目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

44 / 183ページ

アウトブレイク

1995年アメリカ映画
監督 ウォルフガング・ピーターゼン
主演 ダスティン・ホフマン、レネ・ルッソ、モーガン・フリーマン

ここからパニック系アクション映画を続けてご紹介。
この映画って、かなり堅くて難しい物語なんじゃないかなって勝手に想像してました。
「ストリート・オブ・ファイヤー」みたいにビデオジャケットで判断してたんですね、この作品も。
なんかダスティン・ホフマンさまが、ウイルス防護服みたいな服を着ている写真がビデオジャケットになっておりましたが。「ウイルスからアメリカを守れ」みたいな、学術シミュレーション映画みたいな作品をイメージしておりました。
映画を見て、あまりの面白さにびっくりした記憶があります。
アフリカで、強烈な致死率をもつウイルスが広がりはじめます。感染し発症すると、体じゅうから出血して死ぬというウイルス。
このウイルスに「感染しているけど発症していない」サルがアメリカ国内に持ち込まれます。
このサルに噛まれた男がウイルスに感染し、この男からウイルスは次第に町じゅうに広がっていきます。
軍の研究所でウイルスを研究しているのがホフマンさまでございまして、彼はウイルスの封じ込めと感染者の隔離を行うために町に入ります。ウイルスは当初、唾液を含む体液の接触による感染しかしないと考えられていましたが、次第にウイルスは変異し、空気感染をはじめます。
ここらのサスペンスの盛り上げかたが実に巧いですね。
ウイルスの封じ込めと並行して、「なぜこの町でウイルスが流行したか」を調べるプロセスも描かれ、やがて「感染しているけど発症していない」サルの体内には、ワクチン製造に不可欠な抗体ができていることが明らかになります。
すげえすげえ。ごっついもりあがり。
やがて町に医療班として入ったホフマンさまの元カノのルッソさまがウイルスに感染してしまいます。
えらいこっちゃ。
果たしてサルは捕まるのでしょうか。
ワクチンは間に合うのでしょうか。
いぐわああああ。
「MI2」だとか「24・シーズンⅢ」は、かなりこの作品に影響を受けているように感じます。
とにかくリアルでよくできています。
「いい映画見た~」っていう、すっごく幸せな気分を味わうことのできる一本でございます。


大地震

1974年アメリカ映画
監督 マーク・ロブスン
主演 チャールトン・ヘストン、エヴァ・ガードナー、ジョージ・ケネディ、ジュヌヴィエーブ・ビジョルド

元祖パニック系アクション映画です。
私ってねえ、この映画が公開される前後から映画に興味をもちはじめたので、ここらへんの映画には思い入れがあったりしますが。
えっとね、パニック映画の元祖はやっぱりこの作品になると思いますね。
これ以前にも、「大空港」だとか「ポセイドン・アドベンチャー」みたいなパニック系の映画はあるにはありましたが、「パニック映画」というジャンルが設定されたのはおそらくこの映画が最初だったです。
というか、「パニック」って言葉が一般的になったのがこの映画の時期だったと記憶しております。
この映画以降、パニック映画ブームの流れを決定づけた「エアポート75」だとか「ジャガーノート」、タイトルにパニックって言葉を埋め込んだ「サブウェイ・パニック」だとか「マシンガン・パニック」だとかの映画が公開されます。
ちなみに「サブウエイ・パニック」「ジャガーノート」はパニックものではなくてサスペンス。
「マシンガン・パニック」はハードボイルドの刑事ものです。
「エアポート75」も乗客がパニックに陥ってああだこうだって場面はほとんどありませんでしたから、厳密にはパニック映画ではないでしょうね。
「ポセイドン・アドベンチャー」は極限状況でのサバイバルドラマだし、「大空港」も人間ドラマっぽいサスペンスだったから、人々がパニックに陥ってどうのこうのって映画の元祖はやっぱりこの「大地震」ってことになるかと思います。
物語は…ロサンゼルスで大地震が起きます。以上。
だって本当にそれだけなんだもん。
チャールトン・ヘストンさま演ずる主人公が、奥さんのガードナーさまと不仲で、彼女のビジョルドさまを助けたくて、とか。
治安維持のために出動した軍の部隊が暴徒化しつつある市民に発砲したりとか。
地震でダムが決壊してとか。
みたいな細かい話はいろいろありますが、基本的には地震のあとのどさくさをわわわって描いた感じです。
申し訳ないですが、私はかの阪神大震災を直接経験しておりますので、ちょっとリアリティに欠ける話だと思ってしまいました。
地震が起きてもね、そんなに自分のこと見失うものじゃないですよね、人間って。
そういう意味ではテレビドラマの「救命病棟24時」の第二シーズンなんかのほうがよっぽどリアルに地震の後ってものを描いていたように感じました。
ちなみにこの作品、(当時の)新時代の音響システム「センサラウンド方式」って音響方式を使って上映されました。
でもこの作品以降、「センサラウンド方式」の作品は一~二本くらいしか公開されなかったみたいなので、これってどうやらダメダメシステムだったみたいですね。


ブローン・アウェイ・復讐の序曲

1994年アメリカ映画
監督 スティーブン・ホプキンス
主演 ジェフ・ブリッジス、トミー・リー・ジョーンズ、スージー・エイミス

パニック系のアクション映画を続けてご紹介しております。
今日はなかなかスリリングで面白い一作。
爆破魔と爆発物処理班との息詰る戦いを描いたサスペンスアクション映画でございます。
爆破テロの首謀者として北アイルランドの刑務所に収監されていた「天才爆弾魔」ジョーンズさま。
彼は囚われの身でありながら爆弾を作り、牢を爆破して脱走します。
彼の行く先はアメリカ。
そのころ、爆発物処理班の隊員ブリッジスさまは爆弾事件を見事に処理し、ヒーローとしてまつりあげられます。
ちょうどその報道の直後から、まるで処理班の隊員を狙ったかのような爆弾事件が連続して起こります。
犯人はもちろんジョーンズさまでございます。彼のターゲットはブリッジスさま。
そもそも彼が投獄されたのは、同じIRAの同志だったブリッジスさまが裏切ったためだったからなんですね。
ってことで、ジョーンズさまはブリッジスさまに復讐するためにあの手この手を使ってくるわけですな。
処理班を狙っていたジョーンズさまは、やがてブリッジスさまの身内を狙いはじめます。
ブリッジスさまの妻と娘が外出から帰ってくる。ガスコンロに火をつける、コンセントにコードを差し込む、ドライヤーを使う… 
どこに爆弾が仕掛けられているかわからない恐怖感を盛り上げる好演出でございます。
この場面、なかなか好きです。
あと、クライマックスもすごい。
ブリッジスさまとジョーンズさまの最終対決のシーン。
ジョーンズさまの仕掛けで、ドミノ倒しのような仕掛けで爆弾が爆発します。
おおすげえすげえ。すっごく屈折した爆弾魔を、トミー・リー・ジョーンズさま、大熱演。すごく楽しめました。
惜しいのは、この作品が製作されたのが、たまたま「スピード」と同時期だったことでしょうか。
私的には「スピード」もこの作品も楽しめましたが、それにしても内容かぶりすぎ。
そうなると、明らかにヒットした「スピード」が基準になってしまうので、「スピード」に似た話って思われてしまいます。
けっこう面白い話だったんですが。残念。


ポセイドン・アドベンチャー

1972年アメリカ映画
監督 ロナルド・ニーム
主演 ジーン・ハックマン、アーネスト・ボーグナイン、ロディ・マクドウォール、シェリー・ウインタース

パニック系のアクション映画をご紹介しております。
えっと。「大地震」のときにも書きましたが、ちょっとおさらい。
この映画が公開された72年当時には、「パニック映画」というジャンルは存在しませんでした。
そもそも「パニック」って言葉からしてそんなに浸透していなかったんじゃないでしょうか。
ただ、この作品が74年から75年あたりに盛りがった「パニック映画ブーム」の火付け役になったであろうことは事実でございます。
舞台は超豪華客船ポセイドン号。
その船を、海底地震によって発生した津波が襲い、船は天地逆になった形に転覆します。
んなあほな。ボートやあらへんねんから。
ジーン・ハックマンさま(若い!)演ずる牧師は、船の内部の様子から、海面は船底の方向にあると判断し、ひたすら上へ上へ、船底へ船底へと移動します。
もちろん最初の転覆で生き残った人たち全員が船底へ向かったわけではなく、ほとんどの生存者は牧師の声に耳を傾けようとはせずにその場にとどまり、わずかな人数だけが上へと上がっていくことになるわけです。
しかし、やっぱり現実は厳しい。
大多数の乗客が残されたメインホールは浸水、水没。
船底に向かった人たちも、一人、また一人と、力尽きて減っていくわけですね。
果たして何人が生き残ることができるのでしょうか。
ハックマンさま、ボーグナインさま、ウインタースさまがすっごくいい芝居してくれます。
もうそれだけでこの作品見る値打ちありますね。
作品序盤でのジーン・ハックマンさまのセリフ、「神は自ら助くものを助く」ってのは名セリフとして有名です。
しかしこの言葉を言ってしまうと、映画の中でのハックマンさまみたいにすっげえ行動でその言葉を証明しなきゃいけないですよね。
おいそれとは語れないセリフでございますが、そういう人生送りたいなって思っております。


黒い家

1999年「黒い家」製作委員会作品
監督 森田芳光
主演 内野聖陽、大竹しのぶ、西村雅彦、小林 薫

「黒い家」。
角川書店さんの「日本ホラー小説大賞」出身、貴志祐介先生の大賞受賞作の映画化でございます。
貴志先生の作品としては、最近「このミステリーがすごい」で見事一位になった「悪の教典」が映画化されました。
これも見たいんですよね。
ただ、「黒い家」のほうは… だがしかし、って感じですね。
あまりにもアクの強い森田演出に押され、さらには大竹・西村の強烈な演技、内野のリアルな熱演のおかげもあって、原作を読んだときに感じた「恐怖感」を感じることができなかったです。
演出が個性的すぎて、また役者陣が素晴らしすぎて、原作がかすんじゃった感じです。
物語は、ある保険金詐欺事件を中心に進んでいきます。
内野さまは保険会社のクレーム係。
彼は「その家」に、どうでもいいような話で呼び出され、そこで首をつって死んでいる小学生を見つけます。
父親はあからさまに怪しい西村さま。
彼の妻が大竹さま。
その日から西村さまは保険金請求のために内野さまの営業所に通いはじめます。
保険金殺人の匂いを感じた内野さまは、妻大竹さまに「父親が保険金目当てで子供を殺した疑いがある」との手紙を送ります。
保険会社の幹部は、事件を収拾しようと、アブナイ仕事の始末をつける「示談係」の職員小林さまを彼らの家に向かわせますが…
うむむ。新聞で読んだような話に似た展開ですね。
しかしこの原作小説は「あの保険金詐欺事件」の発覚前に書かれたものです。念のため。
癖のある映像。ところどころ挿入されるイメージショットやインサートショット。
手の込んだこういう演出が、逆に恐怖感を現実味薄いものにしているような印象をもちました。
クライマックスも小説のほうがずっと恐かったです。
さらにいうと、森田作品では(ホラー題材ではない)「39~刑法39条」のほうがよっぽど恐かったです。
原作は大好きな小説なんですが、残念。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について