目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

48 / 183ページ

黒い家

1999年「黒い家」製作委員会作品
監督 森田芳光
主演 内野聖陽、大竹しのぶ、西村雅彦、小林 薫

「黒い家」。
角川書店さんの「日本ホラー小説大賞」出身、貴志祐介先生の大賞受賞作の映画化でございます。
貴志先生の作品としては、最近「このミステリーがすごい」で見事一位になった「悪の教典」が映画化されました。
これも見たいんですよね。
ただ、「黒い家」のほうは… だがしかし、って感じですね。
あまりにもアクの強い森田演出に押され、さらには大竹・西村の強烈な演技、内野のリアルな熱演のおかげもあって、原作を読んだときに感じた「恐怖感」を感じることができなかったです。
演出が個性的すぎて、また役者陣が素晴らしすぎて、原作がかすんじゃった感じです。
物語は、ある保険金詐欺事件を中心に進んでいきます。
内野さまは保険会社のクレーム係。
彼は「その家」に、どうでもいいような話で呼び出され、そこで首をつって死んでいる小学生を見つけます。
父親はあからさまに怪しい西村さま。
彼の妻が大竹さま。
その日から西村さまは保険金請求のために内野さまの営業所に通いはじめます。
保険金殺人の匂いを感じた内野さまは、妻大竹さまに「父親が保険金目当てで子供を殺した疑いがある」との手紙を送ります。
保険会社の幹部は、事件を収拾しようと、アブナイ仕事の始末をつける「示談係」の職員小林さまを彼らの家に向かわせますが…
うむむ。新聞で読んだような話に似た展開ですね。
しかしこの原作小説は「あの保険金詐欺事件」の発覚前に書かれたものです。念のため。
癖のある映像。ところどころ挿入されるイメージショットやインサートショット。
手の込んだこういう演出が、逆に恐怖感を現実味薄いものにしているような印象をもちました。
クライマックスも小説のほうがずっと恐かったです。
さらにいうと、森田作品では(ホラー題材ではない)「39~刑法39条」のほうがよっぽど恐かったです。
原作は大好きな小説なんですが、残念。


トップ・ガン

1986年アメリカ映画
監督 トニー・スコット
主演 トム・クルーズ、ケリー・マクギリス、ヴァル・キルマー、マイケル・アイアンサイド

トム・クルーズさまを一気にスターダムに押し上げた作品でございます。
テーマ曲はケニー・ロギンズの「デンジャー・ゾーン」でございます。
映画音楽としてもかなりいけてますよね。普通にヒット曲としてもかなりいい曲ですが。この曲が象徴するようなノリがよく、かっこいい世界がスクリーンの向こうで綴られます。
クルーズさまは米軍のパイロット候補生でございます。
調子がよく、軽いノリのあんちゃんです。
ただ、戦闘機の操縦テクニックは天才的。同期生にキルマーさまがおります。
で、教官はアイアンサイドさまね。私はこのマイケル・アイアンサイドさまって人大好きなんですが。
カナダの役者さんで、デビッド・クローネンバーグ監督の「スキャナーズ」で注目された人です。
それからは「面会時間」「V」「ダブル・ボーダー」「トータル・リコール」「スターシップ・トゥルーパーズ」、最近では「Xメン ファースト・ジェネレーション」や「サベイランス」などなど、めっちゃ活躍しておられます。
この映画でも渋いところ見せてくれてますね。
映画のほうは、戦闘機に乗ることにかけた青春をまったりと描きます。
訓練中の事故でパートナーでもあるナビゲーターを失ったりだとか、いろいろあるわけですが、やっぱりね、基本線は明るく元気な青春恋愛ムービーでございますな。
戦闘機のドッグファイトシーンは迫力満点です。
主人公のクルーズさまを戦闘機のパイロットに設定したってのが、よくある恋愛映画と一線を画す効果をあげています。
やっぱりトム・クルーズさまかっこええですわな。
以前書いたと思いますが、クルーズさま、この映画以降、「カクテル」だとか「デイズ・オブ・サンダー」みたいな、けっこうどうでもいいような映画に出ておりましたが、「7月4日に生まれて」とか「ファーム」だとかの作品でおお化けしましたですね。
このトム・クルーズさまって人の「トップ・ガン」直後と、ジョン・ローンさまの「ラスト・エンペラー」直後の作品パターンって似ているような気がしますね。
ジョン・ローンさまも「チャイナ・シャドー」とか、ダンサーの映画とか、「何それ」みたいな映画に出てましたもんね。
この二人の差って、「化ける」ことのできる作品に出会えたかどうかって気がしてなりませんですね。


フォーエバー・ヤング 時を越えた告白

1992年アメリカ映画
監督 スティーブ・マイナー
主演 メル・ギブソン、イライジャ・ウッド、イザベル・グラッサー、ジェイミー・リー・カーティス

最初に…こう書くと作品に対して失礼かもしれませんが、監督さんが何を言いたかったのかよくわからなかったです。
物語の発端は第二次世界大戦以前。
双翼戦闘機のパイロット・ギブソンさま。
彼の婚約者が交通事故で危篤状態に陥ります。
ギブソンさま、めっちゃ凹みます。彼女が死んでいく姿を見続ける気力がないって状態になりまして、彼は無謀にも軍の冷凍睡眠実験のモルモットに志願します。
彼は愛する婚約者との思い出を抱いて、長い長い眠りにつきます。
で、お約束通り時は流れて… 
冷凍睡眠実験は、主任研究者の突然の死によって放置されております。
そもそもが軍の極秘プロジェクトだったもんで、ギブソンさまが冷凍催眠カプセルの中に入っていることさえみんな知らない時代になっております。
ギブソンさまは軍の廃倉庫みたいなところで、忍び込んだ子供の悪戯で目覚めるわけですね。
ここはどこじゃ、お前は誰じゃ、みたいな感じ。
(ごめんなさい。このセリフは同じ「冷凍睡眠」ものの「SFソードキル」のセリフでござる)
自分のまわりにいるはずの軍の研究者だとか医者だとかがいない。
街をさまようギブソンさま。しかたなく、軍の施設に向かいますが、あまりにも荒唐無稽な話だけに、施設の司令官はギブソンさまのことを頭のイカレた男だと決めつけてしまいます。
再び街をさまようギブソンさまですが、彼が目覚めるきっかけとなった少年とめぐりあい、彼の家でやっかいになることになります。
一方、軍では、実験の秘密を知る一部の人々が、実験が継続されていたことに気づき、ようやくギブソンさまの身柄を保護しようと動きはじめます。
何たって第二次世界大戦前から冷凍になっていた被験者ですから。
そら追いかけますわな。
当時の同僚や研究者を探すギブソンさま。ギブソンさまを探す軍の研究者。さあどうなる、って物語です。
この話を見ていて、「天才バカボン」を思い出してしかたなかったです。
「天才バカボン」ってのは、一つの物語が一つのテーマをもとに進むのではなく、事件によって派生した枝葉のエピソードに話の軸が移って、その枝葉にエピソードが移って、またその枝葉にエピソードが移って… 
結局もとの話って何だったっけ、みたいな展開を基本パターンにしておりましたが、この映画も同じです。
枝葉のエピソードが中心になって、そこからまた枝葉にいって…みたいな印象をうけました。
まあ破天荒な物語だけにこれでいいのかもしれませんが。
 

永遠に美しく…

1992年アメリカ映画
監督 ロバート・ゼメキス
主演 メリル・ストリープ、ブルース・ウィリス、ゴールディ・ホーン、イザベラ・ロッセリーニ

前回ご紹介した「フォーエバー・ヤング」とタイトルかぶってますなあ。
しかしこの作品の原題は「Death becomes her」なんで、タイトルがだぶっているわけではありません。
しかしこの原題がなんで「永遠に美しく…」になるんでしょうか。ラストなんか主人公たち、全然美しくないんだけど。
ウィリスさまは整形外科医です。それがいつしか葬儀屋の手伝いの死体メイクなどを手がけるようになっております。
彼は整形外科医時代にホーンさまとつきあっていたわけですが、元大スターのストリープさまに鞍替えしたりする無節操男です。
ホーンさまはそのショックで過食症になって悲惨なおデブさんになったりしております。
数年後、ウィリスの妻、すっかりおばはんになったストリープさまの前に、若い頃と全く変わらぬ美貌を取り戻したホーンさまが現れます。
あせるストリープさま。エステサロンの社長に紹介された怪しげな女性ロッセリーニさまに、若返りの秘薬を譲りうけ、ストリープさまもかつての美貌を取り戻します。
しかしこの薬には秘密がありまして、実はこれ、不死の薬だったわけですな。
つまり「死なない」、というか「死ねない」身体になってしまったわけです、ストリープさまは。
そのころホーンさまはウィリスさまに近づいて、よろしくやることになるわけですね。
で、ストリープさまを殺してウィリスさまといっしょになろうと計画するわけです。
妻殺害を決意するウィリスさま。
周到な殺人計画を立てていたわけですが、計画実行前にひょんなことからストリープさまと言いあいになり、口喧嘩の勢いでストリープさまを階段から転落させてしまいます。
首だとか足腰だとかボキボキいいながらの転落。普通死にます。
しかし首の骨とか折れてぐらぐらなのに死んでいないストリープさま。
さて、ウィリスさまからの電話連絡をうけて駆けつけたホーンさま。
ストリープさまが死んだと思いこんでいた彼女、ウィリスさまとの計画を修正する相談をストリープさま本人に聞かれてしまいます。
怒った(首の骨が折れた)ストリープさま、ホーンさまを至近距離から大型銃で撃ちます。
お腹に穴のあいたホーンさま、彼女も死なない。
ストリープさまは彼女も同じようにロッセリーニさまの秘薬を飲んだことを知ることになります…
ゼメキス監督だし、ウィリスさまやストリープさまやホーンさまやロッセリーニさまみたいな一流どころのキャストで製作されてるんですが、なんだかとってもB級の香りがするのはどうしてでしょう。
それにしてもホーンさま、いくつになってもかわいい。
この人本当に秘薬とか飲んでるんじゃないでしょうか。
ストリープさまはこういう役ができる人だったんだとちょっと見直しました。
ウィリスさまはねえ。どうやろなあ。微妙なところですね~ 
イザベラ・ロッセリーニさまがけっこういやらしい感じでよかったですね。


青い体験

1973年イタリヤ映画
監督 サルバトーレ・サンペリ
主演 ラウラ・アントネッリ、アレッサンドロ・モモ

イタリヤ映画です。イタリヤ。逆から読むとヤリタイ。
やりたいさかりの少年が主人公の初体験もののお色気コメディでございます。
イタリヤのちょっと田舎っぽい町に、妻を亡くした生地屋の亭主がおりました。
長男は大学生くらい。次男は中学から高校くらいで、三男は幼児。
お話の主人公は次男で、この子を演じるのがアレッサンドロ・モモさまです。
亡くなる直前のモモさまの母が、家政婦紹介所に住み込み家政婦の派遣を依頼しておりまして、それでやってきたのが若い家政婦アントネッリさま。
父も兄もモモさま本人も、アントネッリさまの色香にめろめろでございます。
真剣に彼女を後妻に迎えようとする父。彼女の前ではなぜかいつも体を鍛えているふりをするおバカな兄。
しかしモモ君には父や兄のことをとやかく言う資格はない。
だってめっちゃ危ない視線を送っているんだもん。
「目で犯す」ってのはこういう目つきのことを言うんだろうなってくらいいやらしい視線をおくります。
モモ君、気になるラウラさまが父と仲良くするのが面白くない。
夜中に、寝ている弟の耳元で母の話をして、母恋しさに泣きだす弟にてこずる父やアントネッリさまを見てご満悦になっております。
うむむ。悪質だなあ。
それでいながらラウラさまの近くをストーカーみたいにウロウロして、なんかエッチな会話したり。
若さというか、幼さというか、未熟さというか。
でもアントネッリさまもまんざらじゃないみたいだから、いいんだろうなあ。
モモ君の行動は次第にエスカレート。屋根裏からのぞいたり、高いところにある本をとってくれと言って脚立にのぼらせて下からスカートの中をのぞいたり。
これってほとんど変質者じゃんか。
あかんやろ、こんなんしたら。
こんな小僧はたいていひどい目にあうのが日本的倫理観なんだろうけど、さすがエッチの先進国イタリヤでございます。
アントネッリさまはそんな彼のこと、かわいいって思うみたいで、父も兄も留守の嵐の夜、停電になった屋敷の中、懐中電灯でストリップごっこをして、ついにはモモ君を男にしてしまうわけですな。
ラストは父親の花嫁になるアントネッリさまにモモ君がキスをして、「ママよろしくね」みたいな感じで終わります。
どないいやねんな。
えっとねえ、停電の中であんな大事なことしちゃいけません。
観客のフラストレーションたまっちゃうじゃないですか。
映画を見ていた皆様、きっとみんな「見えへんがな」って怒っていたことでしょう。
私も怒ったもん。しかしながら、今四十二才くらいから四十五才くらいの人って、この作品に特別な思い入れをもっている人、多かったりすると思います。
見たかったんですよね、ロードショーのとき。
でも小学校の高学年から中学生あたりの子が、「青い体験」なんて映画見れないですしね。
私は見たかったけど見られなかった子です。
小学校高学年でしたね。ロードショーのときは。
主人公を演じたアレッサンドロ・モモさまは、「青い体験」「続・青い体験」に主演したあと、1976年にオートバイ事故で急死しちゃった俳優さんです。
出演作品、もうちょっと見たかったですね。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について