たまたま映画を見たクラスの友人とめっちゃもりあがって、小学校六年のお別れ会のクラス演奏でこの映画の主題歌をやりたいって言ってクラスのみんなから顰蹙をかったという思い出の作品。
大人になってからNHKの名画劇場で見ましたが、うむむ。どうなんやろって感じでした。
「懐かしの名作」って評価が一人歩きして、本来の面白さ以上に評判になってしまったのではないでしょうか。
そんなに感動しなかったです。
主人公の少年。名前はマルセリーノ。
彼は修道院の前に捨てられていた子供です。
彼は僧たちにかわいがられてすくすくと成長するわけですな。
ここでいきなり主題歌の「マルセリーノの歌」。「おっはっようマルセリーノ…」ってな感じでミュージカルっぽく歌われると、悪いけどひいてしまいます。
ドンびきしました。
このマルセリーノ少年、いたずらが大好きです。
ある日、マルセリーノ君、納屋に入ります。
お仕置きか忍び込んだのかどっちか覚えてないですが、彼はそこでキリスト像を見つけるわけですな。
そこから奇蹟が起こるという、メルヘン系ファンタジー系の物語でございますわ。
修道院だとかキリスト像だとか奇蹟だとか、ちょっと私には苦手なキーワードが並んでしまいました。
これはつまりね、ほとんどの日本人の皆様がそうお感じになった感想なのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。
確かにいいんです。
マルセリーノ君巧いし。感動的だし。
でも、キーワードに神だとかをもってこられると、キリスト教への理解にイマイチ欠ける私は、「あんまり感動できなかったかもお」って結論になってしまうわけですね。
私がキリスト教を信じている人だったりしたらもっとズルズルに泣ける作品だったのかもしれませんが。
この作品を根本から理解できなかったってのはちょっと残念。いい作品には違いないんですがね~
神だとかを前面に出しすぎてましたですね。


ウィズ

1978年アメリカ映画
監督 シドニー・ルメット
主演 ダイアナ・ロス、マイケル・ジャクソン

「テーマを決めた作品なんかをつらつら紹介するシリーズ」でございます。
名画~ミュージカル~人間ドラマ~歴史大作なんかあたりを紹介してまいります。
ここらの作品って私的にはボーダレスだったりしますので、乱暴にくくってしまって申し訳ございません。
名画シリーズはもっと続くはずだったんですが、なぜか作品そのものを思い出さないので、とりあえずミュージカルの部に進みましょうね。
私って劇団時代にいちおーミュージカルやってたわりにはあんまり見てないですね。
ただし、見たミュージカルはほとんどお気に入りになっておりますので、第一集でご紹介済みの作品が多いですね。
「コーラス・ライン」とか「ウエストサイド物語」とか。
「メリーポピンズ」とか「グリース」、「サウンド・オブ・ミュージック」なんかもミュージカルですよね。
「ローズ」はミュージカルになるんだろうか。これはちょっと違うかな?
さて「ウィズ」。私はそもそも「オズの魔法使い」の話がけっこう好きでございまして、劇団時代にこのお話を基にした芝居の台本を書いたことがあります。
そのときのエンディングに使おうと思っていたのが「ウィズ」の「イーズ・オン・ダウン・ザ・ロード」でございました。
この曲は大好きだったんだけど、映画のほうは期待が大きすぎたせいか、「あれ?」って感じでした。
申し訳ないです。
お話はもう解説の余地なしって雰囲気ですね。
えっと、カンザスシティに住んでおりますドロシーちゃん。台風の竜巻に飛ばされて、不思議の国みたいなところにたどりつき、ライオンだとか案山子だとかブリキの人形だとかを仲間に加えながら、故郷のカンザスに戻してくれる力があるという「オズの魔法使い」のいる町に向かう物語でございますわな。
ダイアナ・ロスさまにマイケル・ジャクソンさまが主演。
後に「ウイ・アー・ザ・ワールド」で競演する二人がスクリーンで楽しげに歌い踊ります。
そもそもブロードウエイミュージカルだったこの作品、実際に映画にしちゃうと、なんだか変な感じになってしまったような気がしてなりません。
逆に舞台っぽく、セットそのものをハリボテっぽく、もっと作り物っぽくしたほうが雰囲気でたかもしれませんね。


ファントム・オブ・パラダイス

1974年アメリカ映画
監督 ブライアン・デ・パルマ
主演 ポール・ウィリアムス、ウィリアム・フィンリー、ジェシカ・ラング

「テーマを決めた作品なんかをつらつら紹介するシリーズ」、今日はミュージカルでございます。
といってもこの作品をミュージカルと扱っていいのかどうか悩みますが。
映画の元ネタは、かの「オペラの怪人」でございます。
それを思いきりロック仕立てにした感じでしょうか。
主人公はフィンリーさまでございます。
彼はなんかもひとつパッとしない青年ですが、すごい音楽の才能の持ち主だったわけですな。
彼はロックオペラ(だったかなあ、ロックシンフォニーだったかなあ)を作曲し、その作品をレコード会社社長のウィリアムスさまに見てもらうわけですね。
悪人社長のウィリアムスさま、作品の権利を独り占めしようとするわけですね。
哀れフィンリーさまは社長にはめられて、無実の罪で投獄されることになります。
数年後、出所したフィンリーさま、自分の作品がウイリアムスさまの作品として発表されていることに驚きます。
で、怒った彼はレコード会社に忍び込んでレコードのプレス機をぶっこわそうとしますが、逆に機械に巻き込まれて顔面を潰されるという大怪我を負います。
それからというもの、マスクをかぶった怪人が社長の周囲に出没することになるわけですな。
ウィリアムスさまむっちゃ悪い。
フィンリーさまあまりにも間抜けで空気が読めてない。
そらひどい目にあうやろなあ。こういうキャラだと。
デ・パルマ監督の演出は、まだこなれていない感じがありますが、随所に「おおっ」と唸らせるような場面がでてきます。
やっぱり才能ある人はそれほど知られてない時期からすごい映画撮ってるもんなんですね~
悪役のポール・ウィリアムスさまは当時けっこう知られていたミュージシャンでしたです。
まあ知る人ぞ知るって感じだったですかね。
万人が知っている感じではなかったけど。しかしこの作品見て、「ほうほう、ポール・ウィリアムスってすごい才能もってたんだあ」って見直しましたです。
この人、クリント・イーストウッドさま主演の「サンダーボルト」って映画で、主題歌の「故郷への道を教えて」って曲を歌っておりました。
この曲も好きだったなあ。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について