目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

36 / 183ページ

ディア・ハンター

1978年アメリカ映画
監督 マイケル・チミノ
主演 ロバート・デ・ニーロ、クリストファー・ウォーケン

戦争を題材にした人間ドラマシリーズでございます。
えっと。ベトナム戦争がアメリカに対しておとした影ってのは半端なスケールではなかったわけでございます。
それだけに実に多くの監督さんがベトナム戦争を描いています。
「地獄の黙示録」をはじめ、「プラトーン」「7月4日に生まれて」「天と地」「ハンバーガーヒル」、変わったところでは「サイゴン」だとか「ジェイコブズラダー」なんかもベトナムを描いてますよね。
あの戦争の狂気ってものを描くことが、ある意味社会派映画人の使命みたいになっていた時期さえあるような気がします。
それだけに名作秀作が多い題材でございます。
この作品もベトナムで人生が狂ってしまった青年たちを描いています。
デ・ニーロさま、ウォーケンさまらは親友でございます。
彼らの趣味は鹿狩り。だから「ディア・ハンター」。わかりやすい。
けっこうアウトドア派の青春でございますなあ。
そんな彼らがベトナムに派遣されるわけですね。
前半の青春映画っぽい映像と、中盤のベトナムを描く落差が大きく、それがすんげえいい感じの効果を出すことに成功しております。
彼らが派遣されたベトナムはやっぱり地獄でございました。
主人公たちはベトコンに囚われ、彼らの前でロシアンルーレットを強要されます。
辛くも生き延びるわけですが、仲間の一人がこの一件によって精神が破壊されるわけです。
そのメンバーはベトコンの基地から脱出するときに行方不明になってしまいます。
数年後、アメリカに戻ったメンバーたちは彼の噂を聞きつけます。
おかしくなっちゃった彼は「見世物ロシアンルーレット」のプレイヤーとなっていました。
仲間の目の前で彼のゲームが始まります。そしてそして結末は…
あまりにも衝撃的なラストです。って書いてしまったらどうなるかバレバレです。
これもベトナムの狂気が生んだ秀逸な物語でございます。


フルメタル・ジャケット

1987年アメリカ映画
監督 スタンリー・キューブリック
主演 マシュー・モディン、アダム・ボールドウィン、ヴィンセント・ドノフリオ

戦争を題材にした人間ドラマシリーズの最終回でございます。
最後を締めくくるのはやっぱりベトナム戦争ものです。
巨匠、今な亡きスタンリー・キューブリックが「シャイニング」以来久々にメガホンをとった作品でございます。
ではあるんだけど、この作品は私的にはあんまり評価が高くないです。
まあ、普通の戦争映画を撮るような監督さんでもないんですが。
海兵隊として厳しい訓練を受け、兵士としてベトナムに派遣される青年たちを描きます。
ってよくある話じゃないの。よくある話ではありますが、さすがキューブリック。
普通の描き方じゃありませんです。
とりあえず、映画は二部構成だと思ってくださいませ。
海兵隊でのとんでもなく厳しい訓練の様子を描くのが前半部。
物語がベトナムの戦場にシフトするのが後半部。
申し訳ないですが、後半部の描写はもひとつです。
ベトナムそのものを題材にした作品って多いし、この作品よりもリアルで強烈な作品はいくらでもあったんじゃないかな、って思ってしまいます。
後半部はすんごく印象が薄い。
っていうのは、前半部があまりにも強烈だからなんですね。
何がどう強烈なのかってことはここではあえて触れないですが、もう、悪い夢を見そうな勢いで強烈な場面が前半のハイライトになります。
作品タイトルになった「フルメタル・ジャケット」ってのは、べトナム戦争中に兵士たちが使っていたライフルに装填する「完全被甲弾」のことらしいです。
どうやらすごく強烈な弾丸なんでしょうな。
この「フルメタル・ジャケット」って名前は、前半部に実際にセリフとして出てきます。
はっきりと「Full Metal Jaket」なんて言われると、もう映画を見終わったような気分になるのは気のせいでしょうか。
それともキューブリック監督も前半部を見せたかったんでしょうか。
次回からはウェスタンをとりあげましょうね。
 

ヤング・ガン

1988年アメリカ映画
監督 クリストファー・ケイン
主演 エミリオ・エステベス、チャーリー・シーン、キーファー・サザーランド、ルー・ダイヤモンド・フィリップス

ウェスタンでございます。かなり最近のウェスタンですよね。
ウェスタン映画は、一時期隆盛を極めておりましたが、アメリカンニューシネマの代表的傑作の「明日に向かって撃て」が公開されたころ、「西部劇にとっての幸せな時代」が終わってしまったような気がします。
そこからは西部劇らしい西部劇ってあまり印象に残っておりませんね。
そんな状況のなかで、ときどき突発的にウェスタンが製作されたりします。
この作品もけっこうそういう感じです。当時大人気の若手俳優さんたちが大挙出演しております。
エミリオ・エステベスさま&チャーリー・シーンさまに、キーファー・サザーランドさまにルー・ダイヤモンド・フィリップスさま。
すげえすげえ。しかし基本的には私のようなオールド映画ファン(に入れてもらえるのでしょうか。微妙な時期の映画が好きだったりするんだけど)がイメージするような、ガンアクション主体の西部劇ではなく、開拓時代の西部を舞台にした青春活劇、みたいな仕上がりになっています。
牧場主に雇われた青年ビリー=エステベスさま。
彼はそこで出会った若者たちとすっかり仲良くなります。しかしそんな幸せな時間は長くは続かないのでありまして、牧場主が殺されてしまうわけです。
エステベスさまはシーンさま、サザーランドさま、フィリップスさまら仲間とともに、復讐の旅に出かけるのでありました。
ビリー・ザ・キッドを描いた作品ですが、脇を固める若手の役者さんなんかのほうが輝いていたりします。
私的にはやっぱりサザーランドさまとフィリップスさまがとにかく印象に残りましたですね。
サザーランドさまは、「24」の大成功で今や重鎮でございますよね。
ことこの人に関して言えば、テレビドラマ転向は大正解だったみたいですね。


ヤング・ガン2

1990年アメリカ映画
監督 ジョフ・マーフィー
主演 エミリオ・エステベス、キーファー・サザーランド、ルー・ダイヤモンド・フィリップス、クリスチャン・スレイター、ウイリアム・ピーターセン、ジェームズ・コバーン

前作「ヤングガン」の続編でございます。そらそうやわな。2やねんから。
これまでかなりの数の続編ものの映画を見てきましたが、これは珍しく続編のほうが面白い作品です。
と、私は思っております。
私的には、2のほうが面白い作品っていろいろありまして、「エイリアン」とか「ミッション・インポッシブル」なんかがそうだったんですが、ここらあたりの作品は、1と2ではあえて作品観を変えています。
「ヤングガン」の場合、正当な続編としての構造を保ちながら、前作よりもずっと面白い作品に仕上がっております。
だからといって前作が面白くなかったわけではないです。
前作もけっこう面白かったけど、第二作はもっと面白くなっちゃったって感じですかね。
西部の開拓時代を生き抜いた老人がおりまして、その老人がビリー・ザ・キッドの物語を語るわけですな。
なんか「マッドマックス2」みたい。
こういう冒頭だと、このじいさんはビリー・ザ・キッド一味の誰かだろうなとわかってしまいますが。
物語は前作で盛り上がった「リンカーン郡の戦い」以降を描きます。
ビリー一派はすっかりお尋ね者。彼らを追うのはパット・ギャレット=ピーターセンさま。
賞金首のビリー一派の命を狙う連中はやはり多いわけで、ビリーの仲間たちは一人また一人と命を落としていきます。
そしてそして、ついにビリー=エステベスさまとギャレット=ピーターセンさまの対決の時がやってきます。
とにかく物語に深みを与えているのは、ビリー一味ひとりひとりのキャラクター描写がしっかりされていることでしょうか。
その中でも、やっぱりサザーランドさまとフィリップスさまがいいところもっていっております。
エステベスさまはねえ、ちょっと中途半端ですよね。
前作ほどの若さパワーもないし、でもビリー・ザ・キッドのキャラからはみだすこともできないし。
ちょっとばかり難しい役どころでしたね。
サザーランドさまとフィリップスさまは「ヤングガン」二作での競演ですっかり仲良くなったようで、その後も「レネゲイズ」で競演。
かのスーパーテレビドラマ「24」でも、第一シーズン後半で競演しております。
これはきっとこの映画での二人の競演があったから実現したものでしょうね。
 

ウォーター・ワールド

1995年アメリカ映画
監督 ケビン・レイノルズ
主演 ケビン・コスナー、デニス・ホッパー、ジーン・トリプルホーン

アドベンチャー系のアクション映画でございます。
映画そのものよりも、ユニヴァーサル・スタジオ・ジャパンのシアター系アトラクションの元ネタとしてひたすら有名になってしまった作品です。
USJには何度か行きまして、もちろんこのアトラクションも見ましたが、作品世界だけが残されている感じでした。
元ネタにケビン・コスナーさまだとかデニス・ホッパーさまだとかが出ていたことって、なんとなく忘れられちゃってるみたいですよね。
物語の舞台は近未来の世界。
地球温暖化の影響で極地の氷が解け、陸地のほとんどが水没してしまった世界のお話です。
人々は海上に浮かんだ都市で生活するとか、あるいは生活に必要な物資を船に積み込み、船上生活を送るとかしています。
そして人々は残り少ない陸地「ドライランド」を探して放浪しているわけです。
主人公のコスナーさまも船上生活者です。
彼には秘密があるわけですが、まあそれは物語中盤で明らかになるサプライズですので、ここでは明かしませんですよ。
で、海上都市生活者と対峙するホッパーさまら。
極悪非道な海賊でございます。これはこれですごくわかりやすい敵役として設定されておりますね。
もっともホッパーさま、物語後半から急に存在がクローズアップされる悪役でございました。
映画前半は、コスナーさまと海上都市生活者とのイザコザが中心に描かれます。
物語中盤からは、「憧れ」「資源の宝庫」としての象徴「ドライランド」に至る秘密をめぐっての攻防となります。
アクションも特撮も確かにすごい。
USJの人気アトラクションになるだけあります。
しかしケビン・コスナーさま主演作品としてはいささか弱い。
コスナーさまの影もうすいように感じます。
言葉は悪いですが、「別にコスナーさまでなくてもいいんじゃない?」って感じですわな。
悪役もホッパーさまじゃなくてもいいみたいな感じ。
うむむ。コメントしにくい。
どうなんやろ。私の感想ってとんちんかんでしょうか?
皆様からのご意見お待ちしております。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について